カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【徹底解説】IT業界特化型エージェントとは?転職エージェントの種類や利用するメリット、具体的な提案内容の差異まで詳しく解説します!
  • 転職準備

【徹底解説】IT業界特化型エージェントとは?転職エージェントの種類や利用するメリット、具体的な提案内容の差異まで詳しく解説します!

転職サイトに登録すると大量に届くスカウトメール。どの転職エージェントを選べばいいのか分からない!と思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、転職エージェントの種類から利用するメリット・デメリット、具体的なサポート事例まで詳しく解説し、失敗しない転職エージェント選びのポイントをお伝えします!

2020年2月14日

  • twitter
  • facebook

転職エージェントとは?

 

 

転職エージェントは、転職を希望している求職者と採用を考えている企業の架け橋となって転職活動を支援する、人材紹介サービスの一つです。

自分で情報を収集する転職サイトと違って、求職者一人一人に担当のキャリアアドバイザーが付き、下記のような転職活動における様々なことを全て無料でサポートしてくれます。

 

〇面談にてキャリア相談

〇希望にマッチした求人の紹介

〇履歴書・職務経歴書などの書類作成代行

〇企業との面接設定・面接対策

〇年収交渉

 

「今より良い環境で仕事がしたい」「スキルアップしたい」「別の職種にキャリアチェンジしたい」という想いで転職活動に踏み切ってみたものの、実際『何をすればいいのか分からない』『やることが多すぎて、働きながら全て自分でやるのは難しい』と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

転職エージェントの役割は、そういった一つ一つの悩みに耳を傾けて人生の転機において後悔のない選択ができるように背中を後押しすることです。

「自分にはどんな企業が合っているのか」「どんな可能性があるのか」「そもそも転職するべきなのか否か」など相談ベースから利用可能なので、転職を考えている場合には最大限活用することをお勧めします。

 

転職エージェントの種類

 

転職エージェントは、大きく「総合型」と「特化型」の2種類に分けられます。

 

〇「総合型」:業界・業種にこだわり無し。多種多様な求人・企業の紹介が可能。

〇「特化型」:1つの業界・業種に精通。専門的な知識を基にピンポイントマッチングが可能。

 

大まかに上記のような特徴がありますが、転職活動をする際にはそれぞれのメリット・デメリットを把握し、自分に合うのはどちらか判断したうえで利用することが重要です。

以下では、具体的に、総合型・特化型エージェントの間にはどのような違いがありどのような人に向いているのか解説していきます。

 

総合型・特化型のメリット/デメリット

 

 

総合型転職エージェント

 

〇様々な業界に対応しているため、保有する求人案件数が豊富(最大10万件)

〇幅広い業界・業種の情報を入手でき、条件の比較がしやすい

×キャリアアドバイザーの質に差がある(業界特有の知識に弱いことも)

×量重視のために希望にそぐわない提案をされることがある

 

特化型転職エージェント

 

キャリアアドバイザーの質が高い(その業界のプロが多く、専門的な知識が豊富)

〇業界全体の動向から現場のリアルな情報まで入手可能(企業ごとの選考対策もしやすい)

〇求人サイトに掲載されていない非公開求人を豊富に保有

〇転職先決定までのスピードが速い(1ヶ月以内)

×検討できる業界・業種が限定されてしまう可能性がある

×特定の地域に企業が集中している業界の場合、希望の転職先地域によっては利用できない

 

どんな人に向いている?

 

 

総合型は、対応可能な業界・業種が絞られていないため、必然的に紹介できる求人の数が多くなります。求職者の経験スキルや希望をヒアリングする中で、キャリアアドバイザーが、よりその人に向いていると感じた業界や職種の求人を紹介することもあります。

転職活動を考え始めたばかりで「応募する業界・業種にこだわりがない」場合、「今と全く別の業界にチャレンジしたい」「自分の可能性の幅を広げたい」と思っている場合は、総合型転職エージェントがお勧めです。

 

特化型は、対象の業界・業種を1つに絞っている分、キャリアアドバイザーもその業界における豊富な経験・知識を持っており、求職者のスキルや希望に対し理解が深いというメリットがあります。

現時点で「転職したい業界・業種が1つに決まっている」場合や、「現職と同じ業界でキャリアアップしたい」「自分の専門性を磨きたい」と考えている場合は、特化型転職エージェントがお勧めです。

 

勿論、興味・関心の強い業界が絞られていて特定の業界への転職希望は強いけれど、検討できる求人にはある程度幅を持たせたいという方もいるでしょう。その場合は、特化型転職エージェントと併用して幅広い分野の求人を持つ総合型転職エージェントを利用するのも一つの手です。

さて、総合型・特化型転職エージェントのメリット・デメリットについてお分かりいただけたでしょうか。以下ではさらに、「IT業界に転職したいと考えている」場合にスポットを当てて、それぞれの転職エージェントを利用した際にどのようなサポートがあるのか、実例を踏まえて解説していきます。

 

特化型エージェントに話を聞く

総合型・特化型エージェントの提案①求人

 

 

総合型エージェントは、先に述べたようにとにかく保有している求人の数が膨大です。そのため、業界の大手から地方の中小企業まで多種多様な求人を紹介したり、同業種多分野の求人や、希望職種と親和性の高い別職種を提案することもあります。

その一方で、某大手総合型転職エージェント5社のサービスを利用したIT業界を希望する求職者40名の口コミを調査すると、「IT業界全般には詳しいが、Webデザインに関する知識がイマイチで魅力的な求人がなかった」「案件の量が多い分、的外れな提案も多かった」「選択の幅は広がったが、自分に合った求人を選択するのが難しかった」など、一部で求人の質や専門性に少し不安を感じる方もいました。

 

では、IT特化型転職エージェントの求人はどういったものなのでしょうか。今回は、実際に弊社でご支援させていただいた求職者の方への提案事例を交えて紹介します!

