カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. セキュリティテクノロジーの有名企業5社を紹介!進化するIoTを支える取り組みを転職エージェントが解説
  • 転職活動

セキュリティテクノロジーの有名企業5社を紹介!進化するIoTを支える取り組みを転職エージェントが解説

昨今家電などにネットを繋げるIoT技術が注目を集めています。インターネットにつながることで、遠隔で操作など様々なことができるようになるのです。暮らしや仕事が豊かになるIoTですが、全く課題がないわけでもありません。特に懸念されているのがセキュリティの問題です。世界規模の問題となっていますが、これに立ち向かう企業も多数存在しています。今回はIoTのセキュリティテクノロジーに携わる注目の有名企業5社を紹介します。

IoT

あらゆるモノがネットワークにつながるIoT時代が到来

 

夜のビル群

 

世界中のありとあらゆる「モノ」がインターネットにつながるIoT

現在がさまざまなデータがネットワーク上で行き交う時代となりました。中でも注目を集めている技術の1つがIoTなのです。

現在はインフラや産業の分野でのみならず、自動車や電化製品といった身の回りにあるものにまでIoTが活用されています。

2020年現在、IoTデバイスの数は300億を超えるといわれ、人々の日常には益々欠かせないものになっていくと予測されているのです。

また、サービスの高付加価値化や経営の効率化が求められる企業にとっても、「IoTを活用しない手はない」という風潮は広がっています。

 

IoTネットワークの安全性を確保することが急務

 

ネットワーク

 

IoTにより利便性が高まる一方、他方ではIoTで利用されるネットワークデータの悪用が懸念されているのも事実です。

具体的にいえば、システムや機器を狙うサイバー攻撃といった脅威などが挙げられます。

 

サイバー攻撃対策に向け国と企業が始動

 

従来の家電を含めた機器は、当然ながらネットワークにつながることなく利用されていました。

しかしそのことによって、セキュリティ対策がおろそかになっているのです。

急速にネットワークとつながるようになった現代、攻撃者にとっては格好の標的となっています。

さらに、外部ネットワークと直接つながっていなかったとしても問題は尽きません。

従業員がUSBメモリを挿してデータ収集をしたり、他者が持ち込む端末を機器のネットワークに接続したり。

このような間接的なつながりが、マルウェア侵入を許してしまうといった問題も発生しています。

サイバー攻撃は増加と多様化の一途をたどっている状況です。

IPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威2020」によると、「IoT機器の不正利用」が9位にランクインしています。

こうした時代背景を受け、セキュリティリスクに対して本格的な対策を取るために、国や企業が動き出しています。

 

セキュリティでも活躍が見込まれる5社

 

インターネット

 

無論IoTを脅かす脅威は日本も例外ではありません。実際にセキュリティ技術でこの課題に取り組んでいる企業は数多く存在します。

今回はセキュリティテクノロジーで特に注目される、有名企業5社とその取り組みを紹介します。

IoTの今後に興味のある人、転職を考えている人は参考にしてみてください。

 

IoTに携わる企業の求人情報をチェック

 

グループ全体で成長中のココン株式会社

 

ネットワークシステム

 

2013年に創業を開始したココン株式会社。人々に愛されるサービスで時代のターニングポイントを作る、というミッションを掲げています。

 

先進性と確かな技術力で愛される企業に成長

 

これに基づき、データを守るサイバーセキュリティ事業と業務効率化のためのAI・Automation事業を展開する企業です。

現在、ココン・グループとしてその規模を拡大させ、関連企業11社従業員250名を取りまとめています。

同社は技術的優位性を獲得するために、国内外で実績のあるホワイトハッカーを採用しているのも特徴です。

 

・IoTデバイス

・モバイルアプリ

・WEBサイト

・コネクテッドカ―

 

などに対するセキュリティ診断や、デバイス情報の可視化といった各種サービスを提供しています。

 

IoTセキュリティに特化した検索エンジンKarma

 

