1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 面接結果が遅いと不採用?合格?合否の連絡が遅い理由や対処法を転職のプロが解説

面接結果が遅いと不採用?合格?合否の連絡が遅い理由や対処法を転職のプロが解説

転職面接を受けてから選考結果の連絡がなかなか来ない場合、不採用なのか不安になりますよね?今回は合否連絡が来る目安や、面接結果が遅い場合の心構え、取るべき対応について徹底解説していきます。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

面接結果が遅い=不採用とは限らない!

 

 

面接結果の連絡が遅いからといって、かならずしも不採用ということはありません。

企業側にも連絡が遅れてしまういろいろな理由があるのです。

例えば「採用の場合は〇日以内に連絡します」「面接後、〇日以内に連絡がなければ不採用です」と期日が伝えられていないなら、遅いと感じる段階でもまだ採否が決まっていないと考えられます。

また「〇日後くらい」とアバウトに伝えられていた場合では、プラス1、2日かかることもめずらしくないようです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

面接の合否連絡が長引く理由

 

 

合否連絡の目安は1週間程度ですが、それより長引くケースはもちろんあります。想定される合否連絡が長引く理由をいくつかご紹介します。

 

選考が進んでいる別の応募者との比較

 

同じポジションで、予算の関係上一人しか採用できない場合、複数人の候補者の中から一人だけを選び抜く必要があります。大事なポジションであればあるほど、なるべくたくさんの候補者と面接をし、比較をする必要があります。

特に、受けた面接が最終面接の場合、2週間から3週間かかるケースもあります。しかし、長引いているからといって不合格ではありません。あくまでも、他の応募者と比較検討しているだけです。

合否連絡が1週間以上かかる場合、多くの企業では、合否連絡が長引いている連絡をくれることが多いです。もし2週間経っても連絡がない場合は、一度採用担当に連絡を取ってみてもいいでしょう

 

社内協議に時間がかかっている

 

採用にあたり、採用担当だけでは応募者の合否を決めない場合があります。その場合、協議のスケジュールでどうしても1週間以上時間がかかる場合があります。

繁忙期や、社長や部長などの会社の中心人物が関与しているとこのケースに該当します。

また次の面接や入社手続きの準備など、事務的な面で時間がかかっている場合もあります。会議室が取れない、関係者との折り合いがつかない、書類作成に時間がかかっているなど、中小企業には多くみられるケースです。

 

応募した企業も採用業務以外にたくさんの業務を抱えています。ドキドキする気持ちは痛いほどわかりますが、グッとこらえて連絡が来るのを待ちましょう。

 

あえて先延ばしにしている

 

このケースは多少レアではありますが、あえて先延ばしにすることで採用を急いでいるわけではないことを、対外的にアピールしている場合があります。

緊急性があることを対外的に知られてしまうと、給与交渉で会社側が不利になったり、転職エージェントから条件面で不一致な方の紹介が増えてしまう可能性があるからです。

 

【完全無料】仕事タイプ診断で自分に合う職場を調べてみることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけで、職場選びの軸がわかる「IT人材 仕事タイプ診断」を展開しております。

現在の職種と年齢、希望勤務地、簡単な質問に答えることで、自分の価値観に合った職場環境や仕事のスタイルを知ることができる診断コンテンツです。

 

完全無料で診断結果を閲覧できるだけでなく、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、自分に合う会社がわからない、見つからないとお悩みの方は是非ご活用ください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

面接の合否連絡にかかる日数の目安

 

 

1週間が基本の目安

 

まず合否連絡の目安ですが、面接フェーズに関わらず、長くてもだいたい1週間程度だと考えてください。

該当ポジションの緊急性や応募者が理想的な履歴の持ち主である場合、反対に募集要項に見合わないと判断された場合には、これより短い場合もあります。

 

土日や連休を挟むと遅くなる

土日祝日、連休など休業日を挟むとさらに遅くなることも理解しておきましょう。

例え「5日以内にご連絡します」とあらかじめ言われていた場合であっても、5営業日という意味ですので注意が必要です。土日を挟んで5日経過しても連絡が来ないからといって、遅れているわけではありません。

 

最終選考では長引く場合もあり

 