 

IT業界特化型エージェントの求人提案事例

 

【ステータス】

Webエンジニア、35歳男性

某フリーランスプラットフォームのPHP開発エンジニアを担当していらっしゃいました。

 

【求職者様のご希望】

裁量があるto B向けのサービスプロダクトに携わりたいというご希望をお持ちで、特に開発環境へのこだわりがとても強い方でいらっしゃいました。求人選びに対しては非常に慎重で、細かく詳細が分からない場合には応募したくないとおっしゃっていました。

 

【求人の提案】

①AI・ディープランニング事業を展開し、産総研との開発や公共機関向けのサービスを提供するベンチャー企業。クライアントの規模が大きいため、慎重な開発環境あり。

②AIの推論・学習プラットフォームの研究開発、提供、 やSaas型OCRの開発・販売・サポートを展開する上場企業。

③BtoBセールスに特化したインサイドセールスシステムを開発する成長企業。フルリモート・フレックスのポジションがあり、環境に縛られず開発可能。

 

この方は「設計やテストの効果検証を大切にしたい」という方だったため、ウォーターフォール開発の様な体制がある企業や、興味をお持ちのAI事業を展開する企業を中心に提案した事例になります。

また、「PHP」開発だけでなくフロントエンドやインフラの開発経験もお持ちであったため、そういった「開発に必要な技術」においても親和性のある求人を紹介しています。

 

総合型・特化型エージェントの提案②サポート

 

 

冒頭でお伝えした通り、転職エージェントのサポートはキャリア相談や求人の紹介だけではありません。求人に応募し企業の選考を受ける際に必要な書類作成、面接対策、年収交渉や企業との連絡など、転職先の決定・入社までの全ての工程において求職者の方を支援します。

 

総合型転職エージェントは、「職務経歴書の書き方を教えていただき何度も添削してくれた」「過去の面接質問例を頂き、電話で面接練習に付き合ってくれた」「転職のノウハウを一から教えてもらえた」など、大量の支援実績データを基にした転職全般に関わる豊富な知識や手厚いサポートが強みです。

面談時における情報提供に留まらず、求職者向けに面接セミナーを開催して実戦練習ができる場を設けているエージェントも存在します。

 

その一方で、先程と同様にIT業界を希望する求職者40名の口コミを見てみると、「IT業界に関する知識や技術職に対する専門的な知識については、担当によって差が大きい」「似たり寄ったりの発想・案件が多く、新しい発見がない」「無駄な提案が多く時間がかかる」など、一部で自分の経験職種・希望職種に対する理解度や選考までのスピードに少し不安を感じる方や、入社後ミスマッチで早期離職に至ったという方もいました。

 

ではIT特化型転職エージェントのサポートはどうなのでしょうか。

担当する業界を一つに絞ることでコンサルタントによる知識の差はほとんどなくなり、求人の提案も「多業界から10社」ではなく「IT業界の中で大手からベンチャーまで10社」というように質が高くなります

『今後IT業界でどのようにキャリアを積めばいいのか』と悩んでいる方に対し、業界の構造や動向、サービスの将来性などを一から説明したり、経験職種や希望職種における具体的なキャリアプランの実例や、転職活動の進め方を伝えることができる専門性もIT特化型転職エージェントの強みです。

 

総合型と比較すると求人数は少ないかもしれません。しかし、その分求人企業との関係が非常に密になるので、書類選考や面接時に求められることなどの情報を直接入手したり、逆に企業に対して疑問に思うことや不安に思うことを解消することもできます。

このような情報があればそれぞれの企業に合わせて入念な対策ができますし、入社後「ここに決めてよかった」と思える転職を叶えることもできるでしょう。

 

最後に

 

 

転職活動を始める上で、後悔しないエージェント選びのポイントは以下の2点です。

 

〇転職エージェントの種類やそれぞれのメリット・デメリットを把握すること

〇転職エージェントに対して求めることと転職エージェントの特徴・サービス内容がマッチしていること

 

転職エージェントは、転職サイトからは得られない情報を豊富に持ち、転職活動に必要な様々なサポートを全て無料で提供しています。「転職が初めてで右も左も分からないという人」「転職の経験がある人」のどちらにとっても、上手く活用すれば転職成功の確率が大幅にアップするお勧めの存在です。

しかし、転職エージェントであればどこを使っても同じという訳ではありません。

「洋食を食べたい時」に「ファミレスに行く」人は多いと思いますが、「ラーメンを食べたい時」にあなたはファミレスに行くでしょうか?答えはいいえです。きっと「ラーメン屋に行く」でしょう。

転職エージェントも同じです。

 

見ている範囲が多業界・多業種に渡り、「自分の可能性を広げたい」「異業種にチャレンジしたい」と思っているのであれば、総合型転職エージェント。

「IT業界に転職したい」「IT業界の中で自分のスキルを磨きたい・キャリアチェンジしたい」と思っているのであれば、その道のプロ集団が高い質と専門性を兼ね備えた提案をしてくれるIT特化型転職エージェント。

自分が欲しいと思っている情報・サポートを提供してくれるエージェントを選ぶことで、より魅力的な求人や企業に出会えるチャンスが増え、転職成功への距離もぐっと縮まります。

 

弊社でも、IT/Web/ゲーム業界に特化した専門的な情報や業界最大級10000件以上の求人を用意して、求職者様のご希望のキャリアを後押しさせていただいております。書類作成の代行サービス、年収交渉まで、幅広く転職支援サービスを展開しておりますので、ぜひご検討ください。

 

無料転職相談に登録してIT特化型エージェントについて学ぼう
geekly

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。