ココン・グループの一員として、IoTセキュリティサービスを提供する企業が株式会社ゼロゼロワンです。

IoT機器を安全・安心に利用してもらうためのサービスを展開しています。

IoT機器開発の設計段階におけるセキュリティ面での不安や、脅威を作らないための支援も行う企業です。

またこの企業の代表的なサービスとして「Karma」を運営しています。

IoT機器を製品解析する中で導き出されるデータベースの運用と、可視化を実現する検索エンジンとして自社開発されました。

機能としてはOSINT情報のみならず、開発ベンダーやモデル、ファームウェアバージョンの検索等ができるサービスです。

また、IoT機器の状態を常時把握することもできます。

また同社では、IoT機器に関して知見が豊富なエンジニア・コンサルタントがIoTに関わる、コンサルティング事業にも取り組んでいるのです。

たとえばIoT機器の脅威分析や、脅威の対応支援といった仕様・設計・ソースコードのレビューなどを行います。

 

AIによる課題解決を目指す株式会社エクサウィザーズ

 

人工知能

 

2016年に設立された株式会社エクサウィザーズ

福祉や医療、製造、金融といった幅広い業界の顧客が抱えるさまざまな課題を解決します。

 

各業界の専門家が監修する革新的AIサービスが強み

 

株式会社エクサウィザーズの事業を具体的に見ていきましょう。

たとえば、

 

・Robot Tech

・Fin Tech

・HR Tech

・Med Tech

・Care Tech

 

といった事業でAIによる革新的サービスを展開している企業です。

それぞれの業界で顧客の高い要望に応えるため、同社ではその業界の第一人者とされる「ドメイン専門家」をアドバイザーとして招いています。

このように、最新の研究を取り入れた提案やサービスを提供しているのです。

 

AIサービスで産業の発展とくらしの安全を守る

 

この企業で注目したいのが、各種ロボットが状況・状態・物性等に適した動作を実現するAIサービス「COREVERY」です。

AIやプログラミングの知識がない人でも、さまざまな動作を手動でロボットに学習させることができます。

従来のプログラミングでは実装できなかった制御ができます。

作業の振り返りや再学習を行う仕組みを持ち、ロボットを使えば使うほど理想の動きに近付くのも特徴です。

また同社では、視覚データやGPSを活用したレベルの高いセキュリティサービスを展開しています。

 

・具体的には以下のような事業です。

・危険運転者の自動検知や車種判定

・不審者の異常行動などの可視化

・災害予測やシミュレーション

 

このようなサービスは、人々の日常生活の安全を守るために開発されました。

AIを最大限利活用した、社会貢献度の高い事業に関心が高まっています。

 

サイバー攻撃の専門家 株式会社サイバーセキュリティクラウド

 

サイバーセキュリティ

 

2010年に設立された株式会社サイバーセキュリティクラウド

国内外問わす安全なサイバー空間の創造という理念を掲げ、WEBアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けて提供しています。

実際、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用する事業を進めている企業なのです。

 

サイバー攻撃研究を自社サービスへ展開

 

一般的な攻撃や誤検知の発見はもちろん、従来では検知が困難であったゼロデイ攻撃など高度な攻撃への検知・分析を可能にしました。

AI技術によるWEBセキュリティサービスの開発だけでなく、サイバー攻撃の研究及びリサーチも行っています。

国内外から最新の情報を収集して、セキュリティサービスの品質向上に役立てているのです。

 

社外セキュリティ技術者を担うクラウド型WAF

 

指紋認証

 

同社はクラウド型WAF「攻撃遮断くん」を提供しています。

外部からのサイバー攻撃を防御するクラウド型のWEBセキュリティサービスです。

仕組みとしてはディープラーニングを通じて、複数種類の学習モデルを構築する攻撃検知AIエンジンを活用しています。

また国産WAFベンダーが、日本のセキュリティ情勢に合わせたサービスの運用を行っているのも特徴です。

個人情報漏洩改ざんDDoS攻撃といった脅威からWEBサイトを保護してくれます。

導入する顧客側も手間なく運用管理ができるので、セキュリティ技術者を自社内で確保する必要がなくなることが最大の利点です。

また非常時には24時間365日受けられる電話サポートもあります。

さらにはサイバー攻撃とブロック状況を視覚的に理解できる、解説付き月次レポートといったバックアップ体制も整備されているのです。

国内の導入社数・導入サイト数は12,000サイトに上り、クラウド型WAFサービスにおいてNo.1となりました。

業界のリーディングカンパニーとして、株式会社サイバーセキュリティクラウドの取り組みが注目されています。

 

