カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 書類は通過するが面接が通過しない場合の対策!見直すべきポイントとは?
  • 転職活動

書類は通過するが面接が通過しない場合の対策!見直すべきポイントとは?

「最初の書類は通るのになかなか面接が受からない…」こういったことが続くとどんどん自信がなくなってしまい、本来受かるはずだった面接も受からなくなってしまいます。面接で受かるためには一体どういうところを対策すればいいのでしょうか?見直すべきポイントはどこなのでしょうか?今回は書類は通るのに面接が受からない方へ向けて「面接に受かるためのコツやポイント」を解説していきます。

男性

書類は通るのに面接が通らない方へ

 

 

書類は通るのに面接が受からないと自信がだんだん無くなってしまいます。そうなると面接で声が小さくなりオドオドしてしまい、あなたの魅力は伝わりません。自信をなくしてしまうと更に面接に受かりづらくなる悪循環が発生してしまうのです。

まずは「書類がほぼ通る」という事に対して、自分の経歴はアピールできるものであるという自信を持ちましょう。書類がほぼ通るということは、あなたの学歴や職歴、今までやってきたことは素晴らしいということです。書類が通過した企業に受かるポテンシャルはあると言い換えることもできます。

あとは、どれだけそのポテンシャルを面接という場でアピールできるかの勝負というわけです。しっかりと面接の場で本来の自分の実力が出せれば、面接はどんどん受かるようになるでしょう。

まずは、「面接が受からない自分はダメだ…」と考えるのではなく「書類が通る自分はポテンシャルがある」と考えポジティブに捉えるようにしましょう。

 

面接が通らない理由3選

 

 

では書類が通過するのに面接はうまくいかない人はどのような問題があるのでしょうか。「面接が通らない理由」について解説していきます。その理由としては大きく以下の3つが挙げられます。

 

①書類に書いてあることと話が一致しない

②志望の本気度が見えない

③面接の練習不足

 

1つずつ解説していきます。

 

①書類に書いてあることと話が一致しない

 

企業が面接を行う理由の1つに「書類に書いてあることと面接での話が一致するかどうかを見ている」というものがあります。つまり「事実かどうか。話が誇張しすぎていないか。」を見ているのです。本人の口から直接、より詳細な内容を知りたいと考えています。

 

・書類は話を盛って書いてしまっていた

・面接は緊張してうまく話をすることができなかった

・面接官からの質問に上手く答えることができなかった

 

こういった場合は書類が通っても面接が落ちてしまいます。しっかりと自分の提出した書類を読み込んで「どこが聞かれそうか」というのを考えましょう。そして予め相手に伝わりやすいトークを考えておきましょう。

 

②志望の本気度が見えない

 

企業は面接の際に志望の本気度を見ています。

面接というのは最低ラインを下回らなければ全員受かるというものではありません。その企業に対する志望の本気度をアピール出来なければ落とされてしまいます

 

では、果たして本気度とはどのように測られるのでしょうか。ここでいう「志望の本気度」とは、面接に対しての準備量のことを指します。

 

・志望している企業の社長の名前を知らなかった

・何をしている会社なのか分からなかった

・「最後に質問ある?」と言われて、インターネットでわかる質問をしてしまった

 

こういったことがあると企業側は「本気じゃないのかな…」と考えてしまいます。面接中に敢えて「自分はこのくらい準備してきました!」というのを話の中に入れてみると相手に本気度が伝わりやすくなります。しっかりと準備して面接に臨むことが大切ですね。

 

③面接の練習不足

 

面接が得意という人はほとんどいません。なので面接で最高のパフォーマンスを発揮するには「練習量」であり「慣れ」です。

 

RPGゲームで例えるなら、勇者がレベル上げをせずに魔王に立ち向かっても簡単に倒されてしまいますよね。面接も同じです。何の準備もなしに臨んでも受かることはありません。

しっかりと面接の練習をして、受け答えができるよう万全の準備したうえで挑むようにしましょう。

 

面接で受かるためのコツ3選

 

 

冒頭でも書いたように書類選考を通過するあなたは「企業に受かるポテンシャル」を持ち合わせています。あとはその詳細な内容を面接で的確に伝えるだけです。

これから紹介する「面接に受かるためのコツ3選」は最大のパフォーマンスを発揮するでしょう。

 

①自信を持って話す

②企業研究をしっかり行う

③面接の練習をする

 

この3つについて解説していきます。

 

①自信を持って話す

 

まず大前提として、自信を持って話ましょう。決して上手く話す必要や、面白おかしく話す必要はありません。書類に書いたことを、自身を持ってしっかり自分の言葉で話すことです。

途中で噛んでしまっても大丈夫です。真剣に自信を持って話せば、「嘘をついていない」ということや「しっかりと経歴を詰んでいる」ということは相手に伝わるはずです。

逆にオドオドしながら話してしまうと、聞いている方に対しても不安な気持ちにさせてしまいます。自分の経歴や転職の理由に自信を持って話すように意識してみてください。

適度な緊張はもちろん必要です。しかし、リラックスもしながら相手に自分のことを伝えるという事も意識して見てください。

 

②企業研究をしっかり行う

 

上の章で、企業は「志望の本気度」を見ていると書きました。その本気度をアピールするために、企業研究をしっかりと行いましょう。

まずは以下の基本的な知識は抑えましょう。

 

・企業名や従業員数などの企業情報

・創業の経緯や企業理念

・事業内容

・応募したポジションに関わる事業詳細

 

そういった基本的な情報を調べていく上で、聞いておきたいことなどをまとめておくといいでしょう。

また1番大事なのは「企業研究」を行った上で「どうしてその会社じゃないといけないのか」「どのようにパフォーマンスを発揮できるか」という点が伝えられるかどうかです。

他社でもできるようなありきたりな理由ですと、面接を通過するのは難しいです。

企業研究を行う際は「企業の強み」「その企業じゃないとできないこと」「競合他社との違い」などを中心に調べるといいですね。

 

中でも「その会社じゃないといけない理由」をしっかり話せる人は少ないです。というのも、競合とサービスが似ているケースが多いからです。

・企業の理念

・サービスの売りの部分

・募集しているポジションと、そこで携われる仕事

上記の点を明確にしたうえで、自分の志望理由と照らし合わせて話すことで相手に的確に伝えることができるでしょう。

 

③面接の練習をする

 

志望理由や企業研究をしっかり固めているのにもかかわらず、面接で落ちてしまう場合は、面接の練習不足かもしれません。内容が良くてもマナーがなっていなかったり、話し方が下手だと選考に落ちる可能性は大いにあります。

面接が不安な場合は家族や友達に手伝ってもらったり、転職エージェントに相談してみてもいいでしょう。何度も本番さながらの雰囲気で面接の練習をすれば、本番の面接でもリラックスして望めるはずです。何度も練習をして面接に慣れていきましょう。

 

面接の対策をするなら

 

 

 

面接に不安がある方は転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか

転職エージェントは無料で利用することができます。また、過去に転職した人の膨大なデータがあるので、面接対策に関してもバッチリ練習することができます。

また、転職エージェントは面接対策だけではなく、転職に関する悩みを全て相談することができます。転職活動を始めうまく行かない場合は一度相談してみるのも手です。多くの事例をしている転職エージェントでは最適なアドバイスをくれるでしょう。

転職で困ったら自分1人で考え込まずに転職エージェントを活用してみてくださいね。

 

まとめ~面接は準備が9割~

 

イメージ画像_まとめ

 

本記事では「面接が受からない理由」や「面接で受かるためのコツ」について解説してきました。記事の中でも書いた通り、面接はとにかく「準備」が大切です。

準備をせずに行き当たりばったりで面接を受けてしまっては、せっかく受かるポテンシャルを持っていても受かりません。逆に準備をしっかりとして、面接で面接官にきちんとアピールすることができれば、面接は受かるでしょう。面接は不安な方は転職エージェントに相談して、しっかりと面接対策をして臨んでみてくださいね。

Geekly Media
ライター

男性

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。