カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職の面接官が知り合いだった時の注意点を解説!面接で押さえておくべきマナーは?事前準備で差をつけよう
  • 転職準備

転職の面接官が知り合いだった時の注意点を解説!面接で押さえておくべきマナーは?事前準備で差をつけよう

転職の面接官が知り合いだった…。そんな時、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。今回は面接官が知り合いだった時の注意点を解説してきます。面接はマナーと事前準備が大切です。転職の面接官が知り合いでも慌てないように、面接の事前準備についても見ていきましょう。

転職活動のイメージ

転職の面接官が知り合いだった!可能性はゼロではない?

 

面接官

 

転職活動の中で多くの企業で面接を行っているでしょう。

そんな中、応募した企業の面接官が知り合いだったということも。

求人を見ただけでは知り合いがいるかなんてわからないですね。

しかし、同じ職種での転職ならその可能性はゼロではありません。

 

知り合いとはいっても、どの程度の仲なのかによって受け取り方も違ってくるでしょう。

それは、これまでの仕事とは関係のない友人や学生時代の先輩かもしれません。

または、以前一緒に働いていた同僚・先輩・上司ということも。

 

面接官というだけあって、相手は人事を担当するほどの立ち位置にいることになります。

転職を希望するあなたの評価をすることになるので、知り合いでもどう接したらいいか悩みますね。

 

面接官が知り合い!相手はどう思う?

 

考えるビジネスマン

 

転職の際の面接官が知り合いだと、突然のことに驚いてしまいますね。

しかし、相手は面接の前に履歴書を確認しているので、知り合いが来ることを知っているでしょう。

 

それでは、知り合いの面接官はどのように思っているのでしょうか。

やはり知り合いが面接に来るということで驚く人が多いです。

「どうして転職するの?」「退職理由は?」と気になることも。

また、知り合いでも仲がいいとは限りません。以前の仕事でいい印象をもっていないこともあるのです。

 

しかし、知り合いの面接官も仕事なので中立な立場に立とうとするはず。

基本的に知り合いだからといって好き嫌いの感情で合否を決めることはないでしょう。

 

転職の面接官が知り合いだと有利?メリットとは?

 

メリット

 

転職の面接官が知り合いでも、自分の感情で評価されたり優遇されるはないはず。それでも、面接官が知り合いだから有利になるメリットもあります。

 

良いところを知ってくれている

 

肯定的な印象

 

面接官が知り合いだと、自分の良いところを知ってくれているというメリットがあります。

知り合いだからといって優遇されるわけではないとはいえ、最初から好印象を与えてることには間違いありません。

これまでの仕事への態度を知っているからこそ、「ぜひ経験を生かしてほしい!」と思ってもらうことができるのです。

 

面接での緊張感がほぐれる

 

リラックスしたイメージ

 

面接では「どんなことを聞かれるのか?」「自分をアピールできるか?」と緊張する人も多いのではないでしょうか。

そんな緊張する転職の面接で、面接官が知り合いだと緊張感がほぐれるというメリットも。

少しでもリラックスした気持ちで面接に望むことができれば、落ち着いて受け答えができるでしょう。

 

面接官が知り合いだった時のデメリットとは?

 

デメリット

 

面接官が知り合いだと、メリットもあればデメリットもあります。

デメリットを知っておくことも、面接の事前準備のひとつです。

 

以前の仕事での評価が関わることも

 

仕事をするイメージ

 

面接官が以前の仕事で関わっていた場合、そこでの仕事ぶりが評価に関わることがあります。

知り合いだからといって優遇されることも不利になることもないはず。

しかし、それでも以前の仕事の取り組み方や態度といったことは先入観としてあるでしょう。

 

自分では真面目に仕事をしていても、相手と意見が違ったりライバルの関係になることもありますね。

その場合でも「以前対立した」「方向性が合わない」ということになってしまいます。

転職を機にステップアップしたい人もいれば、心機一転新しいことを始めたいという人もいるでしょう。

しかし、面接官が知り合いだと心機一転とはいかないこともあるのです。

 

断りにくくなる

 

悩む男性

 

転職活動でいくつかの企業を検討しているという人もいるのではないでしょうか。

いくつかの求人に応募した中の1社で、面接官が知り合いだったということもあるでしょう。

しかし、面接を受けて内定をもらったものの、他の企業の方が自分の希望に合っているということも。

 

その場合、面接官が知り合いだと断りにくいというデメリットがあるのです。

相手が以前お世話になった上司や取引先の人なら断りにくいでしょう。

ただし、そこで断りにくいからといっていい返事をする必要はありません。

転職でキャリアアップをしたいのであれば、経験を生かすことができ、希望に合った企業に転職しましょう。

 

苦手な相手だと余計に緊張する

 

緊張するビジネスマン

 

面接官が知り合いといっても、実は苦手な相手ということもあるでしょう。面接で初めて会う面接官でも緊張するもの。

それが、苦手意識をもっていた知り合いだとしたらどう思うでしょうか。

余計に緊張するという人も多いはずです。

普通の面接よりも面接官の様子を伺ったり、反応を気にしてしまうことがあるかもしれません。

そういう意味でも、面接官が知り合いだとデメリットとなりますね。

 

無料転職相談に登録して転職を成功させよう

 

応募した企業の面接官が知り合い!面接時の注意点は?

