カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. APIについて徹底解説!気になるWeb APIとの違いから実際の使い方まで分かりやすく説明します。
  • 技術・テクノロジー

APIについて徹底解説!気になるWeb APIとの違いから実際の使い方まで分かりやすく説明します。

近年、実際に運用を想定したプログラミングを行う上で外す事が出来ないのがAPIの導入です。しかしAPIもプログラムの作り手が正しく理解していなければ、その効率を上手く引き出す事が出来ないばかりか思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。今回は特によく聞くWebAPIとの違いや実際のAPIの使い方を解説していきます。

APIとは?

 

 

APIはApplication Programming Interface(アプリケーション プログラム インターフェース)の略称です。プログラムとソフトウェアを繋ぐ物という意味合いで使われる事が多いIT用語です。

少し噛み砕いた言い方をするととあるソフトウェアの機能の一部を公開して他の人でも利用出来るようにした物という言い方をする事が出来ます。

APIの機能自体はより深く追求していけば再現は可能である場合がほとんどですが、それには膨大な時間がかかり、プログラムもより複雑になっていきます。

APIを利用する事で該当するプログラムを簡略化でき、より見やすく使いやすいサービスを提供しやすくなります。

 

WebAPIとの違いは?

 

 

近年APIというとWebAPIと広義ではほぼ同義のように使われています。しかしより細かく分類するとAPIという分野の中の1つの括りがWebAPIという括りです。

APIはあくまでもプログラムとソフトウェアを繋ぐ物であるのでライセンス制であるなど一般には公開されていない物、またWebを介さない導入なども含めています。

例えばパソコンの機能自体を動作させるWindowsAPIなどはWeb上で動作するわけではない為、APIではありますがWebAPIには含まれません。

しかしWebAPIはより汎用的に一般的な人でも使えるようになっていてWeb上で公開され、Web上で動作しているのが明確な違いでもあります。

またプログラム言語的にはAPIは利用の際にAPI側の言語に合わせた設計をする必要がある場合もあるのに対し、WebAPIの場合はWebAPIと異なる言語でも使用出来るようになっている場合がほとんどです。

 

利用者にとっても身近な存在と言えるWebAPI

 

 

プログラムをする側にとっての説明は言葉にすると難しいですが利用者の視点に立ってみるとWebAPIの方がより身近なサービスで利用されている事が分かります。

例えば近年一般にも浸透し普及しているSNSとの連携機能をもたせる事は一番分かりやすいWebAPIの使用例です。ログイン機能や写真の共有などは今では多くのWebサービスに取り入れられています。

ログインを求める際にSNSのアカウントでもログインしておくようにするにはそのSNSを運営する会社が提供するWebAPIを利用する必要があります。

 

APIを利用するメリット

 

開発の効率化・開発コストの大幅な削減

 

 

APIの利用の大きなメリットの1つが開発の効率化にあります。全てのプログラムを1から作ると相応の時間がかかりますがAPIを利用する事でAPIを使用する部分のプログラムをする必要がなくなります。

開発が効率化出来るという事はその分、開発コストを抑える事にも繋がります。APIの種類にもよりますが無料で公開されているものも多いので利用を続ける事によるコストもありません。

また開発が効率的に行えれば残りの時間でよりサービスを便利にしたり、別の開発を行ったりと幅広い対応が出来るようになります。

 

セキュリティ面の向上

 

 

大手のサービスのAPIを使ったログイン機能の実装などの利用方法は自社でログイン機能を作るよりもセキュリティ面でも利用者の安心感が高くなります。

もちろんAPIでの他サービスで入力した情報の利用には利用者に許可を求める必要があります。

 

利用者にとっても便利

 

 

APIの導入は利用者にとってもメリットが大きいです。

特に色々なサービスで利用されるログイン機能はAPIを導入して他のサービスなどでも入力した情報を取得してくれるのであれば利便性が上がり結果的にサービスを利用する人の増加にも繋がります。

また使い勝手がサービスによって変わらない事で利用者が新しく覚える事を軽減させる事が出来るのもAPIを導入した際のメリットとなり、継続利用の可能性を高める事にも繋がります。

 

APIを公開するメリットは?

 

 

もちろんAPIを公開する側にもメリットはあります。APIを利用してもらえるだけで自社のサービスを知ってもらう機会が増えますし、使用データの総量を増やす事ができます。

使用データが増えればそれだけ細かい分析が行えるのでより利用者にとって有効な新たなサービスを提供出来るようにもなります。

また類似のサービスが増える事でより特化した物や汎用性に優れたサービスが増え、結果的にサービス全体の利用者が増える事を狙うという意味合いもあります。

 

無料転職相談に登録してAPIの知識を活かせる会社に転職しよう

 

APIを使うのに必要な知識

 

 

本格的なプログラムの知識が無くなても、最低限のHTMLやCSSの知識を有していれば利用出来るWebAPIもあります。

WebAPIの利用は簡単な物であれば最低限のHTMLやCSSの知識があれば本格的なプログラムの知識が無くなても利用出来る物もあります。

APIの多くは利用方法や条件を記した仕様書も同時に配布しているのでそれらを読んで理解出来るだけの知識があればその仕様書に従って埋め込むだけで動作するAPIも存在しています。

しかしそのAPIを利用してさらなるサービスへと発展させていく場合にはよりプログラム的な知識が必要になります。

特にAPIの中には特定の言語での利用が利用条件になっている場合もあるのでそうなってくるとその言語の知識は必須といえます。

またAPIの配信する形式にもいくつかの方式があるのでそれらの方式に対しての導入方法なども抑えておく必要があります。

APIを利用する際にはまず必要な条件や知識を確認した上で導入するのがおすすめです。

 

APIをアプリに実装する際の手順

 

 

APIは多くの場合、提供している元に直接取得をお願いする形ではなくAPIサイトに登録する形で利用します。これはWebAPIでも同様です。

APIサイトに必要な情報を入力してAPIを利用するアプリがどのようなものかを登録する事で初めて利用出来るようになるのです。

またその際、APIを扱う為のAPIキー」「シークレット」と言われるデータを取得する事になります。これはそのAPIを利用する為に必要なもので個人向けのサービスで言い換えるなら「ログインID」や「パスワード」のようなものです。

ただこの「APIキー」「シークレット」の扱いは個人のIDやパスワードとは比較にならないほど厳重に管理しておく必要があります。万が一外部に漏れてしまえば不正利用されとんでもない請求をされてしまう事にも繋がります。

これらの登録を終えた上で後は配布される仕様書を確認しながら実際にアプリに組み込んで運用する形になります。

 

APIを利用する際の注意点

 

課金体系の確認

 

 

APIは無料の物が多いですが必ずしも無料で配布する必要はなく有料の物も存在しています。無料にするか有料にするかはあくまでも配布する側が決める事です。

もし有料のAPIを利用するのであれば必ず課金体系については確認し、どのような場合に課金が発生するのかは把握しておきましょう。

月単位でお金を支払うライセンス制から、使用回数に対して支払う従量課金制のものまであります。特に従量課金制の場合、誤ったプログラムを組んでしまうと1日中アクセスし続けてしまいとんでもない課金額になってしまったという例もあります。

 

継続的なメンテナンスが行われているかを確認

 

 

ITの世界は日単位、時間単位で進化が続いている分野です。その為対応しなければいけない内容が増えたりする事も多く、もちろんAPIも定期的なメンテナンスを行う必要があります。

APIは基本的に利用者からその内部を閲覧する事が出来ないブラックボックスなので提供元が継続的にメンテナンスを行っているかは導入前に確認しておく必要があります。

 

サポート体制の充実

 

 

APIもプログラムですからイレギュラーな事態が発生する場合は当然起こりえます。特定の利用方法をした場合にクラッシュしてしまうなど提供元が気づいていないようなバグが見つかる場合もないとは言えません。

そのような際に連絡を取る事が出来るようなサポート体制を整えているかどうかも導入時点で確認するべきです。

 

WebAPIの実装方式について

WebAPIの代表的な実装方式は、SOAPとRESTの2種類があります。それぞれ特性が異なるため、どちらを選定するべきか開発現場で議論が紛糾することは少なくありません。実装するシステムの目的や用途を十分に確認した上で、吟味しましょう。

 

コアな開発者に人気のSOAP

SOAPは1999年に発表された標準規格です。HTTPやXMLをベースとし、WebAPIにおける通信手順・形式を定義しています。拡張仕様が利用用途や目的に合わせて細かくルール化されているため、堅牢性が高いです。煩雑な入力作業と共に、入出力された内容の確認を不可欠とするWebサービスに適しています。

しかしながら、使い方が複雑なことに加えて規模が大きいため、2000年代に突入して間もなく敬遠されるようになりました。それでも、一定の開発者から支持を得ているようです。

 

SOAPで使うメッセージ

SOAPメッセージは、XML形式のデータで送受信されます。エンベロープという特殊なタグで外側を覆い、他のメッセージとの違いを明示することが可能です。エンベロープの内側は、以下の2つの要素で構成されています。

 

・SOAPボディ

送受信の内容そのものが記されている部分。

 

・SOAPヘッダ

宛先や認証情報の他、改ざん防止に資する情報などが記されている部分。

SOAPヘッダは、安心安全にメッセージを伝達する上で欠かせません。省略せず、しっかり活用しましょう。

 

自由度の高いREST

RESTは上記のSOAPと真逆、シンプルさに特化した設計原則です。以下、4つの項目で規定されています。

 

・状態管理を必要とせず、やり取りしている情報はそっくりそのまま利用者が解釈できる。

 

・あらかじめ情報操作を命令する体制は、定義されている。

 

・取り扱う全てのリソースを固有の文章として識別する。

 

・別の情報を紐づけできる。

 

上記の4つの考え方を適用したものは、RESTAPIと呼ばれ、2000年に発表して間もなく定着しました。汎用性の高さと共に、開発や実用のコスト軽減を実感しているケースは少なくありません。不特定多数のユーザーを対象とする検索エンジン、入力する指標が少ない情報配信サイトなど、国内で公開されている多くのシステムが実装しています。特に、スマホアプリの開発現場で重宝されているようです。

但し、自由度の高さが幾つかデメリットを作り出しているため、注意しなければなりません。ルールがあやふやなプログラムの乱立、想定外のトラブルの発生など、起こりうるリスクを把握しておくことが大切です。

まとめ

 

 

APIは言葉として理解するのは難しいIT用語ですが、実際に運用するプログラムを作る上では最早欠かす事が出来ない知識です。

APIの利用は、プログラムの開発者はもちろん、利用者にとってもメリットが大きく、サービスとして非常に使いやすいサービスにする事が可能です。

ある程度の手順さえ踏めば比較的簡単に利用出来る物も多く、プログラム自体もかなり簡略化出来ます。

本格的に利用するにはプログラムの知識は必須ですが、まずは簡単に利用出来るものから組み込んでみて、少しずつAPIの知識を増やしていく事をおすすめします。

無料転職相談に登録してWebAPIの知識を活かせる会社に転職しよう

 

Lotus0

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
10+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。