カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. デザイナーの転職回数が与える影響を解説!採用率はどう変わる?転職回数とスキルの相関性を紹介します
  • 職種・ポジション

デザイナーの転職回数が与える影響を解説!採用率はどう変わる?転職回数とスキルの相関性を紹介します

デザイナーの転職回数は転職回数などにどのような影響を与えるでしょうか。一般的に、転職回数が多い人は長続きしない人であったり、業務経験が浅い人であったりというネガティブなイメージを持たれることが多いです。しかし、デザイナーの転職活動においては、それらのネガティブなイメージを覆すことは可能です。デザイナーの転職回数と転職活動に関しての影響を、具体例を交えながら見ていきましょう。

図形

転職回数はどう影響する?

 

カフェ

 

一般に、転職回数が多いとイメージダウンの印象があると言われています。

転職回数が多いと、長続きしない人というイメージがついて採用企業からの印象は必ずしもよくありません。

終身雇用が前提の社会が当たり前でなくなったとはいえ、同じ会社に何年も勤めることは一定の評価をされます。

とはいえ、転職から得られる経験は大きいものがあります。

転職回数が多いほど、多様な経験をしているとする考え方もあります。

 

デザイナーの転職回数

 

デザイナーはクリエイティブ職

 

テーブル

 

デザイナーはクリエイティブ職と言われます。

クリエイティブ職とは、物を制作する仕事です。

業務には基礎的なスキルはもちろん、直観やセンスといった感覚も重要になってきます。

こういった感覚を磨くにはより多くのことを経験することが必要です。

経験には業務以外の日常からヒントを得られることもあります。

転職をしてより多くの人と出会い、多くの環境を経験することがスキルアップに繋がるのです。

 

デザイナーの転職メリットとリスク

 

デザイナーは転職を繰り返して経験をしていくべきという風潮もあると言われています。

新しい環境を経験することは、デザイナー業にも好影響を与えるでしょう。

転職する際にはリスクと向き合う必要があります。

 

転職回数が多い人の評価

 

長続きしない人?

 

オフィス

 

転職回数が多い人は、多くの企業を経験している反面、短い期間で企業を変えているという特徴があります。

採用する企業としてはせっかく採用したのだから、辞めずに長期間働いてくれる人を求めます。

転職が多い人は、採用してもすぐに辞めてしまうのではないかという目で見られてしまう傾向があるのです。

 

経験が浅い人?

 

転職をすればするほど多くの企業に携われることになります。

しかし、その反面で1つの企業に携われる業務は限定されてしまいます。

スキルというものは1つの業務を何年もこなすことで洗練されていくものです。

多くの企業を渡り歩く人は、業務知識が浅いのではないかと見られてしまいます。

 

転職回数が多いと不利?

 

ネガティブなイメージを持たれがち

 

オフィス

 

先に述べたように、転職回数が多い人はすぐに辞めてしまうなどとネガティブなイメージを持たれがちです。

しかし、裏を返せばそのネガティブなイメージを払拭できるものをアピールすれば良いでしょう。

それ以外にも、新しい会社で挑戦する動機を明確に説明することが大事です。

例えば、前職で数年間勤めて成果を出したが、新しい環境で挑戦したいことがある、といった具合でしょう。

 

スキルや経験でカバー

 

スキルや経験で転職回数のネガティブなイメージをカバーすることができます。

転職回数が多いということは、経験した会社も多いということです。

様々な会社で経験したスキルを職業に活かすことができます。

転職活動においては自らのスキルをアピールすることになります。

経験した会社が多いほど、採用企業の求めるスキルにマッチしたアピールもしやすいでしょう。

 

転職を繰り返すことにはメリットもある

 

ソファ

 

転職回数が多いのはデメリットだけでなく、メリットもあります。

転職は、新しい環境で仕事をすることを目的にします。

転職の都度、フレッシュな気分になれることができるでしょう。

また、転職を繰り返すことにより多様な経験が身に付きます。

多様な経験というものは、時にして一社で深く習熟した経験より武器になることがあります。

転職回数が多いからといって悲観することはなく、こういった強みをアピールすることが重要です。

 

年代別の転職回数

 

20代の転職回数

 

オフィス

 

20代では3回以上の転職をしていると企業の採用担当者は転職回数が多いと感じる傾向があります。

20代ではまだまだ職務経験が浅く、多くのことを吸収できる時期です。

転職回数だけで合否を判断するということは少ないです。

転職活動では、デザイナーになって何を実現したいかを具体的にイメージすることが重要です。

 

30代の転職回数

 

30代では5回以上の転職をしていると企業の採用担当者は転職回数が多いと感じる傾向があります。

転職回数よりは、一社あたり平均して何年経験していたかを重視します。

すぐに退職しないか、辞めぐせがないかを見るのです。

30代になると、ポテンシャルよりも実績やスキルを重視します。

 

40代の転職回数

 

40代になると、ポテンシャルよりも即戦力として活躍できるかが見られます。

企業としては、経験豊富な人材が欲しい場合に力が必要となります。

また、この年代の人にはスキルの他にマネジメント能力も問われます。

組織や部下をマネジメントしてきた経験が転職活動に役立つでしょう。

 

転職回数をデメリットとしないために

 

アピールポイントを明確にする

 

結晶

 

転職活動の最重要事項は、採用企業に採用したい人材だと思わせることです。

自分のアピールポイントを明確することも重要ですが、それ以上に相手が何を求めているかが重要です。

例えば、企業が募集しているポジションについて熟知している場合、そのポジションの経験をアピールします。

仮にそのスキルが自分にとって最もアピールしたいポイントではなくても、企業にとっては好印象となります。

転職回数を重ねて様々なことを経験しているデザイナーには、そういった引き出しが多く備わっていることでしょう。

自分のアピールしたいことよりも、企業にとって即戦力人材であることをアピールすることが重要です。

 

企業に採用したいと思わせる

 

転職活動について、ネガティブなイメージを持たれるような理由であってはいけません。

例えば「前職では給与面に不満があった」等は転職理由としてはNGです。

自分よがりの理由ではなく、企業が採用したいと思うような理由を考えましょう。

例えば、「今回募集のあったポジションで仕事がしたい」などと具体的なビジョンを答えるといいでしょう。

自分のスキルや経験がどう活かせるかが重要です。

 

就労意欲をアピール

 

企業は、すぐ辞めてしまう人という印象を持ってしまうイメージがあるとのことでした。

しかし、裏を返せばそのイメージを覆すほどの説得力を持たせればいいのです。

例えば、現職では実現できないことがあるが、転職先の企業ではこれが実現できるなど。

なぜその企業でなければ駄目なのかを明確にする必要があります。

 

転職は時の運もある

 

転職には時の運もあります。

人材を採用したい企業と求人に応募する転職希望者のタイミングが必ずしも合わないのです。

転職活動は一般的に3ヵ月程度の短期間に集中して行うことが多くなります。

期間中に希望する求人が出るかは時の運ということになります。

 

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントは転職に関するプロです。

転職する人の具体的な悩みを聞いてくれます。

デザイナーは自身のスキルが大きく影響する職種です。

転職の専門家である転職エージェントは、その人の状況に適した転職の支援をしてくれます。

転職を考えているデザイナーの方は、是非転職エージェントに相談してみましょう。

 

無料転職相談に登録して理想の会社に転職しよう

 

デザイナーの転職回数が多い?

 

デザイナーは特に転職が多い?

 

階段

 

デザイナーのようなクリエイティブ職は転職回数が多いとされています。

同じ会社に勤め続けるよりは、様々な会社で多様な経験をするのが望ましいという傾向があります。

転職活動が多いといっても、採用する側もそれを織り込み済みであるということが少なくありません。

とはいえ、同じ企業で異動を繰り返すことにより働き続ける人も少なく多いです。

転職活動する際には、何故転職するのかを考える必要があります。

同様に、採用面接に臨む際には何故その会社でなければならないかを整理する必要があります。

 

重要なのはスキルや経験

 

転職において重要なのは転職回数よりも、転職などの経験によって得たスキルや経験です。

デザイナーが転職活動でアピールすべきは、本業のデザイナーとしてのスキルです。

転職活動によってどのような知識や経験を身に着け、貢献できるかをイメージしましょう。

特に、作品へのこだわりが強いデザイナーほどその熱量をアピールすることが重要です。

高いスキルを持ったデザイナーが優秀な作品を生み出します。

 

転職回数は何回までOK?

 

転職回数に制限はある?

 

オフィス

 

転職回数が多いと感じても採用に繋がるケースは多数あります。

短期間で辞めた経歴がある場合には、採用担当者はその辞めた原因を詳しく追及します。

仮に採用となった場合に、同様の理由で辞められないためです。

採用面接においては、転職回数についてネガティブなイメージを持たせず、強みをアピールするべきです。

 

転職回数だけでは合否を判断しない

 

転職回数だけでネガティブなイメージを持たれても、それを覆す強みをアピールすることができます。

採用面接ではその人が入社後にどのようなことを実現できるかという成果を期待しています。

即戦力の人材を求められる中途採用面接では、入社してすぐに企業に貢献することが重要です。

ご自身が今までにしてきた経験をどう転職先で活躍できるか、具体的にイメージさせることに努めましょう。

 

まとめ

 

オフィス

 

デザイナーの転職回数と転職活動について見ていきました。

転職回数が多い人は、たしかに採用担当者にネガティブなイメージを持たれる傾向があります。

しかし、勤労意欲やデザイナーとしてのスキルをアピールすれば十分に覆すことができます。

デザイナーとしての転職活動の際に役立ててください。

 

無料転職相談に登録してスムーズに転職活動をしよう

Geekly Media
ライター

図形

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。