カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 3Dモデラーの仕事内容を解説!目指し方や必要な技術は?ゲーム業界の求人例を元に転職エージェントが紹介
  • 職種・ポジション

3Dモデラーの仕事内容を解説!目指し方や必要な技術は?ゲーム業界の求人例を元に転職エージェントが紹介

3Dモデラーは、業務範囲の幅・専門性・活躍できるフィールドの広さが魅力。スキル次第では、ディレクション業務や工業系デザインの世界で活躍することも可能です。今回はそんな3Dモデラ―の仕事内容をご紹介しましょう。

ホームオフィス,人,仕事

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

3Dモデラーの将来性

 

女性,顔,横顔

 

ゲーム制作の現場をはじめ、様々な映像コンテンツの制作現場で3dモデラーの必要性が高まっています。

近年、3Dモデリング技術の進化はめざましく、3Dモデラーができる表現の幅が広がっているからです。

過去には考えられなかった表現方法が増えていて、コンテンツのクオリティ向上に貢献できる3Dモデラーの必要性も高まると考えられています。

求人案件数も3DCG関連の中では比較的多く、単価・人気ともに上昇傾向にある職種の1つです。

スキルを持った人が転職を検討しているのであれば、将来性の面からも注目に値する職種といえます。

 

3Dモデラーの仕事内容

 

3Dモデラーとは、ゲームをはじめとする映像コンテンツに登場する“あらゆるグラフィック”の形作りをする仕事です。

あらゆるものとは、ゲームであればキャラクター、アイテム、建造物、乗り物、山や川、海にある自然の造形物などです。

デザイナーが2Dで描いたデザインを3DCG化し、リアルさ、美しさ、直感的に違和感がないCGモデリングが3Dモデラーの領域になります。

 

3Dモデラーの具体的な業務

 

アップル,マック,コンピューター

 

3Dモデラーの業務の出発点は、デザイナーやアートディレクターとの打ち合わせです。

2Dで表現されたイメージやデザイナー・アートディレクターの意図する形を汲み取って実現していくのが仕事です。

 

3DCGをモデリングする難しさは、少しのバランスの狂いが対象物のイメージを大きく変えてしまうこと。

例えば、キャラクターの顔の輪郭に対する瞳の大きさが少し違うだけで、コンテンツの世界観とマッチしなくなってしまうこともあります。

また、光が当たっている水のモデリングをする場合、影のでき方、反射の仕方は自然法則を理解していないとリアリティが出せません。

他にも、質感はなめらかなのかざらざらしているのか、瑞々しいのかヴィンテージ感が必要なのか、繊細さが求められます。

 

簡単ではありませんが、1つずつ細かいディテールの追求を繰り返しながら、クオリティを高めていくのが3Dモデラーの仕事の醍醐味です。

 

3Dモデラーの収入

 

硬貨,お金,通貨

 

3Dモデラーは、スキル・キャリアの積み上げ、職域によって、ハイクラス人材として転職することも可能です。

スタートは月収20万円、年収300万円程度からで、平均的には年収500万円程度が妥当なラインと考えられます。

ハイクラス人材の求人になると、上限が700~1,000万円クラスの求人もあり、転職による年収アップの可能性も十分あります。

 

3Dモデラーに用意された3つの道

 

3Dモデラーは、モデリングの手法によって職種、用途の住み分けがあります。

アニメやゲーム、映画といった映像業界広告業界建築業界でも活躍の場があり、3種類の道が用意されています。

 

ポリゴンモデラー

 

象,灰色,茶色

 

三角形面、四角形面など2Dの多角形を組み合わせ、対象物をモデリングしていくスタイルです。

なめらかな表現が可能なので、キャラクター、動物、背景など人物や生き物を描くのに適しています。

ゲームの制作現場でもよく登場する手法で、ゲーム制作会社への就職を考えるならマスターしておきたい手法です。

 

