1. HOME
  2. Geekly Media
  3. SAPコンサルタントは将来性や年収が見込める?仕事内容を転職エージェントが解説します
握手

SAPコンサルタントは将来性や年収が見込める?仕事内容を転職エージェントが解説します

SAP導入プロジェクトを支援するSAPコンサルタント。ERPのなかで圧倒的な世界シェアをもつSAPに携わる職種として高い需要を誇っている一方で、人材が不足しています。今回はそんなSAPコンサルタントの将来性や仕事内容などをまとめてみました。SAPコンサルタントへの転職に役立つキャリアパス情報もご紹介します!

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

SAPとは

 

ホームオフィス

 

SAPとは、ドイツを拠点とするソフトウェア会社、およびそこが開発するERPパッケージのことです。

ERPとは、「Enterprise Resources Planning」の略で、日本語では「統合基幹業務システム」「基幹システム」を意味します。

企業の経営リソースである、ヒト・モノ・カネ・情報を一括で管理することや、データを組み合わせて活用することも可能にするITシステムです。

データやシステムの効率化が図れるため、多くの企業でERPパッケージおよびSAP社の製品は導入されています。

SAPプロジェクトにおいて、クライアント企業への導入支援をおこなう人をSAPコンサルタント、システムの開発やカスタマイズを行う人をSAPエンジニアと呼びます。

 

【あわせて読みたい】SAPエンジニアの記事はこちら!

 

 

SAPコンサルタントの仕事内容

 

スタートアップ

 

SAPコンサルタントは、クライアントがSAP ERPシステムの導入をする際のコンサルティングを担当するポジションです。ここでは、その仕事内容を詳細にお伝えします。

 

SAPの導入

 

SAPコンサルタントの仕事として1番大きいのは、クライアントがSAPの導入を行う際、その導入のコンサルを行うことです。

企業がSAPを導入する際、以前使っていたERPパッケージからシステムやデータの移行を行います。

その移行がスムーズに進むようにサポートを行うのがSAPコンサルタントの仕事となります。

 

またSAP導入プロジェクトに際して、システムを合理化のために業務分析・改善提案を行うのもSAPコンサルタントの仕事です。

ライアントが求めるシステムを実現するため、要望をヒアリングを行い、要望に沿ってSAPによる経営の効率化を行うこととなるでしょう。

SAPコンサルタントは、システムの要件定義、設計から開発まで、SAPシステム全体のマネジメントを行うこととなります。

 

SAPシステムのカスタマイズ

 

SAPはそのままでも業務処理・管理に必要な機能が備わっています。

しかし実際にSAPを導入する際、企業ごとにシステムを更に合理化することを求められるのが基本です。

ITコンサルタントは、このSAPのカスタマイズ作業も担当する職種。企業が求める処理に合わせて、追加で機能を開発することになります。

その際、クライアントが求める機能を実装するかどうかを検討し、開発を判断するのも仕事です。企業の経営課題を深く理解し、解決するのに必要なシステムを組むことが求められます。

これには、SAPシステムに対しての深い理解と、クライアントの課題を適切に解決するための合理的な判断が必要となるでしょう。

 

システム導入後のサポート

 

他にも、SAPシステムを導入した後のサポートにもSAPコンサルタントは携わります。

クライアントがシステムのソフトウェアをアップデートする際や、システムの運用の仕方に困った場合などにサポートすることとなるでしょう。

システムの保守業務にも関わり、クライアントのSAPシステムを全面的にバックアップすることもSAPコンサルタントの仕事です。

 

 

SAPコンサルタントに求められる能力

 

コーディング

 

ここでは、SAPコンサルタントの仕事で必要となる能力についてご紹介します。

その仕事を全うするためにはどのような知識・スキルが必要となるのでしょうか。

 

システムについての知識・技術

 

ITコンサルタントとして仕事をする上で必須となるのが、システム全般についての知識・技術です。

ERPパッケージは、人事、経理、販売などの業務を統合するシステムとなっています。

その特徴から、様々な領域のシステムに対しての幅広い知識が必要とされることでしょう。

SAP以外にも他社のERPパッケージから移行することも多いため、他のERPパッケージに対しての知識も広く必要とされるでしょう。

 

会計・販売領域の知識

 

またSAPを導入する上で、経営に対しての知識も求められます。

SAP導入による経営の合理化を目指す上で、これらの知識は必須といえるでしょう。

クライアントのビジネス環境を改善したり、経営課題を解決したりするために欠かせない知識です。

 

問題解決能力

 

SAPコンサルタントとして活躍するには、クライアントの抱える経営課題を合理的に分析し、解決に導くことが必要となります。

その際には、どうやって解決に導くかを考える論理的思考も必要とされるでしょう。

クライアント自身が気づいていない、抱えている問題を発見する能力も欠かすことができません。

 

コミュニケーションスキル

 

また、知識だけではなく、クライアントから要望や業務内容についてヒアリングするためには、コミュニケーション能力も必要となります。

クライアントの意見を汲み取り、自分の伝えたいことをしっかりと伝えることで、企業にとって良いシステムを作っていくことが重要です。

関係を良好に保つことでクライアントも自社のことを伝えやすくなることでしょう。

 

無料転職相談に登録して
SAPコンサルタントの求人情報をゲット!

 

 

SAPコンサルタントの資格

 

キーボード

 

SAPコンサルタント向けの資格として「SAP認定コンサルタント資格」があります。

この資格はSAPが公式に実施しているもので、SAPシステムに対しての知識を認定するものです。

これを取得することにより、SAPコンサルタントとしてシステム導入に関する業務知識を有していることの証明となります。

企業に自身のスキル企知ってもらうために、この資格を取得するのはとても意味のあることとなることでしょう。

 

 

SAPコンサルタントの今後

 

ビジネスマン

 

SAPコンサルタントの採用動向

 

SAPコンサルタントは2020年現在、とても注目を浴びている職種です。

これにはSAPは現在のバージョンの期限が2025年に迫っており、多くの企業が後継システムのSAP S/4HANAへ移行を開始しています。

これは「2025年問題」と呼ばれ、多くのコンサルタントが知っているほど大きな話題となっているのです。これにより、SAPコンサルタントの需要は近年増加しています。

そのため、今後もSAPコンサルタントはコンサルティングファームを始めとした多くの企業から必要とされていくことでしょう。

SAPコンサルタントへの転職を考えている人は、採用枠で悩むことはないと考えられます。

未経験であっても、SAPを導入でき、クライアントの要望を汲み取る能力があれば、業界から必要とされる存在になれるに違いありません。

 

SAPコンサルタントの将来性

 

ERPパッケージにおいて、海外だけでなく日本でも高いシェアを誇っているSAP。

そして先述した2025年のシステム移行もあり、その需要は年々増加しています。

また、SAPコンサルタントはSAPに対しての高度な専門知識を必要とする職種であるため、人材不足が深刻な職種です。

そのため、需要はあっても、人材の供給が追いつかない状況となる可能性があります。

これからもSAPコンサルタントとして活躍できる時代は続きそうです。

 

 

求人例から見るSAPコンサルタントの年収

 

タイピング

 

気になるSAPコンサルタントの年収について、実際の求人例からご紹介します

 

【業界】
コンサルティング・システムインテグレーター

【職務内容】
SAP ERPの導入コンサルタントまたは運用保守コンサルタント。
業務システムの企画提案~要件定義~業務設計~システム導入~本番フォロー(運用保守)までのコンサルティング業務をお任せします。

【必要業務経験】
(必須経験)
・SAP ERPの導入コンサルティング、保守経験
・SAP S4/HANAの導入コンサルティング経験

(歓迎経験)
・会計管理、販売物流管理、購買在庫管理、生産管理に関する業務知識
・SAP認定コンサルタント資格保有者

【想定年収】
500~1200万円

【キャリアアドバイザーからの一言】
そもそもITコンサルタントの職種自体、他の職種よりも平均年収が高く年収アップが期待できます。
なかでもSAPコンサルタントは、専門性も高く、需要のある職種です。想定年収の上限が800万円や1000万円を超える金額に設定されている場合も多いだけでなく、転職後の年収アップも見込めます。

【簡単60秒!】エージェントに登録して
無料で求人情報をゲットしよう

 

SAPコンサルタントへのキャリアチェンジ

 

デザイン

 

今後の需要も大きいSAPについては、SAPコンサルタントへのキャリアチェンジを視野に入れている方もいるでしょう。

 

エンジニアからのキャリアチェンジ

 

SAPコンサルタントの需要は増加しているため、エンジニア職からキャリアチェンジを考えている方もいるでしょう。

コンサルタントということで、技術職とは違う職種です。

求められることも、プログラミングスキルなどとは違い、システム全般に対しての幅広い知識へと変わります。

他にも、クライアントの要望を聞いたり、業務内容などを聞く際にはコミュニケーション能力が必要となる職種です。

これらのことを踏まえるとエンジニア職でシステム構築の現場を経験し、ある程度実績を積んでからキャリアチェンジするのが良いでしょう。

そうすることで現場での経験が活き、データベースの開発の経験なども、コンサルタントの業務にプラスになることが期待できます。

 

SAP未経験からのキャリアチェンジ

 

ERPパッケージの特性上、SAPコンサルタントはシステムの統合を担当するため、幅広い分野への知識が求められます。

しかしこれに関しては、 慢性的な人手不足のため、未経験者に対してそこまで深く求められることはないでしょう。

経理、財務、会計などに対しての基本的な知識を備えておけば問題ないと考えられます。

コンサルタント未経験からSAPコンサルタントになるのに、1番求められるのは業務システムの導入経験です。

現場を知っていることはコンサルティングをする上で有利に働きます。

エンジニアとしての経験を別分野で活かすため、SAPコンサルタントへのキャリアチェンジを図ってみてはいかがでしょうか。

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見ることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけでChatGPTがキャリアについて診断するコンテンツを展開しております。

将来描ける可能性のあるキャリアについて、職種・年収・要求されるスキルの項目から知ることが出来る、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

診断結果の閲覧に加え、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、キャリアについてお悩みをお持ちの方はぜひ活用してみてください。以下のボタンより診断が行えます。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

まとめ

 

スマホとパソコン

 

今回はSAPコンサルタントの仕事内容から、採用動向、将来性などを中心にお届けしました。

「2025年問題」により、近年更に需要が拡大している職種であるSAPコンサルタント。

キャリアチェンジを考えている方は、未経験であってもエンジニア職として現場でのシステム構築経験があれば転職することも可能でしょう。

今回紹介したSAPコンサルタントに関しての情報を元に、SAPコンサルタントへの転職も検討してみてはいかがでしょうか。

 

無料の転職相談に登録して
SAP導入案件をもつ企業の求人を確認しよう!

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

握手

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事