インターネットのパイオニア 株式会社インターネットイニシアティブ

 

Wi-Fi

 

株式会社インターネットイニシアティブは、1992年に日本初の国内インターネット接続事業者として創業されました。

 

高品質と信頼性が売りのセキュリティサービスを提供

 

品質と信頼性の高さを基本方針とし、ネット接続事業で培った高い技術力を礎に顧客のニーズに適応するサービスを幅広く提供しています。

 

・クラウドサービス

・ANサービス

・ネットワーク

・システムの構築と運用保守

・通信機器の開発及び販売

・システムインテグレーション

 

以上のようなトータルソリューションを提供することによって事業領域を拡大し、企業グループとしての成長を続けているのです。

 

ポイントセキュリティーサービス「IIJセキュアエンドポイントサービス」

 

株式会社インターネットイニシアティブは「IIJセキュアエンドポイントサービス」というサービスを提供しています。

外部脅威の防御と情報漏洩を抑止する、クラウド型のエンドポイントセキュリティサービスです。

マルウェアの検知・隔離と流入経路の追跡を実現し、原因となるユーザ操作に対策を施すことで再発を防ぎます。

このサービスの特徴は、

 

・複数のアンチウイルスとIT資産管理機能をアセットレスで導入できる

・IIJポータルサイトからエンドポイントのセキュリティ状況を迅速に把握できる

・顧客のネットワーク環境と同社のサービス設備を閉域接続できる

 

という点です。

社会の需要を先取りし、革新的技術を標準化した上で世に送り出してきた同社の開発力には、同業界からも定評があります。

 

ICT技術で社会貢献に取り組むネットワンシステムズ株式会社

 

ビル街

 

1988年に創業を開始したネットワンシステムズ株式会社

世界の最先端技術を取り入れた情報インフラの構築と、ICT利活用を実現する戦略的なノウハウを提供してきました。

ICT市場と社会、そして地球環境への三つの貢献を掲げる企業です。

ICT技術を積極的に開発導入しその発展へ寄与しつつ、人々の生活や地球環境を豊かにする取り組みを行っています。

ネットワンシステムズ株式会社の強みは、法人顧客の課題にアプローチするセキュリティソリューションの提案です。

工場や事業所といった閉鎖的な環境で稼働する専用機器には、セキュリティ担当者がいないことが多いです。

しかしこのような脆弱な体制だと、マルウェア感染と内部への拡大、情報漏洩事故、生産ラインの停止といったビジネスリスクを生んでしまいます。

このような課題を抱える顧客のために、プラットフォーム「Fore Scout」を提供している企業です。

すべてのIPデバイスを包括的に可視化し、コンディションを把握することができます。

IoT機器の見える化に留まらず、他機能との連携によるIPデバイス制御を可能にしました。

IPデバイスのネットワークアクセスへの通知や制御、スイッチやファイアウォールなどと提携可能です。

ネットワンシステムズ株式会社は、自社サービスを通じて顧客のあらゆる情報資産を守るために尽力しています。

 

今後も需要が高まるセキュリティテクノロジー

 

セキュリティ

 

IoT技術の進化に伴い、ますます需要が高まるセキュリティテクノロジー

その技術発展を支える有名企業5社と注目サービスをご紹介しました。

変化が激しい時代の中で、さまざまなニーズが生まれます。

この事実に対し、柔軟性と高い技術力をもって「人々の情報資産を守る」というこれからの社会貢献の形が見えてきました。

 

無料転職相談に登録してIoTの未来を担う企業に転職しよう

Geekly Media
ライター

IoT

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。