1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Java Silverは転職に有利?未経験で転職を成功させるポイントを解説

Java Silverは転職に有利?未経験で転職を成功させるポイントを解説

Java Silverの取得は、Javaエンジニアへの転職に有利だと言われています。では、実務未経験者でも転職成功させることは可能なのでしょうか?本記事ではJava Silver資格に関する情報と、将来性が高い活かし方について解説します。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

未経験でJava Silver取得すると転職に有利?

 

 

そもそもJava Silverとは

 

Java SilverはOracle社の認定資格「Oracle Certified Java Programmer」のひとつです。

Bronze、Silver、Goldの3段階のレベルが設定されており、SilverはJavaに関する中級程度の知識レベルが証明されます。

Javaは1990年代から登場し、歴史の長い世界中の開発で使われてきた需要の大変高いプログラミング言語です。

Javaのトレンドが終わってサービスや利用者が減少しても長い歴史があり、それまで開発されてきた物の保守作業があるため、今後も需要は続きます。

こういった背景と重なりエンジニア不足も相まってJavaエンジニアの求人は多く、未経験から転職を考えるのであれば即戦力として実力が証明できる効果的な方法のひとつが認定資格の取得なのです。

なお、BronzeとSilverの認定は誰でも受けることができますが、Goldの認定を取るためにはSilverの資格を取得していなければなりません。

 

Java Silverの難易度

 

Java Silver(Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 11 認定資格)は、Java開発の初心者を対象とした試験です。

難易度は「指導があれば開発ができる」ことが証明されるレベルで、プログラムの作成や開発環境の知識などが選択問題で問われます。

Java Silverの出題範囲は以下の通りです。

 

・ Javaテクノロジと開発環境についての理解
・ 簡単なJavaプログラムの作成
・ Javaの基本データ型と文字列の操作
・ 演算子と制御構造
・ 配列の操作
・ クラスの宣言とインスタンスの使用
・ メソッドの作成と使用
・ カプセル化の適用
・ 継承による実装の再利用
・ インターフェースによる抽象化
・ 例外処理
・ モジュール・システム

(参考:Oracle University Japan

これら12項目からさらに細分化した内容が出題されるため、体系的に学習しておく必要があります。

問題数は80問で、合格ラインは正答率63%です。

Java Silver取得に必要な勉強時間

 

Java Silverの資格取得に必要な時間は、Javaへの理解がある人で20~30時間といわれています。

出題範囲の12項目のうち、苦手な範囲を集中的に対策しましょう。

プログラミング初心者は、まずBronzeレベルで40〜50時間程度の勉強時間が目安です。

Silverレベルだと未経験者は100〜200時間ほど確保できるとよいでしょう。

ただしBronzeはJava学習初心者向けに設定されており取得しても転職活動において大きなアピール材料にしづらいため、資格の取得はSilverからがおすすめです。

 

Java Silver取得のための勉強方法

 

勉強サイトを活用

Javaは歴史が長いため情報量が多く、学習できるサイトが豊富な点は未経験者にとってメリットだといえるでしょう。

例えば講義形式の解説動画などを視聴してから、問題集で分からなかった項目について勉強サイトで復習する方法などが効率的です。

 

参考書や問題集で学習

Java Silverの試験に関する参考書も多数販売されています。

そのほとんどが試験範囲を網羅しているため、学習しやすいと思うものを選択して購入することが可能です。また問題集も参考になるでしょう。

特に不安な箇所は繰り返し学習することで対策しましょう。

 

模擬試験を受ける

Java Silverは公式から過去問が公開されていない代わりに、サンプル問題として模擬試験を受けることができます。解答と解説も付いているため、苦手を把握するためにも効果的です。

サンプル問題では、記載されたコードの例からどのような結果になるかを問う問題や、コンパイルのコマンドと実行のコマンドを問う問題、演算子に関する問題などが出題されています。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

Java Silverを取得する5つのメリット

 

 

Java技術の使い方を理解できる

 

Java Silverを取得することで、Javaの基本的な技術を体系的に身に付けることができます。

Webサービスやアプリ開発との相性が良く、汎用的なプログラミング言語であるJavaはライブラリやAPIが豊富です。

Java技術を習得する過程で、文法を検索し理解する作業に時間を割かず、効率的に最適なコードを選択しコーディングできるようになります。

拡張性と可読性を兼ね備えたコードを使いこなせるようになる点も、Java Silver取得の大きなメリットです。

 

Java技術者として認識され、内定率が上がる

 

Javaは需要が高いため、求人数が多いのも特徴です。

なかには「未経験可」の求人も含まれますが、これは「実務未経験」を意味するものであり「プログラミング未経験」ではありません。

Javaの知識を全く持っていない人材よりも、知識を持った人材の方が優遇され、内定率も上がります。

Java Silverを取得しておくことで、特にJava開発を手掛ける企業への大きなアピール材料になると共に、実務未経験ながら学習している実績を示すことで熱意も伝わるでしょう。

 

Java開発案件に携わりやすい

 

「上級者の指導を受ければ開発を行えるスキルレベル」が証明できるのがJava Silverです。

取得していれば、Java開発案件に携わる機会を得やすくなります。

指導のもと実績を積みスキルを磨くことで、上流工程を担うエンジニアを目指すこともできるようになるでしょう。

 

給料交渉がしやすい

 

資格を取得していることである程度明確なスキルレベルが提示できます。

そのため転職時に年収交渉の材料にできることがあります。

また、企業によっては在職中に取得することで資格手当などの対象となったり、昇給・昇進の条件に当てはまる可能性も考えられます。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

Java Silver取得のほかに転職を有利にする方法

 

 

Java Silveと併せて取得すると良い資格

 

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はIPA主催の試験で、ITの基礎知識が問われます。エンジニアの登竜門として位置付けられてはいますが、出題範囲が広いため、しっかりと勉強し対策を行うことが推奨されます。

勉強時間は、情報処理の知識がほとんどないでおよそ200時間程度が目安です。

全国の試験会場で通年開催されており、CBT方式が採用されています。もともと年2回だった回数制限が無制限に変わり、前回の受験日の翌日から起算して30日を超えた日以降であれば受験可能となりました。

自分の学習ペースで受験時期を選択可能です。

 

ORACLE MASTER Silver DBA

ORACLE MASTER Silver DBAは、Oracleデータベースに関する認定資格です。Bronze、Silver、Gold、Platinumの4段階のレベルが設定されています。

Silver以降は世界標準資格となるため、Java Silveと併せて取得することで業務の幅が広がるでしょう。知識レベルによって50~100時間以上の勉強時間を確保する必要があります。

出題範囲はDBのインストールやDBの作成、DB記憶域構造の管理のほか、スキーマ・オブジェクトの管理なども含まれます。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

Java Silver取得後の転職活動の3つの注意点

 

 

エンジニア業務に携われるか

 

求人要項ではエンジニアとして募集されていたにも関わらず、実際には営業で自社製品への知識を深めてから、というケースもあります。

この場合、いざ採用されても営業職しかさせてもらえないということもあるのです。

希望するエンジニア業務に携わることができるかどうかは、採用面接やOB・OG訪問などを通して確認しておくと安心です。

 

残業が多すぎないか

 

未経験者を積極的に採用する理由が、予算や納期に余裕がなく常に人材不足だからという場合は注意が必要です。

忙しく残業が多いにも関わらず給与と見合っていないケースがあります。

特に下請けの案件のみを扱う企業は、残業時間に関してもあらかじめ確認できるとよいでしょう。

夜勤の有無を把握しておくことも大事です。

 

自分がやりたい仕事が出来るかどうか

 

エンジニアとして採用されたからには、理想のキャリア形成のために必要な経験を積みたいものです。

そのために必要な業務に携われるか、本当にやりたい仕事が出来るかどうかも転職活動では注意する必要があります。

どんなエンジニアになりたいか、描く仕事のイメージと大きくかけ離れていないかどうかもチェックしましょう。

 

こういった企業の実態や、入社後に携われる業務に関する相談も転職エージェントでは承っています。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

Java Silverを活用できる求人例

 

 

PGの求人例

 

ソフトウェア領域に強みを持つ企業です。

業務改善クラウドのSIベンダーとして活躍するだけでなく、自社オリジナルクラウドサービスを次代の主力事業とするべく注力しています。

クラウド、オンプレミスを始め、モバイル分野、組込・制御分野、AIシステム、ロボット制御などクライアントに最適なソリューションを提供するために積極的に最新技術の導入にも取り組んでいます。

 

【年収】

300万~400万円

【仕事内容・求められるスキル】

上流〜下流工程まで、クライアントのニーズに応じたシステム開発を担う。Javaを用いた開発には工場スマートファクトリー化関連システムや業務用システムの開発が含まれる。

C#、Python、SQLなども用いられる案件もあるため、希望やスキルアップを考慮した配属が可能。

 

Javaエンジニアの求人例

 

新規事業開拓に力を入れており、さまざまな施策を試みてアイデアコンテストを行うなどチャレンジングな環境の企業です。

SIer経由案件が多数を占め、システム開発、インフラ構築/運用・保守、サポート/ヘルプデスク/品質評価、受託開発、制御/組込み開発などのエンドユーザー直案件も手掛けます。

一定レベル以上のエンジニアに対し、プロジェクト報酬の還元率が業界平均と比較し20%ほど高いのが特徴です。

「エンジニアのために」を理念に掲げます。

 

【年収】

400万~850万円

【仕事内容・求められるスキル】

金融機関向けシステム開発において、Javaを使用した詳細設計からテストまでを担当。フレームワークは、spring、DBはoracleのスキルが求められる。

サポート体制が整っており、スキルに自信がなくても可能な限り希望に沿った案件にアサインできる環境。

 

未経験Javaエンジニアの求人を紹介してもらう

 

 

Javaエンジニアのキャリアパス・将来性は?

 

 

Javaエンジニアのキャリアパス

 

Javaエンジニアのキャリアパスには、上流工程へのキャリアアップ、開発のスペシャリスト、他言語エンジニアへのキャリアチェンジが考えられます。

 

最もスタンダードなキャリアパスと言えるのは、より上流工程の職種にキャリアアップすることです。

品質やコスト、スケジュールなどを管理する役割を担うプロジェクトマネージャー(PM)や現場のリーダーとして開発をリードするスペシャリストなどがそれにあたります。

開発に関する知識を深めてスペシャリストを目指す場合は高度な専門知識が求められます。

 

・Javaの言語仕様の理解
・サーバー・ネットワークの知識
・処理速度などの品質面に関する知識
・Javaのフレームワーク「Java EE」
・「JDBC」や「SQL」といったデータベースの知識

 

上記のようなものが一例であり、特にデータベースやサーバー、クラウドに関する知識を深める必要があります。

 

Javaエンジニアのキャリアパスとしては他言語を習得し、キャリアチェンジするという手段もあります。

 

【あわせて読みたい】Javaエンジニアの年収事情は、下記記事をご参考ください

 

Javaエンジニアの将来性

 

Javaは長く世界で使われて来たうえに、特に安定的な技術が望まれる日本では多くの需要が続くと考えられます。

プログラミング言語としてもその汎用性の高さから活用領域も幅広く、数多くの言語が誕生するなかでも求人案件数が減っていない点はJavaの需要を裏付けているといえるでしょう。

すでにJavaを用いて開発されたシステムのアップデートは引き続き必要であること、大規模開発に適していることからJavaの将来性は今後も高いと考えることができます。

未経験者にとっては、その歴史の長さから情報量が多く学習しやすい点は大きなメリットです。

上流工程を目指したい、複数のプログラミング言語を扱えるエンジニアとして活躍したいと考える方は、Javaの習得がおすすめです。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

 

Java Silverを取得して未経験でも転職を有利に進めよう

 

 

Javaエンジニアとしてキャリアをスタートさせるために有効な「Java Silver」の取得について解説してまいりました。

Javaはプログラミング言語の中でも歴史あるプログラミング言語です。歴史が長いということは広く世界で使用されているという証でもあります。

例え実務経験がなくとも、Java Silver資格はJavaエンジニアとして転職成功のための大きなアピール材料にできます。

もしJavaエンジニアへの転職について興味がある方や悩みを抱えている方は、気軽に転職エージェントのギークリーへご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事