カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 面接の結果が遅い場合は不採用?合否連絡までの日数の目安や心構えについて転職エージェントが徹底解説します
  • 転職活動

面接の結果が遅い場合は不採用?合否連絡までの日数の目安や心構えについて転職エージェントが徹底解説します

新しい就職先の面接が終わって一安心。ドキドキしながら、結果を待っているのに、なかなか返事がこない。やっぱりだめだったのだろうか…。そんな不安を抱えている転職者はたくさんいます。今回は、面接の結果連絡の目安と待っている間の心構えについて解説していきます。

2021年2月27日

  • twitter
  • facebook

面接の合否連絡の目安

 

woman, people, coffee

 

まず合否連絡の目安ですが、面接フェーズに関わらず、だいたい1週間程度だと考えてください。該当ポジションの緊急性や応募者が理想的な履歴の持ち主であれば、これより短い場合もあります。

逆に、最終面接の場合は、多少長引く可能性があります。

 

面接の合否連絡が長引く理由

 

entrepreneur, startup, start-up

 

合否連絡の目安は1週間程度ですが、それより長引くケースはもちろんあります。想定される合否連絡が長引く理由をいくつかご紹介します。

 

他者選考との比較

 

同じポジションで、予算の関係上、一人しか採用できない場合、複数人の候補者の中から一人だけを選び抜く必要があります。大事なポジションであればあるほど、なるべくたくさんの候補者と面接をし、比較をする必要があります。

特に、受けた面接が最終面接の場合、1週間ではなく、2週間から3週間かかるケースもあります。しかし、長引いているからと言って不合格ではありません。あくまでも、他の応募者と比較検討しているだけです。

合否連絡が1週間以上かかる場合、多くの企業では、合否連絡が長引いている連絡をくれることが多いです。もし2週間経っても連絡がない場合は、一度採用担当に連絡を取ってみてもいいでしょう

 

社内協議に時間がかかる

 

採用にあたり、応募者の合否を採用担当だけでは決めない場合があります。その場合、協議のスケジュールで、どうしても1週間以上時間がかかる場合があります。繁忙期や社長や部長などの会社の中心人物が関与しているとこのケースに該当します。

また次の面接や入社手続きの準備など、事務的な面で時間がかかっている場合もあります。会議室が取れない、関係者との折り合いがつかない、書類作成に時間がかかっているなど、中小企業には多くみられるケースです。

応募した企業も採用業務以外にたくさんの業務を抱えています。ドキドキする気持ちは痛いほどわかりますが、グッとこらえて連絡が来るのを待ちましょう。

 

あえて先延ばしにする

 

このケースは多少レアではありますが、あえて先延ばしにすることで、採用を急いでいるわけではないことを、対外的にアピールする場合があります。

緊急性があることを、対外的に知られてしまうと、給与交渉で会社側が不利になったり、転職エージェントから、条件面で不一致な方の紹介が増えてしまう可能性があるからです。

 

合否連絡を待っている時の心構え

 

blur, close-up, girl

 

では実際にどのような心構えで合否連絡を待っているとよいのでしょうか。それは、合格しているつもりで行動してください。なぜ合格しているつもりで行動するとよいのか、その理由を3つ説明します。

 

理由① ネガティブなメンタル状態は面接に悪影響

 

転職活動をしている人は、1社だけに書類を提出していることはないはずです。その場合、不合格だったかもしれないという気持ちで面接にのぞむと、どうしても暗い雰囲気が出てしまいます

反省すべき点はあったかもしれません。その場合は、修正した方が良いですが、面接で自分自身を出し切れたとおもうのなら、合格したつもりで次に臨みましょう。

ただし、確実に合格になったわけではありませんから、他の面接の日程を組んだり、書類応募などの、次の行動を同時並行ですすめましょう。

 

理由② せっかく合格していても対応が遅れる

 

