カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職面接で休日出勤可能か聞かれた場合の答え方を解説!好印象な答え方とは?転職エージェントが紹介します
  • 転職活動

転職面接で休日出勤可能か聞かれた場合の答え方を解説!好印象な答え方とは?転職エージェントが紹介します

転職面接で、面接官から休日出勤が可能かどうかを問われた場合、どのように答えれば良いのか困ってしまう場合があるでしょう。今回はそうしたケースで具体的にどのような答え方をすれば良いのかを紹介していきます。また、その際の注意点なども併せてご紹介していきましょう。

休日

休日出勤可能か聞く企業の意図

 

高層ビル

 

転職面接において、面接の終わり際などに聞かれることが多いのが休日出勤の可否についての質問です。

このような質問が行われた場合、どのように答えれば良いのか分からない転職希望者の方もいるのではないでしょうか。

そのような方も、企業によるこの質問にどのような意図が隠されているのか考えることで、返答も自ずと決まってくるはずです。

まずは、企業がどのようなことを考えてこの質問をしているのかを解説していきます。

 

転職者の熱意を確認している

 

企業は自社の仕事に熱心に取り組む転職者を採用したいと考えています。

そのため、このような質問をすることで、転職者が自社の仕事に熱心に取り組んでくれるかどうかを確認しているケースもあるようです。

このような場合には、休日出勤が起こってしまう可能性に対して理解してくれる人材かどうかに企業の関心があると考えられます。

繁忙期などを中心にどうしても休日出勤をしなければいけないこともあるでしょう。

そうした場合に後ろ向きな人材では、仕事の進捗も遅れてしまいます。

面接官は前向きに仕事に取り組んでいける転職者かどうかを確認しているのです。

 

労働条件を理解しているか

 

ファイナンス

 

面接に来るまで企業について調べてきた転職者であれば、その企業の労働条件なども理解しているはずです。

そのため、転職者が会社に対してどれほど理解しているのかを確認するために質問している場合もあるでしょう。

その企業が休日出勤もあるのだということを事前に知っている場合には、転職希望者も面接で驚いたり、拒絶したりしないと考えています。

労働条件について理解しているということを表すためにも、このような場合はその企業の状況を踏まえて肯定的な返答をするのが良いでしょう。

 

仕事に対する責任感があるか

 

繁忙期やプロジェクトの進捗によっては、休日出勤が止むを得ない場合もあるでしょう。

企業が休日出勤を頼んだ場合は、業務において急がなければいけない仕事がある時です。

そうした時にプライベートを優先して休日出勤ができないとなると、仕事がその分止まってしまいます。

このような場合、企業はその人材が仕事に対して責任感がないと感じるかもしれません。

自身が担当する仕事に対して責任があるならば、休日出勤も受け入れるだろうと考えている企業もあります。

仕事に対しての責任感を示すためにも肯定的な回答をすることを心がけましょう。

 

仕事をする上で協調性があるか

 

握手

 

会社全体が大変な時に、自分は仕事が終わっているからといって休日出勤を拒否すると、協調性がないと思われる可能性があります。

協調性の欠如は、通常の業務をする上でもマイナスとなるでしょう。

拒否することはないということを表すだけでなく、周囲のヘルプにも回るということを伝えることで自身の協調性も表せます。

チームで業務を行うことの多い企業などでは、このような意図があって質問をしている可能性もあるでしょう。

 

休日出勤が可能か聞かれた場合の注意点

 

メモ帳

 

このような質問をされた場合には「休日出勤ができない」と答えてしまうと、面接官に対して悪い印象を与えてしまいます。

そのため、必ず肯定的な返事をするようにしましょう。

しかし、答え方によっては肯定的な返事であってもマイナスな印象を受ける可能性があるため、注意が必要です。

ここではその注意点をご紹介しています。

早速確認していきましょう。

 

軽薄な印象を与えないようにする

 

「いつでも対応できます」というような返事をしてしまうと、面接官に対して軽薄な印象を与えてしまいます。

軽薄な印象を与えると、企業は人材に対して「この人の言っていることは信頼できない」と思ってしまう可能性があるでしょう。

そのため、こうした返答の仕方をしないようにすることが大切です。

肯定的な返事をするにしても、あまりにも前のめりに返事をしてしまうと企業も信頼できないと感じてしまうかもしれません。

 

休日出勤に否定的な回答は避ける

 

「休日出勤は可能ですが、極力したくありません」という意味のことを言ってしまうと、企業は仕事への意欲が低いと思ってしまいます。

そのため、こうした返答の仕方はしないように気をつけましょう。

先述した企業の意図からも分かる通り、企業は自社に対して誠実に仕事をする人材を求めています。

自身の仕事における誠実さをアピールする意味でも、休日出勤に否定的なことを言うのは避けた方が良いでしょう。

否定的な気持ちがあったとしても、自分の中にある仕事に対しての意欲などを思い出して休日出勤に前向きであることを伝えましょう。

 

休日出勤手当について言及する

 

お金

 

返答する際、お金に対して言及することも避けましょう。

休日出勤手当がどれくらい貰えるかなどを確認すると、お金に対して煩い印象を与えてしまいます。

そうするとお金が動けば動く人材だと思われかねません。

お金も大切ではありますが、ここで言及することは企業側の意図から外れてしまうと考えられます。

信頼を置ける人材だということを企業に感じてもらうためにも、こうしたことを言わないように注意が必要です。

 

