カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【初学者必見!】GAFAとは何か?!世界に与えるメリットからその問題・脅威まで、分かりやすく解説します!
  • Web・ゲーム

【初学者必見!】GAFAとは何か?!世界に与えるメリットからその問題・脅威まで、分かりやすく解説します!

ここ最近さまざまな場面で出てくるGAFA。経済などにおいて世界的に影響を与えるGAFAですが、そもそもどういうものなのかわからないという人も多いはずです。しかし実は、私たちの生活においてかなり身近なものであり、世界に影響を与えているのも納得できるものです、今回はそんなGAFAとは何か、わかりやすく解説していきます。

GAFAって一体何者?

 

今のIT社会を席巻している企業

 

 

私たちの生活は常にITとかかわっています。毎日の仕事はもちろん、相手とコミュニケーションを取るときや買い物をするときなど、何かとインターネットを用いたサービスを利用しています。そしてインターネットと同じぐらい、通信手段としてスマートフォンも多く使われています。

ここ最近経済などで注目されているGAFAというのは、そんな今のIT社会において大きな影響を与えており、そして今でも私たちの生活を支えています。ひとつの言葉のように聞こえますが、実は今のIT社会に大きな影響を与えている有名企業の頭文字を集めて作られた言葉なのです。

 

いずれも一度は聞いたことのある有名企業

 

ではその有名企業とは何か、気になる人も多いはずです。GAFAのGはGoogle、AはApple、FはFacebook、そしてもうひとつのAはAmazonです。いずれも一度は聞いたことのあるほど有名な企業であり、利用したことがあったり現在も利用しているという人が多いはずです。特にGoogleに関しては、検索する際に必ずといっても良いほど使用しているはずです。

この4つの企業の頭文字を取ってGAFAといわれており、いずれも世界の時価総額ランキングにおいて常に上位にランクインしています。世界の時価総額で上位にランクインしているということは、この4社が世界に与えている影響が計り知れないということなのです。

 

GAFAってなぜすごい?

 

異なる企業がITに必要なものの覇権を持っている

 

 

なぜGAFAはこれほどまでに影響を与える存在となったのか、それは異なる企業でITに必要なものを生み出しているからです。Googleは検索エンジン、Appleは通信機器、FacebookはSNS、AmazonはECサイトと、それぞれ今のIT社会において必要不可欠な要素の覇権を持っているのです。

たとえ後発でよいサービスなどが誕生したとしても、多くの人は既に知名度が高い信用できるものを選ぶものです。GAFAは早い段階で世に送り出しており、その結果覇権を得ることに成功しました。そして覇権を得たことによって、絶対的な地位を確立させたのです。

 

いずれもIT社会に大きな影響を与えた先駆者たち

 

 

しかしいくら覇権を取ったところで、世界の時価総額で上位に居続けることができるとは限りません。どんなに優れた商品やサービスでも、進化を止めてしまっては衰退する一方です。それでもGAFAが上位に居続けられるのは、最初の時点で大きな影響を与えたからです。

 

GAFAが送り出したサービスや製品というのは、いずれも人々の常識をひっくり返すほど影響力のあるものでした。そしてそのインパクトは現在でも残っており、今では経済を左右するほどにまで進化しているのです。

 

GAFAがもたらすメリットとは

 

ほとんどのサービスがプラットフォーム

 

GAFAが世界に与えた影響はこれだけではありません。GAFAによって私たちの生活はかなり豊かで便利なものになりましたが、実は本当のメリットはそれだけではありません。GAFAがもたらした最大のメリットは、ほぼすべてのサービスをプラットフォーム化させたことです。

プラットフォーム化させることで、今までやりたかったことが簡単にできるようになりました。Amazonを例にすると、今までオンラインでお店を出す方法がわからなかった人でも、マーケットプレイスという手法によって、気軽にオンラインショップを出すことができるようになりました。在庫管理や購入者への発送などはすべてAmazonで行うため、販売者にとってもかなり安心です。このように、GAFAのプラットフォーム化によって、より多くの人がやりたいことに挑戦しやすい社会ができました。

 

今なお進化を止めない

 

 

GAFAがもたらしたもうひとつのメリットは、今なお進化を止めずに新しいものを生み出していることです。検索エンジンで知られるGoogleは、現在も積極的に新たなサービスを生み出しています。特に最近はゲームのストリーミングサービスを計画しており、再び世界に大きな影響を与えようとしています。

 

その一方で、陰りが出始めている企業もあります。それがAppleです。現在もiPhoneやApple Watchなどの新作を出したり、サービスなども展開していますが、Google Pixel3の登場により、その地位も徐々に脅かされつつあります。そしてこのことがきっかけで、実はある問題や脅威などが懸念されています。

 

日本人が知らないGAFAの問題と脅威

 

公平な競争の崩壊

 

 

GAFAによって、私たちの生活はより豊かになりました。しかしその一方で、企業間の競争において悪影響を与えました。何が起こったのかというと、GAFAの急成長によって公平な競争が崩壊しました。今まで実店舗で多くの売り上げを出していた百貨店や大型スーパーも、品揃えや価格において圧倒的なAmazonによって衰退していきました。

そして検索エンジンの代名詞であったYahooも、Googleの登場によって一気にその知名度を落とすことになりました。しかしその一方で、GAFAによって新時代を迎えたものもあります。特にAppleのiPhoneによって、ガラケーの時代からスマートフォンの時代へと大きく変わりました。GAFAによって公平な競争は崩壊しましたが、その分新たな時代へと突き進むきっかけを生み出したのです。

 

情報漏えいが起きた場合の影響

 

 

情報社会といわれている現在、個人情報までもがデータとして扱われています。そして今ではビッグデータとして保管されており、そのビッグデータを幅広いところで活用しています。とはいえ、それだけ重要な情報がもし一人のハッカーによって漏洩してしまったり、社内の人間の不注意によって情報が外部に漏れてしまったら、その影響は計り知れません。

大手企業の情報漏えいだけでもかなり重大なニュースになります。しかしこれがもしもGAFAだとしたら、もはや日本はもちろん世界的にも大きな被害をもたらしてしまいます。GAFAには世界中から集まった膨大な量の個人情報を持っていますが、その分万が一のことが起きたときの被害は、もはや地球に隕石が落ちてきたことと同じぐらいです。

 

GAFAと急成長中の新参者たち

 

2つのN

 

GAFAによって、世界は大きく変わりました。そしてしばらくの間はGAFAが世界の覇権を握っていました。今のIT社会の礎を作ったマイクロソフトでさえ、GAFAの勢いに押されました。しかしそんなGAFAを脅かす企業がここ最近増えています。特に2つのN社が、今最も勢いがあります。

その2つのN社は、ひとつはNetflix、そしてもうひとつはNVIDIAという企業です。Netflixは定額制の動画サービスであり、アニメやドラマ、映画をはじめとする動画を中心に提供しています。特徴はなんと言っても、Netflix限定の作品が多いことです。これが今のNetflixの勢いの源です。

そしてNVIDIAという企業、こちらはなじみのない方も多いはずです。この企業は主にパソコンで用いられているグラフィックボードを中心に展開している企業です。この企業の特徴は、開発状況や技術などを公開していることであり、この透明性の高さでエンジニアやパソコンなどのガジェット好きを中心に支持されています。

 

中国企業が止まらない

 

 

GAFAといわれている4社はいずれもアメリカの企業です。しかしここ最近は、ある国の企業が勢力を伸ばしつつあります。そのある国こそが、中国です。いまや世界の経済を動かしているのはアメリカではなく中国ではないかといわれるほど、勢力を拡大させています。

 

中国といえば、かつてはパクリ遊園地で話題になりました。しかし今はパクリどころか、先進的で高性能でありながらも、低価格という理想的なスマートフォンなどの通信機器を生み出しています。そして中国生まれのスマートフォンをきっかけに、通信機器を中心としたIT業界の勢力図は大きく変わろうとしています

 

GAFAは今のIT社会の基礎を支える存在

 

今回は今何かと話題になっているGAFAについて、わかりやすく解説しました。

 

もはや政府も恐れる存在

 

 

GAFAによって今まで当たり前とされてきた常識が次々と打ち壊され、今ではGAFAによって誕生したものが当たり前の存在となっています。その一方でかつて時代を支えていた企業やお店は徐々に姿を消していきました。しかしGAFAを恐れているのはかつて力があった企業だけではありません。国のすべてをつかさどる政府もGAFAを恐れています

特に日本はGAFAを最も恐れており、与党である自民党のIT戦略特命委員長もGAFAに対して危機感を抱いていると口にするほどです。2016年に成立した官民データ活用推進基本法は、日本がGAFAに対して危機感をもったため生み出した法律です。今やGAFAは企業はもちろん、政府からも恐れられるほどの存在なのです。

 

まとめ

 

ここまでGAFAは経済に大きな影響を与える存在として、他の企業や政府から恐れられていると説明しました。とはいえ、たとえ政府や企業に恐れられたとしても、消費者である私たちにとってはまさに救世主のような存在です。

逆にもしもGAFAがここまで大きな存在とならなかったら、今のように多くのサービスなどが世の中に出回ることはありませんでした。いま当たり前のように過ごしているこの社会は、GAFAによってもたらされたのです。そしてGAFAによって作られた今の便利な社会をきっかけに、これからも時代とともに進化し続けるのです。

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。