 

動転せず落ち着いて対応する

 

クエスチョン

 

面接の場で面接官が知り合いだと、突然のことに驚く人も多いでしょう。

久しぶりの再会だと、気持ちが高まることも。

また、苦手な相手だと「どうしよう…」と困惑するかもしれませんね。

 

しかし、そこで動転してしまうと自分の本来の力を発揮することができません。

せっかく事前準備をして面接に臨んだのに、そんなことになったらもったいないですね。

面接官が知り合いだと驚くいてしまいますが、できるだけ落ち着いた対応を心がけてください。

 

知り合いの面接官に転職活動のことを口止めしない

 

現在働いている職場には内緒で転職活動をする人は多いのではないでしょうか。

そんな中、面接官が知り合いだと転職活動をしていることがバレるのでは?と不安になる人もいるでしょう。

 

しかし、知り合いの面接官に口止めをするのはやめておいた方がいいです。

口止めをすると相手の面接官に「そこまでして隠したいの?」「面接官が口外すると思っているの?」と不審がられてしまうことも。

 

基本的に面接官は人事や個人情報に関わることなので、社外に口外することはないはず。

口止めしたい気持ちがあるかもしれませんが、そこは相手を信じましょう。

それに、ステップアップのために求人を見たり転職を考えることは決して悪いことではありません。

 

共通の知り合いのことを聞かれたら褒める

 

知り合いの面接官から「上司の〇〇さんのことを知っていますよ」「〇〇さんはどうしていますか?」と聞かれることもあるでしょう。

以前仕事で関わっていた人なら、共通の知り合いのことは思わず出てくるような話題ですね。

 

中には自分が苦手意識をもっている上司や先輩ということもあるでしょう。

しかし、そこはさりげなく褒めることをおすすめします。

「〇〇さんにはお世話になっております」「丁寧なご指導をいただいております」という感じです。

 

面接の場では、知り合いの人以外にも面接官がいることも。

仕事で関わっている人を褒めることができる方が、いい印象をもってもらうことができるでしょう。

質問をした知り合いの面接官も決して悪い気はしないはずです。

 

転職の面接官が知り合いでも相手へのマナーは同じ!押さえておくポイントは?

 

ポイント

 

転職の面接ではマナーが重要で、面接官もしっかりとチェックしています。

面接官が知り合いだと、つい気が緩んでしまいそうですが、マナーを守って対応しましょう。

 

面接官に馴れ馴れしくしない

 

面接官が知り合いであっても、相手と自分との距離感を保つ必要があります。

以前一緒に仕事をしていたのであれば、当時を思い出して懐かしくなるもの。

しかし、転職の面接の場ではあくまでも相手は面接官という立場です。

その場が和むこともあるでしょうが、必要以上に馴れ馴れしくしないように注意しましょう。

 

退職理由で不満ばかり言わない

 

転職の面接では求人に応募した動機だけでなく、退職理由も聞かれることになるでしょう。

その時に注意したいのが、不満ばかり言わないことです。

特に相手が知り合いの面接官なら、理解してくれるだろうと思って本音を言いたくなることも。

しかし不満ばかり言うと、キャリアアップのためではなく不満があるから転職すると思われてしまう恐れがあるのです。

面接官から「転職しても不満があったらすぐに辞めるんじゃないの?」と思われないように注意が必要です。

 

面接は事前準備が大切!差をつけるポイントは?

 

事前準備

 

転職をしてキャリアアップを目指すのなら、事前準備が重要です。

事前準備がしっかりとできていれば、応募した企業の面接官が知り合いでも落ち着いた対応ができるはず。

転職の面接で必要な事前準備についてみていきましょう。

 

経験を生かしたPRをする

 

転職の面接では、ほとんどの場合応募した動機を聞かれるでしょう。

動機を聞かれたら、自分の経験をPRするチャンスです。

面接官が知り合いだと、あなたの経験を知ってくれているということも。

ぜひこれまでの経験を生かし、キャリアアップしたいということを伝えてください。

 

今後どうしていきたいかを明確にする

 

転職するにあたり、今後の展望を考えておく必要があります。

なぜ今の職場でステップアップを目指すのではなく、転職をするのでしょうか。

そこを自分の中で明確にしておくといいでしょう。

転職してどのようなキャリアを積みたいのか、どのようなことに挑戦したいのかを思い浮かべてみてください。

 

そして、面接の際に自分の希望を伝えることも必要です。

面接官が知り合いだと、遠慮してしまうこともあるでしょう。

しかし、相手が知り合いだからといって妥協することはありません。

自分の希望を伝えるためには、企業の求人情報をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

転職サービスに登録する

 

面接の事前準備では、求人をしっかりと確認したり応募する企業の情報を確認しておく必要があります。

しかし、求人情報だけでは「ここはどうなんだろう」「年収の幅があるのはどうして?」と疑問点もあるはず。

そのような転職の悩みや不安を解消して事前準備をしたいのなら、転職サービスに登録することをおすすめします。

担当のコンサルタントに希望を伝えれば、あなたに合った求人を紹介してもらうことができます。

面接の際に面接官が知り合いだとわかっても、聞きにくいこともあるでしょう。

企業に直接聞きにくいことも、コンサルタントを通じて確認することができますよ。

 

転職の面接官が知り合いでも慌てない!事前準備で落ち着いた対応を!

 

握手

 

今回は転職の面接官が知り合いだった時の注意点を解説しました。

面接の時に目の前にいる面接官が知り合いだと慌ててしまう人もいるでしょう。

相手が知り合いであっても、面接ではマナーが大切です。

ぜひこの記事を参考に、注意点を知って面接に備えてください。

転職の面接の当日、面接官が知り合いで驚いたとしても事前準備ができていれば落ち着いた対応ができるはず。

転職サービスに登録すれば、面接の事前準備で差をつけることができますよ。

 

無料転職相談に登録してキャリアアップに踏み出そう

Geekly Media
ライター

転職活動のイメージ

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。