無料転職相談に登録して新しい仕事にチャレンジしよう

 

面接官に好印象を与える答え方

 

ミーティング

 

では、具体的にどのような返答をすれば良いのでしょうか。

ここでは先述した注意点を踏まえて好印象を与える答え方を考えていきます。

ただ肯定的な回答をするだけでなく、できるだけ面接官からの評価を上げるためにも以下のような答え方を心掛けましょう。

 

仕事への積極性を表す

 

面接官は休日出勤への積極的な姿勢を確認したいと考えています。

これはただ単純に積極性をアピールすれば良いわけではありません。

会社での業務を前向きに取り組んでいくという姿勢を確認したいのです。

また、先述したようにこの際に軽薄な印象を与えないように注意しましょう。

企業は止むを得ず休日出勤とする場合が多いと思われます。

そのため、そうした状況の際には休日出勤を受け入れるという姿勢を表しましょう。

 

業務の効率化に対して言及する

 

また、休日出勤というのは業務が納期などに間に合わない場合に突発的に発生する場合が多くあります。

そうした場合、業務を効率化することで休日出勤を減らすことが可能です。

休日出勤を減らすことは企業にとってもコストを抑えることに繋がります。

そのため、休日出勤への理解を示しながら同時に業務の効率化に言及することで、企業もプラスの印象を受けるでしょう。

 

休日出勤が不可能な場合

 

スタートアップ

 

止むを得ない家庭の事情などにより、休日出勤が不可能な場合どのように伝えることが良いのでしょうか。

面接官にマイナスな印象を与えないための伝え方を紹介していきます。

 

理由を明確に伝える

 

どのような事情があるのかを曖昧にしてしまうと、休日出勤したくないから家庭の事情を理由にしていると思われる可能性があります。

そうしたリスクを抑えるためにも、はっきりとした理由を伝えることが必要です。

理由を明確に伝えることによって「事情があるのなら仕方がない」と面接官が思えば、それが直接的に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

転職面接においては、面接官から信頼してもらうことが大切です。

ここでも隠し事はしないようにしましょう。

 

意欲を伝える

 

もし現在、家庭の状況などを理由に休日出勤ができない場合そのことを伝えながら、同時に休日出勤に対しての意欲があることを伝えましょう。

事情があって休日出勤を行えないだけで、行える状況になったら進んで行うということをアピールします。

休日出勤が行えない分、平日の仕事の効率化や業務への真剣な取り組み方などを伝えることで、意欲の高さを買ってもらえるはずです。

こうして仕事に対しての熱意を伝えることで、休日出勤が行えないということがマイナスだと思われないようにしましょう。

理由に納得すれば、面接官がネガティブな印象を受けることもありません。

 

条件付きで休日出勤が行える場合

 

建築物

 

ある条件下でのみ休日出勤が行える場合は、そのことについても事前に伝えておきましょう。

転職面接で休日出勤が行えると言っていたにも関わらず、入社後に行えないとなるとトラブルになりかねません。

事前にそのようなトラブルの可能性を減らしておくと良いでしょう。

勿論いつでも休日出勤を行えるに越したことはありませんが、誰もがいつでも行えるわけではありません。

企業側もそれは承知のはずです。

家庭の事情や面接官が止むを得ないと判断する事情である場合、マイナスになることはありません。

 

対応できる場合も理由を明確に

 

チェックリスト

 

何も言わずに「対応できます」とだけ面接官に伝えると、信頼性に欠けてしまいます。

実際に入社してから、休日出勤はできないと言われると、企業側は困ってしまうのです。

そのため、休日出勤が不可能な場合以外にも対応できる場合にも明確な理由を伝えるようにしましょう。

具体的には、「会社の近くに住む・住んでいる」や「前職でも頻繁に休日出勤を行っていた」などの理由が最適です。

こうした理由があると企業側は休日出勤にも対応できるということが明確に分かります。

会社に入社するための転職面接では、仕事に関して聞かれたことは曖昧ではなく、はっきりと伝えるようにしましょう。

 

企業の意図を汲み取って回答する

 

オフィス

 

企業が転職面接で様々な質問をする際に確認したいのは、その人材が自社に合うのかということです。

もし合わない場合、その人材はすぐにやめてしまうかもしれません。

そのような場合、企業もその人材をうまく活用することができない可能性があります。

そうした可能性を低くするために、休日出勤についての可否を確認するのです。

多くの企業が必要な時は休日出勤をして欲しいと考えるはずですが、理由を伝える際はその会社に合った回答をしましょう。

前後の質問の流れなどで、その質問の裏に隠された意図を理解することが必要です。

企業が仕事に対しての意欲を確認しているのか、単純に休日出勤をして欲しいと思っているのか。

そうした企業側の意図を考えることで、適切な対処が行えるでしょう。

 

まとめ

 

スマートフォン

 

今回は転職面接で休日出勤について尋ねられた際の対応についてご紹介しました。

具体的にどのような対応をすれば良いのかを事前に知っておくことで、本番でも焦らず対応ができるはずです。

今回の記事を参考にして、頭の中で質問のシミュレーションを行っておくと良いでしょう。

企業の気持ちになって考えることで、好印象を与える回答の仕方も分かるはずです。

また、今回ご紹介した回答の際の注意点にも気をつけて、転職面接対策を行っていただければ嬉しいです。

転職面接に向けて万全の準備を行っていきましょう。

 

無料転職相談に登録して自分に合った転職先を見つけよう

Geekly Media
ライター

休日

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。