カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. R&Dって何?意味から役割まで徹底解説します!
  • 職種・ポジション

R&Dって何?意味から役割まで徹底解説します!

ここ最近よく「R&D」という言葉を耳にすると思います。聞いたことはあっても、その意味や役割等について明確に理解していない人も多いかと思います。最近では会社名の一部で使われたり、部門としても存在するのですが、一体どんなことをしているのでしょうか。今回はそんなR&Dの意味や役割について徹底的に紹介していきます。

R&D アイキャッチ

2020年1月30日

  • twitter
  • facebook

R&Dってそもそも何?

 

研究開発を指す言葉

 

 

時代の流れとともに技術が進歩したり、新しいものなどが生まれるのは当然のことです。しかし、その裏では、様々な企業や人が試行錯誤を繰り返し技術を生んでいるのです。そんな新しいものを生み出したりしている企業や部署のことを、R&Dと呼ぶことが多いです。

R&Dは研究開発と表現されることが多いのですが、意味などは一緒です。ちなみにR&DはResearch and Developmentの略であり、その名の通り技術などを常に調べて研究するときもあれば、そこで得られたノウハウを用いて開発することがメインとなっています。

 

製造業やIT企業がメイン

 

この研究開発という分野はここ最近様々な分野に広がりつつありますが、特に製造業やIT企業が中心となっています。製造業の場合は新技術を用いた商品の開発、そしてIT企業の場合は商品の開発はもちろん、それを支える技術サービスなど、多種多様なものを生み出しています。

もちろん研究開発と言っても常に新しい技術が生まれるわけでもありません。すでにある技術をいくつか組み合わせて、より優れた商品やサービスを生み出すこともよくあります。製造業の場合、どこかの会社が新素材を開発すると、その素材を用いた新製品を生み出すというのは日常茶飯事です。

 

なぜR&Dは必要となるのか

 

事業活動において重要な要素の一つ

 

一つの事業が活動する上で重要となる3つの要素を皆さんはご存知でしょうか。1つ目はものを作る製造、2つ目そこで生まれたものを売る販売、そして3つ目が研究開発です。順序としては研究開発で商品を生み出し、製造で大量生産を始め、販売で多くの人に広めるのが事業活動の大まかな流れです。

つまり、R&Dというのは、事業活動において事業の要である研究開発を担っているのです。ここで生まれるものというのは会社の今後を左右するものがほとんどであるため、非常に重要なものなのです。だからこそしっかりとリサーチをし、そしてじっくりと開発するのです。

 

より細かな消費者のニーズに応えるため

 

アーティストが作る作品は自己表現に重点をおいていますが、企業が自己表現に重点を置くわけにも行きません。では企業が何かを作るにはどのようなことが大事になってくるかが問題となります。その答えは言うまでもなく、消費者のニーズです。

研究開発において最も重要なのは、いかに消費者のニーズに応えられるかです。多くの消費者のニーズに応えられれば、それだけ商品も多く売れます。人々はどのようなことで困っているか、どのようなものを欲しているかを考えるのも、重要なことなのです。

 

R&Dの役割とは

 

技術を学んだり新たな技術を生み出す

 

 

ここまで大まかにR&Dの意味や役割などについて解説しましたが、実際はどのようなことをしているのか気になる人も多いはずです。先程も述べましたがR&Dは研究開発とも呼ばれていると説明しましたが、役割もまさに研究と開発が主な役割なのです。

例えばある企業で生まれた技術をそのまま知識として蓄えておくことも、研究開発の役割の一つです。またその技術をさらに進歩させたり、新たな技術を生み出すことも、R&Dの主な役割なのです。

 

研究で得られた技術などを駆使して新たなものを作る

 

せっかく技術などを学んだら、活用しないともったいないと考える人もいるはずです。ではその学んだ技術を活かして商品を開発するのは一体誰なのかということになりますが、これもR&Dなのです。

製造業を例に説明すると、ある別の企業で伸縮性に優れた新素材を開発したとします。すると多くの企業はその新素材を用いた製品を開発します。例えばスポーツシューズやジャージなどの衣類、はたまた競技用のアイテムなど、一つの新素材からあらゆる製品が誕生するのです。

 

無料転職相談に登録してR&Dができるエンジニアになろう

IT業界のR&Dって?

