1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Webディレクターが年収アップする方法は?年収を上げられるおすすめのキャリアパスを徹底解説します!

Webディレクターが年収アップする方法は?年収を上げられるおすすめのキャリアパスを徹底解説します!

Webディレクターとは、ウェブサイトの制作や運用において責任者的な立場の職種です。Web業界の中でも人気の職業の1つで、転職後のキャリアとして注目を集めています。Webディレクターに転職を考えている方にとって、Web ディレクターの年収がどれくらいなのか、どのようなスキルが求められるのかは知っておきたい情報です。そこで今回は、Web ディレクターの平均年収や、年収アップのポイントなどについて、詳しく解説していきます。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

Webディレクターの年収事情とは?

 

 

Web ディレクターの平均年収は442万円となっています。クリエイティブ職全体の平均年収が349万円であることを考えると、比較的高い年収であると考えられます。

また、Geeklyが独自に集めたデータによると、20代のWebディレクターの平均年収は425万円と高く、50代以上になると650万円にも及ぶことが分かっています。

 

【年代別】Webディレクターの平均年収
  • 20代:425万円
  • 30代:490万円
  • 40代:540万円
  • 50代:650万円

 

国税庁の調べでは、令和3年時点での日本の平均年収は443万円とされていますが、Web ディレクターの場合30代以上になれば平均年収を優に上回る年収を獲得することが可能です。

(参考:国税庁『令和3年分 民間給与実態統計調査』)

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

Webディレクターが転職で年収アップするには?

 

 

Webディレクターに転職する上でやはり気になるのが、年収をアップできるのかという点についてです。

そこでまずは、「Web ディレクターとして年収アップするにはどうすればいいのか?」について解説していきます。

 

スキルや経験を増やす

 

Web ディレクターとして年収アップをさせるには、スキルや経験を増やすことが大切です。

Web制作・運営における課題を抽出して解決する「課題解決能力」に加え、クライアントのニーズを汲み取った提案ができる「提案スキル」を身につけておく必要があります。

また、UI(ユーザーインターフェイス)やUX(ユーザーエクスペリエンス)に関する知識も必須です。

ウェブサイトのデザインやフォントがユーザーにとって使いやすいレイアウトかどうかはもちろん、ユーザーがサービスを通して何を得られるのかを考える力が求められます。

これらのスキルや経験を身につけることで、よりWebディレクターとしての価値を高め、今よりも年収をアップさせることが可能です。

 

さらに上流の職種にキャリアチェンジする

 

Webディレクターとして年収を高めるためにはさらに上流の職種にキャリアチェンジすることも考えられます。

これは、Webディレクターの上位職である Webプロデューサー やWebマーケターなどに転職する方法です。

こういった上位職に転職するためには、専門分野の知識スキルをさらに磨くことはもちろん、トレンドやノウハウを調査する力、 クライアントのニーズをさらに汲み取る力、そして、ニーズに合った提案ができるスキルが求められます。

しかし転職に成功すれば、年収500万円以上も夢ではありません。Web ディレクターとして知識や経験を身につけ上流の職種に転職して、さらに高年収を目指しましょう。

 

Webディレクターの需要が高い業界は?

 

Webディレクターの活躍の場はWeb制作会社だけではありません。

今後Webディレクターの需要が高まると言われている業界のひとつめが広告代理店です。

近年プロモーションに力を入れる広告代理店も多く、その一環としてWebサイト制作を外注するケースが増えているのです。

全体の管理は社内のWebディレクターが行い、作業は外注するというケースは今後も増えるでしょう。

ふたつめはサービス事業会社です。

自社ビジネスの成功のために施策を行い、リニューアルや改修の企画立案を行います。

制作会社でディレクション実績を積み、事業会社を目指す人も増えています。

 

将来性のあるWebディレクター像を理解する

 

Webディレクターの将来性が危ぶまれる理由のひとつにAIの台頭があります。

さらに、Web制作の専門知識がなくても高いクオリティでWebサイトを構築できるノーコードタイプの登場もWebディレクターの将来性を脅かすと言われています。

しかし実際にはWeb制作の需要がなくならない限りはWebディレクターの需要もなくならないと考えることができます。

なぜなら、例えAIを活用するとしても操作する人間の手はどうしても必要だからです。

デザイナーやコーダーなど、他職種の人とコミュニケーションを取りながら主導するスキルはAIにはありません。

将来性のあるWebディレクターになることができるかどうかは、何が求められているのかを正確に把握し応える力が必要なのです。

 

転職エージェントに相談して年収交渉をしてもらう

 

Web ディレクターとして転職する際に転職エージェントを利用している方は、転職エージェントを介して年収交渉をしてもらうことが可能です。

転職エージェントから紹介された仕事が自身の知識や経験に見合った年収ではないと感じる場合は、積極的に年収交渉をしていくことも大切になってきます。

現職の年収を交渉相手企業にしっかりと伝え、希望と最低条件を転職エージェントのキャリアアドバイザーに的確に伝えることで、さらに高い年収が期待できるでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

年収アップ可能なWebディレクターの共通点

 

 

①プラスアルファの知識がある

 

Webディレクターとして差別化をはかるためのスキルとしては、主に次の3つが挙げられます。

 

  • ・マーケティングの知識
  • ・デザインの知識
  • ・プログラミングの知識

 

Webサイトの運用において、マーケティングの観点は集客に役立ちます。

デザイナーの知識があれば、顧客への提案に説得力が生まれるでしょう。

プログラミングスキルを身につけていればシステムの要件を策定できるWebディレクターとして重宝されるはずです。

 

②課題解決力が身についている

 

Webサイト制作には、トラブルがつきものです。

これまでのWebディレクターとしての経験から、どのようなトラブルが起こっても想定内として対応できるとより市場価値が高いとみなされるでしょう。

なぜならそれだけ経験値が高く知識の幅も広いということだからです。

サイト構築におけるリスクなども把握し、起こりうるトラブルを予見する能力が求められます。

 

③コミュニケーション能力に長けている

 

コミュニケーション力も磨いておけば、それだけ仕事の幅を広げられるようなチャンスも多く、年収アップの実現に近づきます。

確実に業務を遂行するためにも必要なだけでなく、仕事で関わるすべての人と自主的にコミュニケーションをとる積極性があると良いでしょう。

 

④経営視点を持っている

 

高年収を狙えるWebディレクターは、そもそもWebサイト制作の目的が利益創出であることを理解しています。

経営サイドが求めるのは数字で可視化されたWebサイトの効果です。

何を求められているのか正確に把握している必要があります。

クライアントの事業内容や業界、経営戦略などの視点でサイト構築を行える人は年収アップを目指せるでしょう。

 

 

Webディレクターのスキルアップにつながる資格

 

 

より市場価値の高いWebディレクターになるためには、自身の知識と経験を提示できる資格があれば有利になります。

ここからは、Webディレクターとしてスキルアップにつながる代表的な資格を全部で4つ紹介します。

 

PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)

 

PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)は、OMIが主宰する国家資格です。

Web ディレクターとしてプロジェクトを円滑に進める上で欠かせない、スケジュールリスク管理に伴うプロジェクトマネジメント力を計ることができます。

PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)の資格を取得することで、Web ディレクターとしてプロジェクトを進行する上で必要なスキルを提示できるため、年収アップにもつながります。

また、資格取得者のコミュニティ活動によって、さらにネットワークが広がるのもメリットです。

 

Webリテラシー試験

 

Webリテラシー試験は、社会法人日本能率連合登録資格が運営するWeb資格検定です。

Web ディレクターだけでなく、プロデューサーや Web デザイナーとして活躍していくために必要な資格となっています。

Webに関する基礎知識はもちろん、ウェブサイトの企画設計や Webマーケティングの基礎知識を身につけることが可能です。

Web制作系として活躍したいと考えている方は取得しておきたい資格のひとつです。

 

Webディレクション試験

 

Webディレクション試験は、ボーンデジタルが運営する民間資格となっています。

Web制作におけるプロセスの管理能力や、課題を導き出すための分析能力、プロジェクトの企画力やWebサイトの設計力など、Web制作に関する幅広い知識を身につけることが可能です。

Web 制作の全般を担うWeb ディレクターにとって 、網羅性の高い Web ディレクション試験はぜひ取得しておきたい資格と言えます。

 

ウェブ解析士認定資格

 

ウェブ解析士とは、一般社団法人ウェブ解析士協会が実施・認定する資格です。

Web ディレクターとして年収をアップする上で欠かせない、Web サイトの PV 数を分析するスキルを得ることができる資格となっています。

資格を取得することでマーケティングに必要なWeb分析の知識スキルを身につけられるため、Webディレクターなら取得しておくべき資格と言えるでしょう。

 

