カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. WEBエンジニアの面接対策!事前に準備すべき内容や合格率を上げるためのポイントについて徹底解説
  • 職種・ポジション

WEBエンジニアの面接対策!事前に準備すべき内容や合格率を上げるためのポイントについて徹底解説

WEBエンジニアが面接を臨む上での「面接対策」「事前準備」について紹介します。面接で合格率を上げるポイントを解説します。WEBエンジニアならではの面接時の心構えとは何か。また未経験のWEBエンジニアが有利に選考を進める方法についても紹介しております。是非参考にしてください。

WEBエンジニアの面接対策

 

WEBエンジニアの面接対策で重要要素

 

 

WEBエンジニアに限った話ではありませんが、面接で通過するのに重要な要素として以下の3つが挙げら

れます。

【志望動機】

企業をする理由が明確であり、やる気を感じられるかどうか。

【有望な人材】

採用したくなる優秀な実績やスキルがあるか。

【信頼と信用】

仕事を任せられるような安心感があるか。

 

志望動機

 

志望動機は、面接時に必ず注目されるポイントです。

経歴やスキルが非常に優秀であっても、志望動機が的外れだと面接で落ちてしまうことはよくあることです。

というのも、志望動機が曖昧なまま入社してもミスマッチが発生してしまい、早期離職に繋がる可能性があるためです。

書類では経歴などが重視されるため、選考に通過するかもしれません。しかし、いざ面接してみると、本人の志望動機と会社の方針にズレが生じる事があります。

漠然と面接を受けていては、会社としては本当に長く活躍してくれるのかと不安要素が出てきます。

その理由から「スキルは申し分ないけど、採りたい人材ではない」と不採用にするケースは多くあります。

転職では多くの企業の選考を受けるかもしれません。そのため志望理由をおろそかにしてしまう人も多いかと思います。

しかし志望動機とは企業にとって重要な項目ですのでしっかりと考えるようにしましょう。

 

有望な人材

 

企業が有望な人材を欲しているのは間違いありません。中途採用とは即戦力となり会社の利益に貢献してくれる人を採ることが目的であるためです。

今までに輝く経歴があったり、企業の求めるスキルを持ち合わせている人であればすぐにでも採用し現場で活躍して欲しいと思うはずです。

 

信頼と信用

 

仕事において「信頼できるかどうか」は重要です。

どんなに優秀で志望動機が合致していても、確実に仕事してくれるか分からない人と一緒に働きたいとは思いません。

つまり、信頼されるような態度や仕草行動や配慮などの人間性がみられているのです。

面接の対策で意外と見落としているポイントは、この信頼と信用です。例え、スキルがあり志望動機が明確であっても、面接では謙虚な姿勢で誠実に望むようにしましょう。

 

WEBエンジニアの面接事前準備

 

WEBエンジニアが面接前に準備すべきこと

 

 

面接において事前準備は非常に重要です。

WEBエンジニアの事前準備で重要なのは以下の3つです。

 

・自己分析

・自分のスキルの再確認

・企業分析

 

自己分析

 

面接の際は様々な角度から質問されます。

・何故転職をしているのか?

・過去にどんな仕事をどのように考えて取り組んできたのか?

・将来はどうなりたいのか?

このようにWEBエンジニアに関係があるスキルの話に限らず、貴方自身の考え方を知る質問が多くされます。

理由としては、あなたがその会社で活躍できるか見定めるためです。

会社で活躍するには単に、スキルがあればよいだけではありません。性格や仕事に対しての考え方によってパフォーマンスを発揮できるかは大きく変わってきます。

面接の準備として、まずは自分自身をしっかりと知るようにしましょう。

「どのような軸で転職しているのか」「どんな会社で何をしたいのか。」「どういう性格なのか」「長所・短所は何か」

こういった内容を明確に伝えることができれば、しっかり企業に売り込むことができます。

またミスマッチもなくなるでしょう。

 

自分のスキルの再確認

 

改めて自分がどのようなスキルを持っているのか把握しましょう。

単純に「○○の言語のスキルがある」と洗い出すだけではありません。

 

・どのような経験を通してスキルを得たのか

・スキルを活かしてどのような成果をあげたのか

・取得中のスキルはあるか

 

といった点を明確にすることで、自分の武器を把握することができます。

 

企業分析

 

選考を受ける企業のことはしっかりと把握しておきましょう。

 

・事業内容

・創業の経緯

・今のフェーズ

・今後の展開

 

こういった情報を把握したうえで、企業のどの部分で活躍できるのかをしっかりと伝えられるよう準備しましょう。

企業の情報は企業サイトやIR情報、口コミやインタビュー記事をみることで入手可能です。人材紹介会社を頼ることも1つので手です。多くの求人を保有するだけでなく企業の情報も教えてくれます。

 

企業の情報について相談してみる

 

未経験からWEBエンジニアへの転職

 

 

未経験でもWEBエンジニアを採用する企業は多くあります。

WEBコンテンツが盛んであるということもあり、WEBエンジニアは需要は非常に高いです。

ですので、未経験でも自社で育てていこうという考えの企業は多くあります。

 

しかし、やはり企業としても即戦力となる人材を採りたいのには間違いありません。未経験でもWEBエンジニアへの転職に成功するための方法を紹介します。

 

WEBに携わったことがある

 

WEBエンジニアでなくてもWEB系の仕事に携わったことがあれば選考の通過率はぐっと上がるでしょう。

例えば、WEBディレクターの経験があったとします。エンジニアとしての知識はなくてもHPができるまでの流れは把握しています。ですので、ただ未経験とは違い即戦力となりうつのです。

 

自己研鑽をしている

 

実務でなくても、自分でプログラミングの勉強をしている人は有利に進むでしょう。

というのも、自己研鑽している人は学習意欲が高く、入社後もすぐに戦力になってくれる可能性が高いからです。

 

WEBエンジニアへの転職を検討している人はWEBに関する知識や必要な技術を勉強するようにしましょう。その際、実際にHPを作るなどしてポートフォリオを作成することで、より選考の通過率を上げることができるでしょう。

 

まとめ

 

 

WEBエンジニアの転職といっても技術力だけが見られる分けではありません。

選考では性格や人間性、仕事に対しての考え方が加味されたうえで合否が出されます。

ですので、例え経験が浅くても十分に転職は可能なのです。

未経験からの転職も不可能ではありません。しかし、その分の意気込みが必要です。

WEBエンジニアに必要なスキルを日ごろから勉強して挑むようにしましょう。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。