カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. エンジニアからデザイナーへの転職方法をエージェントが解説!3つの手順とは?メリットと必要な経験も確認
  • 転職活動

エンジニアからデザイナーへの転職方法をエージェントが解説!3つの手順とは?メリットと必要な経験も確認

WEBサイトのプログラミングや設計を行うWEBエンジニアと、デザインを行うWEBデザイナーには共通点があり、エンジニアからデザイナーへの転職実績も多いキャリアチェンジ例となります。そこで今回はエンジニアからデザイナーへの転職方法について詳しく見ていきましょう。

パソコンと写真

未経験からデザイナーへの転職は可能か?エンジニアとデザイナーの共通点

 

デザインをする様子

 

まずはWEBエンジニアとWEBデザイナーの共通点についてご紹介します。

仕事の進め方やスキルに似ている点がありますので、システムエンジニアの経験を活かした転職をしている人も珍しくありません。

 

クライアントの要望を聞いてWEBサイトを作る

 

WEBサイトを作りたいクライアントから、ターゲット層やイメージ・機能などのニーズをヒアリングしてサイトを作っています。

これはデザイナーとエンジニアで共通している点で、クライアントの要望を形にしていく仕事です。

そのためWEBサイトという自由度の高い商材に対する要望を、予算や納期をふまえて形にしていくという点が共通事項となります。

 

コーディングのスキル

 

使う言語は異なりますが、コンピュータ言語を使ってコードを書いていくスキルが必要な点も共通しています。

デザイナーはHTMLやCSS・Javascriptを、エンジニアはRubyやPython・PHPなどを中心に使うことが多いです。

そういった言語の違いはありますが、コードを書いてサイトを形作っていくというスキルには変わりがありません。

加えて企業や制作するサイトの規模によっては、双方の業務の一部を兼任することもあります。

そのためエンジニアの経験があることで、デザイナーの仕事へ活かすことが可能です。

 

エンジニアとデザイナーの違いとは?

 

パソコンを操作する人

 

上記でご紹介したとおりエンジニアとデザイナーには共通点がありますが、相違点はどんなところにあるのでしょうか?

まず大きな違いとしては、WEBサイトのビジュアル面を作るのか、サーバーやシステムといった内部を作るのかの違いです。

 

デザイナーの仕事内容

 

デザイナーはエンドユーザーの目に直接触れるWEBサイトのデザインを行うため、カラー設定やページの構成などを担当することになります。

そのためデザイナーはUI(user interface)やUX(user experience)のクオリティにも直結する仕事です。

そのためクライアントから見て価値が高く、エンドユーザーから見て魅力的なWEBサイトを作るにあたって重要な役割を担っています。

 

エンジニアの仕事内容

 

エンジニアの仕事内容は、エンドユーザーの目には触れないシステムの構築を行う「WEBサイトの裏側」を担当します。

例えばエンドユーザーが入力した情報を処理したり、ECサイトで決済するときにクレジットカード会社へ照会したり、といった動作です。

こうしたサイトの裏側の仕事はエンドユーザーから見ることは出来ませんが、WEBサイトの構築・運用において重要な役割となっています。

 

エンジニアからデザイナーへの転職で求められるスキルとは?

 

デザインと切り取られた紙

 

エンジニアとデザイナーの違いや共通点についてご紹介しましたが、実際の転職ではどのようなスキルが求められるのでしょうか?

それぞれのスキルについて詳しくご紹介していきます。

 

Photoshopなどのデザインツール

 

パソコンを操作する人

 

デザイナーにはPhotoshopやIllustrator・Dreamweaverなどデザイン関連のツールやソフトのスキルが求められます。

こうしたツールでWEBサイト全体やボタン・ロゴのデザインといった、WEBサイトを作るのに必要な「パーツ」作りや調整を行うのです。

ターゲット層によってデザインを変える必要もありますし、色弱を持っている人に向けた配慮が必要な場合もあるでしょう。

そのため「ただキレイなデザイン」を作るだけでなく、ユーザビリティに配慮したデザインを行う必要があります。

そうしたデザインを行うために、ベースとなるツール・ソフトウェアのスキルは必要不可欠です。

 

HTMLやCSSの言語

 

ビジュアル面に直結するプログラミング言語である、HTMLやCSS・Javascriptなどのスキルも求められます。

それぞれ出来ることが異なり、HTMLだけでは文章の表示などの簡単な機能しか使えません。

そのためHTMLが使えるだけでは非常に簡素なWEBサイトしか作ることが出来ないのです。

そこでCSSを使って、フォントの装飾や画像の挿入・リサイズといったデザイン面の編集・調整を行います。

加えてJavascriptではWEBサイトに動きを付けたり、リアルタイムに動くグラフを作ったり出来る複雑なプログラミングが可能です。

複雑なアニメーションなども作ることが出来るので、WEB上で操作するゲームなどの開発も可能な言語となっています。

WEBデザイナーでは複雑なアニメーション作成をすることは少ないですが、Javascriptが使えると高機能なサイトの作成が可能です。

 

エンジニアからデザイナーになるメリットとは?

 

筆とインク

 

ここまでエンジニアとデザイナーの共通点や相違点についてお伝えしましたが、転職するメリットとはどのようなものでしょうか?

 

経験が活かしやすい

 

一番のメリットはエンジニアの経験がデザイナーで活かしやすいという点です。

先ほども少しご紹介した通り、プログラミング言語を使ったコーディングの知識・スキルは非常に近いものがあります。

加えてWEBデザインは仕事内容が重複する点もありますので、未経験でもエンジニアの経験をダイレクトに活かしやすいです。

 

UXについての理解

 

UX(user experience)とは、サイトを利用するユーザーの得られる体験や印象などのことです。

例えばサイトへアクセスしたときのアクセスのしやすさ、その時にどんな感想を抱くのか、といった内容を想像してデザインします。

デザイナーもエンジニアもこのUXについて想像し、目標・指標となるKPIを達成できるような設計を行うのがミッションです。

そのためUXについてどのようなものか理解し、KPIを達成するためにどう行動していくのか理解しているのは有利な点となります。

UXを求めるかどうかはクライアントによっても違いますが、デザイナーとして活躍するならUXデザインは重要なスキルです。

 

WEBデザイナーの求人一覧をチェック

 

エンジニアからデザイナーになるときの注意点とは?

 

ブラックボード

 

エンジニアからデザイナーへ転職するメリットについてご説明しましたが、デメリットとなる点はあるのでしょうか?

転職する場合に注意しておきたい点についてご説明します。

 

求められる成果が定性的であること

 

エンジニアからデザイナーに転職することでギャップを感じやすいのが、「定量的」か「定性的」かという成果の測り方の違いです。

エンジニアはプログラミングを行って「○○の機能を実装する」「バグが出ないように正確に設計をする」など、はっきりとしたゴールがあります。

しかしデザインの世界において明確な正解はありません。

もちろんクライアントの要望やエンドユーザーのアクションを分析して「より良いデザイン」をすることは出来ます。

しかしデザインにおいて定量的なゴールはありませんので、エンジニアとデザイナーでは求められる成果が異なるのです。

 

平均年収はデザイナーの方が低い

 

積みあがったコイン

 

エンジニアとデザイナーで比較した際に、デザイナーの方が平均年収が低くなっています。

WEBエンジニアの平均年収は430~450万ほど、WEBデザイナーでは350~380万ほどです。

会社やスキル・経験によっても差が出ますので一概にはいえませんが、転職した際に年収が下がる可能性があります。

 

エンジニアからデザイナーへ転職する手順3つ

 

hiringと抜かれた紙

 

それではエンジニアからデザイナーへ転職するための方法についてご紹介します。

デザイナーへ転職する際のご参考になさってください。

 

必要な制作ツールのスキルを学ぼう

 

上記でもご紹介しましたが、PhotoshopやIllustrator・HTMLといったソフトのスキルやコーディングを学びましょう。

このスキルがなくてはWEBデザイナーとして仕事を行うことが出来ません。

専門学校やビジネススクールなどでも習得できるほか、書籍やソフトで学習することも可能です。

HTML・CSS・Javascriptなどのプログラミングスキルは、エンジニアであれば習得は難しくないでしょう。

そのためPhotoshopなどのデザイン関連のソフトを使えるようになるための勉強を行ってください。

 

デザインの基礎知識を習得しよう

 

デザインには色相・明度・彩度をはじめとした色に関する知識や、コンテンツの配置を決めるレイアウトといったデザインの基礎知識は重要です。

WEBサイトがどんなターゲット層にどのような印象を感じてほしいのか、目的によって上記が変わります。

フォントの種類でもエンドユーザーに与える印象は変わりますし、色の選び方や組み合わせも重要な要素です。

そのためクライアントの要望に合わせたWEBサイトを作るにはデザインの基礎知識が必要不可欠となります。

 

ポートフォリオを作ろう

 

WEBデザイナーの転職において、ポートフォリオの提出は必須といえるでしょう。

デザイナーのスキルは言語化することが難しく、一般的な職務経歴書や面接では判断が付けられません。

そのため未経験からWEBデザイナーへ転職するにあたってポートフォリオを作っておく必要があります。

専門学校やビジネススクールではポートフォリオの作成についてアドバイスしてくれますが、独学の場合は基本独力での作成です。

WEBデザイナーのポートフォリオでは、まずWEBサイトを作るところから始まります。

自分が使えるスキルや技術を駆使してPRとなるサイトを構築しましょう。

また面接の場合には、紙のポートフォリオがあると面接の場で作品のプレゼンがしやすくなります。

 

IT・WEB業界での転職ならエージェントサービスがおすすめ

 

握手

 

WEBデザイナーとして転職をするなら、転職エージェントを使うことをおすすめします。

未経験でクリエイティブな仕事へ転職する場合には、就業環境や適性なども気になるポイントです。

そういった情報収集をしたり、相談をするなら担当アドバイザーが付くエージェントサービスが非常に心強いサービスとなります。

加えてポートフォリオに関してもアドバイスをしてくれるので、独力でポートフォリオを作成する場合のメリットも非常に大きいでしょう。

面接対策や企業情報の収集といった転職活動全般に対するサポートもしてくれますので、心配がある場合にはぜひ使ってみてください。

 

まとめ

 

デザイナー

 

今回はエンジニアとデザイナーの共通点や相違点、転職する方法についてお伝えしました。

エンジニアとしての経験や知識はデザイナーとして活かせる部分が大きく、WEBデザイナーとしての活躍を後押ししてくれるでしょう。

加えてWEB業界は今後も伸びしろが大きく、WEBサイト関連の仕事は需要が高まっていく可能性が高いです。

デザイナーはやりがいも非常にある仕事ですので、エンジニアから転職を考えている人はぜひ参考になさってください。

 

無料転職相談に登録してWEBデザイナーへ転職しよう

Geekly Media
ライター

パソコンと写真

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook