カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 事業企画の仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!
  • 職種・ポジション

事業企画の仕事内容とは??必要なスキルから将来性まで徹底解説!

「事業企画」というポジションをご存知でしょうか?事業企画は、これからの市場環境において求められるポジションの1つになるでしょう。つまり将来性が高いということになります。そんな事業企画ポジションにおける求められるスキルとは?どういった根拠で将来性が高いといえるのか?わかりやすく解説していきます。

何か押す人

 

事業とは

 

 

そもそも事業とは、企業がお金を生み出す営み全般を指して言います。

 

基本的に企業は何か事業を作り出し、その事業から収益を得ることによってはじめて企業として存続し得ます。なので事業を収益化させることは、一企業にとっても大事な営みであることは、言葉で多くを説明しなくても理解できることではないかと思います。

 

しかし、事業を生み出すことはそんな容易なことではありません。企業間の競争環境において、他企業と差別化を図りながら、自社の強みを生かすことで収益化に近づくことができます。なので、稼ぎをイメージできる企業を企画立案すること、それを忠実に実行しながらも、世の中や他社の変化に対して柔軟に変化適応させられること、結果をしっかり計測した上で次への一歩を生み出せることがとても大切になってきます。

 

事業企画とは?

 

 

事業企画の役割は上記にほぼ関連してきます。事業企画とは、事業の企画立案から計画立て、実行までを推進する役割を担います。

新規事業の企画立案においては、海外事業を手掛けるケースもありますし、業務・資本提携、M&Aを図るケースなど様々です。その中から会社の収益化に繋がる手段が何かをしっかり思考でき、選び出せることがとても重要になってくるでしょう。

 

経営企画との違いとは?

 

経営は会社全体の話になりますので、会社経営における個別具体の事象である事業とは一線を画します。具体例を2つ用いて考えていきます。

 

まずベンチャー企業を例に考えてみます。ベンチャー企業については、もちろんケースにもよりますが、経営と事業がかなり重なった状態になるでしょう。ベンチャー企業においては、「ヒト・モノ・カネ・情報」のリソースが少なく、事業を複数展開する余裕がないからです。

 

そんなベンチャー企業においては、会社経営そのものは事業の収益の是非によって左右されることになるので、経営と事業がかなり重なった状態になるでしょう。経営者含めた少ないメンバーでいかに事業を回すかがポイントになります。

 

続いて大企業を例に考えてみます。こちらも上のベンチャー企業の例にもれずケースによるのですが、経営と事業は重なるというよりも、関係のイメージとしては、経営がいくつもの事業を包含している状態になるでしょう。

 

大企業においても勿論事業1つ1つをしっかり収益化させていくことは大事になってきますが、ベンチャー企業と比較すると、事業の中にも会社の根幹を支える事業から、会社として収益性よりも新しい成長戦略も兼ねた投資を目的とした事業まで、幅広く扱っていくことになるでしょう。

 

少しでも事業と経営の話の理解に役立ちましたでしょうか?話を経営企画との違いに移しますが、上記の話をもとに考えると、事業を企画・実行することと経営を企画・実行することの違いがお分り頂けたと思います。

 

事業企画に求められるスキル

 

 

・業務実行スキル

 

とても基本的なスキルにはなりますが、基本だからこそとても大切なものになります。いくら良い事業を企画立案することができたとしても、それを実行するためのスキルがないと絵に描いた餅になってしまいます。

 

上司から与えられた指示をしっかり遂行できるのか。掲げた目標を自分で達成する能力があるのか。そのためには、他社や市場の変化に敏感であり、その変化に対して柔軟に対応できるスキルも求められ、思った以上に簡単ではないことがわかると思います。

 

・マーケティング力

 

これは特に「企画立案」の際にとても大切になってきます。マーケットのニーズや状況を正確に判断しなければ、収益の担保がなされません。収益化できない事業に対して経営サイドがお金を出すほど、一般的には余裕のある企業は少ないでしょう。

 

・リーダーシップ

 

当たり前ですがこれも必要になります。事業は基本的には2人以上で行うことになります。そんな時において、事業企画としてその他のメンバーを引っ張って事業を推進していくことが大切になってくるでしょう。

 

明確なビジョンを持ちそれを唱え続けること。メンバーの声にもしっかり耳を傾け、メンバーの成果も最大化させること。そうすることによって、はじめて事業がよりドライブしていくでしょう。

 

・営業力

 

一般的な営業の定義と少しずれてくるかもしれませんが、これは自分たちの事業をしっかり魅力付けしながら発信をしていき、協力者を広げていくことを意味します。

 

事業は市場や、ときに他社をも巻き込みながら大きくしていくものです。自分たちの事業をいかに魅力付けさせ発信していくかは、市場や他社を巻き込むうえでの重要なスキルと言えるでしょう。

 

無料転職相談に登録して内定を勝ち取る

事業企画とマーケティングの関係性

 

 

事業企画とマーケティングですが、かなり近い位置にある概念ではあるでしょう。ただ、実際は少し異なる概念です。イメージでいえば、事業企画にマーケティングが包摂されているイメージです。

 

事業企画は事業自体を完遂させることを目的としていますが、マーケティングは、事業で活用する商品やサービスがより売れるような仕組みを作ることを意味します。事業を完遂させる上で、商品・サービスが売れることはとても大事になってきますが、事業においてはそれ以外にも商品・サービスの開発やリーダーシップ、採用などの人材マネジメントも含まれるケースが多いです。

 

上記したように、事業企画においてマーケティングのスキルはとても役に立ちますし、事業を完遂させる上でもとても大事な要素になってくることは間違いありません。しかし、マーケティングさえできれば事業企画も務まる、ということは少々ズレてしまっていますので、その点注意しましょう。

 

事業企画の将来性

 

 

高くなることが予想されます。日本を中心とした多くの国で向き合っている「グローバル化」「IT化」がありますが、ここに大きく関わってきます。

 

グローバル化

 

グローバル化の話で言うと、昨今多くの外資企業が日本市場への参入を果たしています。日本でも国が主導となり規制を加えるケースも出てきてはいますが、それによって生活がとても豊かになった側面もあります。これは日本に外資が参入したケースです。

 

一方で、その逆のケースもあるでしょう。日本が海外に進出していくケースです。これが今後より増えていくと考えられます。なぜなら、日本の市場は市場として飽和しており、少子高齢化も日本市場の魅力性を落としてしまっています。また、極東にあるという地理的条件、日本語を中心とした独自文化の発展など、日本でこれ以上の市場発展を望むことが難しい局面も多々出てきております。

 

その反面、海外にはまだまだ未開の市場が多くあります。もちろんそこは、グローバルに企業が狙っているのでレッドオーシャンではありますが、企業の持続的な成長を担保するために、今後も事業として注目され続けるでしょう。

 

IT化

 

続いてIT化ですが、こちらも今のトレンドになるでしょう。世の中はIT化してきており、IT業界に限らず多くの企業でIT化は求められています。今後はAIやAR、VRなどと事業の融合の観点で、多くの事業が生まれてくるだろうことは、想像に難くないと思います。

 

事業企画に転職するには

 

事業企画は経営方針と新規事業の立ち上げに携わる人気の職種です。そのため転職を希望する人も多いですが、転職難易度はかなり高めといえます。転職は基本的に中途採用であり、事業を立ち上げるためには即戦力を求められるからです。

事業企画は、40代以降のある程度ベテランにならないとなれないイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、最近はベンチャー企業などで未経験や若い人も歓迎する求人が増えてきています。

新しい事業を立ち上げるため、経営戦略に若い人の視点を取り入れたいという風潮があるのでしょう。

転職活動は他の業種と同じく転職エージェントに登録して。求人を探してもらうのが一般的です。

 

事業企画に必要な資格

 

事業企画になるために、絶対にとらなければならない資格というものは特にありません。どちらかというと、今までの経験を問われるケースがほとんどです。

ただし、MBA(経営学修士)公認会計士などの資格はあると役立ちます。また、海外でもマーケティングを展開している企業であればビジネスレベルの英語力を身につけると良いでしょう。勉強しながら英検やTOEICを受けてみるのも手です。

 

事業企画へのキャリアパス

 

事業企画は仕事の内容からしても、未経験で転職していきなり就くのは難しいと思った方が良いでしょう。ベンチャー企業なら未経験でも入れる会社もありますが、それ以外となるとキャリアを積むことが大切です。

事業企画に就くためのキャリアパスはどのようにすれば良いのでしょうか。

 

事業企画のサブ担当で転職する

 

未経験で就くのが難しい事業企画ですが、実をいうとそれはメイン担当の話です。

メインとなるとそれだけ責任の重い仕事を任されることになりますが、サブ担当ならそこまででもありません。そのため事業企画のサブ担当なら、メイン担当と比べると未経験歓迎の求人が多いです。とはいえそれでも人気のある職種なので、応募が殺到しがちです。

 

一度営業やマーケティングの管理職に就いてみる

 

こちらは転職でなくてもできるキャリア形成です。経験を積むため、事業企画へのキャリアパスとしてはこちらが一番現実的といえます。

事業企画には営業やマーケティングのスキルが必要です。そこで一度回り道をして、営業やマーケティングのマネージャーや管理職に就いてみるのも良いでしょう。責任者のポジションで働いた経験があれば、事業企画への異動も転職活動も有利に働きます。

単なる営業の部署に入るのではなく、責任者に就くことで新人教育や採用を行うポジションに就いておけば、転職への道のりも具体的に見えてくるでしょう。

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?ここまで、事業企画の仕事内容からスキル、将来性まで、幅広くご紹介してきました。皆さんのご理解が深まる内容になっていましたでしょか?

 

事業企画というポジションですが、先にも触れましたが、これからの需要がとても高まってきます。グローバル化により競争環境も激しくなっている昨今において、従業員1人1人が主体性を発揮しながら働き、その主体性で企業にとって今大切なことを見極め、周りを巻き込みながら会社を創っていく動きがとても大切になってきています。

 

そんな動きが求められるポジションの1つが「事業企画」です。市場や他社の動きが激しいからこそ、どこに収益源があり、変化に対してどのように適応していくことが大切かを判断できる「嗅覚」は、自分で主体的に動いていかない限り身につくものではありません。今後は1人1人が事業者のつもりで働いていくことが求められるかもしれません。

 

そんな事業企画をまずは経験してみて、自分の能力や経験をさらに広げていき、自身の市場価値をさらに上げてみてはいかがでしょうか?弊社でも、IT業界を中心とした事業企画ポジションを多数ご用意しておりますので、もしご興味がありましたら、ご相談くださいませ。

 

無料転職相談に登録してGeeklyで転職しよう
geekly

Geekly Media
ライター

何か押す人

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。