カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. IT企業への転職は未経験でも大丈夫か解説!転職前に知っておくべきことは?内定獲得のコツも伝授します!
  • 転職活動

IT企業への転職は未経験でも大丈夫か解説!転職前に知っておくべきことは?内定獲得のコツも伝授します!

IT企業という単語はよく聞く方は多いと思いますが、具体的にどのような企業を指すのでしょうか。ITとはInformation Technologyの頭文字で、直訳すると情報技術という意味です。システムエンジニア(SE)、営業、ヘルプデスク、事務や経理などのバックオフィス業務など様々な職種で求人が出ていますが、今回はIT企業での仕事内容や未経験からIT企業に転職するために知っておくべきこと、内定獲得のコツをお伝えします。

パソコンを操作する男性

IT企業とは

 

キーボード

 

IT企業とはパソコンを使った事業を展開して取引先の課題を解決する企業のこと。

ハードウェアやソフトウェアの開発やサイトの運営、ネット回線を扱う会社など様々な会社があります。

インターネットが発達し便利なツールが増えたことで解決できる課題の幅が大きくなり、それに伴い働く人の需要も増えているのです。

これから衰退していくことは考えにくい業界なので、転職先にIT企業を希望する人も数多くいます。

 

IT企業で働くメリット

 

パソコン

 

人気の業界のIT企業は他の業界と何が違うのでしょうか?

まずはIT企業で働くメリットをご紹介します。

 

衰退する可能性が極めて低い

 

イメージがつく方は多いと思いますが、IT業界は伸び続けている業界です。

勢いのあるスタートアップ企業やベンチャー企業もITが関係しているところが多いです。

「人手不足だから機械でできる仕事は機械に任せよう」という世の中の流れからも、今後衰退することはほぼないと言って良いでしょう。

そのため今IT企業に転職して知識をつけておくことは、今後のキャリアを考えてもプラスになります。

 

給与が高い傾向にある

 

コインと紙幣

 

伸びている業界だからこそ給与が高い企業が数多くあります。

年収アップのために転職したいという方は、ぜひIT業界を視野に入れてみてください。

 

専門的なスキルが身につく

 

プログラミング

 

営業やシステムエンジニア、プログラマーとして働く場合は専門知識が必要不可欠です。

スキルを磨けば会社員ではなくフリーランスとして独立して生計を立てていくこともできます。

IT業界は手に職をつけたい、食いっぱぐれないスキルを身につけたいという人におすすめの業界です。

 

柔軟な働き方をしやすい

 

雑誌とコーヒー

 

一昔前まではIT企業=ブラックというイメージがありました。

しかし、近年は業界のイメージ払拭のためフレックス制度やフルリモートOKなど自由な働き方を売りにする企業が増えています。

「自分で管理できるなら基本的に就業時間も就業場所も自分で決めてOK」という風潮があるのもポイント。

他の業界と比べると自由度はかなり高いでしょう。

 

IT企業で募集される職種とメリット・デメリット

 

パソコン

 

冒頭でIT企業とはどのようなものを指すのか簡単に説明しました。

では、実際にどのような職種で求人が出ているのでしょうか。

ここでは募集されることの多い職種とその職種で働くメリット・デメリットを解説していきます。

 

システムエンジニア(SE)

 

システムエンジニアと聞くと、実際にシステムを作る仕事を想像する方が多いかもしれません。

会社によっては、システムエンジニアが実際にシステムを作る場合もあります。

しかし多くの場合、システムエンジニアは取引先からどのようなシステムを作りたいのかをヒアリングし、設計を行うのが主な仕事です。

営業が取引先から契約をもらったら、システムエンジニアがどのようなシステムを作りたいのかヒアリングし、設計に落とし込みます。

システムエンジニアがプログラマーに設計図を渡し、プログラマーが作成・納品という流れをイメージすると分かりやすいかもしれません。

システムエンジニアは営業やプログラマー、取引先とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていきます。

プロジェクトを指揮して進める役なので、ヒアリング能力やコミュニケーション能力、マネジメント能力が必要です。

また、システムエンジニアは基本的にチームでプロジェクトを進めます。

大規模プロジェクトのメンバーに選ばれたときは自分の成長を実感できるでしょう。

チームみんなでプロジェクトを完成させた時は大きな達成感を味わうことができるのもポイント。

これらは仕事のやりがいにもつながります。

システムエンジニアはどの業界でも引っ張りだこのため給与は高めのことが多いです。

給与が仕事のモチベーションになるという人にも向いている職業でしょう。

大きなやりがいのある仕事ですが、残業や休日出勤が発生しやすいことは頭に入れておいてください。

納品したシステムにトラブルが発生した場合は、終業後でも休日でもすぐに対応をしなくてはいけないからです。

 

営業

 

スーツ

 

ご存じの方も多いと思いますが、自社で取り扱っている商品やサービスを買ってくれるお客さんを開拓し、契約を取ってくることが営業の仕事です。

IT企業の営業は、B to B営業(企業対企業の取引)が大半。

ウェブ集客やツールの導入で課題を持っているお客さんから悩みをヒアリングし、自社の商品を提案します。

新規開拓がメインの企業はテレアポやホームページの問い合わせからお客さんを開拓。

紹介や既存顧客メインの企業では契約の延長やオプション商品の提案を行います。

取引先からシステムについて問い合わせがあった場合は社内のエンジニアやプログラマーとやりとりをすることも多いです。

そのため、コミュニケーション能力と行動力が必要な職種だといえるでしょう。

他の業種の営業と比較して専門的な知識が身につく点、お客さんの課題解決をした時に大きな達成感を味わえる点はIT営業のメリットです。

最初は素っ気なかったお客さんに信頼してもらえるようになった時なども、自身の成長を感じられることでしょう。

また、インセンティブ制度を導入している企業も多くあるので、インセンティブのために頑張っているという営業マンも多いです。

新規開拓がメインの営業だとテレアポがうまくいかない、なかなか契約が取れないと悩む人も少なくありません。

営業が契約をとってこないと何も始まらないので、とにかく行動しなくてはいけないという点はIT営業の厳しいところでもあります。

 

プログラマー

 

プログラミング

 

プログラマーはクライアントの要望通りのシステムの開発やテストを行います。

ここでいうテストとは、作成したシステムが設計通りに動くのかを確認すること。

プログラマーはたくさんの人とやり取りをしたり指揮を取ったりするというよりも、ずっとパソコンに向かって仕事をするイメージです。

細かい作業が好きな方や新しい言語を覚えてスキルを身につけたい、手に職をつけたいという方に向いているでしょう。

会社員としてプログラミング技術を身につけ、独立やフリーランスに転向する方も多いです。

自分の作ったプログラムでお客さんに喜ばれたり感謝の言葉をもらったりした時は、自信とモチベーションにつながります。

IT技術は日々進化しているため、プログラマーとして仕事をしていくには常に学び続ける必要があるのです

ルーティーン作業が得意な人は辛さを感じてしまうかもしれません。

 

バックオフィス業務

 

パソコンを操作する女性

 

顧客対応をメイン業務としている社員のサポートをするのがバックオフィスの業務内容で、事務や経理などがこれに当てはまります。

一般事務は書類のファイリングや来客・電話対応、データ入力などを行い、経理は請求書の作成や経費の管理などのお金周りの業務を担当。

顧客対応をする部署よりもイレギュラー対応や緊急対応が発生しにくいため、ワークライフバランスを重視する女性に特に人気の職種です。

縁の下の力持ちのような存在でプライベートとのバランスも取りやすい一方で、やりがいを感じにくかったり評価がされにくかったりするという声も多く見られます。

 

応募の前に知っておくべきこと

 

