カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. カジュアル面談って何?準備すべきことや当日の服装、注意点について徹底解説します。
  • 転職活動

カジュアル面談って何?準備すべきことや当日の服装、注意点について徹底解説します。

選考のキッカケとして増えつつあるカジュアル面談。「カジュアル面談ってなに?」「通常の面接とは異なるの?」そこまで普及していないカジュアル面談を人事から提案されたら、どのような対応をすればいいのか不安になりますよね。この記事では、カジュアル面談についてご紹介します。事前に準備すべきことや当日の服装、注意点までご紹介しているので、ぜひご一読ください。

カジュアル面談とは

 

イメージ画像

 

就職活動では避けて通れない面接。面接は基本的にスーツを着用し企業に伺う訳ですから、否が応でも緊張してしまいますよね。それ故に、企業の社風など、正直聞いてみたいことについて、聞けずに終えてしまうかもしれません。

そういった方のために、少し気軽に企業の方と話し合える、カジュアル面談が増えつつあることをご存じでしょうか。本記事ではその「カジュアル面談」について詳しくご紹介します。

 

カジュアル面談とは気軽な雰囲気でお互いのことを知れる場

 

カジュアル面談は、気軽にお互いのことを知れる場のことをいいます。

通常の面接よりもラフに企業の方と話し合うことで、正直な部分を聞きやすい状況を作り、親交を深めたり、深くお互いのことを知ったりできます。企業説明会をラフにした面談をイメージして頂ければと思います

面談の中でお互いが意気投合すれば、選考のお誘いをされることもあります。服装もスーツではなく私服やビジネスカジュアルと、ラフな格好で実施されることが多いです。

 

選考ではない

 

カジュアル面談は、あくまでお互いのことを知る場のため、選考とは異なります。

気軽に話し合おうと誘われ、その場で選考さながらの質問をされたら嫌気がさしてしまう方も中にはいるでしょう。面接のように会社の採用基準に合っているのかという視点ではなく、企業のファン作りの場として活用している企業が多いです。

しかし、とはいっても企業も求職者のパーソナルな部分を見ているということもあり、選考の一環として進める企業もあるので、気を抜きすぎないように注意をしましょう。

 

カジュアル面談をする狙いは

 

まとめ

 

手軽にお互いのことを知れるカジュアル面談ですが、なぜ通常の面接ではなくカジュアル面談を実施しているのでしょうか。

企業側としても、選考とは別に時間や場所を確保する必要があり、コストがかかります。

ここでは、カジュアル面談をの狙いについて2つご紹介します。企業の狙いをしっかり理解し、意味のある面談にしましょう。

 

狙い①:入社後のミスマッチを防ぐこと

 

狙い一つ目は、入社後のミスマッチを防ぐことです。

選考を受ける前に相手のことをよく知ることで、お互い合うのかを見極められます。

離職率の高さに頭を抱える企業が少なくない中、少しでも離職率を軽減するための方法として採用している企業も多いです

カジュアル面談は恋愛にたとえ、異性と付き合う前のデートのようなものだといわれています。初デートでは相手がどのような人で、自分に合うのかを探っているかと思います。

カジュアル面談も一緒で、相手との相性を知ることで、入社後のミスマッチを防止できるのです。

 

狙い②:気軽に企業のことを知ってもらえる

 

狙い二つ目は、気軽に企業のことを知ってもらえることです。

説明会や面接だと企業側の説明はありますが、気軽に聞きたい内容や質問をする時間は終わりの数分ほどであることが少なくありません。また、聞きたいことを全て質問できない、こんな質問をして良いのかためらってしまう方もいるでしょう。

カジュアル面談では30分~1時間程度、リラックスした状態で話し合いができ、気軽にお互いを知れます。また「面接をします」と「軽く話し合いませんか?」では心理的ハードルが全く異なりますよね。

カジュアル面談は、後者の方であるため気構えずに行くことができるでしょう。

 

無料転職相談に登録してカジュアル面談の対策を万全にしよう

 

カジュアル面談に向けて準備しておくと良いこと

 

カジュアル面談といっても企業側も時間を割いてくれているのですから最低限の準備はしておいて損はありません。カジュアル面談に向けて準備しておくと良いことをご紹介します。

 

準備①:質問事項を整理する

 

準備することの一つ目は、企業の知りたい部分を考え質問事項を整理することです。

カジュアル面談をするということは気になっている企業であることは間違いないと思います。せっかく企業の方とお話しする機会を設けてもらうからには、できるだけ有意義な時間にしたいですよね。

有意義な時間にするため、どこが気になっているのか、どの項目をもっとよく知りたいのか質問事項を整理することがおすすめです。

質問をすることで、企業側としても興味を持ってくれていると認識できます。

そのためしっかりと質問事項を整理しカジュアル面談に臨みましょう。

 

準備②:企業の情報を事前に調査しておく

 

準備すること二つ目は、企業の情報を事前に調査しておくことです。最低限の情報を調べておくことで、より深い情報を引き出すことができるためです。

企業のホームページを調べたり、SNSを確認したりすることで簡単に情報取集ができます。また、企業に対してのインタビュー記事をみるのも客観的な情報が見られてよいかもしれません。

少し手間かもしれませんが建設的な話し合いにするには不可欠な準備のため、事前に調査しておくと良いでしょう。

 

カジュアル面談当日はどのような服装をするの?

 

Tie

 

ビジネスカジュアルが無難

 

カジュアル面談と聞いて困る方が多いのが、服装です。

服装はビジネスカジュアルが無難です。ビジュアル面談では、企業によって私服OKと伝えてくる企業もあります。そのような場合でも、襟つきのシャツにジャケットを羽織るビジネスカジュアルな格好をしておけば間違いありません。そのためスーツ着用という服装の指定がないのであれば、ビジネスカジュアルを着用することが無難です。

 

カジュアル面接の注意点を2つご紹介

 

イメージ画像

 

ここではカジュアル面談の注意点を2つご紹介します。

注意点①:選考として捉えている企業もある

 

注意点一つ目は、選考として捉えている企業もあることです。

企業にもよりますが、カジュアル面談と思い軽い気持ちで臨んだら面接さながらの質問を受けたり、後日に不採用通知が届いたりという事例が相次いでいます。

また選考の一環としてカジュアル面談を採用している企業もあります。事前にカジュアル面談の意図を確認しておくのも良いかもしれません。

選考である可能性を考慮し、リラックスしすぎず、適度な緊張感を持って臨むことをおすすめします。

 

注意点②:私服OKだからといってカジュアルすぎる格好はNG

 

注意点二つ目は、私服OKだからといってカジュアルすぎる格好はNGなことです。

私服OKといわれカジュアル面談に臨む方もいるかと思いますが、パーカーや派手すぎる格好、ジャージなどカジュアルすぎる格好は避けることが無難です。

理由としては、相手に与える印象が良くないためです。私服OKといわれてもビジネスカジュアルくらいに留めておいた方が印象は良いでしょう。

 

まとめ

 

 

カジュアル面談とは、気軽にお互いのことを知れる場のことで、導入する企業が増えています。

しかし慣れない方も多いため、どのような対応をすれば良いのか悩んでしまう方も少なくありません。

面接や企業説明会よりもリラックスした状態で臨めるカジュアル面談ですが、リラックスしすぎず、最低限のビジネスマナーを持つようにしましょう。

カジュアル面談のお誘いがあった場合は、この記事を参考にしていただければ幸いです。

無料転職相談に登録して自分に合う会社を聞いてみる

 

大坂 健太

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。