1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 仕事が合わないと感じたら?対処法や転職の判断基準を教えます

仕事が合わないと感じたら?対処法や転職の判断基準を教えます

「今の仕事が合っていないかも?」と疑問に感じる瞬間ってありませんか?仕事をしている人なら一度はぶつかりそうな壁だといえるかもしれません。本記事では、仕事が合わない理由とは何か?仕事が合わない時はどうすればいいのか?など仕事が合わないと感じてしまった場合の対処法や転職を考えるタイミングについて解説していきたいと思います。

  • twitter
  • facebook

目次

仕事が合わないと感じる7つの理由

 

 

仕事の内容が合っていないから

 

業務内容が本人の性格や特性と合わずにストレスを慢性的に感じてしまう、もっと感情の深い部分で「この仕事は苦手」「モチベーションが湧かない」と苦手意識を感じてしまっているケースでは、仕事があなたとマッチしていない可能性があります。

 

【あわせて読みたい】自分のパーソナリティ、適性を調べる方法はこちら⇓

 

 

労働環境に不満があるから

 

定時で仕事が終わることが少ない」「チームの人数が少ないためいつもぎりぎりで仕事を終えている」といった労働環境だと疲労も蓄積し、仕事が合っていないのでは?もっと自分にマッチする仕事があるのでは?と感じる原因にもなります。

 

給与を十分にもらえていないから

 

仮に好きな業務にあたらせてもらい、仕事へのモチベーションが高くとも給与が低く不満に感じてしまえば、その仕事に自分はあっていないと感じる方も多いはずです。

このケースの場合、同業他社で自分より高い給与をもっている人がいると、「なぜ自分は同じ仕事をしているのに低い給与なのか?」とフラストレーションが溜まってしまいます。

 

【あわせて読みたい】年収を上げる方法はこちら⇓

 

人間関係に不満があるから

 

組織で働く以上、完全に人間関係を無視して働くことは困難です。

「セクハラやパワハラがある」「周囲とのコミュニケーションが良好でない」といった職場では不満も多くなるはずです。

そのような仕事場で働いていると心身共に疲弊し、自分のやっている仕事に対して疑問を感じ、離れたくなるといった心情が起きかねません。

 

【あわせて読みたい】職場の人間関係で悩んだときの対処法はこちら⇓

 


キャリアの見通しが立たないから

 

現在の仕事ではキャリアアップできない」と感じることが多いと、仕事に対する熱意が失われます。

例えば語学やITスキルなどを身につけたいといった希望があるのも関わらず、まったく関連性のない現場で働いているとキャリアの見通しが立たず、仕事が合っていないのでは?と感じる方も多いはずです。

 

【あわせて読みたい】将来のキャリアプラン設計に役立つワークシートはこちら⇓


社風が合わないから

 

例えばグローバルに海外の仕事へチャレンジしたい、新規サービスを開拓したいといった人が、昔から継続されている従来の安定した国内サービスに注力することをモットーにする社風の企業にいると、自分に合わないと感じることもあるでしょう。

このように、企業と本人との間で理念や社風に相違が大きいと、仕事に対して懐疑的になってしまい、仕事が合っていないと感じることに繋がります。


他にやりたいことがあるから

 

やりたい仕事が他にある」「今の仕事にやりたいこととの共通点がない」というような、描いているキャリアプランと関係性のない仕事をやっているケースでは、現状の仕事に対して高いやる気が持てず、興味が薄いまま惰性で続けてしまいがちです。

やりたい仕事が他にありながら繋がりのない業務を続けることは、不満を溜めてしまい、現状の仕事に対する興味をどんどん失って仕事が合わないと感じてしまうことになりかねません。

 

自分に向いている仕事は「IT人材 仕事タイプ診断」で見つけてみよう

 

 

次のキャリアでどの職種を目指すか、マネージャーを目指すか、スペシャリストになるか悩んだり、転職したいけど自分の価値観に合う企業がわからない、次の職場選びで重視した方がいいことがわからないなど、職場選びで悩むことは多々ありますよね。

 

ギークリーの「IT人材 仕事タイプ診断」では、自分の適性だけではなく、自分に合う働き方、企業のタイプを知ることができるので、転職軸を決めるときや求人選びに役立ちます。

 

キャリアや仕事選びで悩んだら、一度ご自身の価値観に合う仕事のタイプや企業のタイプを調べてみませんか?自身の適性を知ることで、納得のいくキャリア選択や求人選びができるでしょう。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

「IT人材 仕事タイプ診断」は自分の志向に合った企業、仕事のスタイルがわかる

 

 

Geekly(ギークリー)の「IT人材 仕事タイプ診断」では、自分に向いている仕事だけでなく、思考、価値観に合わせた「企業選びの軸」が明らかになります。

 

自分の価値観に合う企業タイプを知りたい、企業選びで後悔したくないという方は、「IT人材 仕事タイプ診断」で企業選びの軸を見てみることをおすすめします。

 

希望の職種に転職!診断利用から約1か月で転職成功した方の例

 

希望の職種に転職成功したAさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:システムエンジニア⇒システムエンジニア
  • 転職期間:仕事タイプ診断利用から1ヶ月弱でご転職

 

Aさんは元々Salesforceエンジニアとして運用保守に従事されていましたが、案件が変わることが多く、知見を活かして働けない、個人よりも切磋琢磨できる仲間・チームで成長していきたいというご意向があり転職活動を始めておりました。

 

前職のご状況と、ご自身の価値観・志向にギャップを感じられていたAさんですが、「IT人材 仕事タイプ診断」によってご自身に合う価値観の企業タイプを見つけ、診断から1ヶ月弱で転職成功されました。

 

【あわせて読みたい】転職でキャリアアップに成功した事例はこちら⇓

 

 

「IT人材 仕事タイプ診断」ご利用の流れ

 

「IT人材 仕事タイプ診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンから仕事タイプ診断のページへ

 

STEP2:仕事タイプ診断のページから職種を選択

 

STEP3:プロフィール(お名前とご連絡先)を入力

 

STEP4:必要な質問に答える

 

診断後、自分の志向にあう企業の求人を見たい場合は、IT専門のキャリアアドバイザーがご希望の条件をお伺いし、志向性に合わせた求人を紹介させていただきます。

たった3分、無料で診断できるので、ぜひ一度「IT人材 仕事タイプ診断」で企業選びの軸を見てみてください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

仕事が合わないと感じた時にできること5つ

 

 

仕事が合わないと感じる理由を書き出す

 

仕事が自分に合わないと感じたならそれを明確に文書化し、言語化できるような形にすることをおすすめします。

例えば「データ分析など数字を扱うのは得意だがそれを実際にマーケティングなどに活かすのは苦手」「事務作業で計算は得意だが接客は苦手」といったものです。

 

具体的に、仕事が合わないポイントを文書化する場合は以下のようなポイントが重要です。

  • ・ランダムに向いていない点を自由に書いてみる
  • ・仕事に合っているところよりもマッチしていない部分の方を書き出す
  • ・マッチしていない部分が明確になったらなぜそう感じたのか?を導き出す

 

上記ではまず、いきなり整理して文書化することは難しいため、単語レベルからでもいいのでおおまかに書き出します。

そして今の仕事に合っていないところを書き出したのなら、次に自分の仕事への志向や方向性を省みて、自己分析を始めます。「どうして今の仕事をやりたくないのか?」という点を見つけ出す作業を行うのです。

 

休暇をとって心身の疲れを癒す

 

疲れが溜まっていると判断力が低下します。

忙しい中で、もし仕事に対して「この業務は合っていない」と悩むことがあったのなら、一旦、疲れを癒やすために休養を取るのも有効です。

 

現在の職場で実績を残す

 

現在の業務に自分はマッチしていないと感じると理由の1つに、「仕事が思うようにできていない」ケースがあります。そのため、これを解消することで仕事へのフラストレーションが改善する可能性があるのです。

 

具体的には、仕事で実績を積んでいくことです。例え現状の仕事に違和感を感じていても、その仕事で結果を出し、実績を遺していけば、自然とモチベーションも高まり、現在の仕事に対してやりがいを感じるようににもなります。


資格を取得する

 

専門知識があれば自分に現状の仕事が合っていないと感じたときに、選択肢の幅が広がります。そのためには資格取得が役に立ちます。

専門的な資格を取得することで、よりその仕事を知りたいといった熱意が高まるケースや年収や待遇面に資格の有無が関わっているケースでは特に資格の存在は重要になります。

 

転職のプロにキャリアの相談をしてみる

 

 

「未経験だけどIT業界に転職して年収を上げたい!」
「もっとモダンな環境で働きたい!」

 

大切なキャリアのご相談はぜひ「職種に理解のあるキャリアアドバイザー」にお任せください。
Geeklyでは職種専門のキャリアアドバイザーがどんなお悩みにも個別で対応し、あなたに合ったキャリアをご提案いたします。

 

Geeklyを利用して転職成功された方の事例

 

第一志望の企業に転職成功したSさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:システムエンジニア⇒バックエンドエンジニア
  • 転職期間:サービス登録から約2ヶ月でご転職

 

Sさんは”ものづくり”にご興味があり、業務改善Webアプリケーションの開発を手がける企業で、システムエンジニアとしてキャリアをスタートされました。

 

転職を考えたきっかけは、当時関わっていたサービスやプロダクトに共感できなくなっていった点、使用していた言語やフレームワークなどが古く、新しいものへのキャッチアップも困難だったという点でした。

 

SさんはGeeklyに登録してから約2か月で第一志望の企業から内定を獲得し、迷うことなく入社を決断しました。
また複数社から内定をいただいたのですが、現職の条件や環境が自分と一番合っていたので納得感があったそうです。

 

【あわせて読みたい】第一志望への転職に成功した事例はこちら⇓

 

Geeklyのサービスご利用の流れ

 

STEP1:以下のボタンから転職支援サービスにご登録

 

STEP2:キャリアアドバイザーとのカウンセリング

 

STEP3:求人のご紹介

 

STEP4:書類選考/面接

 

STEP5:入社/入社後フォロー

 

IT特化の転職エージェントのGeeklyなら、専門職種ならではのお悩みも解決できる専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングから入社後まで全面サポートいたします!

 

サポートは全て無料でご利用いただけます。

転職に関して少しでも悩んでいる方は、以下のボタンからぜひお気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

辞めるのは待った方が良いケース

 

 

仕事内容に興味がある

 

現在やっている業務全てに違和感を感じる、面白く感じないなど仕事内容全般が自分にマッチしてないと感じるわけではなく、部分的にではあっても得意、好きな分野がある場合は、続けていくことで仕事に対する感じ方に変化が生じることがあります。

 

少しでも興味が持てる部分があった場合は、すぐに退職をしてしまうのではなく、その気になる分野、得意な分野に注力してみてからでも遅くありません。


会社の労働環境に問題がない

 

行っている業務に納得がいってなくとも、働いている企業の労働環境が良いのなら退職は早まらない方がよいケースもあります。

 

全て自分の納得がいく、労働環境で働くことができるというのは難しいことです。仕事内容だけで他に不満がない環境なら、まず、自分側からどこか改善できる点はないか?を考えるのも良いでしょう。


状況が改善される可能性がある

 

自分の行動によって、変わらないと思っていた現状が打破されるケースもあります。

例えば仕事内容に対して不満がある方は積極的に改善案を出してみましょう。黙っているままでは状況に変化は起きません。


人事異動が可能である

 

もし人間関係が原因で、「仕事に合ってない」と感じていたなら、人事異動で状況が変わるかもしれません。

周囲のメンバーが代われば、課題の人間関係の問題が解消される可能性が高くなるわけですから、退職する必要がなくなります。

 

上司に異勤の希望を伝えるときは、仕事が合わないといったネガティブな理由ではなく、どうしてもやりたい仕事があるからなど前向きな動機を伝えます。

 

業界・会社の将来性が見込める

 

現状自分にあった業務が見当たらず、やりたいことが思うようにできないと感じていても、勤めている業界・企業に大きな将来性が見込めれば退職するのを一旦思いとどまることも大事です。

現在の仕事が合わずにフラストレーションを感じていても、将来性が高い企業や業界にいれば、新規事業への進出や立ち上げなどにより、自分のやりたい仕事が見つかることもあります。

 

また、将来伸びしろが見込める業界の成長率が高い企業なら、年収や待遇向上も見込めるため、仕事面や年収・待遇などで仕事に不満を持つ人は仕事を続けることで改善されることもあるのです。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

仕事を辞めて転職した方が良いケース

 

 

今の会社では自分のやりたいことができない

 

自分の仕事に対して懐疑的になっていくと、改めて自分の仕事のことを考え直す機会も増えるものです。それは会社で自分のやりたいことができない状況について深く掘り起こすことにも繋がります。

 

こういった場合は実際に転職について動いてみることで、状況が変わる可能性があります。

具体的な業界・業種といったやりたい仕事がはっきりしていると、いざ退職する時でも退職理由の説明がしやすくなります。

 

スキルアップが感じられない・見込めない

 

本来やりたかった仕事ではない業務をすることになっていたり、見据えているキャリアプランに沿ったスキルアップができていないと感じる場合も転職を考えて良いでしょう。

先輩や上司の姿を見て「数年後にこうなっていたい」と感じられないようなら、今の職場にい続けること不安を感じているサインかもしれません。

 