サーフェイスモデラー

 

フィアット130,グラフィック

 

数学的な面の形状を組み合わせたり集合体にしたりするなどして、対象物を表現する3Dモデラーです。

数学的な面の形状はNURBSと呼ばれ、自動車のボディなど機械的な工業デザイン繊細で精緻な表現に向いています。

 

ソリッドモデラー

 

グラフィック,スクリーン,技術

 

ポリゴンモデラー、サーフェイスモデラーの手法を用いたCGを組み合わせる手法です。

設計関連のグラフィックに用いられることが多く、サーフェイスモデラー同様に工業デザイン的な表現に向いています。

製造業などで活躍の場が多い3Dモデラーです。

 

3Dモデラーの目指し方

 

3Dモデラーに必須資格はありませんが、転職を目指すなら十分なスキルを持っていることのアピールが必要です。

ポートフォリオをしっかりと作りこみ、スキル・実績を伝えられる武器を用意しておきましょう。

 

3Dモデラーになるには

 

マーク,マーカー,手

 

3Dモデラーは情報系の大学グラフィック・プログラム系の専門学校から、ゲーム制作会社に就職するのが王道パターンです。

実務の中で知識や経験を積むのが一般的で、未経験からの挑戦だと就職前にプロフェッショナルレベルを求められることはありません。

ただし、転職の場合は基本的に実務経験重視で採用可否が決定されます。

よく用いられる3DCGソフト画像編集ソフトの基本的な操作は、使えることが前提となるスキルです。最近はスクリプトツールを導入する制作現場も増えているので、あわせてスキルに加えられると大きな武器になります。

さらに、ソーシャルゲームにも対応できるスキルをプラスできれば、より仕事が幅広くなり希望の求人案件の応募に有利になります。

 

3Dモデラーに必須の資格

 

スキル,能力,知識

 

3Dモデラーに必須資格はありません。

もちろん有利な資格を持っているに越したことはありませんが、採用担当者は比較的、職務経験やスキルを評価する傾向です。

まずは、現場でよく使われる3DCGソフトの操作スキルから磨いていくことをおすすめします。

 

・3ds Max:3DCG制作ソフト

・Maya:3DCG制作ソフト

・After Effects:3DCG制作ソフト

・Photoshop:画像編集ソフト

・ZBrush:スクリプトツール

・SubstancePainter:スクリプトツール

 

他の職種からモデラーに転職する場合、まずは未経験OK正社員採用の募集を見つけたいところです。

仕事の中で実務経験を積み、徐々に仕事の幅を広げていくと良いでしょう。

 

3Dモデラーの求人を紹介してもらう

3Dモデラーへの転職はポートフォリオ必須

 

ポートフォリオ,ブリーフケース,茶色

 

3Dモデラーとして就職、転職を目指すなら、基本的に内容の濃いポートフォリオの作成が必須です。

ポートフォリオとは、これまでに制作したCG制作の実績、ビジョンなどをまとめた作品集のこと。採用担当者にデザインスキルや実績をアピールするわかりやすいサンプルであり、得意分野や人となりを伝えることができます。

採用担当者の判断基準になりますので、わかりやすさや読みやすさを意識し、全体のレイアウトにも気を配ってみてください。

もちろん、1ページごとの作品のクオリティや誤字脱字にも注意が必要です。

 

3Dモデラーに求められる能力

 

3Dモデラーは、使用する3DCGソフトの操作スキルはもちろん、様々な能力が求められます。

 

3Dモデラーの仕事をスムーズにしてくれる能力

 

色,鉛筆,絵

 

・空間認識能力

・3DCGソフトの操作スキル

・既存のデザインや事物をコンテンツ中のデザインに応用する力

・観察力

・デッサン力

・3DCGの細かい調整をこなす繊細さと集中力

・円滑に業務遂行できるコミュニケ―ション力

・他者要望を汲み取る力

・細かい仕様変更にも臨機応変に対応できる柔軟性

・バランス感覚

・美的センス

・リアリティのある表現

 

例えば、物を立体的に把握する力空間認識能力は、2Dのデザインを3DCGに変換するために必要な能力です。

また、ゲームのジャンル、内容、クライアント要望、ディレクター指示など、3Dモデラーが汲み取るべき要望は多方面から寄せられます。

そうした要望を引き出すコミュニケーション力と、上手に取り入れる柔軟性も3Dモデラーの仕事をスムーズなものにしてくれるでしょう。

 

3Dモデラーに向いている人

 

チェックリスト,リスト,手

 

3Dモデラーの仕事に向いている人は、下記特徴を持っている傾向です。

もし1つでも当てはまっているのであれば、3Dモデラーとしての素質が備わっている可能性があります。

 

・人体や自然、建造物をデッサンするのが好き

・地図を書くのが得意

・立体パズルを組み立てるのが得意

・3DCG制作スキルを持っている

・立体的な表現が好き、得意

・2Dのデザインを3Dに起こすのが楽しい

・ものづくりが好き

 

3Dモデラーのキャリアパス

 

成功

 

3Dモデラーは、上位のキャリアが存在しない職種です。

3Dモデラーとして年収アップを図るためには、キャリアチェンジかより条件の良い企業に転職するかが一般的です。

キャリアチェンジは、3DCG制作に関わる他職種のスキルを身につける方向性です。例えば、アートディレクターなどディレクション業務に携わる職種は、年収アップの方法としてとてもポピュラーです。

また、より採用条件の良い企業に転職を図るなら、スペシャリストとして専門性を高めることをおすすめします。

モーショングラフィックスエフェクトデザイナーなど、対応できる業務範囲を広げることはキャリアの幅を広げることにもつながります。

 

3Dモデラーに必要な技術

 

3Dモデラーの求人例を見てみると、募集している企業がどのようなスキルを求めているか、が見えてきます。

 

実際の3Dモデラー求人例 A社

 

起業,スタートアップ,ノートブック

 

・年収:450~700万円

・雇用形態:正社員

・就業時間:10:00~19:00

・仕事内容:コンシューマ―ゲーム、アーケードゲーム3DCGのモデリング業務

・使用ソフトウェア:Maya

 

A社の場合、ゲーム制作が主な業務で、キャラクター・背景・アイテム・モチーフ・ロゴなど幅広いモデリングに対応する必要があります。

実在する動物や建造物、地形のモデリングであれば、リアリティを重視したディティールの精密さが必要です。

また、空想上のモンスターやファンタジーな世界観の表現であれば、実際にあるデザインをゲームの世界に反映する応用力や想像力が役立ちます。

 

実際の3Dモデラー求人例 B社

 

発想の転換,ディベート,ディスカッション

 

・年収:600~1,000万円

・雇用形態:正社員

・就業時間:フレックスタイム

・仕事内容:スマートフォン向けネイティブアプリの3Dモデリング制作

 

B社はクリエイター業務に加え、ゲーム中の3DCGの品質管理、パートナー企業との連絡窓口業務も担当できる人材を求めています。

ディレクション業務にも興味があり、少しずつ対応できる業務を広げていきたい人向けの求人です。

本来の3Dモデラーとしての業務だけでなく、コミュニケーション力やクオリティチェックに必要な客観性が求められます。

 

まとめ

 

アクティブ,女性,少女

 

3Dモデラーは映像コンテンツの3DCG制作においてキーマンであり、自分の成果物を目にする機会も多く、やりがいのある仕事です。

転職後の職業としてもおすすめできるのですが、3Dモデラーを募集する企業によって仕事内容には大きな違いがあります。

入社後のミスマッチを防ぎ、3Dモデラーとして順調なスキルアップを図るなら、転職エージェントの利用を検討してみるのもいいでしょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

ホームオフィス,人,仕事

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook