カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. パッケージベンダーとは?仕事内容を解説!パッケージベンダーの魅力を知ってIT転職を成功させよう!
  • 職種・ポジション

パッケージベンダーとは?仕事内容を解説!パッケージベンダーの魅力を知ってIT転職を成功させよう!

パッケージベンダーという言葉はご存じでしょうか?成長率トップクラスのIT業界には様々な企業がありますが、今回はその中でもパッケージベンダーについて詳しくご説明していきます。転職方法についても紹介しておりますので、IT転職をお考えの方はぜひ読んでみてください。

プログラミング画面

パッケージベンダーとはどんな企業?

 

プログラミング画面

 

業務用パッケージシステムの開発や販売を行っているのがパッケージベンダーで、最も有名なシステムはERP(企業資源計画)と呼ばれるものです。

ERPは会計管理や人事管理などを統合管理する統合業務パッケージで、導入している企業が多数あります。

他にも物流の配送管理システムや売上管理システムなど様々な種類のシステムがあり、どれも業務の基幹部分に大きく関わるシステムです。

このように、パッケージベンダーはクライアントにとって非常に重要度の高いシステムを開発・販売しています。

また自社で使う製品の開発ではない、ということで「SIer(エスアイアー)」と混同される方もいらっしゃいますが、全く違うものです。

SIerはパッケージに限らずハードウェアの開発からサポートのみの仕事まで多様にあり、対応している業務範囲に大きな差があります。

ベンダーの「製造元・販売供給元」という意味で考えると、SIerとの違いがイメージしやすいでしょう。

 

パッケージベンダーでの仕事内容とは?

 

パソコンで仕事する人

 

ここまではパッケージベンダーの事業内容やSIerとの違いを説明してきました。

下記からは実際にどのような仕事があるのかについて詳しく説明していきます。

 

パッケージシステムの改修

 

基本的な業務内容としては、既存のパッケージシステムのバージョンアップや改修作業となります。

なぜならどの会社でも使いやすい「汎用性の高いシステム」として作られているので、各ユーザー向けにカスタマイズする必要があるのです。

またクライアントからの声を反映させ、次回のバージョンアップに向けて改良点をピックアップ・修正することもあります。

 

サーバーの保守

 

プログラミング

 

ベンダーによってはネットワーク設定も自社で行っておりますので、そのようなベンダーはデータセンターを保有していることが多いです。

その場合はプログラマーだけでなくネットワーク関連技術者も重要となり、サーバーが安定して稼働できるよう保守・運用出来る方が活躍します。

 

カスタマーサポート

 

パッケージシステムに対する問い合わせ対応、いわゆるカスタマーサポートを担当するケースもあります。

大企業では別部署で担当していることが多いですが、小規模企業ではカスタマーサポートもエンジニアが兼任することは珍しくありません。

システムの改修・改善に繋げるためにも重要な仕事で、お客様の声からより高品質な商品開発に繋げることが出来ます。

 

パッケージシステムの営業や導入

 

もちろん技術者だけでなく、システムの営業や導入を行っていく営業職のポジションもあります。

業務の基幹システムを提案することも多く、クライアントへの影響度が大きく、役員や社長と折衝することも珍しくありません。

またパッケージベンダーの営業では、クライアントの希望に合わせたカスタマイズを提案する必要があります。

そのため技術部門スタッフと協同する場面もあります。

 

クライアントから見たパッケージシシステムのメリット・デメリットとは?

 

画面をチェックする人

 

自分がどのような仕事をするかだけでなく、自分の仕事がどのような意味を持つのかを知ることも重要です。

そこでパッケージベンダーを利用するクライアントのメリットもご紹介します。

 

コストパフォーマンスの良さ

 

やはりパッケージソフトを導入する一番のメリットは、短期間でコストパフォーマンスがよいシステムを導入できるという点です。

もちろんパッケージソフトをカスタマイズするのも費用は掛かりますが、一から開発することに比べればずっと安く、開発期間も短縮出来ます。

 

機能に制限がついてしまう

 

そもそもパッケージされたシステムをカスタマイズするので、自社で一から開発するケースと比べて機能に制限が付いてしまいがちです。

またシステムの改修や保守はベンダーに依存せざるを得ないという点もあります。

 

パッケージベンダーで働く魅力とは?

 

パソコンで仕事をする人

 

それではパッケージベンダーで働く技術者にとって、どんな魅力や苦労があるのかをお伝えしていきます。

 

パッケージベンダーでの大変なこと

 

パッケージシステムは短期間で導入が出来ると先述しましたが、クライアントの要望によっては大幅に改修することもあります。

そうすると既存のプログラミングに影響が出ないように修正しなければいけないので、一から作るより大変なケースもあります。

また法改正に合わせたシステム改修や、導入後に不具合が発生した場合は、それぞれのカスタマイズに合わせた対応をしなければいけません。

そういった状況をふまえると、開発の段階からカスタマイズがしやすい柔軟なシステムを設計する工夫も必要になります。

 

パッケージベンダーならではのやりがい

 

一番の魅力は、上流工程から下流工程まで一気通貫でシステム開発に携わることが出来る点です。

下請け会社では上流工程まで携われなかったり、狭い範囲の工程しか携われないことも多いため、パッケージベンダーで働く利点となります。

またクライアントとの商談に技術者として同行し、ユーザーとの折衝業務に携わることが出来るのも他のIT企業にはあまりない魅力です。

ユーザーとの折衝では、専門知識を活かして提案やアドバイスをしていくので、ITコンサルタントとしての側面を持った業務を経験出来ます。

そのためシステム開発全般に携わりたい方や、将来的にITコンサルタントとして活躍したい方にもおすすめに企業です。

 

パッケージベンダーの求人一覧をチェック

 

パッケージベンダーでのキャリアアップとは?

