カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職で書類選考免除になる方法を解説!採用時のメリットは?面接確約事例を併せて転職エージェントが紹介
  • 転職準備

転職で書類選考免除になる方法を解説!採用時のメリットは?面接確約事例を併せて転職エージェントが紹介

転職面接を行う中で、時折「書類選考免除」「面接確約」といった求人案件が目に入るという方もおられるはずです。転職採用試験で、書類が一切要らないのだろうか?いきなり面接から始まる企業もあるのか?という疑問を持ってしまいます。今回は、書類選考免除や面接確約の詳しい内容とそのメリットなどを解説します。

方法次第で書類選考免除になることがある

 

打ち合わせの画像

 

転職での求人にて選考の手順は、一般的に書類選考を行って、その中から選び抜いた人材を面接するという流れです。

そのため、内定まで到達するには、その手順を一つずつクリアさせるという考え方をします。

企業によっても差がありますが、最初の段階である書類選考は、おおむねで通過確率は3割くらいが標準とされています。

ところが方法によっては、書類選考や1次面接が免除されるケースもあるのです。

 

書類選考免除と面接確約になるためには?

 

会議室の画像

 

求人に応募する方法には、いくつかのルートがあります。ハローワークを利用することや、求人雑誌などを見て応募するのが定番です。

しかしその場合、履歴書の作成から最終段階の内定までに、ある程度の過程をくんで取り組まなくてはなりません。

心身への負担もかかることがあります。そこで時折見かける書類選考免除や面接確約といった表示をする案件に注目してみましょう。

もし書類選考免除、あるいは面接確約からスムーズに入りたいのであれば、自薦での応募だと可能性が低いのが現状です。

書類選考免除や面接確約するためには、以下の方法から入ることをおすすめします。

 

転職エージェントを利用する

 

書類選考免除および面接確約となる手段で、もっともポピュラーなのがエン転職などに代表される転職エージェントを利用する方法です。

そこにある企業案件へ応募すればよいのです。転職エージェントには、時折、書類選考免除の特典がある案件も目立ちます。

他にも役員面接、社長面接といった面接確約が取れる案件も見つけることが可能です。

転職活動の流れをショートカットして、短期間で内定を得ることも夢ではありません。

転職エージェントにはできる限り登録して、条件が合えば積極的に利用することをおすすめします。

 

スカウトメールを利用する

 

これも転職サイトや転職エージェント経由での方法ですが、サービスとして必ずあるスカウト機能を利用するやり方です。

通常はスカウトメールが届き、自分の登録条件に見合った案件からのオファーに応募できます。

スカウトメールの中でも「プライベートオファー」である場合、求人案件を掲載する企業側が、登録された内容から判断します。

とても高い確率で応募を期待して送ってくれています。すでに書類選考の最初をクリアしているといえるでしょう。

もしメールの文面に、書類選考免除や面接確約などの文言が書かれていれば、そのまま面接へと進めます。

企業側もあらかじめエージェントを通じて条件に見合った人材だろうと予測してくれているため、内定を得るのにも近道となります。

 

書類選考免除と面接確約のメリット

 

面接室の画像

 

就職活動では、自分で履歴書やエントリーシートを作成するところから始まり、内定を獲得するまでには一連の流れが発生します。

その中でも書類選考と面接試験、それらが免除や確約されるということは大きな特典です。

では具体的に、どのようなメリットがるのでしょうか?

 

転職活動の時間が短縮される

 

時計の画像

 

書類選考免除と面接確約が取れれば、転職活動の時間短縮ができ、効率よく動けます。

一般的な転職選考手順では、書類選考の結果は約1週間、1次面接の結果で約1週間、最終面接の結果で約1週間くらいです。

内定が出るまでに1ヶ月の時間を予測しておく必要があります。

そこで書類選考免除となればその時間が短縮され、さらに1次面接も免除となればもっと短縮されます。

誰しも転職活動は早く終わらせたいと考えるものです。また、複数の求人に応募した場合に、スケジュールを組むのにも効率が良くなります。

 

無駄な転職活動を省ける

 

書類選考免除や面接確約をしてくれる企業を中心に活動すれば、転職への労力の負担が軽減され、無駄な努力を省くことが想定できます。

平均して書類選考通過率は3割程度とされています。言い換えれば、仮に10社受けたら、3社しか通過しない計算です。

書類選考免除の案件なら、他よりもある程度は採用に前向きな企業です。

厳しい採用条件を打ち出す企業に対して、無駄な活動をする手間を除外できるからです。

 

内定そのものに有利なのか?

 

握手の画像

 

書類選考免除や面接確約を推奨する求人の場合、やはり採用に積極的であることが大きいといえます。

他の応募者と比較しても、面接にて有利に捉えてくれる可能性も秘めています。

ただし、基本的に書類選考免除と面接確約を保証するだけなので、必ず内定するわけではありません

最終段階では、一般的なルートで残った他の候補者と同じだと思っていたほうがよいでしょう。

 

無料転職相談に登録して面接確約を目指そう

 

面接確約の流れ

 

メールのお知らせの画像

 

書類選考免除や面接確約へとスムーズに流れるには、それ以前にどのような動きがあるのでしょうか?

