カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 業務プロセスデータアナリストの仕事内容を解説!必須のスキルとは?転職求人情報をエージェントが紹介
  • 職種・ポジション

業務プロセスデータアナリストの仕事内容を解説!必須のスキルとは?転職求人情報をエージェントが紹介

業務プロセスデータアナリストは企業の健全な活動や利益の創出に欠かせない職種です。多くのデータが活用される現代において、存在意義は大きくなる一方だといえます。今回は業務プロセスデータアナリストの具体的な業務内容や転職で必要となるスキルについて紹介します。

業務の成長

業務プロセスデータアナリストへの転職

 

PCの中の人

 

業務プロセスデータアナリストは読んで字のごとく、業務の過程で生じるデータを分析する職種です。

これからの時代、あらゆる業務がデジタライズされていき、企業の中には膨大なデータが蓄積されていきます。

こうしたデータの推移を追うだけ、あるいは収集するだけでは意味がありません。

各企業のデータを有効活用すれば、自社が抱える問題・課題の解決に役立つ可能性があるのです。

とはいえ膨大なデータを自社だけで分析し、それを問題解決に活かすにはデータ分析のスペシャリストが必要でしょう。

分析のためのツールの開発や運用・保守管理も必須であり、データ分析の知識がなければこれらの作業は難しいものです。

こうした一連の分析業務のスペシャリストが、今回ご紹介する業務プロセスデータアナリストです。

 

業務プロセスデータアナリストの仕事内容

 

チャート

 

企業の業務を行う過程で発生するあらゆるデータを集め、分析するのが業務プロセスデータアナリストの主たる業務です。

職種名から漠然としたイメージはつかめるものの、具体的にどういった作業を行っているのかは分かりくいのではないでしょうか。

業務プロセスデータアナリストの具体的な業務内容をご紹介します。

 

6つの業務

 

業務プロセスデータアナリストは、以下に挙げる6つの業務を中心に行います。

 

・企業の業務プロセス・アプリケーション・データフローの把握とリスク評価分析

・ERPシステムからのデータ抽出

・分析データモデルの構築

・データ分析ツールを使用したデータ分析

・プロセスマイニングによる業務プロセスの分析

・上記を実施するための各種研究開発

 

企業全体のフローの把握は事前準備となり、研究開発はルーチン業務には含まれません。

そのためデータモデルの構築やデータ抽出、データやプロセスの分析がメインです。

まずは事前準備と研究開発についてご紹介します。

 

企業の業務プロセス・アプリケーション・データフローの把握とリスク評価分析

 

業務プロセスデータアナリストの業務における出発点となるのが、業務の現状把握です。

これによって企業全体の状況を把握することができます。

クライアント企業の業務プロセスを分析する前に、企業の現状と分析依頼に至った理由・背景を知ることが重要です。

これを十分行うことで、どのような分析結果を用いてどのように改善させるのか、最終目標が見えてきます。

こうした分析を行う職種は他にもありますが、業務プロセス分析のプロとしてのスキルを活かすことで着地点が明確になるのです。

企業の業務の実態や過程、企業アプリケーションの活用状況や情報の流れなど、あらゆるデータを収集します。

加えて今後の企業経営に潜むリスクを特定するのも業務プロセスデータアナリストの重要な業務です。

リスクが顕在化する頻度や、トラブルにつながった場合の損失規模などを幅広く評価・分析します。

 

各種研究開発

 

企業の業務プロセス分析をする上で必要になるのが各種ツールです。

業務プロセスには具体的な数値が伴わないものもあります。

それをどのように数値化するか、集めたデータをどう分析するか等検討するのも重要な業務です。

業務プロセスデータ分析用のツールがあれば、業務の効率化がはかれるでしょう。

分析方法やツールなどを研究・開発していくことも業務プロセスデータアナリストの業務に含まれます。

 

データ収集

 

パソコンを操作する人

 

業務プロセス分析をするのに必要なデータを収集し、データ抽出や分析データモデルの構築をします。

 

ERPシステムからのデータ抽出

 

業務プロセスデータアナリストの最初の業務はデータ抽出です。

企業活動における会計・人事・生産・物流・販売などあらゆる業務を一括管理するERPシステムからデータを取得します。

ERPには業務プロセス分析とは関係ないデータも含まれているため、必要なデータのみの抽出が必要です。

 

分析データモデルの構築

 

データを分析する前に、どのようなモデルを使ってデータを分析するか決める必要があります。

これが分析データモデルの構築です。

どのようなレンズを使ってデータを見たのか、といえばイメージしやすいでしょう。

分析データモデルによってデータ分析の活用方法が大きく変わってきます。

 

データ分析

 

規則

 

データが抽出でき、どのようにデータを分析していくか方針が立ったところで下準備は完了します。

ここから先は業務プロセスデータアナリストの最大の業務であるデータ分析です。

 

データ分析ツールを使用したデータ分析

 

