カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【まとめ】Web広告の種類と気になる効果を徹底解説!
  • Web・ゲーム

【まとめ】Web広告の種類と気になる効果を徹底解説!

今や人々の生活に欠かすことの出来ないスマートフォンやパソコン。スマートフォンやパソコンを介してWebに接続する際に表示されるWeb広告の市場はテレビ等の従来のメディアの広告を追い抜く勢いで成長しています。今回はWeb広告の種類とそれぞれの仕組みと効果について説明していきます。

Web広告とは

 

 

Web広告とは、「インターネットの媒体上に掲載される広告」を指しており、ネット広告・オンライン広告・デジタル広告などとも呼ばれます。Webページやメールに含まれる広告枠を利用して、認知度や売り上げを控除湯させたい商品やサービス、企業を宣伝できる仕組みです。

従来の広告と違い、ユーザーの年齢・性別や行動履歴、居住地域などの基本情報や、Webサイトでの閲覧・検索履歴、クリック行動などから、細かく部類分けして広告を出稿することができます。

 

そんなWeb広告ですが、形状や配信方法、課金方法によって種々様々です。

以下では実際に6つのWeb広告を取り上げて、その特徴や狙える効果を解説していきます。

 

Web広告の種類と効果

 

ディスプレイ広告

 

 

ディスプレイ広告は、インターネットのホームページ上でテキストやバナー動画で広告を表示するWeb広告です。

 

ディスプレイ広告は、主にGoogleと提携しているWebサイトやYoutube等のサービス、Yahoo!のトップページやYahoo!のサービス上で表示される広告です。年齢や検索している場所、今までのサイトを見た履歴等で広告を出稿する指定が出来ます。ディスプレイ広告の費用は広告がクリックされる毎に単価を支払うクリック型と広告が表示される回数毎に課金されるインプレッション型が主になります。

▼効果

ディスプレイ広告は、Webのトップページや関連しているサービスのページに表示されるため、幅広い層にサービスや商品を認知してもらえる効果があります。また、年齢や地域によって広告を表示させるユーザーも絞れるため、潜在的に商品やサービスを求めている層へPRすることも可能です。

逆に商品やサービスに合わせて絞ったユーザーへのアプローチの効果は低く、広告出稿数に対し商品の成約数の割合が少ないというデメリットもあります。

 

リスティング広告

 

 

リスティング広告は、GoogleやYahoo!でユーザーが検索したワードに応じて検索結果に表示されるテキスト広告です。

検索ページでユーザーが検索したワードに対する検索結果の上位部分に表示される仕組みになっています。リスティング広告もクリックされる毎に課金される仕組みです。

▼効果

先程のディスプレイ広告とは異なり、リスティング広告はユーザーが調べたいワードの検索結果に直接広告が表示される為、ユーザーが求めている商品やサービスに直結した広告表示が出来るという効果があります。

リスティング広告は、ユーザーの検索結果のみに対して表示されるので、幅広い層への商品・サービスの認知、一般層へのPRにはあまり効果が見込めない広告です。

 

アフィリエイト広告

 

 

アフィリエイト広告は、ホームページやブログのWeb上の記事に、バナーやテキスト広告として貼り付けられている広告です。

成果報酬型広告とも呼ばれ、商品を購入したりサービスを申し込んだりした時の成果に対し、報酬が支払われる仕組みになっています。最近は、副業でブログを始める人が収益化する際に報酬を得るサービスとしてもよく利用されています。

▼効果

アフィリエイト広告は、商品やサービスを顧客が購入・利用した時に広告費が発生するため、広告費が必要最低限で済むという効果があります。

個人ブログの記事に自社商品のアフィリエイト広告が掲載されるので、自社商品やサービスとマッチングしない記事にアフィリエイト広告が載る可能性や、競合商品より多く記事や媒体に載せてもらうには報酬等を増やさなければならないという可能性も出てきます。

 

ネイティブ広告

 

 

ネイティブ広告は、自然にWeb上の記事やコンテンツと違和感無く表示されている広告です。

記事やコンテンツの内容に紛れる形で表示されています。その為、広告自体がステマ(ステルスマーケティング)に当たるのではと不安があるかもしれませんが、きちんと『AD』や『PR』の表記をしてあるものがほとんどなので、心配はいりません。

費用に関してはネイティブ広告を見てもらうページビュー数に対して報酬が支払われる仕組みがメインになります。

 

▼効果

記事やコンテンツの中から自然と広告に誘導出来るため、広告を見てもらう確率は自然と高くなります。しかし自然に見せる分広告作成に労力がかかったり、成約まで時間がかかったりする為に効果がすぐ現れにくいという面もあります。

また、上手く記事やコンテンツの中に広告を制作し埋め込まないと、ユーザーへ不自然な印象を与え、PRしたい商品やサービスに対しネガティブなイメージをもたらす結果になりますので、ネイティブ広告は出稿する記事やコンテンツの内容をよく吟味しなければ良い効果が出ない可能性もあります。

 


SNS広告

 

 

今や一般的になったTwitter、LINE、Facebook等のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上で表示される広告はSNS広告と呼ばれます。

SNS広告は、TwitterやFacebook、Instagramのタイムライン上に動画を表示したり、テキストや画像でPRしたい商品やサービスのホームページに誘導する仕組みです。各ソーシャルメディア上でフォローやシェアされたりクリック等に対して課金されるのが主流です。

▼効果

それぞれのSNSのプロフィールや投稿に適した広告が出稿出来るため、広告を出したいターゲットをピンポイントに絞れる効果があり、またSNSを使う若い世代への広告の宣伝力や拡散力は抜群な広告です。

SNS広告はターゲットを絞った広告が出稿出来る為、きちんと各SNSの特性を把握して広告の配信をしないと、満足な効果が得られない結果になる恐れもあります。

 

動画広告

 

 

Youtube等の、Webメディアで配信される動画形式で表示される広告を動画広告と呼びます。

動画視聴や動画配信サービス、先程挙げたTwitter等のSNSやWeb上で商品やサービスをPRする動画を流す仕組みの広告です。動画が視聴される度に課金される仕組みが主流です。

 

▼効果

動画広告は、文字や静止画だけでは伝えきれない商品やサービスの特徴を分かりやすくユーザーに伝えられる効果があります。その反面、動画の制作費自体に多額の金額が必要になってきますので費用対効果を考えて制作、出稿する必要があります

 

これから通信規格が5Gになり大量のデータがやり取りできるようになれば、動画の視聴が今までよりもっと手軽で簡単なものになりますので、動画広告のWeb広告内での割合は上がっていきます

実際、大手広告代理店が動画広告の専門部隊を設けたり、スタートアップやベンチャーで動画制作・動画広告を展開する会社が増えてきています。現在日本のWeb広告の8割はディスプレイ広告とリスティング広告に占められていますが、これからは動画広告がWeb広告のメインの広告になっていくでしょう。

 

Web広告のこれから

 

 

Web広告はテレビ広告を抜く勢いで成長しています。若者のテレビ離れもあり、接触する媒体がスマートフォンやインターネットを介したものに移行していますので、Web広告の重要性や効果はますます高まっていきます。

商品やサービスの特性にあったWeb広告を利用し、宣伝していくことが、これからの時代の広告出稿の重要なポイントになっていきます。

 

また、これからもWebに関する新たな媒体や広告スタイルが出てくる可能性もありますので、Web広告の変遷を見守っていく必要があります。

商品の魅力をより身近に伝えられるWeb広告を、これからも上手に利用していきましょう。

 

無料転職相談に登録してWeb広告の知識を活かせる会社に転職しよう

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
12+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。