それは登録している転職サイトや転職エージェントでのルールによって多少の違いはありつつ、ほぼ似たような方式を取っています。

ここでは、面接確約までに至るオファーについての簡単な流れを解説しましょう。

 

転職サイトや転職エージェントよりオファーが届く場合

 

通常の転職サイトでの流れは、書類選考免除の条件が合いそうな登録者へ、「オファー」などの名称で企業説明会などの告知情報が届きます。

企業側の設定した検索条件に登録情報が合致しそうな場合に送られます。

求人の閲覧情報などからAIが感知して、自動的にピックアップしている事例が多いので、書類選考免除や面接確約そのものではありません。

ただし、そこに応募した登録者からその後再選考し、企業より面接確約のお知らせを送る場合があります。

また、転職エージェントへ登録したスカウトレジュメより、個別面談のオファーを依頼するケースもあります。

その内容や条件から判断し、要件が満たされていると思えば返答します。

まずは転職エージェントと面談をして、その求人案内に関する詳しい説明を受けることができます。

この場合は、エージェントが仲介役になってくれるので、企業側も信頼して面接確約につながりやすい流れです。

 

転職エージェントが取り扱う企業側がオファーする場合

 

転職エージェントにて公開しているスカウトレジュメを、直接企業が見つけて、登録者へオファーを掛けるケースです。

プライベートオファーでもあることから面接確約が保証されているともいえます。もし条件さえ整うようならば積極的に返信するとよいでしょう。

書類選考免除の上で、そのまま面接が受けられます。

 

面接確約の事例

 

パソコンで仕事をする画像

 

転職活動して成功した方の中で、実際に書類選考免除となり、面接確約から内定を得て再就職を果たした方の実際の声を確認してみましょう。

中には、ある程度の計画を練ってエントリーの仕方を工夫した方もおられます。

 

面接確約になった人の事例①

 

実際に転職エージェントへ登録し、未経験分野の企業から書類選考免除のスカウトメールが届いた方の事例です。

その転職エージェントには何となく登録し、現状の自分の情報を入力しておいただけで、徐々にスカウトメールが届くようになりました。

そこである1社の面接の案内を受けることにしました。スカウトメールの内容通りで、書類選考が免除されて、応募して面接からのスタートでした。

面接当日には、履歴書と職務経歴書の持参が必須とあり、面接の進行も、履歴書を眺めながら質問に回答していくといった流れでした。

その後の最終面接にも呼ばれました

 

面接確約になった人の事例②

 

私が書類選考免除や面接確約により転職に成功した大きな理由は、転職サイトやエージェントへ登録した際のレジュメの詳細にこだわったからです。

できれば、オファーをくださる良心的な会社から判断したい気持ちもあり、多くのオファーを受けるにはどうすればよいのか考えました。

そこで自分自身の情報であるレジュメ項目を詳細に埋めるようにし、職務経歴書とも引けを取らないレベルに作り込んでみたのです。

すると企業からも見つけてもらいやすくなり、オファーが増えていきました。

 

書類選考免除と面接確約の際の注意点

 

注意の画像

 

書類選考免除や面接確約は特別措置でありつつ、必ずしも決定的なものではありません。内定が出るまでの一時的な通過点でしかないのです。

そこを誤解してしまうと思わぬ失敗をします。書類選考免除や面接確約に至った場合、以下のような内容を注意して臨んでいきましょう。

 

履歴書など書類持参を指示することが多い

 

書類選考免除と聞いて、履歴書作成は要らないと思われがちです。しかしほとんどは面接当日に履歴書が必須になると思っておきましょう。

あるいは面接前に送付を指示する企業もあります。既に書類選考免除だからと、手を抜いて書かないよう注意しましょう。

油断して適当に書いてしまうと、面接時にて低評価になるかもしれません。

履歴書および職務経歴書は、どのような企業でも公式に所持しておく書類ですから、手を抜かずしっかり書くよう心がけましょう。

 

通常の面接と変わりはない

 

書類を書く画像

 

書類選考免除の上、面接確約という響きから、面接時も有利に取り計らってくれるのではないかという誤解が生じやすい点があります。

面接自体は、他から一般的な流れで受けにくる転職者と比べても、方向性に変わりがないはずです。

実際のところは、各企業により採用方針もさまざまなので、一概には言い切れないということだけは覚えておくようにしましょう。

つまり、面接の結果によっては不合格になることもあり得ます。面接確約は、あくまでも面接までは承りますというシステムでしかありません。

 

スカウトへ依存しがちになる

 

書類選考免除は時間短縮や手間を省くメリットがあります。そのためスカウトを受けるほうが楽だという考え方も生じやすいものです。

もちろんスカウトを受けてからの転職活動なら楽に進めることができます。しかし楽だという理由だけで企業選びをするのはNGです。

それは本当に自分の希望にふさわしい転職活動をしていない証拠でもあります。

最初から書類選考免除に釣られた転職活動では、自主性が希薄なので入社後に失敗して嘆く可能性があります。

 

まとめ

 

面接準備の画像

 

書類選考免除や面接確約のシステムが役立つ理由は、応募者も企業側もマッチングしやすく、時間などの効率面を考慮している点です。

転職活動の利便性を図る意味でも、転職エージェントや転職サイトの便利な仕組みを有効活用しながら、自分らしく転職に成功するのが理想的です。

ただし、書類選考免除や面接確約は、あくまでも一時的な通過点でしかありません。

そこから先の内定を獲得するためには、面接本番での振る舞いやそれまでの言動にもかかっています。

気を抜かないようしっかりと準備して臨みましょう。

 

無料転職相談に登録して書類選考免除を目指そう

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。