合否連絡が長引いていたが、実際に合格した例はたくさんあります。

不合格だと思い、別の内定を受諾しているとせっかく合格通知をもらっても、次のアクションをとることができません。

別の企業で、内定をもらうこと自体は非常に喜ばしいことですが、どれだけ合否連絡が長引いていても、すぐに内定を受諾しないように気を付けましょう。

 

理由③ 不合格の場合はすぐに結論がでる

 

書類選考を合格している場合、今までの経歴やスキル面では合格をしている場合があります。面接で不合格の場合、書類ではわからない経験や部署にあうかどうかの人間面、会社全体に対するカルチャーフィットの面での審査となります。

確実に不合格の場合、迷う要素がないため、連絡は期日を待たずして届くはずです。合否連絡がこないということは、合否に関して迷っているか、もっと聞いてみたい点があるからこそ、時間がかかっているのです。

その結果、不合格になる場合もありますが、連絡が来ないからこそ、合格の可能性が高いと言うことができます。

 

合否連絡のすれ違いの対処法

 

watch, wristwatch, time

 

合否連絡でのすれ違いを防ぐ手段はもちろん存在します。こちらは自分で確認する方法と転職エージェントに確認してもらう方法の、2種類を紹介します。

 

面接時に確認をする

 

面接の際に、必ず質問をされます。その時に、「本日の合否はいつ頃ご連絡いただけますでしょうか。」と聞いてみましょう。それぞれの企業で決まっている日程を教えてくれます。

必ずその日程で連絡が来るわけではありませんが、聞いてみた日程から3営業日をすぎても連絡がない場合は、こちらから連絡をしてみましょう。

多忙なせいで、連絡を忘れているケースがありますし、合否連絡の目安を改めて教えてもらえることもあります。

 

転職エージェントを活用する

 

書類応募の際に、転職エージェントを活用することも手段の一つです。転職エージェントは、個人でのやりとりにくらべ、企業と頻繁にやりとりしています。選考の合否の明確な理由や合否連絡が遅かった際の催促もしてもらえます。

また面接に対するサポートや就職先に対する相談にものってくれます。応募者側には一切の費用がかかりませんので、まずは登録して活用してみるとよいでしょう。

 

転職エージェントを活用して転職をしてみる

 

連絡がくるまでの行動

 

checklist, clipboard, questionnaire

 

合格したつもりで待っていても、やはり次のアクションを起こさなければなりません。合否連絡がくるまでにしておくべきことは、合格した時の準備と不合格だった時の準備です。

合格だった場合、次の面接の準備をする必要があります。今回の面接で伝えられなかった点や反省点、またより濃密な会社情報の収集や企業に対するアピールを考えておきましょう。

一方で、不合格だった場合、別の企業を探す必要があります。書類応募をすすめたり、面接を組んで実際に受けておくことがよいでしょう。1社しか内定がないのと、複数社の内定を持っているのとでは、やはり入社時の気持ちが全く異なります。

そして、最後にもし合否連絡を待っている企業から内定をもらったら、入社するのかどうかも考えておおいてください。

合格をもらって即入社を決めるのなら、ある程度転職活動は収束させていく必要があります。逆に、入社に対しての優先順位がそこまで高くない場合、どの企業の内定をもらったら内定をお断りし、どの企業がダメだっら内定を受諾するのか、ある程度決めておきましょう。

 

まとめ

 

job, interview, handshake

 

面接を受けた結果は、やはり早く知りたくなるものです。しかし、面接官もまた一人の人間です。様々な理由のもと、合否連絡が遅くなることはあります

合否連絡が来ていないと言うことは、合格の可能性が残されているということです。待っている時間だからこそ、ポジティブに考えて、今できることをしっかりと行っていきましょう

転職という、なかなか人にはいいづらいことだからこそ、一人で頑張るのではなく、無料で使える転職エージェントをうまく活用しながら、ぜひ次のキャリアに踏み出してください。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。