 

年収を上げられる5つのキャリアパス例

 

 

Webプランナー

 

Webプランナーとは、クライアントからのリクエストを元にして、ウェブサイトの企画を行う役割のことです。

Webディレクターの役割と非常に似ていますが、Webディレクターよりもクライアントと緻密にコミュニケーションを取っていきます。

またデザインやコーディングなど、Webディレクターが率いる制作チームが行う仕事の方向性を決定する重要なポジションでもあります。

つまり、プロジェクトが成功するかどうかはWebプランナーの企画力にかかっており、非常に重要な役割です。

Web ディレクターとして培ったコミュニケーション能力をフルに活かすことで、より Web プランナーとして年収を上げることにつながるでしょう。

 

Webアナリスト

 

Web アナリストとは、ウェブサイトのアクセス分析や動きを分析して課題を抽出し、効果的な改善策を提案する役割を担います。

ウェブサイトが意図した方向に動くためには実際に Web サイトを運営して確認する必要があるため、ウェブサイト運用において、Webアナリストの存在は非常に重要な役割と言えるでしょう。

データ分析能力はもちろん、現状の課題を正確に把握する察知能力、 課題の解決方法を考えられる高い知識などが求められます。

また、 分析によって得られた情報はクライアントに的確にかつ理解しやすいように説明しなければならないため、相応のコミュニケーション能力も欠かせません。

このように Web アナリストには高い知識と技術が求められますが、市場価値はそのぶん高く、年収も高い傾向があります。

Web ディレクターとして得られた知識や分析能力をフルに活かせば、Webアナリストとして年収をアップさせることが可能です。

 

Webコンサルタント

 

Webコンサルタントとは 、ウェブサイトを閲覧するユーザーに向けて、コンテンツの開発・制作・運営に関する課題を捻出して提案し、より効果的にWebサイトを活用できるように改善していく役割を担います。

ブラウザでどのように上位表示させていくかといったSEOの知識はもちろん、広告等の Web知識、課題を見つけ出す問題解決能力などが求められます。

また、クライアントの予算に合わせて最適なマーケティングを提案する提案力とコミュニケーション能力も必要です。

Webディレクターで得られたコミュニケーション能力や、Web 制作に関する知識をフルに活かせられれば、Web コンサルタントとして年収をアップすることも可能です。

 

テクニカルディレクター

 

テクニカルディレクターとは、ウェブサイトを制作する上で必要な技術をどのように使用していくか、どのようにWeb制作を行っていくかといった、制作の方向性を決定する役割を担います。

プロジェクトの方向性を決定する上で、クライアントが希望するデザインや操作性、予算などを確認する必要があるため、テクニカルディレクターとして活躍するためにはコミュニケーション能力が必要です。

Webディレクターと混同されることがありますが、Webディレクターはコンテンツ制作のディレクションを行う一方、テクニカルディレクターは技術やシステムなどをディレクションするといった違いがあります。

ただ、ディレクションするということに関しては同じであるため、 Web ディレクターで培ったディレクション能力を活かして年収アップにつなげることができるでしょう。

 

コンテンツディレクター

 

コンテンツディレクターとは、Web制作物の内容についてディレクションする役割を担います。

Web 制作に関する高い技術とスキルが求められるのはもちろん、制作に関するセンスが求められる仕事です。

発想力豊かなコンテンツを制作し、制作物に対して的確な助言を行う必要があります。またプロジェクトを円滑に進められる進行管理能力も大切です。

Web ディレクターで培った、ディレクション能力やコミュニケーション能力を活かして、コンテンツディレクターとして年収を高める方法もあります。

 

 

転職エージェントに相談して年収アップを成功させよう

 

 

Webディレクターとして年収をアップさせるには、転職エージェントの利用が理想です。

転職エージェントに相談することで、企業に年収交渉を行ってくれたり、より好条件の企業を紹介してくれたりと、年収アップにつながりやすい傾向にあります。

IT・Web・ゲーム業界に強い転職エージェントであるギークリーでは、Web ディレクターに関する情報を多数保有しています。

いつでも無料で相談できるため、Webディレクターの転職に興味がある方は是非一度相談してみてください。

 

Webディレクターの求人を紹介してもらう

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事