カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 経営企画の仕事内容とは??転職に必要なスキルから将来性まで転職エージェントが徹底解説!
  • 職種・ポジション

経営企画の仕事内容とは??転職に必要なスキルから将来性まで転職エージェントが徹底解説!

経営企画の仕事内容をご存知でしょうか?その字のごとく、会社の経営という根幹を担うポジションなので、求められるスキルも責任も大きいです。その一方で、これからの時代には取って代わられにくい、将来性のあるポジションであると捉えることもできます。経営企画の仕事内容、求められるスキル、将来性について幅広くご紹介しますので、ぜひご覧ください!

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

経営企画とは?

 

Businessmen

 

経営企画とは企業という大括りの組織体における短期/中長期的な経営計画の立案、および遂行を実施するポジションを指します。

かなり広範な概念にはなりますが、会社全体の方向性を定め舵取りまで行う、重要性がかなり高いポジションです。

 

具体的な仕事内容

 

大きく3つの役割に大別することができますので、具体的な説明としてご認識頂ければと思います。

経営企画の具体的な仕事内容
  • 中長期的な経営戦略の策定
  • 事業ポートフォリオの見直し
  • ガバナンス経営の実施

 

中長期的な経営戦略の策定

 

これが一番の役割と言っても過言ではありません。

会社(組織)は、何かの目的をもって存続するものと捉えるのであれば、その目的を作り上げるのが中長期的な経営戦略の策定となります。

これによって、会社の行き先が定まっていきます。

 

会社の行き先についてですが、理想路線過ぎてもたどり着くことができず、逆に現実路線過ぎてもメンバーのモチベーションを上げることができず、場合によっては他社との競争に敗れてしまう可能性があります。

要は、適切な目的設定をすることが大切になります。

 

適切な目的設定において大切になるのが、まず会社における資源(リソース)の適正分配です。

会社における資源(リソース)は、「ヒト・カネ・モノ・情報」と言われていますが、このうち無形で再生産コストのかからない情報を除いて、「ヒト・カネ・モノ」は基本的に有限です。

これをいかに配分していくかが、経営戦略において大切になってきます。

 

この配分には、まず自社がどれだけのリソースを持っているかを正しく認識するところから始まるでしょう。

続いて競合他社となる企業がどのようなリソースを持っており、今どの市場に対してどのような戦略を実行しているのかの理解でしょう。

 

そして最後が市場(マーケット)の理解です。

今市場は何を求めていて、何を良しとしているのか。

 

以上を総合して、中長期的な経営戦略は策定されます。

企業によっては100年先の未来まで考えて戦略として定めるケースもあるのですが、一般的には5年前後となるでしょう

企業がより持続的な成長を遂げるためには、今は「モノ」に対して「カネ」を投入すべきなのか、それとも「カネ」では測り得ない「ヒト」に投資していくのか。

企業の未来を考え、適切な意思決定を下す必要が出てきます。

 

事業ポートフォリオの見直し

 

上記した中長期的な経営戦略と被る部分も出てきますが、事業ポートフォリオの見直しも必要になってきます。

この事業ポートフォリオですが、一般的には企業規模が大きくなるにつれてポートフォリオとなる事業の数も増えていくでしょう。

 

会社の収益源になっていくのが、基本的に事業になります。

上述の通り、会社の規模がまだ大きくないうちは事業の数が多くないので、経営企画の役割としても、既存の事業をしっかり伸ばしていくことに集中していくでしょう。

ある意味では、事業企画と似たような役割になってくるでしょう。

ただ、事業の数が多くなるに従いその様相は変わってきます。

 

例えば、激しい競争環境に置かれている状況であれば、新しい事業を作り出す動き、既存の好調事業をより伸ばしていく動き、不調の事業を切り捨てていく動きの選択が必要になってくるでしょう。

赤字事業をそのまま残しておいても、会社全体からすればコストですし、一方で新規事業を作っていかなければ会社としての成長も止まってしまうでしょう。

 

ガバナンス経営の実施

 

上記2点はおそらく、想像してみればイメージできるものだったかもしれませんが、こちらはいかがでしょうか?

「コンプライアンス」を中心として、昨今では経営におけるガバナンス論が幅広く唱えられています。

これは、企業がただ経済的な存在であることを超えて、社会的な存在であることも期待されているからこその流れでしょう。

 

コンプライアンスは法令順守と訳されますが、例えば企業法に沿った企業経営をしっかり社員全体が行えているのか。不正、不祥事を行っていないのか。

これが数十人規模であれば目視で確認できるかもしれませんが、数百人、そして数千人の規模になったらいかがでしょうか?

目視では無理があるでしょう。

 

数百人、数千人規模の企業規模になれば、数多くのクライアントを中心としたステークホルダーと関係を持つことになりますし、少しの不正・不祥事がすぐさま企業イメージに泥を塗る結果になってしまいうる状況になります。

そんな状況であれば、いかにコンプライアンス意識を社員全体に浸透させるかが大切になりますし、行動指針や罰則の規定など、見えない部分でしっかり企業としての正当性を保つためのガバナンス経営を行うことが大切になってくるでしょう。

 

経営企画の求人を紹介してもらう

経営企画の核となる3つの業務

 

three, number, digit

 

業務1 企画

 

経営企画=企画業務というイメージの方も多いでしょう。

企画というのは経営企画の仕事の中でも、エース的な存在といわれています。

 

  • 事業ポートフォリオの見直し・改善
  • 中・長期での経営戦略
  • 働き方改革や新規事業戦略といった社内プロジェクトの起案

 

上記は経営企画の仕事の中でも核と呼ばれるものばかりです。

また、近年活躍する有名企業の背景にはコンサルティングファームの存在があるといわれています。

企画ではコンサルティングファームの戦略コンサルタントと共に、企業の経営課題解決や新規事業といった経営戦略を立てることもあります。

 

業務2 調整

 

この場合の調整業務とは、企業が経営戦略を達成するために必要である、組織の全体的な最適化を意味します。

一企業で複数のプロジェクトを進行している場合、組織全体を調整しながら予算・人員といったリソースを配分する必要があるのです。

また、単一のプロジェクトであっても、企業が機能型組織の場合だとそれぞれ違う部署・部門から適切な人材を割り当てるため、互いの部門間で橋渡し的な役割が行われます。

 

業務3 渉外

 

渉外(しょうがい)はクライアントやパートナーといった外部のステークホルダー(利害関係者)と取引業務をします。

業界・企業によっては、渉外が営業と同じ業務を行っているところもあります。

ほぼこの2つは行っている業務が同じ内容といっても良いでしょう。

 

例えば、金融系の渉外ならクライアントに資産運用の提案や証券の購入を薦めます。

営業の仕事と似ていますが、あえて営業との違いをあげるなら、渉外は短期的な売上よりクライアントとの関係構築を重視する点でしょうか。

経営企画の渉外としては以下のような特徴があります。

 

  • 経営陣で合意に至った件についてプロジェクト的にまとめて進める
  • 下準備として相手クライアント企業の経営企画と交渉しておく

 

こうすることでお互いの関係構築も良好になり取引もスムーズに進みます。

目先の短期的な利益よりも、クライアントとのアフターフォローを重視して長期的に良好な関係構築をはかることで、渉外は企業に大きな利益をもたらすのです。

 

経営企画に求められるスキルとは

 

マーカー

 

上記の経営企画におけるポジションを満たすうえでのスキルとはどのようなものなのでしょうか?

これはボックスのタイトルです。
  • 事業計画策定/実行能力
  • 洞察力
  • 組織づくり経験

 

事業計画策定/実行能力

 

経営を構成する要素として大きいものは「事業」です。

この事業を上向きにさせられるかどうかで、経営を上向きにさせられるかどうかが関わるほどです。

 

先ほど仕事内容として「事業ポートフォリオの見直し」を挙げさせて頂きましたが、この良し悪しを決められるのは、事業とはどのようなものであり、それがどうなったら「良いのか、悪いのか」どうかが分かっている経験者だと思います。

またこのような経験があるからこそ、より地に足ついた中長期的な戦略を立てることができるのではないでしょうか?

 

洞察力

 

少し抽象的な概念になってしまいますが、この洞察力は「予測」とは違います。

過去の歴史や広い世界の「今」を正確に捉えることで、できるだけ本質的で根拠のある未来の意見を持つことです。

 

これを実現するには、普段から時間軸を意識した情報収集だけでなく、世界の「今」を知るという意味での世界軸を意識した情報収集が必要になってきます。

これによって未来を語れることが、リーダーシップに繋がり、より実現性の高い戦略策定につながるのではないでしょうか。

組織づくり経験

 

最後にこの経験です。自分の部門でもいいですし、会社単位でも問題ないでしょう。

組織を変え、動かす経験をする人は、経営視点で物事を考える力を持つ人でしょう。

 

会社は事業だけでなく、組織を構成する「人」によっても大きく影響を受けるので、「人」をよく理解して、リーダーシップをとって動かすことができることは価値ですし、経営企画には求められるスキルです。

 

経営企画にかかわる資格

 

 

経営企画にかかわる以下のような資格もあるので、取得してみるのも良いかもしれません。

3つご紹介します。

経営企画にかかわる資格
  • MBA(経営学修士)
  • 中小企業診断士
  • 簿記

 

MBA(経営学修士)

 

経営学やオペレーション、ファイナンスを中心とした学を理論として学び、実務経験として活かすためにMBAはあります。

体系的に経営に必要な要素を学び取ることができます。

 

中小企業診断士

 

MBAと関わる部分も大きいのですが、経営にかかわる語句や考え方について知り、それらを活かして経営をよりよく改善する術を体得するまでを実現することができます。

 

簿記

 

基礎的ではありますが、財務諸表や損益計算書などを読め、活用できるようになるためです。

会社の支出と収入を理解することができ、会社の数値面における健康状態を理解できるようになります。

それにより適切な自社理解ができるようになり、適切な意思決定へと繋げることができます。

 

経営企画の将来性

 

 

経営企画の将来性についてですが、これからの時代も求められるポジションとして注目を集め続けるでしょう。

これまでのお話をお聞きいただいてお分かりいただけたと思うのですが、経営企画は総合的な力が求められるポジションです。

 

「経営に携わる」という観点で言えば、まず会社に対して責任を負える人でなければいけません。

会社に責任を負える人は、それだけ会社の未来まで考えられるということになりますので、この時点ですべての人が等しく務められるポジションではないことがお分かりでしょう。

 

また市場、顧客、自社の状況も幅広く知っている必要もあります。

さらには知っているだけでなく、その中から本当に適切なものを選び出せる判断力、そしてその判断をメンバーに納得させられる能力、実行しきるまで支援できる能力など、必要なスキルを列挙すれば枚挙にいとまがありません。

 

昨今は「AI時代」と言われていますが、総合的な判断力や人を引っ張れるリーダーシップを発揮できるほどAIはまだ進化できていないでしょう。

こういったノウハウは、再現性のある形で抽出すること自体が難しいので、これからもAIに取って代わられる可能性も低いと言えるでしょう。

 

やりがいある経営企画に転職チャレンジするなら転職エージェント!

 

business, businesswoman, hook

 

求められるスキルや知識が多い経営企画ですが、それだけにやりがいも大きい仕事です。

経営企画は「幹部候補生」と呼ばれることがあるほど、重要な人材として企業に重宝されます。

そんな魅力溢れる経営企画へ転職チャレンジしたい方におすすめなのが、転職エージェントの無料サポートです。

 

転職エージェントは一般求人にはない優良な経営企画の求人を、数多く保有しています。

経営企画に転職チャレンジしたい方は、選択肢が大きく広がることになりますよね。

転職エージェントを活用すれば、自身の培ってきたキャリアとスキルを多くの求人と照らし合わせて、最良の企業に出会うことも可能です。

 

さらに求職者専任のコンサルタントが手厚く無料でサポートします。

コンサルタントとの面談でビジネススキルやコミュニケーション能力、事務処理能力、論理的思考など経営企画に必要な要素についてじっくり相談してみましょう。

IT系企業などの経営企画について、ぜひ気軽に登録からスタートしてみましょう。

IT転職のプロに情報を聞いてみる

まとめ

 

 

経営企画の仕事内容、求められるスキル、将来性について理解が深まりましたでしょうか?

  • 経営企画の仕事内容は経営戦略の策定や事業ポートフォリオの見直し、ガバナンス経営の実施など
  • 必要なスキルは事業計画の策定や実行能力、洞察力など
  • 経営企画という仕事の将来性は高く、AIに取って代わられる可能性も低い

上述した通り、経営企画は高い能力が求められるポジションです。

ただ、一部の人しかなれないポジションかと言われれば、そうではありません。

自分の努力とやる気次第では、そのポジションに近づくことは十分可能です。

 

そのためにもまず自分の職務を全うすることは勿論のこと、上でご紹介した資格を受けてみるのもありでしょう。

弊社でも、IT業界を中心に経営企画のポジションをご用意しております。もしご興味があれば、お気軽に弊社までご相談いただければと思います。

1人1人に見合ったキャリアプランをご提案させていただきます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook