1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職面接・冬の服装の選び方解説!マナー違反にならないコートは?冬の面接に相応しいスーツ選びも紹介
セレクトショップに並ぶジャケットやシャツ

転職面接・冬の服装の選び方解説!マナー違反にならないコートは?冬の面接に相応しいスーツ選びも紹介

冬の中途採用面接では服装に悩む転職者が少なくありません。特にIT企業やベンチャーは服装の指定がない場合も多く、自分で服装を考えて面接に臨まなければならないこともあります。今回は、冬の中途採用面接を勝ち抜くスーツ・コートの選び方や服装の注意点について解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

転職面接での服装の重要性

 

棚に収納されている数々のカラフルなネクタイ

 

転職面接では見た目が大事です。

人間の第1印象は会って10秒以内に決まるといわれています。しかし、たった10秒で相手の人間性が分かる会話などできません。

そこで、面接官は求職者の第1印象を外見で判断するしかないのです。

あなたには素晴らしい能力と人間性があります。

しかし、最初の見た目でマイナスの印象を持たれてしまうと、あなたの素晴らしさが伝わりきらないのです。

面接官から第1印象で好感を持ってもらい、面接をスムーズに進めるためにも服装には注意が必要です。

 

 

「おしゃれ」と「身だしなみ」の違いを理解しておこう

 

青地にに黄色模様の靴下と、茶色の革靴を履いた男性の足

 

転職面接にふさわしい服装の話に入る前に、「おしゃれ」「身だしなみ」の違いについて理解しておきましょう。

おしゃれとは自分が基準です。自分さえ満足すればOKなのです。

自分のことだけ考えて楽しむのがおしゃれなので、時と場合によっては他人を不快にさせることがあります。

少し極端な例ですが、結婚披露宴に膝に穴が開いたダメージジーンズとタンクトップで参列したとしましょう。

自分は「おしゃれだからいい」と思っていても、周りからは「雰囲気こわれるな…」と思われているかもしれません。

面接も同じで、自分なりにおしゃれをして臨んでも面接官がそれを不快に思うこともあるのです。

 

一方、身だしなみは相手が基準です。「相手を不快にさせないために気を遣うのが身だしなみ」と覚えてください。

先ほどの披露宴や面接などのオフィシャルな場では、おしゃれではなく身だしなみが求められます。

他人を不快にしないよう身だしなみに気を遣える人こそが、常識・マナーがある人だといえるでしょう。

 

 

転職面接の服装選びは、就活生の時と何が違う?

 

テーラーに飾ってあるグレーのスーツ

 

転職面接であれば、就活生のようには見てもらえません。

ある程度の社会経験を積んできて「常識・ビジネスマナー」が当たり前にある人として見られます。

つまり、新卒の採用に比べて服装のハードルも少し高いと思ってください。

新卒の面接であればリクルートスーツ1択ですが、中途採用であれば服装の指定がない場合もあります。

服装を自分で考えて選ばなければならないのです。また、年相応の服装も求められます。

管理職の面接で、もし学生が着るようなスーツや個性的な私服を着ていけば、面接官は違和感を感じるでしょう。

「高級なスーツを着ましょう」といっているのではなく、年相応のものを身につける感覚が大事ということです。

就活生の時と比べて、転職面接は服装への気遣いも増えるのです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

冬の転職面接で印象が良くなる服装の選び方(男性編)

 

冬の転職面接では、セットアップのスーツが基本です。ただし、冬なので素材や色の選び方が夏とは違ってきます。

 

スーツの選び方

 

ネイビースーツの袖のアップ写真

 

スーツは、落ち着いた色を選ぶようにします。

極端に明るいブルーやグレーのスーツは避け、ネイビーのダークスーツなどが良いでしょう。

また、黒の無地はリクルートスーツのイメージや冠婚葬祭のイメージが強いので、避けた方が良いです。

幅の大きなストライプやチェックは、転職面接にはふさわしくありません。

もし、どうしてもストライプを着たい場合はシャドウストライプならOKです。

スーツは前ボタンの配列が1列のシングルスーツと、前ボタンの配列が2列のダブルスーツがあります。

転職面接ではシングルスーツにしましょう。

ダブルスーツは貫禄が出て良いのですが、20代や30代の求職者が年上の面接官に貫禄を示す必要はないからです。

 

シャツ・ネクタイの選び方

 

ブラウンのドット柄、ピンクと茶色のストライプのネクタイ

 

シャツは白が基本です。薄い青系でも清潔感があって良いでしょう。ボタンダウンはカジュアルになりすぎるので避けた方が良いです。

また、ネクタイは奇抜なデザインではなくシンプルなものを選びましょう。大きすぎないストライプはOKです。

シルク・ニットなど夏の素材は避け、冬用のカシミヤ・ウールなどの素材を選ぶと季節感が出て良いでしょう。

青色系のネクタイは誠実さや安心感を、赤色系のネクタイは情熱やエネルギーを感じさせる効果があります。

「面接でアピールしたい自分」のイメージに合わせてネクタイの色を選ぶようにしましょう。

無難にいくのもありですが、Webデザイナーなどセンスが求められそうな職種は少し個性を出していいかもしれません。

 

転職面接でスリーピースはNG?

 

黒、グレー、ブルーのスーツ

 

冬であれば防寒にもなるので、スーツとベストがセットの「スリーピース」も候補の1つでしょう。

スリーピースは品格も出ますし、バリバリ仕事ができる人のイメージもあります。

中途採用面接においてスリーピースは必ずしもNGではありません。戦略的に自分をよく見せるために着るのであればおすすめです。

ただし、20代であれば避けたほうが無難です。生意気と思われてしまう可能性があるからです。

できれば35歳以上で管理職の転職面接などが望ましいです。部下をまとめられる、頼り甲斐があるイメージをもたれるでしょう。

ただし、似合っていることが第1条件です。

お腹ぽっこり体型でベストのボタンが弾け飛びそうな着こなしでは、せっかくのスリーピースも台無しです。

以下に、スリーピースを着るときの注意点を挙げておきます。

 

・ベルトはベストで隠れるようにする

・ベストの下からシャツやネクタイが出ないようにする

・ベストの一番下のボタンを外す

・ジャケットはボタンをとめない

 

 

冬の転職面接で印象が良くなる服装の選び方(女性編)

 

年齢・職種を問わず、女性も転職面接にはジャケットが必須です。やはり、スーツで臨むのが印象が良いでしょう。

 

スーツの選び方

 

 

黒・ネイビー・グレーなどセットアップのスーツが望ましいです。ピンストライプなど、おとなしめの柄であればOKでしょう。

30代女性はセットアップでなくてもOKです。落ち着いたデザインのジャケットにスカートでも良いでしょう。

「スカートとパンツ、どちらがいいかな?」と思うかもしれませんね。

スカートスーツは女性らしく優しそうな印象を与えます。一方パンツスーツはアクティブでアグレッシブな印象になります。

営業職ならパンツスーツというように、希望職種のイメージによって使い分けるのも良いでしょう。

ストッキングは必ず履くようにし、パンプスはヒールが高すぎないものにしましょう。

 

ブラウス・シャツの選び方

 

女性用スーツやブラウスのモノクローム写真

 

スーツのインナーは、シャツ・ブラウス・カットソーいずれもOKです。顔の印象が明るくなる白や淡い色がおすすめです。

ただし、ダークスーツに白シャツを合わせると、学生のようなフレッシュ感が強くなってしまいます。

スーツとインナーの色の組み合わせを工夫し、就活生とは一線を画したコーディネートにしてください。

また、いくら冬でもタートルネックのニットはカジュアルになりすぎるので避けましょう。

シャツやブラウスの柄は無地がおすすめです。花柄や水玉模様、またフリルが多いシャツなどは避ける方が良いです。

 

冬の転職面接でマナー違反にならないコートの選び方

 

冬の転職面接では、コートの選び方も重要です。コートだけでも印象が大きく変わるので、手を抜かずに選びましょう。

 

どんなコートがビジネス向き?

 

 

ビジネス向きのコートは以下のものです。

 

・トレンチコート

・チェスターコート

・ステンカラーコート

 

色は黒・ネイビー・グレーで、素材はウールコットンが良いです。色や柄も落ち着いたものを選びましょう。

女性なら少し明るいカラーのコートでもOKです。

コートは裏地が派手なものもありますが、コートを脱いで折りたたんだ時に見えるので、派手すぎず表地に近い色味の裏地がベストです。

 

NGコートはある?

 

ピンクや黄色、ベージュのレザーコート

 

転職面接で避けた方が良いコートもあります。カジュアルになりすぎるコートは転職のビジネスシーンに相応しくありません。

 

・Pコート

・ダッフルコート

・レザーコート

・ダウンジャケット

 

レザーコートは確かに高級でスタイリッシュですが、オフィシャルな身だしなみとしてはNGでしょう。

コートは面接会場に入る前に脱ぎますが、大企業のビルでしたらエントランスで脱ぎましょう。

面接を待つ間は、折りたたんで膝の上に置くか鞄の上に置きます。

面接中は椅子にかけるか鞄の上に。ハンガーを勧められたら使ってOKです。

 

冬の転職面接の服装で注意すべきポイント

 

ここでは、特に注意すべきポイントをまとめます。

 

清潔感

 

清潔感のある服装は身だしなみの基本です。相手に不快感を与えないように気を遣える人と見られます。

ここでの注意点は、清潔感だけでなく「清潔」であることも大事です。

「清潔と清潔感は同じ意味じゃないの?」と思うでしょう。でも、清潔感はあるけど清潔ではないという場合があるのです。

たとえば、ハンカチを常に携帯している人には清潔感がある印象を持ちますよね?

でも、そのハンカチがしわくちゃで、洗いもせず数日間ずっとポケットに入ったままのハンカチだったらどうでしょうか?

面接の場面でいうと、しっかりスーツを着用しているけどシワだらけでヨレヨレ、タバコの匂いが染み付いていればどうですか?

一見、清潔感があるように見えても清潔ではありません。

「清潔感」と「清潔」の2つが揃って初めて、良い身だしなみといえるのです。

 

サイズ感も注意

 

ブルーのメジャー

 

どれだけ良いスーツやジャケットを着ていても、サイズが大きすぎればルーズな印象になります。

サイズが小さすぎると苦しそうに見えてしまいます。

また、冬の転職面接では、寒さ対策でシャツやブラウスの上にニットやセーターを着る人がいます。

これでは着ぶくれしてしまって、せっかくのスーツの着こなしがブサイクになってしまいます。

防寒対策としては、シャツの下に保温性の高いインナーを着ると良いです。

シャツが淡い色の場合は、インナーがシャツから透けて見えないように同じく淡い色にしましょう。

 

服装指定がない時はどうする?

 

ジャケット&パンツスタイルで本を片手に歩く男性

 

ベンチャーやIT系企業なら「服装は自由で来てください」といわれることがよくあります。

これを言われてしまうと、「どこまでカジュアルにしていいの?」と迷いませんか?

こんな時は、ジャケット&パンツのビジネスカジュアルで面接にいくことをおすすめします。

パンツはジーンズではカジュアルすぎるので、綿のパンツやスラックスにしましょう。

どのジャケットとパンツにするかが決まれば、鏡の前で試着してみてください。

転職先のオフィスにいても違和感がないか、初めて会う取引先がこの服装なら自分はどう思うかなど、客観的に自分を見てみましょう。

どうしても迷うなら、スーツで行っても問題ありません。

 

冬の転職面接を勝ち抜こう!

 

グレーのスーツにオレンジのネクタイを閉める男性

 

中途採用面接では、新卒時と違って面接官に自分をどう見せたいのなども考えて服装を選ぶようにしましょう。

大事なのは、おしゃれではなく身だしなみに気をつけることです。身だしなみとは、相手を不快にさせないことでした。

この記事に書いてあるポイントを守って服装を選び、面接官に良い第1印象を持ってもらいましょう。

きっと、転職の成功確率が上がるはずです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

セレクトショップに並ぶジャケットやシャツ

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事