1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Geekly コラム
  4. 【採用担当者向け】2021年11月 IT転職市場レポート | ギークリーの利用者から見えるIT転職市場をご紹介!
  • Geekly コラム

【採用担当者向け】2021年11月 IT転職市場レポート | ギークリーの利用者から見えるIT転職市場をご紹介!

日本国内のコロナウイルス感染者は減少の一途を辿っていますが、世界規模では増加傾向にあり、まだまだ気を抜けない1ヶ月でした。社会情勢は少しずつ好転しているように感じますが、IT転職市場にはどのような影響があるのでしょうか。ギークリーの利用者を分析して2021年11月のIT転職市場の変化を探ります。

2021年11月 各社IT採用ニーズトピックス 

 

laptop, office, hand

 

IT転職専門のギークリーにて取り扱っている求人情報を分析し、各社のIT採用のニーズをまとめました。

2021年11月の主な各社IT採用ニーズのトピックスは以下の通りとなりました。

 

インターネット業界で年収UP提示の傾向強まる

 

 

インターネット業界では採用激化に伴い、内定時に年収UPを提示する傾向が強まっています。

ご転職決定時の年収提示実績を比較したところ、年収UP提示の割合が徐々に増加し、逆に年収DOWN提示の割合は減少していました。 

 

年収DOWN提示になる理由は、キャリアチェンジや働き方改善など、年収DOWN前提の転職に限られます。

求職者の経験を活かした転職の場合、全体の60〜70%は年収UP提示で転職決定に至りました。

このことから、インターネット業界のIT採用は、求職者への年収UP提示が成約につながるポイントと考えられます。 

 

ITコンサルティングファーム×現職PMの成約事例が加速 

 

 

稼働求人数は引き続き、1ヶ月比較5%ずつ伸長しました。

ネット企業と非IT企業のDX案件が増えてきている中で、目を引いたのがITコンサルティングファームです。

求人数があまり変わらないにもかかわらず、11月の成約数が伸びています。

 

現在50%〜80%の報酬アップのキャンペーンを軒並み仕掛けてきている業種であり、現年収より年収UP提示で高年収PM層との内定承諾に至っています。

ちなみに、承諾した求職者の70%は年収UP提示でした。それほど採用に力を入れていることが見て取れます。 

 

2021年11月 集客トピックス

 

autumn, fall, leaves

 

ギークリーでは転職エージェントの面談に訪れた方にアンケートを実施し、1ヶ月ごとにIT転職市場のニーズや傾向を分析しています。

年末に近づく2021年11月、主な集客トピックスは以下の通りとなりました。

 

エンジニアの割合が向上 

 直近1年間の面談者で、エンジニアの割合が増加しています。

ギークリーではエンジニアへの集客に注力しているため、今後も現在の割合は継続される見込みです。 

 

ミドル層とハイクラス層の増加

46歳以上のミドル層の面談者が増加しています。

ベテラン高年齢の集客増加により、現年収600万円以上のハイクラス層の増加が続きます。 

 

各トピックスについて、グラフとともに詳細解説をします。

 

エンジニアの割合が向上 

 

Q別エンジニア比率(2020/3Q~2021/3Q) 

 

 

直近1年間の面談者のエンジニア比率を、四半期ごとに比較してみましょう。

2020年3Qから2021年1Qまでエンジニア比率は増加し続け、2Qで減少に転じました。

しかし3Qでは再び増加したことから、1年間に7%増加している結果となりました。

 

エンジニア比率増加の背景に、企業からのエンジニアニーズの高まりを受け、エンジニアへの集客に注力したことがあります。

今後も引き続きエンジニアの集客に注力するため、現在の比率は継続される見込みです。 

 

46歳以上のミドル層が増加 

 

employee, meeting, job

 

エンジニア面談者の年齢区分

 

 

10月から引き続き11月も、採用要件の緩和により46歳以上のニーズが高まっています。

これは求人企業間の採用競争激化が要因と考えられるでしょう。

面談者の年齢区分を1年前と比較して、46歳以上が4%から16%と大幅に増加しました。

55歳プロジェクトマネージャーの転職が成功した事例もあり、ベテラン層のエンジニアニーズは高まり続ける傾向です。 

 

エンジニア面談者の年収区分

 

 

面談者の年収区分を1年前と比較したところ、現年収601万円以上の高年収帯が23%から33%と、合計10%増加していました。

46歳以上の高年齢層へ集客拡張したことにより、高年収帯の面談者が増加しています。

ミドル層は経験の豊富さが評価につながり転職決定率が高いため、ギークリーでは引き続き集客の強化を図ります。 

 

まとめ

 

plant, workstation, laptop

 

2021年11月は10月に続き、求人企業のエンジニア採用ニーズの高まりを感じる1ヶ月でした。

エンジニアの採用競争は激化する一方で、各企業が採用要件の緩和を打ち出しています。

46歳以上のベテラン高年収帯エンジニアに対する採用ニーズは、引き続き高水準を維持するでしょう。

 

また、採用競争の激化による影響は、インターネット業界で内定時に年収UP提示の割合が増えるという結果ももたらしています。

ITコンサルティングファームの成約事例加速も、今後注視すべきポイントです。

 

ギークリーでは、面談いただく求職者はもちろん企業の採用担当者へのニーズも鑑みて、IT転職市場の動向を探っております。企業と求職者のニーズが1件でも多くマッチングできるように、IT転職のエキスパートとして分析をしてまいります。

引き続き来月もレポートをアップしますので、ぜひ企業の採用担当者の皆様はご参考ください。

 

ギークリーの中途採用支援サービスについてみてみる

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー