カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 分析思考の人の適職を紹介!分析思考の特徴や強みは?資質が活きるIT職種を転職エージェントが紹介!
  • 職種・ポジション

分析思考の人の適職を紹介!分析思考の特徴や強みは?資質が活きるIT職種を転職エージェントが紹介!

感情に流されずに事実やデータから推論していき、物事の本質を突いた意見をいえる人がいます。このようなタイプの人は「分析思考」の資質を持ってるのです。今回はそんな分析思考の資質を持った人の特徴や強み、そして向いている職業を紹介してまいりましょう。

分析

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

分析思考の資質を持つ人の3つの特徴

 

一見人の揚げ足を取って相手を論破しているだけのような分析思考の人がいます。

そういう人は実は単に「なぜ?」と問いかけているだけなのです。

分析思考の資質を持つ人には代表的な3つの特徴があります。

そういう分析思考の人が抱える特徴をここではご紹介しましょう。

 

データを客観的に筋道を立てて分析し、結論を出すことが得意

 

データ

 

分析思考の資質を持つ人は客観的なデータに基づく推論を好みます。

データ数値が並んでいるのを見ると、その中にパターンや関連性を探し出したくなってしまうのです。

抽象的なデータを道筋立てて分析し、具体的な結論を導き出すことが得意という特徴があります。

感情に流されることなく冷静沈着に対応することができるのです。

 

発生した問題の本質的な理由・原因を追求することができる

 

追求

 

分析思考の資質を持つ人はデータから理論立てて導きだした推測だけではありません。

その推測と現実の結果が一致しているかどうかが非常に気になるという特徴があります。

発生した問題の根本的な理由や原因を探し当てる能力に優れているといえるのです。

目先の感情に流されることなく淡々と事実だけを追求するのが使命だといえるでしょう。

 

他人からは「論理的に物事を考える人」と評価される

 

物事を常に客観的に見つめるので他者からは「論理的に物事を考える人」という評価を受けます。

「理屈っぽい」ともいえますが、感情に流されない論理思考が出来る人は多少のことでは動じません。

そのため情報が錯綜してカオスな状態だったりデータだけで方針が定まっていないケースでは役立ちます。

状況に対する意見や改善案を求められることが多く、臨機応変に対応していく力を持ち合わせているのです。

この特徴を上手く利用すると、分析思考の資質を持つ人は非常にすぐれたリーダーとなります。

仕事においてはこの特徴を持つ人は2番手のような立ち位置になることが多いでしょう。

 

分析思考の資質を持つ人の3つの強み

 

分析思考の資質を持つ人は他のタイプの人にはない3つの強みを持っています。

自分の強みをしっかりと理解し、仕事や対人関係を有利に進めていきましょう。

 

物事を分解して再構築しシンプルに考えることができる

 

分解

 

分析思考の資質を持つ人は一見難しく考えると思われがちですが、実際はとてもシンプルです。

バラバラになっているデータをまとめ、固まってしまっている先入観を分解できます。

その上で整理することによって物事を非常にシンプルに考えられるようにするのです。

分析思考の資質を持つ人によって再構築されたデータやアイデアは理路整然としています。

そのため複雑なことを簡潔に多くの人に伝えることができるという強みがあります。

 

感情に左右されず、的確な判断を下すことができる

 

分析思考の資質を持つ人が最優先するのは客観的なデータです。

そのため判断に影響を与えがちな感情を排除し的確な判断を下すことができます。

人間は感情の生き物といわれていますから、どうしても物事を主観的に考えがちです。

しかし、仕事において本当に重要な場面では安易に感情で決めてはなりません。

極めて慎重にデータに基づく分析と的確な判断が必要となってくるでしょう。

 

自分の意見を正確に相手に伝えることができる

 

伝える

 

分析思考の資質を持つ人の意見には感情の入り込む余地はなくデータの裏付けがあるものです。

そのため相手に伝えるときもデータに沿って事実のみを淡々と正確に伝えることができます。

説明責任は当然必要ですが、私情がない為多くの人に受け入れ易いものとなるでしょう。

筋の通った意見がしっかり出来ることは何よりも大きな強みとなるのではないでしょうか。

 

分析思考の資質を持つ人はここに注意

 

分析思考

 

分析思考の資質を持つ人は多くの強みを持ち有効活用すれば非常に頼もしい存在です。

しかし表現の方法などを間違えると、人間関係に思わぬ亀裂が入ってしまう場合もあります。

ここではその注意すべき点を紹介しましょう。

 

相手にも理路整然とした厳格な意見を求めてしまう

 

分析思考の資質を持つ人は自分を理論的客観的な存在だと考えています。

そのため相手にも同様の理路整然とした厳格な意見を求めてしまいがちです。

感覚や感情で仕事をする人も中には居るのでそういう人とは摩擦が起きることもあるでしょう。

他の人と自分は違う」ということを十分に理解して対応してください。

 

理詰めで相手を問い詰めてしまう

 

分析思考の資質を持つ人は不合理なことに出会うと、「なぜ?」を極限まで突き詰める傾向があります。

これは他人に対しても同様で、疑問点が解消できるまで相手を問い詰めてしまうのです。

実は相手を問い詰めている自覚はなく、データや事象について突き詰めているだけなのでしょう。

しかし、問い詰められた相手は「自分が責められている」と感じてしまいます。

すると「あの人は厳しすぎる」「怖い」という評価をされ敬遠されてしまうようになるのです。

あくまでも個人攻撃ではないことを周りの人に理解してもらう必要があります。

 

自分に合った求人を紹介してもらう

 

分析思考の資質を持つ人におすすめの仕事術

 

分析思考の資質はその思考回路が全ての人にとって最善ではないと自覚する必要があります。

ここではそんな分析思考の資質を持つ人にお勧めの仕事術を紹介しましょう。

 

データはできるだけ1次データを参照する

 

1次データ

 

分析思考の資質を持つ人のエネルギー源であり武器となるのは「データ」です。

それゆえそのデータの質は仕事の質に直結することを肝に命じてください。

そこで参照するデータはできる限り信頼できる1次データを用いましょう。

1次データとは実験結果やインタビュー・アンケートなど直に得られた結果です。

これに対し「○○さんから聞いた」「ネットニュースで見た」という情報は2次データと呼ばれます。

1次データに比べると信頼性が落ちる又聞きのデータなので使用しないでください。

正確な判断を導くためにも基本的に1次データを採用するようにしましょう。

 

導かれた判断を的確に表現する方法を見つけておく

 

信頼できるデータから正確な判断を導き出してもそれだけで意味がありません。

その判断を余すところなく他者に表現できなければ絵に描いた餅になってしまいます。

そこで、以下に挙げられる伝達方法を習得しておきましょう。

 

・レポート

・プレゼンテーション

・グループディスカッション

・講義

 

これらの方法を駆使して情報を伝達することこそが大切ではないでしょうか。

 

分析思考の資質を持つ人に最適なパートナー

 

分析思考の資質を持つ人の強みを更に伸ばすには最適なパートナーが必要です。

また逆に弱点をフォローしてくれる資質を持ったパートナーも大事でしょう。

ここではその最適なパートナーの資質を紹介します。

 

活発で積極性のある人

 

活発

 

分析思考の資質を持つ人は論理的な分析こそ得意でも実行に移すことが苦手な場合があります。

また問題となっている事柄とその原因の因果関係がはっきりとするまで中々重い腰を上げません。

つまり自分が納得できるまでは行動に移さないという傾向もあるのです。

そこで「考えるよりもまず行動」といった活発な考えを持つ人をパートナーにしてみましょう。

前線で戦うことは将軍である活発性の資質を持つ人に任せ「参謀」に徹することが大事です。

 

思いやりがある人

 

温かい

 

上記したように分析思考の資質を持つ人は理詰めで相手を問い詰めてしまう傾向があります。

本人は無自覚ですが主張が正論であるだけに相手は反論もできくなって萎縮するのです。

そこで思いやりや優しさといった温かい心を持つ人にフォローしてもらってください。

そうすることで正論のニュアンスが和らぎ威圧感なく周囲に伝わるようになります。

 

分析思考の資質を持つ人がリーダーとなるには?

 

リーダー

 

分析思考の資質を持つ人がリーダーとして活躍していくにはどうしたら良いでしょうか。

 

意見を伝えるときは一貫性を持って話す

 

感情に左右されず、データや事実に基づいて一貫性を持って結論を出すことが大事です。

分析思考の資質を持つ人は理路整然と一貫性を持って話すことを得意としています。

つまり話の根幹から揺らがず安定しているということではないでしょうか。

そのような言動を見た周囲の人は分析ができるリーダーとして信頼してくれます。

 

相手の悩み事をシンプルにする

 

周囲の人の悩みや相談をシンプルにすることも大切な役割です。

その点分析思考の資質を持つ人は複雑なことをシンプルに解きほぐす力があります。

本質的な原因を探ることができるため相談相手には最適です。

周囲の人はあなたを「頼りがいのある人」と思ってくれることでしょう。

 

自分の思考経路をあらかじめ伝える

 

分析思考の資質を持つ人は感情のない「冷たい人」「厳しい人」と誤解されがちです。

そこでどういう人かという情報を伝えてください。

 

・自分の判断は正確なデータから導き出していること

・正確さを担保するため、曖昧な感情などはあえて排除していること

 

以下のような情報はあらかじめ自己開示しておくと受け入れやすくなるでしょう。

そうすることで周囲は安心して分析思考の人の意見を取り入れることができるのです。

 

導かれた結論を積極的に発信する

 

分析思考の資質を持つ人はインプットが得意な反面アウトプットは苦手な人が多い傾向にあります。

しかしデータから導き出した正しい結論は職場が抱えている多くの問題点を解決してくれるはずです。

遠慮せずにどんどん積極的に意見を発信し、周囲の人を導いていきましょう。

 

分析思考の資質を持つ人のIT業界の適職は?

 

システムエンジニア

 

そんな分析思考の資質を持つ人はIT業界でいうと何が天職なのでしょうか?

分析思考の人が得意なのはトラブルの原因を究明し相手に理路整然と分りやすく伝えることです。

そんな分析思考の資質を持つ人に最も向いている職業は以下が挙げられます。

 

・システムエンジニア

・プログラマー

・CADオペレーター

 

複雑な事柄を正確に理解することが得意で問題解決能力が高い人に向いているでしょう。

それを相手にわかりやすく伝えることができるため、これらの仕事は天職といえます。

またそこから経験を積むシステムアナリストシステムコンサルタントになるのもおすすめです。

 

情報のあふれる現代には最強の資質

 

分析している人

 

いかがでしたでしょうか?

世界中がネットでつながり情報が洪水状態である現代社会では何を頼りにすべきか判断が難しいでしょう。

データを整理し理路整然とした結論を導くことができる分析思考は最強の資質の1つということができます。

中でもIT系の職種はその資質を最大限に発揮できると思うので是非天職を見つけてみてください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

分析

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook