カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Geekly コラム
  4. 入社後インタビュー ~アイスタイルへの「転職」、アイスタイルの「リアル」とは?~
  • Geekly コラム

入社後インタビュー ~アイスタイルへの「転職」、アイスタイルの「リアル」とは?~

2018年11月、株式会社アイスタイルにご入社されたR&D部インフラストラクチャグループ マネージャーの大塚さんに、転職活動中のこと、そしてアイスタイルの「リアル」についてお聞きしました。各選考で意識したことや納得のいく転職活動を行うコツ、アイスタイルの文化、働き方など幅広くお聞きしましたので、ぜひご覧ください。

アイキャッチ アイスタイル

 

大塚 一矢さん

医療機器メーカーのヘルプデスク・事務対応からキャリアを始められ、その後のキャリアでは、データセンターでの運用統括や品質管理周りを担当されていらっしゃいました。2018年11月にアイスタイルにご入社され、最初はインフラエンジニアのメンバーとして就業されていました。その後、マネージャーに昇格され、現在はインフラ構築・管理運用全般を担当されていらっしゃいます。

 

転職活動について

 

転職活動で実現させたかったこと

 

本多

まず、大塚さんは何を実現したいと思って転職活動を始められたのですか?

 

大塚さん

私は「どういう仕事がやりたいのか?」ということをよく自分に問いかけるんです。その時に分かったことが、「色々なサービスやソリューションの情報を収集することが好き!」ということでした。そこで収集した情報を、「ここはこういうのがいいんじゃないか?」「これにしたら、もっと良くなるんじゃないか!」というように、働いている状況に当てはめていくことが「楽しい!」と思えるんです。

前職でも最初はそのような動きができたのですが、会社の方針もあり、現場からそのような声があまり挙げられない状況になってしまいました。そこで、今までの経験やスキルを活かして、ある程度の裁量をいただきながら、色々なソリューションを取り入れ、会社を良くしていく働き方ができる会社に行きたいと思い、転職活動を始めました。

 

本多

今回の転職活動では、なぜ「転職エージェント」をご利用になったのですか?

 

大塚さん

自分だけでは情報収集しきれない会社を、数多くご紹介頂けるからです。GeeklyさんはIT業界に特化されているので、「そんな会社があるんだ!」という会社を数多く紹介してもらいました。そういう意味では社会勉強になりましたし、PC・スマホ上でも数多くの求人をご紹介頂いたので、在職中でも効率的に情報収集を行うことができました。

 

選考プロセスについて

 

 

本多

選考プロセスは大きく「書類選考」「面接」の2種類に大別できると思いますが、「書類選考」について、大塚さんが意識されたポイントはありますか?

 

大塚さん

「今まで、こんなことをやってきました!」「こういう実績があります!」などのアピールはもちろんですが、文章力やコミュニケーション力も評価されると思っていました。ですので、簡潔に伝えたいことを伝えられるよう、何度も何度も書類を書き直しました。一度書き直したものも一晩寝かせ、翌日また冷静な目で見て書き直す、といった感じです。

 

本多

何回ぐらい書き直されたのですか?

 

大塚さん

ちょっとした修正も加えると10回ぐらいは書き直したかもしれません(笑)

何社か受ける中で「誤解を受けるような書き方」などの気づきも出てくるので、それを基にまた書き直します。最終的に、かなりブラッシュアップされたと思いますね。

 

本多

面接に関してはいかがでしょう?

 

大塚さん

私もそうですが、エンジニアの方は得意じゃない人も多いと思います。ポイントとしては、なるべく緊張しすぎず、「会社に評価してもらう」だけでなく「私も会社の雰囲気を見よう」という意識をもって臨むことだと思います。

自分をよく見せようとしすぎず、肩の力を抜いて「ありのままを見て下さい。どうですか?」ぐらいがちょうど良いと思います。入った後のことを考えると、お互いフランクな形で「良いね!」と思って入った方が絶対にいいと思いますので。

 

「納得のいく転職」をするコツ

 

 

本多

「納得のいく転職」をするためには、どうすればいいでしょうか?

 

大塚さん

転職を始めたばかりの時期は、自分が何を大切にしていて、どういう理由で転職したいのか、ということがフワフワしていると思うんです。ですので、「ちょっとだけ情報を聞いてみよう」「ちょっとネガティブな気持ちだけど行ってみよう」と思って行動すると思うんです。ただ、そうして活動を進めていく中で、気持ちが整理されていきます。

ある程度の数の面接を受けることで、自分の中で「なんで転職をしたいのか?」という想いが洗練されていくんです。なので、ある程度の数の選考を「あえて受けてみる」ことがコツだと思います。改めて今いる会社にいる理由とかが逆に出てくるかもしれないですからね。

 

本多

「時間がない」「面倒だな…」という理由で、面接などの選考を受けない方が多いなと思います。

 

