1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 「IT企業は女性に最適」は本当?おすすめの理由やIT業界の女性比率を紹介!
  • 転職準備

「IT企業は女性に最適」は本当?おすすめの理由やIT業界の女性比率を紹介!

これまで圧倒的に男性が多かったIT業界の女性比率が高まっています。多くの女性たちが新たな転職先として、IT業界を選択した理由とは一体何でしょうか?女性に“最適”と言われる理由や転職のメリット等について、現状を交えながらわかりやすく分析。転職時に最高のスタートをきれるアドバイスもご紹介します。

ビジネス、PC、女性

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

IT業界の女性比率が低い現状と理由

 

 

IT業界における女性比率の現状

 

経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果・報告書概要版」では、IT関連産業を支える人材うち、女性の比率は約4分の1という結果が記されています。

IT業界は人材不足が叫ばれており、女性の活躍推進についてはより一層期待される状況にあります。

 

これまでIT業界の女性比率が低かった理由

 

次に、IT業界における女性比率が低くなってしまっている理由についてみていきましょう。

 

IT=理系というイメージ

日本では文学や社会学などの「文系学部」、医学や理工学などの「理系学部」という明確なカテゴリ分けがありました。そのため「IT=理系」という概念が、長年にわたり深く残っていたのです。

この事から『理系を専攻していたか』どうかが、企業にとっても大きな採用基準となっていました。

理系学部は実際に男性比率も高く、女性にとって進出し難い分野だったといえます。

 

労働時間の長さ

また、別の理由として挙げられるのが、労働時間の長さです。

女性の場合、家事や出産、育児といったライフワークがあり、過酷な労働環境は避けられがちです。

結果として、女性からは敬遠されてきました。

 

実力重視のIT業界は女性の平均年収も高め

 

女性の平均年収を比較してみると一目瞭然

 

お金、ハート

 

現在、IT関連の職業は『需要過多の売り手市場』となっています。

この為、他の業種と比較しても給与額が高く設定されている事が転職のメリットの一つです。

国税庁の民間給与実態統計調査によると、2019年の時点において女性の平均年収はおよそ293万円ほど。また接客業などパート女性の平均年収は、約120万円となっています。

一方、女性エンジニアの平均年収は400万円前後となっており、男性と比較してもそれほど大きな差はありません。

この事からもIT業界は「実力重視」の業界で、女性も活躍できる分野だということがわかります。

 

IT業界では『女性らしさ』も評価UPの要素になる

 

IT業界にはシステムエンジニアやプログラマーの他、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャー。そして、ITの知識を駆使してクライアントを獲得する営業のお仕事などがあります。

いずれの職種でも、丁寧な仕事振りやマルチタスクに長けた点など。『女性らしさ』が評価UPへと繋がり活躍する女性が増えています。

IT関連のお仕事はスキルを磨きキャリアを形成しながら、仕事のやり甲斐も実感できるお仕事なのです。

 

育成に積極的なIT業界は未経験者もトライしやすい

 

スキル

 

現在、IT業界ではどの企業も「人材の育成」に力を入れています。

例えば、業務を行う上で必要となるIT資格取得を補助する制度。そして、転職者などの中途採用者へのOJT(職業の実務教育)の実施などです。

IT教育訓練に関わる給付制度や講座の指定要件緩和など、国の政策も後押しする形となりました。たとえ未経験であっても、きちんとした人材育成プランがあるIT企業なら1からスキルを学べるので安心です。

企業によって育成補助の内容も変わるため、専門家である転職エージェントの意見を参考にしてみると良いでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

今後も成長するIT業界にとって貴重な女性人材

 

今後のIT市場

 

ビッグデータ

 

「ビッグデータ」や「人工知能」、「IoT」などが最先端のIT技術として注目される今日。

IT技術の高度化によって、ますます市場ニーズも多様化していくことでしょう。そのためIT需要は今後も増え続け、それに伴って市場規模も拡大していく事が予想されます。

今後のIT業界は、世界規模で大きな成長が期待できる分野なのです。

 

IT市場の成長は「人材育成」がカギ

 

しかし、今後の日本におけるIT人材動向予想では、2019年をピークに徐々に減少。2030年には、41万人~79万人もの人材不足に陥る事が予想されています。

IT市場の成長には「人材育成」が最重要との認識から、女性外国籍人材の積極的な活用。加えてシニアIT人材の育成などが必要と考えられてきました。

この様な現状からIT業界における女性人材は存在感を強めており、今後も女性比率は増えていくでしょう。

 

IT業界で存在感を増す女性人材の不安要素

 

スマートフォン、手、フォトモンタージュ

 

深刻な人材不足が予想されるIT業界では、経験や国籍を問わず様々な人材を採用しています。そして、独自の育成カリキュラムを設け資格取得や補助制度を整えるなど、各企業は人材育成に積極的です。

この様に取り組んできた事で、各IT人材に関わる育成時の問題点も次第に浮き彫りになりました。

例えばシニア人材はIT分野の知識や技術など、新しい事柄への対応力の低さが懸念されています。また外国籍人材では、マネジメント面において通常よりも難しいという意見が上がっているのです。

このような現状からIT業界では、二つの問題点をクリアする女性人材への期待が高まっています。

しかし、そうした女性人材においても「離職率の高さ」が問題視されていました。

 

人生に変化が多い女性はキャリア形成が難しい

 

木々

 

女性の転職入職率を見ると 、20歳から 60歳までの各年齢において男性よりも高くなっています。

これは、多くの女性がやり甲斐のある仕事活躍できる環境を求めていること。そして、仕事とプライベートの両立を目指して奔走しているからでしょう。

結婚や出産、育児に介護など女性の人生におけるイベントや変化は多く、その度にライフスタイルも変化します。

時間の制約を受けやすくなり、それらの要素が女性のキャリア形成にも影響を及ぼしてきました。

 

女性IT人材最大の不安要素「離職率」が高い理由

 

厚生労働省のまとめによると、結婚を理由とした離職は25歳~29歳が最も多く。

出産・育児を理由とした離職は、30歳~34歳が最も多くなるという結果が出ています。

その後、育児がひと段落する頃にパートを開始するものの、家族の介護や看護を主な理由に離職する女性が多くいます。55歳~64 歳では約4割、65歳以上では7割以上です。

これまで通りの仕事が困難になり、止む無く『キャリアを断念する女性の多さ』が離職率の高さに反映されています。

 

女性人材の不安要素を攻略したIT業界

 

様々なライフスタイルを許容するIT業界のキャパシティ

 

女性、腕時計

 

可変型の人生といえる女性にとって、仕事と私生活のバランスは難しいものがあります。

特に子育て期の女性は子供の急病による保育園からの呼び出しなど、急な対応を迫られることも多いでしょう。

そんな女性たちが新たな転職先に選ぶIT業界では、主にフレックスタイム制を導入しています。フレックスタイム制とは出退勤時間や労働時間などを、労働者自身で決められる可変型の勤務形態のことです。

必ず出勤しなくてはいけない「コアタイム」のある企業と、フレックスタイムのみという企業もあります。

フレックスタイム制の主なメリットとしては、以下の事があげられます。

 

フレックスタイム制の主なメリット

 

予定、スケジュール、ノート

 

・妊娠中に満員電車で通勤しなくてもいい

・子供の送迎や学校行事にも合わせやすい

・病院や市役所、銀行など日中の用事もこなせる

・旅行などプライベートな予定が組みやすい

 

自由度の高いフレックスタイムは、フルタイム勤務では難しかったことも出来るようになります。また家族の病気や事故など、突発的な出来事にもすぐに対応できるのは女性にとって大きな魅力です。

その一方でクライアントの勤務形態によっては、スケジュールの調整が難しいとの意見もありました。

しかし、仕事とプライベートの両立が図れる事からも、女性にとってメリットの方が多い勤務形態です。

企業によってはオフィス以外で働ける「リモートワーク制度」を導入し、女性のキャリア形成がしやすくなっています。

この様に女性も働きやすい職場環境を整えたIT業界は、女性のキャリアとプライベートを両立できる『最適』な職場なのです。

 

プライベートの充実と自分らしい働き方が実現できる

 

キャリアウーマン

 

実力重視で自由度の高いIT業界では、女性の人生の変化にも柔軟な対応が可能です。

将来性もある業界のためプログラミングスクールに通い、未経験からスキルを習得する女性も多くいます。

また、自分時間を大切にしながらIT業界で働き、経験を積みキャリアアップを目指す女性。さらにフリーランスの女性エンジニアやプログラマーとして活躍する女性もいます。

女性人材獲得に向けそれぞれのIT企業では、資格取得の補助制度や女性が働きやすい職場環境を整えています。このようなIT業界だからこそ、女性は本来の力を発揮しこれまで以上に活躍できるのでしょう。

女性が新たな転職先にIT業界を選び、女性比率が増えている現状も納得いただけたのではないでしょうか。

 

パフォーマンスの事前把握と不安解消で最高の転職スタートを!

 

疑問、選択、はてなマーク

 

人材不足のIT業界では、転職と同時に即戦力を求められる事もあります。

期待に応えたい反面、最初から全力疾走では新しい環境に適応する余裕が無くなってしまします。

転職早々ミスを連発する事が無いように、『会社が求める人材』を事前に把握することが大切です。

面接の際にトライアル期間を見込める「増員」か、それとも即戦力となる「欠員の補充」なのかを確認してみてください。自分に求められているパフォーマンスが分かれば、新しい職場でも活躍する事ができるでしょう。

また、無料相談などのサービスを活用して、転職の不安や心配を早めに解消しておくのもお勧めです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー