カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. トランステック(TransTech)とは?アフターコロナに必要とされる訳を知って転職を有利に進めよう
  • 技術・テクノロジー

トランステック(TransTech)とは?アフターコロナに必要とされる訳を知って転職を有利に進めよう

世界の一流企業が社員の福利厚生として積極的に導入を進めている技術に「トランステック」があります。仕事のパフォーマンスを上げ、個人の幸福感をも上げるとされる技術です。アフターコロナで生きる現代人にこそ必要とされるトランステックの概要と、アフターコロナとの関係性を紹介します。

トランステックとは

 

机

 

トランステックとは、競争社会で働く人々の心と精神の健康の維持と個々のパフォーマンス向上につながる技術です。

では心と精神の健康を維持するとは、一体どういうことなのでしょうか。

 

トランステックの目的とは

 

トランステックは脳科学・生体科学・心理学と情報技術を組み合わせて心を癒し、人を幸せにすることを目的に生まれました。

これだけ聞くと宗教性や哲学性を感じますが、そうではありません。

原理はいたってシンプルで、競争社会で働く人が精神的に追い込まれて潰れるのを防ぐのが目的です。

このためにあらゆる技術を用い、気持ちをコントロールしながらその人のベストパフォーマンスを引き出します。

 

世界の一流企業も導入するトランステック

 

トランステックとは、Transformative Technologyの略で「変化を促す技術」のことです。

世界一流企業の代表GAFA※はこれまで社員のパフォーマンスを上げるためにマインドフルネスを導入してきました。

しかし現在はトランステックに移行しつつあります。

※GAFA:Google・Amazon・Facebook・Appleの総称

 

トランステックが注目を浴びる理由

 

おりん

 

この技術が生まれたきっかけは、心理学博士ジェフリー・マーティン氏自身の経験です。

彼はアメリカで起業家として成功し名声やお金を手に入れましたが、仕事に忙殺される日々に虚しさを感じていました。

いくら成功をおさめていても精神的に追い込まれ、自身が疲弊してしまうとやがて事業は下向きになるだろうと考えます。

そのとき、いったい何が残るのか。

こうした状況に直面している人は少なくありません。

労働者が同じような状況に陥らないためにはどうすればいいのか、彼は心理学を学びながら「人の幸せ」について追及したのです。

 

瞑想やマインドフルネスを行う理由とは

 

瞑想

 

GAFAが活用していた瞑想やマインドフルネスでも、社員のパフォーマンスをあげることはできるでしょう。

しかしトランステックは更に高い効果を生むと期待されています。

そもそもこうした一流企業が瞑想やマインドフルネスを導入するのはなぜでしょうか。

人は仕事や家庭の悩みや心配事があると、事ある毎にそれが気になり落ち着きません。

仕事中だけでなく帰宅後も同じ状況であれば、睡眠にも影響するはずです。そのまま仕事をしても集中力は保たれません。

この状態は「マインドフルネスではない」とされ、仕事をする上では非効率です。

自分が何をしたいのかという目的も見失いがちになります。

これを打開するために瞑想やマインドフルネスで「無」の状態を作り、頭の中をリセットする必要があるのです。

瞑想やマインドフルネスを習慣づけた結果、良質な睡眠がとれるようになって健康になり、気持ちも明るく前向きになります。

また新しいアイデアが生まれたり、新しいことにチャレンジしようという意欲も生まれます。

このように明らかな効果が望めるため、多くの企業で導入されているのです。

 

トランステック>瞑想・マインドフルネス?

 

瞑想やマインドフルネスは個人のパフォーマンスを上げるには効果的ですが、トランステックはより高い効果が期待できます。

トランステックを利用することで、より強制的に「無」の状態が作れるからです。

「強制的」という言葉の印象は強くネガティブなイメージですが、自主的に「無」を作り出すのは難しいでしょう。

瞑想やマインドフルネスは、何も考えず自身の呼吸の音に集中することで頭の中を無にしていきます。

この方法では気が付いたら仕事や日々の生活のことを考えていた、ということになりかねません。

就寝直前までパソコンやスマホ・テレビで常に新しい情報に晒されているため、頭の中も情報が溢れています。

そのためトランステックを用いてより積極的に無になる必要があるのです。

 

無料転職相談に登録してトランステック業界に転職しよう

 

私たちは既にトランステックを活用している

 

ビル

 

トランステックとは実際にどのような技術なのでしょうか。

身近にあるトランステックを紹介します。

 

AR/VR

 

実在する風景にバーチャルの情報を重ねて表示し、目の前の風景を仮想的に作り出すのがAR技術です。

代表的な例として一時大きなブームとなったポケモンGOがあります。

VRは画面を頭にはめて仮想現実を体験することができるもので、ウエラブルなトランステックの代表格です。

こうしたウエラブル機器で脳波や心拍数などを計測し、得られた生体情報に合わせた電波を脳に送る技術があります。

ストレスや痛みを感じたときでも電波によって感情を上手にコントロールし、リラックスした状態に導くことが期待されています。

 

3Dサウンド・サラウンドヘッドホン

 

生のライブに参加できなくても、3Dサウンドを導入したオンラインライブなら生演奏を聴いているような立体的な音が感じられます。

その体験により意識が変わったり刺激を楽しむ経験を「トランスフォーマー・エクスペリエンス」と呼びます。

イヤホンとスマホさえあれば実現可能なので、より身近に体感できる技術です。

 

バイタルセンシング型呼吸デバイス

 

 

実は、緊張を和らげたいときに活用できるトランステック商品が実用化・販売されています。

デバイスを3分間握ることで発汗量や呼吸といったバイタルサインを感知し、リラックスしたら振動で通知するというデバイスです。

リラックス状態になったことが目に見えて分かるため、自分を客観視できます。

 

ヘルスケアアプリ

 

最も身近なトランステック事例が、スマホにインストールされているヘルスケアアプリです。

身長・体重・歩数の管理だけでなく、体重計と連動して体脂肪やタンパク質量をグラフ化してくれます。

また睡眠の質を計測してくれるものもあり、話題になりました。

私たちが健康的に仕事の質を高めるために活躍しているトランステックは、身近に数多くあるのです。

 

新型コロナウイルス感染症で見直される働き方

 

ウィルス

 

新型コロナウイルス感染症の蔓延によって私たちの働き方や会社の在り方、業界の傾向が大きく変わりました。

在宅勤務を強いられたことで得られた気づきも多いことでしょう。

毎日出社する必要性・通勤時間の業務への影響・付き合いで行っていた会食など、見直されたことがたくさんあります。

また飲食業界や音楽業界などは大打撃を受け、退職・転職を余儀なくされた人も多くいます。

 

転職や働き方を見直す人が増加

 

机

 

自身の仕事や働き方について、再考するきっかけになった方も多いでしょう。

 

・自分が本当にやりたかった仕事は何か

・自分が働く上で譲れない軸とは何か

・今まで築いてきた実績は今後社会でどう活かせるのか

・自分の人生をもっと充実させるためには何が必要なのか

・一つの会社に人生の全てを預けていていいのか

 

自宅で過ごす時間が長いからこそ様々なことを考えたはずです。

その結果、転職を検討したり働き方を考え直す人が増えています。

ポジティブな方向ではなくネガティブ思考に囚われた方もいるかもしれません。

これから進む先を前向きに考えたキャリア構築にも、トランステックの活用が期待されます。

 

トランステックの活用が今まさに必要とされる理由

 

トレッキング

 

トランステックに大きな期待が寄せられる背景に、アフターコロナがあります。

この時代にトランステックはどんな役割を果たすのでしょうか。

 

「自分の進むべき道」を揺るがすものとは

 

自己探求によって自分の進むべき道筋を明確にして迷わず前に進む。これが理想ですが、そう簡単ではありません。

新しい世界に入ると人の心は不安を感じやすくなります。業界の将来性への不安、社会情勢にも影響されるでしょう。

インターネットの急速普及によって、今ではテレビやラジオだけでなくパソコンやスマホを通じて多大な情報が飛び込んできます。

図書館で調べなければわからない時代と違い、インターネット検索で関係キーワードが芋づる式に表示され、予想外の情報を得ることもありますね。

途切れることなく再生し続けるYouTubeもまた、その中のひとつです。

情報を浴び続けることで、知らず知らずのうちに人の意識は情報に操られています。

それを防ぐためには情報の正しい捉え方・受け取り方を身に着けなければいけません。

自己の目的を探求しつつ、自分が今何を求めているのか客観視する力が必要です。

 

トランステックの役割

 

人には感情があるため、自分の目的を再確認することはできても自分を客観視することは不得手です。

アフターコロナで業界それぞれの傾向が大きく変わり、不安を感じやすい社会になったため、ネガティブな感情に影響されやすい状況でしょう。

トランステックでは超音波で脳波に刺激を与え、ストレスと上手に向き合えるようになったり、良質な睡眠を促したりできます。

これらをうまく活用することでその人の感情を良好な状態に保ち、本来の能力を高める手助けをしてくれるのです。

 

トランステック市場は今後ますます広がる

 

瞑想

 

今後トランステック市場はますます拡大すると予想されています。

GAFAが活用を開始するのをきかっけに、多くの企業がトランステックに興味を持つでしょう。

それにより新しいサービスが生まれ、技術が進歩していくと考えられます。

 

日々の生活になじみやすいトランステック

 

トランステックの多くは時と場所を選びません。スマホアプリを活用したトランステックなら、気軽に取り入れることができます。

最近ではスマートウォッチによって生体データの収集を行いスマホに転送するのも一般的です。

新しく何かを始めるのには労力が必要です。

精神安定のためにジョギングを始めるといっても、継続はもとより開始すら難しい場合もあります。

トランステックは身近なデバイスを活用することができるため、日常生活に馴染みやすいテクノロジーだといえます。

そのため多くの人がトランステックを活用し、新しい需要が次々に生まれることでしょう。

 

今後トランステック市場規模は300兆円を超える

 

今後トランステックの市場規模は300兆円を超えると推測されています。

実際にAR/VRや3Dサウンドはコロナ禍の自粛期間においても重宝され、睡眠導入音楽・ヒーリング音楽等もトランステック市場の先駆けです。

まだまだ新型コロナウイルス感染症による社会への影響は大きく不安感が強い今、今後トランステック需要は更に高まるでしょう。

 

トランステックの活用で誰かの心の役に立とう

 

マグカップとメガネ

 

トランステックは人が持つ能力を更に高めるというものではありません。

本来もつ能力が発揮できていない人が、能力をフルに発揮できるよう手助けをしてくれる技術です。

それでも多くの需要があるトランステック業界では、活躍の場が沢山あると予想されます。

まだ誰も気づいていない新しい価値を見出すチャンスもあるでしょう。

トランステック業界は、IT技術によって多くの人の「心」を支えます。

誰かの心の回復に、あなたのIT経験が必要とされているかもしれません。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT業界へ転職しよう

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。