描くキャリアプランを見つめなおし、必要なスキルを現職で身に付けることができるかどうか、その指標が先輩や上司です。スキルアップが見込めないと確信を持つようであれば、改めてキャリアプランを軸にした転職を見据えるタイミングだと言えるでしょう。

 


心身に不調が生じている

 

多かれ少なかれ仕事というのはストレスを抱えるものですが、それが自分に合っていない仕事ともなれば多大なストレスが降りかかり、最悪の場合、多大なダメージを負ってしまうことにも繋がります。

 

もし自分でも気づかない強いストレスを受けて睡眠障害など体調を崩すような仕事なら、思い切って転職をおすすめします。「仕事は辛いもの」と我慢せずに冷静に現状の仕事と向き合い、判断してください。


状況が改善される可能性がない

 

一方的なハラスメントを受けていたり、またそういった問題を会社に相談しても改善される様子がないようなら会社から距離を置くことを決断しても良いかもしれません。

 

自らの努力で改善できるトラブルなら良いのですが、個人の力ではどうしようもない、会社も動いてくれないとなると現在の環境の方に問題がある場合があるため、キャリアチェンジを試みることをおすすめします


会社の将来性に不安を感じている

 

給与が下がる、ボーナスが下がるなど企業の経営が不安定だと感じる場合、転職を考える理由には十分なりえます。

 

やりたい仕事があっても雑務ばかり押し付けられる」「新しいことへチャレンジせず経営的に閉塞感があるにもかかわらず保守的で新たなチャレンジもしない」というような企業で働いていると自分の力を十分に試せないまま、ただ慢性的に働いているといった状態になり、どんどん働きたいという気持ちも薄れ、辞めたいと思う気持ちは膨らんでいくばかりです。

個人の時間は有限な資産です。それを無駄にしないためにも、転職を考えてみるのも1つの手です。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

自分に合う仕事を探す方法

 

 

適性への思い込みを捨てる

 

仕事に対してはもちろんですが、自分の適性に対する漠然としたイメージも改めて見つめなおしましょう。

例えば同じ業界や職種であっても企業によって雰囲気、社風、理念などは異なります。

「合わない」と感じた原因がどこにあるのかをしっかりと言語化しておくことで、転職先の候補を絞ることやミスマッチを防ぐことにつながるはずです。

例えば合わない理由がその企業の業務の進め方などであった場合、経験を活かした同業他社への転職を有利に進められることもあります。

 

理想を求めすぎない

 

自分に合う仕事=好きな仕事とは限りません。

好きなことを仕事にしたからと言って、必ずしも楽しく働けるわけではない点に注意が必要です。

本当に合う仕事を見つけるためには、自分の強みや仕事をするうえで重視している価値観といかにマッチするかを考えましょう。

趣味に通じることや好きなことであっても、自分の強みを活かすことができない仕事や、自分の軸と合っていない仕事では結局ミスマッチを感じてしまうからです。

このミスマッチを防ぐためには「なぜ退職したいと思ったのか」を掘り下げ、自分の価値観をしっかりと明確にしたうえで理想とすり合わせを行うようにしましょう。

 

業界研究・企業研究に力を入れる

 

「仕事が合わない」と感じた経験を活かすためにも、転職の際には企業だけでなく業界研究もしっかりと行うようにしましょう。

業界や職種へのこだわりが強くなりすぎて視野が狭くなってしまうことも考えられます。

働くうえで「譲れない条件」だけでなく「譲れる範囲」を決めることで、これまでと違った仕事探しができるかもしれません。

特に未経験の業界・職種への転職はうわさや評判だけでなく、自分の価値基準を軸にマッチしているかどうかを判断することをおすすめします。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

仕事が合わないと感じたら、転職エージェントに相談してみよう

 

 

仕事が合わないと感じたときの対処法をまとめました。仕事が合わないと感じる理由は人それぞれです。理由によって対処法も変わってきます。

 

合わない仕事を無理に続けていると、ストレスが無意識のうちに溜まっていき、本人の体を蝕んでいくことにもなります。

そうなってしまわないためにも、自分が仕事に対してどういう状態で取り組んでいるか?を分析しておくのが重要です。

 

また、無料で使える転職ツールであるエージェントは、キャリアアドバイザーがキャリアや自己分析などのサポートを行ってくれます。

「今の仕事に合ってないかも?」「転職したいが自分にマッチした仕事はあるのか?」といった不安や悩みを少しでも感じたのなら気軽に相談してみてください

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事