ここまでIT企業で働くメリットや仕事内容について触れてきました。

IT業界は伸びていて勢いのある業界であること、これからも通用するスキルを身につけられる業界であることは理解していただけたと思います。

メリットの大きい業界であることは間違いないですが、デメリットになりうる部分もあります。

後から「こんなはずじゃなかったのに」とならないためにもぜひ目を通してみてください。

 

教育制度が整っていない会社が多い

 

ペンを持つ手

 

特にベンチャー企業やスタートアップ企業では座学研修はほぼなしで、OJTメインで仕事を覚えていくことも少なくありません。

中途入社の場合はこの傾向が特に強いです。

そのため教えてもらうのを待つよりも、わからないことがあったら自分から聞きにいく姿勢が求められます。

丁寧に研修をして欲しいという人は違和感を覚えるかもしれません。

 

安定している業界ではない

 

頭を抱える男性

 

IT業界はまだ歴史が浅い業界です。

勢いがあることは間違いありませんが、安定性はまだ低いと考えておいた方が良いでしょう。

 

無料転職相談に登録して後悔のないIT企業転職をしよう

 

未経験でも採用される可能性はある?

 

クエスチョンマーク

 

結論から言ってしまうと、IT業界はどの職種でも未経験から採用される可能性は高いです。

ここでは未経験採用の気になるポイントを解説していきます。

 

なぜ未経験でも大丈夫なのか

 

先ほどIT企業は伸びている業界だとお伝えしました。そのため人手がどこよりも必要な業界です。

業界経験者やスキルがある人だけでは到底人手が補えないので、未経験から採用して育てようという風潮があります。

 

未経験の場合、採用されるのに年齢は関係あるのか

 

タイピング

 

未経験採用の場合はポテンシャル採用なので、若い人ほど採用されやすくなります。

何歳までなら採用される可能性が高いとは一概には言い切れませんが、30代の転職はスキルや経験を求められる傾向にあるのが現状です。

第二新卒や20代のうちなら未経験での転職もしやすいでしょう。

 

IT企業で内定を獲得するために

 

ライティングをする男性

 

未経験からIT企業へ転職するためにはどうすれば良いのでしょうか?

書類作成や面接でポイントになる志望動機と自己PRの書き方をご紹介します。

 

業界のことをしっかり調べて志望動機を作成する

 

華やかなイメージや条件だけを見てIT業界を志望する人も残念ながら少なくありません。

そのため、イメージだけで判断せずに業界動向や扱っているサービスについてしっかり調べることが重要になります。

志望動機を作成する時は、「なぜIT業界を選んだのか」「なぜその職種・会社を選んだのか」を整理しましょう。

そして、「入社後どのようなことをしていきたいのか」についても洗い出しておくことが大切です。

 

未経験だからこそ自己PRに力を入れるべき

 

本とノート

 

志望動機に加えて「自分がどのように会社に貢献できるのか」を自己PRでしっかりアピールすることも重要です。

作成する時は、「前職でどのような仕事をしたのか」「そこで培ったスキルは何か、ためになった経験は何か」を書き出しましょう。

また、「そのスキルや経験はどのように活かせるのか」について洗い出しておくことも大切です。

 

未経験の転職ならエージェントを使うのも良し

 

スーツ

 

転職エージェントに登録すると、求人の紹介や面接対策、条件交渉をしてもらえます。

そのため初めての転職未経験職種への転職の場合は、転職エージェントを使用することでより良い転職ができる可能性が高くなります。

転職エージェントと求人サイトの両方を使うことで、条件や年収相場などが把握しやすくなります。

業界の理解も深まるので、エージェントと求人サイトの併用がおすすめです。

 

まとめ

 

ビジネス

 

今回は未経験でのIT企業への転職をテーマに、募集職種や選考突破のコツをご紹介しました。

少しでも興味がある場合は、イメージを掴むためにもぜひ転職エージェントにご相談ください。

 

無料転職相談に登録してIT企業への転職をスムーズに進めよう

Geekly Media
ライター

パソコンを操作する男性

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。