データ分析を行うにはツールが必要です。

ツールを開発するのはデータ分析の準備に含まれますが、扱うデータは様々であり、ツールを開発しても手直しや設定変更が常に必要になります。

そのためデータ分析ツールの開発や改善も業務プロセスデータアナリストの業務の一環です。

またデータを分析している中で明らかに外れた値が出た場合、分析方法の変更が必要になるかもしれません。

そのため機械的に分析をする業務ではなく、数値の確かさや正しさを常に念頭に置いて作業を行う必要があります。

それに伴いどういった方法で分析し、どういった変更を加えたのか記録しておくべきでしょう。

クライアント企業に対して納得性の高い分析結果を提示するには、結果だけでなく経緯や理由を添えることも重要です。

 

プロセスマイニングによる業務プロセスの分析

 

データの分析結果が出揃ったら、それを提出して終わりではありません。

結果を企業の業務プロセスに反映して業務を改善することこそが、クライアント企業が求める「結果」です。

こうしたフィードバックをいかに有益なものにするかが業務プロセスデータアナリストの腕の見せ所といえるでしょう。

フィードバックには、プロセスマイニング手法を使用します。

データ分析から出た結果を可視化し、改善ポイントを具体的に特定することで現状の業務プロセスの効率化を支援する方法です。

数字の解析だけでなくそれを現状の改善につなげることが業務プロセスデータアナリストに求められます。

 

業務プロセスデータアナリストに必須のスキル

 

新しいスキル

 

業務プロセスデータアナリストの業務に就くにはどういったスキルが必要なのでしょうか。

転職求人の応募条件としてよく書かれているのは以下の項目です。

 

・ERPシステム導入経験

・データ分析実務経験

・DWH/BI導入経験

 

これをすべて満たす必要があるわけではなく、いずれかのスキルが求められます。

加えて監査法人でのデータ分析経験や新事業立ち上げ経験、公認会計士などの有資格者、英語が話せるなどスキルもあるとなお良いでしょう。

 

ERPシステム導入経験

 

経験がある

 

スキル

 

ITコンサルティング会社などでERPシステムの導入プロジェクトに2年以上携わった経験があれば「経験あり」として問題ないでしょう。

また要件定義・設計・開発・テストを経験していれば、このスキルを満たしていることになります。

ちなみにここでいう経験とは、会計・販売・在庫購買・原価計算等の領域においての経験があるという意味です。

 

知識がある

 

ERPシステム導入の幅広い経験を持つ人は少なく、ERPシステム全般についての知識が豊富な方もある程度のスキルがあるとみなされます。

ERPのアプリケーション・データベースや業務プロセスに関して自身で学び、身につけることで業務プロセスデータアナリストを目指すことも可能です。

 

無料転職相談に登録してデータ活用のスペシャリストとして転職しよう

 

データ分析実務経験

 

デジタルデータ

 

監査法人やコンサルティング会社などでデータ分析の仮説構築から結論付けまでの経験が複数回あれば、これも大きなスキルとなります。

ERPシステム導入経験者よりもこうした分析経験者のほうが比較的多いでしょう。

その分ハードルも低くなります。

 

DWH/BI導入経験

 

ワークスペース

 

上の2つに当てはまらない場合は、DWH/BIのスキルも強みになります。

 

経験がある

 

ITコンサルティング会社などでSAP BW/BI等のDWH/BI導入プロジェクトを2年以上経験していれば、スキルとして提示できるでしょう。

要件定義・設計・開発・テストを経験していれば問題ありません。

 

知識がある

 

SAP等のERPシステムのテーブル構造及びデータフローに関しての知識を有している必要があります。

もし後から知識を身につけて業務プロセスデータアナリストになりたい場合は、ERPについて勉強する必要があるでしょう。

 

業務プロセスデータアナリストの転職求人情報

 

インターネット

 

業務プロセスデータアナリストは企業の業務プロセスをデータを用いて分析し、業務効率化への道筋を示すのが仕事です。

この職種は企業が雇用するよりも監査法人が一括で雇用し、それぞれがクライアント企業を担当するという形が一般的でしょう。

 

まとめ

 

黒板

 

業務プロセスデータアナリストは企業のデータから必要なデータを抽出し、分析モデルを立てる業務から開始します。

その後データ分析ツールの開発や設定変更をしながらデータを解析し、それをもとに業務プロセスの改善を支援する業務です。

ERPの経験やデータ分析経験など、強みとなるスキルは複数あります。

しかしこれがなければ業務プロセスデータアナリストになれないわけではありません。

必要なのは知識の吸収であり、現場で活用できる形で自身の中にストックできるかどうかでしょう。

経験があっても、全く異なる職場においてスキルが活かせなければ意味がありません。

経験がなくても、すぐに活かせる知識を携えて転職すれば、新しい職場で大いに活躍できるはずです。

自身のスキルや経験が業務プロセスデータアナリスト転職でどれくらい活用できるのか、わかりにくい部分ではないでしょうか。

企業や職種とのマッチングにお悩みの場合は、ぜひ転職エージェントにご相談ください。

ご自身の経験やスキルを存分に活用し、転職を成功させましょう。

 

無料転職相談に登録してデータ活用のスペシャリストとして転職しよう

Geekly Media
ライター

業務の成長

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。