 

プログラミング言語などもR&Dで生まれることも

 

ちなみにIT企業におけるR&Dってどういうものなのか、という疑問が生まれているはずです。基本的にはIT業界の研究開発も製造業と同じですが、製造業と比べるとそのバリエーションはかなり多種多様です。

IT業界の研究開発で生まれたものとしてはパソコンなどのハードウェアソフトウェアはもちろん、最近では新たなプログラミング言語なども生まれています。IT業界の研究開発というのは、消費者のニーズだけでなく、同じ開発者のニーズを取り入れたものづくりという面もあります。

 

技術の進歩はR&Dのおかげ?

 

 

では、IT業界の研究開発も、製造業のように新素材を開発するようなことはあるのでしょうか。結論から言うと、もちろんあります。さらに言うと、そのようなものは私達の生活にも直接影響を与えるものです。今年から開始される5GAIなども、製造業で言う新素材と似たようなものなのです。

時代とともに技術も進歩してきましたが、そのきっかけとなっているものの多くは、インフラとも言うべき設備です。そうしたインフラが進歩することによって新たな技術やものが生まれ、そしてまたインフラがさらに進化する、という流れが続いているからこそ、技術というのは常に進化するのです。

 

R&Dで働きたいと考えている人へ

 

年収は比較的高めで若い人が中心

 

やりたいことは人それぞれありますが、中には新しいものをどんどん生み出したいという気持ちがある人も多いはずです。そこで最後に働く人目線から見るR&Dについて解説します。年収としては比較的高めの400万円から500万円であり、実際に働いている人の多くは20代前半から30代前半と、比較的若い人が多いです。

仕事内容としては研究開発はもちろん、企画営業など多岐に渡っており、会社によっては未経験でも積極的に募集しているところも多いのが特徴です。募集をしている会社も多いので、興味のある人はぜひ応募してみるのも良いでしょう。

 

他の企業に派遣されることがほとんど

 

 

しかし、その一方で知っておきたいこともあります。それは研究開発と言っても、応募した会社で研究開発するとは限らないことです。実際大手のR&D会社となると、大体の場合は別企業に派遣され、そこで業務をすることがほとんどです。

この場合働きやすい環境かどうかは派遣先によっても変わるため、場合によっては合わないと感じることもあります。だからといってすべてのR&D会社がそのような会社というわけでもありません。もしも今後研究開発に関する会社に入社したいと考えている場合は、予めその会社についてしっかりと調べるようにしましょう。

 

R&Dは会社と自分のこれからを作り出す集団

 

今回はよく耳にするR&Dについて、意味や役割を中心に解説をしてきました。

 

エンジニアへのステップとしてもおすすめ

 

 

研究開発というのは非常に多岐に渡っています。つまり、それだけ次に転職する際の選択肢もかなり多いのです。特にR&Dの場合は、プログラミングなどのエンジニアに転職するためのスキルはもちろん、リサーチなどもするためマーケティングに関するスキルもある程度は身につけることが可能です。

R&Dは会社のこれからを作り出す集団でありますが、それと同時に自分自身のこれからを見つけられる場所でもあるのです。ここでどのようなことを頑張り、そしてどのようなスキルを身につけられるかで、今後の自分のキャリアのルートが見えてくるはずです。

 

まとめ

 

研究開発は常に時代の最先端を見据えています。今年から始まるものの、本格的なサービス開始をしていない5G、その裏ではすでに6Gの開発が始まっています。まだ、5Gも始まっていないのに少し気が早いのではないか、と考える人も少なからずいるはずですが、常に時代の最先端にいる人からすれば、それは至極普通のことなのです。

このように常に時代の最先端に立つ人というのは、新しいサービスが本格始動する少し前から、その次を見据えて動き出すのです。その理由としては、そのくらいのスピード感で動かないとすぐに乗り遅れてしまうのです。今の技術進歩のスピードは、私達の想像のはるか上を行くぐらい速いものなのです。

無料転職相談に登録してR&Dの知識を活かせる会社に転職しよう
どーばー

Geekly Media
ライター

R&D アイキャッチ

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。