大塚さん

「転職において何を大事にするか?」は人によって違うと思いますが、動いてみて初めて気付くことも多いです。私の場合、在職中に転職活動をしていたのですが、駄目なら「今のところで心機一転して、もうちょっと頑張ればいい!」と思っていました。そういう意味では、「会社見学」の気分もありながら、話を聞いていました。

一方で、こういう機会でないと、色々な会社さんを見ることができないとも思っていました。追い詰められてからやるよりも、ちょっと余裕のある時に、本気で転職する気はないけど、話だけ聞いてみるぐらいでいいと思います。

あと時間の制約に関してですが、在職中でも、有給をうまく使ったり、昼休みや定時後の19時面接を受けるなど、やろうと思えばいくらでも日程調整することはできると思います。ぜひ実践してみてください。

 

アイスタイル入社後について

 

 

アイスタイルの文化

 

本多

「転職を通して実現したかったこと」は、実現できましたか?

 

大塚さん

入る前に思った通り、ちゃんとしたプロセスを持って、しっかりとした説明をすれば、自分主導で主体的に動けるので「実現できている」と思います。

アイスタイルでは、明確な指示が上から降ってくるわけではありません。もちろん現場のマネージャーがちゃんとコントロールするものの、決まったルーチンワークや型通りの仕事が多いわけではないので、ある程度自発的に動ける人の方がやりがいを感じやすいと思います。

 

本多

「働きやすさ」の観点で言うと、御社はいかがでしょうか?

 

大塚さん

とても働きやすいです。例えばミスや問題等はどこの職場にもあると思うのですが、アイスタイルは叱責や問題点を指摘だけになるのではなく、みんなで協力してその問題をクリアしていく風土がとても強いです。非常に建設的で、私はとても良いと思っています。

私も恥ずかしながら、インフラなので障害や作業ミスがあると全体に波及してしまうことがあるんですね。そういった時にみんなですぐさま集まって、私たちの近くに部長陣も集まって、その場で対策本部がすぐ生まれるフレキシブルさがありますね。

 

中途社員に対する手厚いサポート

 

本多

御社は「「Beauty×IT」で世界No.1を目指す」と掲げております通り、「Beauty」という領域とは切っても切れない関係性だと思います。ただ、「Beauty」は男性に馴染みの浅い領域だとも思います。この点についてはどのようにお考えでしょうか?

 

大塚さん

しっかり研修でサポートしてくれるので、私は問題ありませんでした。アイスタイルで良いなと思ったのは、中途メンバーに対しても入社後サポートが手厚い点ですね。

大概の企業は一日研修したら終わりだと思うのですが、アイスタイルは各部署のメンバーや代表も含め、「会社としてこういうことを考えていて、今こういうことをやっている」という話や、会社の理念、サービス立ち上げの経緯等をディスカッションする研修を組んでいます。

その研修を受けると、「Beauty」という領域に関する興味関心が湧いてくることはもちろんのこと、会社として目指す先が明確になるので、とても働きやすくなります。中途で入ったメンバーには非常にありがたいと思いますね。

 

アイスタイルで活躍するには?

 

本多

大塚さんは、入社後になぜ活躍できたと思いますか?

 

大塚さん

自分自身、今までにないタイプの人間だったという気はします。インフラエンジニアの中で「技術だけ」をやってきた人間ではないんですよね。

ですので、今までアイスタイルが使っていなかったソリューションをたくさん提案してきました。自分が知っているものは勿論のこと、それこそ過去お付き合いしていたベンダーさんにもご協力頂いたりもしました。全部が採用になった訳ではないですが、アイスタイルに新しい価値提供ができたのではないかと思っています。

中途入社した人が「こうした方がいいのではないか?」と声を上げること自体、アイスタイルの風土的に全く問題ないので、そこは遠慮なく主体的に動いていくべきだと思います。遠慮せず意見を言える人の方が、比較的評価されやすいとも思います。

 

まとめ

 

 

本多

大塚さんは、今後アイスタイル様で何を実現させたいですか?

 

大塚さん

直近だと「インフラ周りの刷新」に着手したいです。複雑になってしまっているシステムを、より拡張、運用しやすい形にさせていきたいです。具体的には、オンプレミスだけにこだわらず、クラウドも取り入れていきたいです。クラウドもマルチクラウドなどを適材適所に織り交ぜつつ、比率は状況によって変えていければと思ってます。

全部できるかどうかは別ですが、会社としては自由度をもって意見を聞いてくれるし、お金の話もしやすいので、やれる限りのことはやりたいなと思っています。

中長期的な話だと、やはり「「Beauty×IT」で世界No.1を目指す」という所に近づいていきたいです。日本であれば大半の方が弊社のサービスを認知して下さっており、アジアでも一部の国であればかなり認知されていますが、そうでない国にも認知されたいですね。

 

本多

転職活動におけるノウハウ、そしてアイスタイル様の風土が伝わる内容のインタビューでした!お忙しいところ、誠にありがとうございました!

geekly

Geekly Media
ライター

アイキャッチ アイスタイル

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
6+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。