最終面接の場合には1週間以上かかる場合があります。面接結果の連絡が来るまでに2週間以上かかる場合もあるようです。

一次面接や二次面接と違い、最終面接では企業も慎重に判断しなければならないことや、企業によっては、内定稟議等の会議の場を設けなければならないことが要因です。

 

 

 

【例文付き】面接結果の問い合わせ方法

 

 

面接結果が遅い時はメールで問い合わせよう

 

面接結果の連絡が遅いと感じたら、問い合わせる方法はメールがおすすめです。

電話だと相手の都合もありますし、その場で回答がもらえない可能性もあるからです。

ただしすでに他社から内定が出ている場合など、急ぎの事情があれば電話が望ましいでしょう。

メールでの問い合わせに際して、受診設定をしている人や振り分け設定をしている人は、せっかく送られたメールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまわないよう要注意です。

企業へ問い合わせる前にかならず確認しておきましょう。

 

面接結果について問い合わせる時のポイント

 

面接結果について問い合わせのメールを送る際には、まず面接のお礼から述べます。

「合格か不合格か教えて欲しい」と聞くのではなく「状況を確認させていただきたい」というように、状況確認としましょう。

回答が遅いことを責めたり、急かすような表現は避け、いつ連絡をもらえるか尋ねるのがおすすめです。

 

面接結果について問い合わせる例文

 

〇〇様

 

先日は面接のお時間をいただき、ありがとうございました。

現在の選考状況を確認させていただきたくご連絡いたしました。

面接の際に1週間程度でご連絡をいただけると伺っておりましたが、いつ頃になるか教えていただけますと幸いです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

もしも他社で内定が出ている場合は「他の応募企業でも選考が進んでいる兼ね合い上、いつ頃になるか教えていただけますと幸いです。」とすると良いでしょう。

内容は、結果ではなく連絡の時期を伺う文面にとどめます。

 

面接結果について問い合わせるときの注意点

 

期日を指定された場合は3営業日をすぎてから、「〇日前後」「〇週間以内」のように幅がある場合には、おそのおよその期日から2日営業日をすぎてから問い合わせるようにしましょう。

問い合わせ方法は、応募から面接までメールでやり取りしていた場合はメールで行います。

1、2日待っても返信が来ないようであれば電話で問い合わせます。

問い合わせは営業時間内で、休憩時間、始業直後、就業直前を避けて行うように心がけます。

 

合否連絡について面接時に確認しておこう

 

面接の際には必ず質問はないか聞かれます。その時に、「本日の合否はいつ頃ご連絡いただけますでしょうか。」と聞いてみましょう。それぞれの企業で決まっている日程を教えてくれます。

必ずその日程で連絡が来るわけではありませんが、聞いてみた日程から3営業日をすぎても連絡がない場合は、こちらから連絡をしてみましょう。

多忙なせいで連絡を忘れているケースがありますし、合否連絡の目安を改めて教えてもらえることもあります。

 

転職エージェントを活用しよう

 

書類応募の際に、転職エージェントを活用することも手段の一つです。

転職エージェントは個人でのやりとりに比べ、企業と頻繁にやりとりしています。選考の合否の明確な理由や合否連絡が遅かった際の催促もしてもらえます。

また面接に対するサポートや就職先に対する相談にものってくれます。応募者側には一切の費用がかかりませんので、まずは登録して活用してみるのもおすすめです。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

面接結果が来ない時の心構え

 

 

では実際にどのような心構えで合否連絡を待っているとよいのでしょうか。

答えは、あくまで悲観しないで待つ方が良いということです。

なぜ不合格のつもりで行動してはいけないのか、見切りをつけてない方が良いのか、その理由を3つ説明します。

 

理由① ネガティブなメンタル状態は面接に悪影響

 

転職活動をしている人は、1社だけに書類を提出していることはないはずです。その場合、不合格だったかもしれないという気持ちで面接に臨むとどうしても暗い雰囲気が出てしまいます

反省すべき点はあったかもしれません。その場合は修正した方が良いですが、面接で自分自身を出し切れたと思うのなら、合格したつもりで次に臨みましょう。

ただし、確実に合格になったわけではありません。他の面接の日程を組んだり、書類応募など次の行動を同時並行ですすめましょう。

 

理由② せっかく合格していても対応が遅れる

 

合否連絡が長引いていたが、実際に合格した例はたくさんあります。

不合格だと思い別の内定を受諾していると、せっかく合格通知をもらっても次のアクションをとることができません。

別の企業で内定をもらうこと自体は非常に喜ばしいことですが、最終的には比較をしたうえで入社先を決めるべきです。どれだけ合否連絡が長引いていても、結果が分かるまでは別企業の内定をすぐに受諾しないように気を付けましょう。

 

理由③ 不合格の場合はすぐに結論がでる

 

書類選考を合格している場合、今までの経歴やスキル面では合格をしている場合があります。

面接で不合格の場合、書類ではわからない経験や部署に合うかどうかの人間面、会社全体に対するカルチャーフィットの面での審査となります。

確実に不合格の場合、迷う要素がないため連絡は期日を待たずして届くはずです。合否連絡がこないということは合否に関して迷っているか、もっと聞いてみたい点があるからこそ、時間がかかっているのです。

その結果、不合格になる場合もありますが連絡が来ないからこそ、合格の可能性が高いと言うことができます。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

面接結果の連絡がくるまでに準備しておきたいこと

 

 

合否連絡がくるまでにしておくべきことは、合格した時の準備と不合格だった時の準備です。

それぞれのポイントを解説します。

 

合格だった場合の準備

 

合格だった場合、次の面接の準備をする必要があります。

今回の面接で伝えられなかった点や反省点、またより濃密な会社情報の収集を行い、企業に対するアピールを考えておきましょう。

特に最終選考だった場合は内定をもらったら入社するのかどうかも考えておかなければなりません。

どのような条件だったら即答できるか、自身の転職軸や譲れない条件と譲歩できる範囲を改めて確認するとともに、こちらから確認したいことも整理しておくとスムーズです。

 

不合格だった場合の準備

 

一方で、不合格だった場合は別の企業の書類応募を進めたり、面接を組みスケジュール調整を行いましょう。

内定が1社の場合と複数社の場合とでは、やはり気持ちも異なります。

もしも入社に対しての優先順位がそこまで高くない場合、どの企業の内定をもらったら内定をお断りするのか、自分なりに判断基準のラインを引いておくと迷わずに済むのでおすすめです。

現在の転職活動状況と志望度を再確認しすることで、待っている時間に気持ちを整える効果が期待できます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

合否連絡が遅くなりやすい企業の特徴

 

 

大手企業や人気企業

 

同時並行で複数人の採用を行う大手企業では、連絡も遅くなることがあります。

また、選考フローが長い傾向にあるため、その分他の企業と比べて合否連絡に時間がかかることも考えられます。

人気企業でも同様に、多くの人が集まるうえに優秀な人材を選別するために時間をかけます。

いずれも応募数が多ければそれだけ多くの時間を費やすということです。

 

ベンチャー企業や外資系企業

 

採用担当者が少ない、もしくは他の役職と兼任しているケースもめずらしくないベンチャー企業や、決定権が海外にある外資系企業でも連絡が遅れることがあります。

この場合は面接がスムーズに進んでいたにも関わらず、最終的な連絡が来ずに応募者も不安になってしまうかもしれません。

自分が応募した企業の特徴はこういった視点でも把握しておくと、ゆとりを持って結果を待つことができるはずです。

 

採用人数が少ない企業

 

先ほど採用人数の多さを連絡が遅れる原因のひとつとして述べましたが、反対に少ない場合でも時間がかかるケースがあります。

例えば退職者の後任を探している場合、企業としても急ぎたい一方で確実に求める人物像にマッチした人材を採用する必要があります。

どうしても慎重にならざるを得ず、意に反して遅れてしまうこともあるのです。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

面接結果が遅く、不採用か悩んだら転職のプロに相談を

 

 

面接を受けた結果は、やはり早く知りたくなるものです。しかし、様々な理由のもと合否連絡が遅くなることはあります

合否連絡が来ていないということは、合格の可能性が残されているということです。

待っている時間だからこそポジティブに考えて、今できることをしっかりと行っていきましょう

面接結果の連絡が遅く不安になっている方や、遅延が合否に関わるのか知りたい方は、転職エージェントがご相談に乗ります。

転職のプロを活用して、ぜひ次のキャリアに踏み出してください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事