 

ネクタイを締める男

 

パッケージベンダーとSIerとの違いや、ポジションごとの仕事内容について説明してきました。

ここからはどんなキャリアパスがあるのかを解説していきます。

 

まずはシステムの改修から

 

ほとんどは既にあるパッケージシステムの改修や保守運用からのスタートです。

ユーザーからの声を吸い上げてシステム改修することもあれば、定期的なバージョンアップ、トラブル発生時の対応などを行うこともあります。

 

設計や開発など上流工程へ

 

年次や技術レベルが上がっていくことで、徐々に設計や開発などの上流工程に移っていきます。

新しくパッケージシステムを開発するときに自社で要件定義~詳細設計まで出来るのがパッケージベンダーの魅力です。

 

クライアントとの折衝

 

クライアントへパッケージシステムを提案するときはもちろん、場合によってはクライアントへ導入する際の説明会に参加するケースもあります。

説明会ではシステムの専門的な内容について説明します。

そのためSEとしての知識に加えて、自社のパッケージシステムの仕様や機能について詳しく知っている必要があります。

 

ITコンサルタント

 

ベンダー企業では、開発だけでなくパッケージシステムを使った業務効率化や経営改善といったITコンサルタントも行う会社が多くあります。

そうした会社であれば、パッケージシステムの知識を活かしてITコンサルタントや業務コンサルタントを目指すことも出来るでしょう。

 

パッケージベンダーにはどんな企業があるのか?

 

オフィスビル

 

実際にパッケージベンダーといわれる企業にはどのようなものがあるのでしょうか?代表的な企業をご紹介していきます。

 

代表的なパッケージベンダーの企業

 

■SAPジャパン

本社がドイツにあるヨーロッパの中でも最大級のソフトウェアメーカーです。

特に大手企業向けのソフトウェア市場で圧倒的なシェアを持っており、同名のERP(業務統合ソフトウェア)が有名です。

公式サイト:SAPについて

 

■日本オラクル

業界トップクラスのソフトウェアベンダーです。

特にリレーショナルデータベースやミドルウェア、 エンタープライズアプリケーションでシェアを取っています。

公式サイト:日本オラクルについて | 会社情報 | 日本オラクル株式会社

 

■ワークスアプリケーションズ

独立系のエンタープライズソフトウェアベンダーで、大手企業向けの高機能ERPパッケージが強く、特に「HUE」が有名です。

公式サイト:株式会社ワークスアプリケーションズ|ERP:大手企業向けERPパッケージ「HUE」 / ワークスアプリケーションズ

 

■マイクロソフト

世界最大のコンピューター・ソフトウェア企業です。

WindowsやMicrosoft Office、Internet Explorerなどのアプリケーションソフトは法人・個人問わずに高いシェアを獲得しています。

公式サイト:日本マイクロソフト – Official Home Page

 

■日本ヒューレット・パッカード

カリフォルニア州の小さなガレージで始まった会社です。パソコンのHPが有名ですが、セキュリティ関連のテクノロジーの高さも特徴となります。

公式サイト:ヒューレット・パッカード エンタープライズ |HPE 日本

 

パッケージベンダーに転職するにはどうしたらよい?

 

プログラミング画面

 

ここまでパッケージベンダーについて解説してきましたが、いざ転職したいとなった際はどうしたら良いでしょうか?

ここからは実際の転職に必要な情報をお伝えしていきます。

 

大手ベンダーと中小ベンダーの仕事の違いとは?

 

まずは数あるパッケージベンダーを大手と中小に分けて考えていきます。

大手企業はITベンダーに限らず業務が細分化されていることが殆どですので、限られた範囲での業務しか任せてもらえません。

そのため幅広い業務に携わりたい方はあまりおすすめしません。上流工程の仕事が出来るようになるまで時間が掛かるケースも多いです。

反して中小企業になっていくと、業務範囲は細かく割り振られておらず、幅広い工程に携われることが多くなります

そのため早いうちから上流工程に関わりたい方や、スキルアップに意欲的な方には中小ベンダーをおすすめします。

 

エージェントサービスを使うのがおすすめ

 

握手をする人

 

自分がどんな環境で、どんなふうに仕事をしたいのかが分かっても、どの会社ならそれが実現できるかは、外側からだと情報が得にくいです。

そのためエージェントサービスを使って転職のプロに紹介してもらうことをおすすめします。

 

大手のエージェントサービスはマストで登録

 

まず大手のエージェントサービスには、最低1社は登録しておきましょう。

求人数が桁違いに多いですし、大手でしか採用していないような企業もあるため、求人のチェック漏れを防ぐためにも利用しておくと良いです。

 

IT業界特化のエージェントで詳しい情報収集をしましょう

 

IT業界のような専門性の高い業界の転職なら、専門分野に特化したエージェントサービスがおすすめです。

特定分野に絞っていて企業とのパイプも太く、転職アドバイザーが法人担当も兼任しているためリアルな情報を得やすくなっています。

 

まとめ

 

プログラミング画面

 

パッケージベンダーの事業内容や転職についてを紹介させていただきました。

IT業界は技術革新のスピードが速く、今後も継続成長していく見込みの高い魅力的な業界です。

中でもパッケージベンダーには他にはない魅力もたくさんありますので、IT業界でキャリア形成をしていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

無料転職相談に登録してパッケージベンダーへ転職しよう

Geekly Media
ライター

プログラミング画面

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。