カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. 【徹底比較!】IllustratorとPhotoshopの違いとは?それぞれの特徴から使い方まで詳しく解説します!
  • Web・ゲーム

【徹底比較!】IllustratorとPhotoshopの違いとは?それぞれの特徴から使い方まで詳しく解説します!

デザイナーを目指す人であれば誰もが聞いたことのあるIllustratorとPhotoshop。しかし実際にその違いを理解している方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、それぞれの特徴や使い方、活かせる職業などを徹底解説します!

IllustratorとPhotoshop

 

 

Illustratorとは

 

Illustratorとは、Adobe社が提供しているグラフィック作成ツールであり、世界中のデザイナーから愛用されています。Adobe社はAdobe BridgeやAdobe Flash Proffesional、Adobe Flreworksなどのツールも提供しており、Illustratorとの連携が可能です。また、Microsoft Officeとの連携もでき、パワーポイントやワードなどの文書で表示・印刷が可能な点でも注目されています。

 

Illustratorは1987年に初めて登場し、WindowsやMacを中心にリリースしてきました。バージョンは23まで進んでおり、バージョンアップごとに機能が追加され、現在のように多くのデザイナーから使われるようになっています

 

Photoshopとは

 

Illustrator同様、Adobe社から提供されている画像編集ソフトウェアです。こちらも世界中のデザイナーから愛用されており、特に画像編集において強力なパワーを発揮します。2Dデザインを制作するうえで、なくてはならない存在ともいわれており、多くの業種・業界で使用されています。

 

Photoshopは1990年に初めてリリースされました。バージョン2.5からはWindowsにも登場し、以降はWindowsとMacを中心に対応されています。2017年ではバージョンが19となりました。類似ソフト(フリーソフト含む)がある中でも、多くのデザイナーから絶大な支持を得ており、Photoshopのソフトとしての強力さがわかります。

 

IllustratorとPhotoshopの違いとは

 

 

両社ともAdobe社が提供しているグラフィックツールですが、具体的な違いはどこにあるのでしょうか?

 

ベクトル画像とビットマップ画像

 

まず1つ目の違いは、画像のデータ形式にあります。Illustratorがベクトル画像を扱うツールであるのに対し、Photoshopはビットマップ画像を扱うソフトです。

まずはそれぞれがどのようなものかを知っていきましょう。

 

▼ベクトル画像

ベクトル画像は、「点と点を線で結ぶ」という考え方で図形を描画していくデータ形式です。ポイント(点)、ライン(線)、ポリゴン(面)の3つのみで構成され、後述するビットマップ画像よりも情報量が少ないのが特徴です。

 

ベクター画像の最大の利点は、縮小と拡大を繰り返しても画像が荒くならないことです。画像のサイズが大きくなったとしても、「点・線・面」の情報量が変化することはないため、どれだけ拡大してもぼやけることがなく、くっきりと表示させたいロゴやレイアウトを表示するのにピッタリなのです。

この利点からIllustratorを使っている方も多く存在します。

 

▼ビットマップ画像

ビットマップ画像は、細かいドットが集合して色や形を表現するデータ方式です。ファミコンのドット絵を思い浮かべると想像しやすいかもしれません。

ピクセルとは画素のことを指し、デジタル画像においての最小単位です。1ピクセルごとに色の情報を持つので、ベクトル画像よりもデータ量が多い特徴があります。

 

また、1ピクセルごとに色の指定ができることから、陰影をつけたり繊細な色遣いをすることが可能です。ただし、画像のサイズが大きくなればなるほど表現に必要なピクセルの数も増えていくため、拡大すると画像が荒くなるというデメリットもあります。

 

Illustratorの特徴

 

Illustratorは、先に述べたように、はっきりとした線や色を表現することができるため、図形やイラストを作成することに向いています

 

▼主なツールや機能

〇楕円形ツール

〇パスファインダーツール

〇ペンツール

〇レイヤー

 

Illustratorでは、このようなツールを使って、ロゴやパッケージデザイン、キャラクターを制作することができます。画像をペンツールでトレースし人物の似顔絵やアニメのキャラクターを描いたり、その作ったデータを印刷会社に入稿することも可能です。

また、雑誌の表紙やページ、広告のデザイン・編集などもできます。いわゆるDTPオペレーションです。

さらに、図形を組み合わせて連続した柄のデザインを作ることも可能で、それをPhotoshopにもっていけば、画像に合成することもできますよ。

 

Photoshopの特徴

 

Photoshopは、画像の加工に向いており、写真の切り抜きや結合で新しいイメージを作り出したり、色や明るさを調整したりすることができます。

 

▼主なツールや機能

〇ペンツール

〇被写体を選択

〇他の画像とトーンを合わせる

〇ブラシツール

〇塗りつぶし

〇歪みツール

〇レイヤー効果

 

Photoshopでは、このようなツールや機能を使って、写真の切り抜きや合成・加工、色や明るさの細かい設定はもちろん、ブラシで油絵や水彩画のような透明度や筆圧を再現することができます。

また、Photoshopはビットマップ画像で表現する手法なので、ピクセルやビットマップで描かれたWebブラウザとの相性が良く、jpgやpngへの書き出しも簡単にできるので、Webデザインにも向いています

 

IllustratortとPhotoshopの得意分野

 

Illustratorが活躍する場面

 

 

▼レイアウトを組む

Illustratorはレイアウトに関する機能や使いやすさに長けています。そのため、レイアウト技術が重要視されるDTPデザインにはもってこいのツールです。本のタイトルをどこに配置させるか、どんな大きさにするか、キャラクターやロゴをどこに置くのか、などを効率よく実現できるのがIllustratorなのです。

 

▼図表を沢山使うプレゼン資料を作る

プレゼン資料を作る際には、多くの図表が必要とされます。こういった場面ではIllustratorが最適です。Photoshopがダメという意味ではないのですが、図や表をキレイに並べるのはIllustratorのほうが優秀だからです。また、アイコンやキャラクターなどのデータも、プレゼン用に拡大縮小する際に荒くならない点にも注目です。

 

▼アイコンやロゴを作成する

アイコンやロゴはあらゆる場面で使われることが多いです。プレゼンやポスター、説明書など様々なところで目に留まります。Illustratorを使い1つのサイズで作っておけば、他で拡大や縮小されても問題ありません。

 

Photoshopが活躍する場面

 

 

▼絵のタッチ感を再現したり、加工したりする

Photoshopの最大の特徴はピクセルごとに情報を持たせられることです。クレヨンや絵の具などの効果機能があり、さまざまな場面で使うことができます。また、加工技術にも長けており、写真を白黒にしたりセピアにしたりすることも容易にできます。アーティストや写真加工をする人から支持されているソフトです。

 

▼アーティスティックな作品を作る

Photoshopは陰影や色づかい、筆のタッチ感まで表現することができます。アーティスティックな絵を制作する場合に重要視される点であり、Illustratorにはない機能でもあります。特にブラシの種類が多く、さまざまな効果を付けることができます。1つ1つのピクセルに対して対応できるデータ形式だからこそ、実現可能なことと言えるでしょう。

 

▼写真を加工する

写真加工は意外と多くの業種で行われています。たとえば1枚のコーヒーの写真に湯気を追加させたり、より良く対象物を見せたいためにライトを当てているような処理を入れることが可能です。他にも写真に写っていては問題があるものを、Photoshopで「なかったこと」にできます。Photoshopの写真加工は機能が多いため、あらゆる場面で使われているのです。

 

▼ペンタブで作業する

Illustratorでもペンタブを使うことは可能です。しかし、Photoshopの方が使いやすく、習得の時間もかからないため、ペンタブで作業したい場合はPhotoshopに軍配が上がります。ペンタブのいいところは直観的に作業ができることです。Photoshopならクレヨンや絵の具と言ったタッチ感を出すことが可能で、まるで実際に持っているかと錯覚してしまうほどのインパクトがあります。

 

最後に ~IllustratorとPhotoshopが活かせる職業~

 

 

IllustratorとPhotoshopの違いについて解説してきましたが、お分かりいただけましたでしょうか?

どちらにも特徴があり、状況に応じて使用できることがベストです。

 

印刷関連や紙媒体のデザインを仕事とする「DTPデザイナー」「キャラクターデザイナー」などは、Illustratorのスキルを活かせる職業です。サイズ変更が多い印刷物や、様々な用途・場面で用いられる企業ロゴやキャラクターを制作する上では、Illustratorの方が使いやすくメリットも多いからです。

一方、Webサイトや写真などのデザインを仕事とする「Webデザイナー」「イラストレーター」「グラフィックデザイナー」などは、Photoshopのスキルを生かせる職業です。人やモノなどの立体感を表現したり、写真を加工して細部に渡り効果を付ける上では、Photoshopの方が豊富にツールがありやりやすいからです。

 

「求人も見てみたい」「もっと詳しくスキルと職種の関係性を知りたい」などのご希望をお持ちの方は、一度転職エージェントに相談してみましょう。

求人を見てみる>>

 

弊社もIT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェントとして、非公開求人を含む10000件以上の求人を用意し、求職者の方のご支援をさせていただいております。少しでもご興味をお持ちの方は、お気軽にお声がけくださいませ。

 

転職エージェントに話を聞く

gibson

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。