カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 客先常駐SEと社内SEって何が違う?働き方の違いからそれぞれ向いている人の特徴についてご紹介します。
  • 職種・ポジション

客先常駐SEと社内SEって何が違う?働き方の違いからそれぞれ向いている人の特徴についてご紹介します。

IT関連の求人でよく「客先常駐」「社内SE」と言うワードを目にすることがあります。ですが実際に客先常駐SE・社内SEがどんな環境で働いているのか、これらの仕事に就くとどんな強みが伸ばせるのかご存じでしょうか。この記事では客先常駐SEと社内SEの違い、それぞれの仕事に向いている人の特徴を解説します。

 客先常駐とは?社内SEとは?

 

man, businessmen, woman

 

客先常駐SEとは、自分が所属する企業以外に常駐して働くエンジニアを指します。
一方社内SEとは、自分が所属する企業のシステムに携わるエンジニアのことです。

どちらも業務内容は

・システムの新規開発
・システムの維持管理
・オフィスのネットワーク構築・保守
・オフィスのサーバー、ネットワーク機器等の管理
・クライアントPCの管理やヘルプデスク業務

など多岐に渡ります。

エンジニアとしての業務の内容(使用する言語や環境・担当する技術領域等)は、客先常駐も社内も近い内容ともいえます。

 

客先常駐SEと社内SEが大きく異なる点とは?

 

man, working, what-to-do

 

では、客先常駐SEと社内SEの違いとはなんなのでしょうか。以下で解説します。

 

勤務場所

 

もっとも大きな違いは勤務する場所です。
客先常駐はその名の通り自社ではなく、お客様のオフィスに出勤します。
この「客先」とは、システムを使用するユーザーの会社の場合もあれば、開発を受託したSIer(元請け)の場合もあります。
一方社内SEは自分が所属する会社のオフィスで勤務します。

 

勤務形態

 

社内SEの場合、基本的に自分が所属する企業と社員として契約を結び、自社の上司や先輩社員から作業指示を受けます。

一方客先常駐SEの場合、自分が所属する企業と常駐先の企業の間に何らかの契約が交わされており、その契約の種類によって現場での動き方が変わります。

IT業界で一般的な契約形態は以下の3つです。

・請負契約
・準委任契約
・派遣契約

この中で派遣契約の場合は、客先(派遣先)に指揮命令権があります。
そのため派遣先の社員から細かな作業指示を受けることになります。

一方請負契約と準委任契約の場合は、指揮命令権はエンジニアが所属している会社(派遣元)にあるため、客先企業の社員から直接作業指示を受けることが出来ません。
作業指示は派遣元のリーダーが受け、常駐している自社の社員に伝えます。

請負契約と準委任契約の違いは、何を提供し、何に対して報酬が支払われるかです。
請負契約はプログラムなどの成果物を提供する契約です。成果物を完成させて納入することで報酬の支払いを受けます。
一方準委任契約では労働力を提供します。そのため、働いた時間に対して報酬が支払われます。

準委任契約はシステムエンジニアリングサービス(SES)とも呼ばれています。
日本のIT業界における客先常駐SEの多くはSESとして働いています。

 

客先常駐に向いている人の特徴

 

office, business, colleagues

 

これからエンジニアを目指す人は、客先常駐SEと社内SEのどちらを志望すれば良いのでしょうか。
以下ではそれぞれの仕事の特徴を踏まえながら、客先常駐に向いている人物像をお伝えします。

 

あまり親しくない人とのコミュニケーションが苦にならない

 

多くの現場では同じ会社から派遣されて常駐している人は数人で、一緒に働く人の多くは常駐先企業のプロパー、もしくは他社に所属するエンジニアです。
つまり出会って間もない、所属する企業も違う人たちとチームを組んで作業することになります。
また数カ月で他の現場に移ることも珍しくないため、なかなかじっくり人間関係を育む時間がないことも多々あります。

ゆえに付き合いの浅い人に質問をしたり意見を伝えたりするのが苦にならない人は、客先常駐に向いています。

 

視野を広げたい

 

同じ業種・職種であっても、会社や部署、そこで働く人の顔ぶれが違えば雰囲気や働き方は大きく異なります。
客先常駐では様々な現場に出向くため、その違いを肌で感じる事が出来ます。
多様な働き方・考え方の人と接する経験は、自分のキャリアを長いスパンで考える際に役立つでしょう。

また客先常駐で携わるシステムのジャンルは決まっていません。
金融系のシステムのプロジェクトが終了した後ECサイトのプロジェクトに移る、というように全く異なるジャンルの案件を経験することで視野も広がっていきます。

 

多様な技術に触れたい

 

システムの用途や参画するプロジェクトによって、使用するプログラミング言語や開発環境、ツールは異なります。
そのためプロジェクトを渡り歩く客先常駐SEは自然と多種の技術に触れることになります。

一つの言語やシステムを極めるよりも、幅広いジャンルの案件を経験したいという人には客先常駐SEとして働くのがオススメです。

 

客先常駐のメリットと求人について聞いてみる

 

社内SEに向いている人の特徴

 

people discussion, meeting, discussion

 

続いては、社内SEに向いているのはどんな人かお伝えします。

 

コミュニケーション力・調整力がある

 

社員SEの役割のひとつにシステムの導入・改修の際にユーザーである社員の希望をヒアリングしながら要件定義をする事があります。
また社員から個人用PCやネットワークに関する不具合の相談を受けることもあります。

ITに詳しくない社員もいる中で要件やトラブルの必要な情報を漏らさず吸い上げたり、齟齬がないように説明したりするためにはコミュニケーション力が必要です。
また関係者間の意見を調整しながら要件を固めるのにもコミュニケーション力・調整力が重要になります。

 

「得意」を作りたい

 

既に数年運用されている社内システムの維持管理を担当する場合、使用する言語や開発環境は固まっています。
また改修や機能追加を行う場合でも既存のシステムを基本として開発を行うため、今まで使用してきた実績のある技術が選択されることも多いです。

そのため最新の技術や流行りのプログラミング言語・開発環境に触れるよりも、ある言語や技術を腰を据えて学びたいという人が社内SEに向いています。
また、自分の担当システムに愛情を持ちたい、一つのシステムに精通したい場合もオススメです。

 

会社の業務内容に対する知識を深めたい

 

業務のために使用するシステムの要件をしっかり理解するためには、ITの知識のみならず業務の知識が必要不可欠です。
例えば金融のシステムを担当する場合は金融の知識が、保険会社のシステムの場合は保険の知識が必要になります。

ですのでIT以外にも得意分野を持ちたい、関心がある業界にITエンジニアとして関わりながら知識を深めたい、自社の業務について深く知りたいという方が向いています。

 

プロジェクトの立ち上げからクローズまで関わりたい

 

プロジェクトはフェーズによって必要な人員の数が変わります。大人数が必要な工程は協力会社の人員を増やして対応することも多いです。
そのためテストフェーズのみ参画し、プロジェクトが次の工程に進む際には離任して別の現場に行くというような仕事も客先常駐SEには多々あります。

ですので一つのプロジェクトの最初から最後まで一貫して携わりたいという人は、社内SEのほうが理想の案件に出会える可能性が高いです。

 

縁の下の力持ちが苦にならない

 

社内SEの仕事の多くは、社外の人の目には触れません。ですが、もし生産管理のためのシステムが止まったならば、大切な商品を作ることが出来なくなります。

オフィスのネットワークが繋がらなくなったならば、取引先と連絡を取ることもままならなくなります。

このように社内SEの仕事は目立たないけれど業務を進める上で無くてはならないものばかりです。

一緒に働く仲間を陰ながら支えるために技術を身に着けたい」という「縁の下の力持ち」志向の方はぜひ社内SEを目指しましょう。

 

まとめ

 

success, gradual, career

 

社外のお客様のすぐ近くで働く客先常駐SEと、同じ会社の仲間をITでサポートする社内SEは、伸ばせる強みが全く違います

ぜひこの記事を参考に自分が将来どんなエンジニアになっていたいか考え、今後のキャリアプランの参考にしてください。

「更に詳しく聞きたい」「どうすれば自分の市場価値を高められるか知りたい」という方は、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロがあなたに最適なキャリアを提案します!

 

【簡単1分!】相談をする
ウラサワミホ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。