カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 介護テックの今後を解説!AIは人の尊厳をどう守る?ヘルステック業界への転職なら現場を変える技術を確認
  • 技術・テクノロジー

介護テックの今後を解説!AIは人の尊厳をどう守る?ヘルステック業界への転職なら現場を変える技術を確認

少子高齢化の問題などによって、日本の介護職は圧倒的に人手不足へと陥っています。介護士一人一人の負担が増えてしまっている現状を打破してくれるのが、AIやIoTを駆使した介護テックとなるでしょう。今回は介護テックの今後や、人々の尊厳をAIが守る方法をご紹介します。

介護

今起きている介護問題とは

 

問題

 

日本の介護現場では圧倒的に人手不足が続いています。

また年々更に人手が減っていき、介護現場は崩壊するともいわれているのです。

人手不足の原因となるのは、体力の問題や精神的な問題も多々あるでしょう。

更に少子高齢化問題が重なり国からの資金が減り、介護士の給料の問題へと繋がります。

またお金が無ければ新しい高齢者を受け入れる場所も設けられません。

このように介護業界は、少子高齢化に始まり人手不足などの様々な問題に悩まされているのです。

 

介護テックができること

 

老人の手

 

介護をするうえで非常に役立つ物が介護テックです。介護テックは介護とテクノロジーを合わせた物になります。

介護テックといっても様々な形があり、商品やサービスだったりもするのです。

そうした介護テックを駆使することで、介護現場はより働きやすい環境となります。

 

高齢者の徘徊防止

 

老夫婦

 

小さなマイクロチップを埋めたリストバンドを高齢者の方に着けてもらう商品です。

そしてそのリストバンドを着けた方がもし徘徊してしまったとしても、居場所をすぐに判明できます。

ほんの数メートルだけでも感知可能なため、人混みではぐれてしまったとしても見つかりやすいでしょう。

 

人材管理

 

介護テックは高齢者の方をサポートするだけではなく、これから介護士になろうとしている方もサポートします。

介護テックとして人材マッチングのツールを多数開発しているため、適切な職場が見つかりやすいのです。

そのため介護業界に足を踏み入れる機会を大事にし、スムーズな就職を助けます。

 

介護マニュアルの簡易化

 

介護現場に行けばその現場毎にマニュアルがあるでしょう。

また基本的な介護のやり方などは勉強してから働きますが、重要ポイントはいつでも把握できると更に良いです。

そうした介護全体のマニュアルをすぐに閲覧できるように、介護テックを活用してマニュアルを用意しています。

そのため介護士が困ってしまった際もすぐに支えとなり、頼りになるツールとなるのではないでしょうか。

 

ヘルステックができること

 

医療機器

 

介護テックは主に介護関係をサポートするものですが、ヘルステックは主に医療関係をサポートします。

実際に病院に行くのが確実ではありますが、外出できない場合もあるでしょう。

そういった場合にヘルステックは非常に便利です。

 

お薬手帳を電子化

 

東日本大震災の際、お薬手帳の重要性が非常によく分かり、人々に周知されたかと思います。

お薬手帳さえあれば、すぐに薬を処方してもらえることがあるため、どんな状態であっても手に入るのです。

しかしお薬手帳をいつでも常備しているのは難しく、薬局に行く際も忘れてしまう方はいるでしょう。

そこでヘルステックとして開発されたものが、電子版のお薬手帳です。

スマートフォンなどのいつでも携帯しているものの中にお薬手帳を入れることで、常備可能となります。

そのためどこへ行くにも、どんなことがあっても薬に対してサポートを受けられるでしょう。

 

医師による遠隔診察

 

身体が不自由な方や外出困難な方には遠隔診察が大変便利な機能です。

また病院が運営していない時間帯でもサポート可能な場合が多く、いつでも利用出来れば安心でしょう。

例えば仕事などで忙しい方でも、身体に少しでも不安な要素があれば気軽に相談が出来ます。

少しの異変にも柔軟に対応しておけば、大病を未然に防ぐことも可能です。

このように病院に行く手間を減らしつつ、健康にも気を遣えるため頼もしい機能となります。

 

介護に必要な尊厳とは?

 

生活

 

介護現場で非常によく聞くものが、「尊厳」です。

介護における尊厳とは、要介護の方たちを子供のように扱うのではなく一個人として対応することになります。

今ではどんな人にも尊厳があり、その尊厳を大切にしようと取り組まれています。

そのため介護現場では一人一人に丁寧に対応し、尊厳を守ることを大切にしているのです。

例えば、介護現場では挨拶を大切にしています。

挨拶から始まり、一人一人の名前を呼びかけ、これから何をするかを正確に説明します。

そうすることで、ぶっきらぼうに扱われていると思わせず、居心地の良い環境を作っているのでしょう。

 

無料転職相談に登録して理想の仕事をみつけよう

 

人の尊厳をAIが守る方法

 

防犯カメラ

 

介護利用者の方達の尊厳だけではなく、介護士や家族の尊厳も守る必要があります。

そこでAIは尊厳を守りつつ、介護関係をサポートしてくれるのです。

介護をする側の負担を減らすことで、その方達も満足のいく生活が送れるようになるでしょう。

 

動体検知つきカメラ

 

例えばAIを活用したカメラを利用する方法があります。

介護施設でも利用可能ですが、もちろん自宅でも設置できるのです。

そのため介護利用者が頻繁に出入りする部屋にカメラを設置すれば、常にチェックできるでしょう。

またプライバシーも確実に保護しているため、情報漏洩などの心配もありません。

しかしカメラの映像を一日中チェックするのは難しいでしょう。そこでAIの出番です。

AIによる動体検知能力によって、転倒やトイレのトラブルなどにすぐ反応してくれます。

そして連携したスマートフォンやブザーなどで危険を通知してくれるのです。

そのためカメラから目を離していても、ご家族は安心して自分たちの生活を送れるでしょう。

 

エアバッグ搭載サポーター

 

ご家庭で介護をする際、一番不安なのは家族が寝ている時ではないでしょうか。

睡眠中はどうしても高齢者の方から目を離してしまいます。

もし睡眠中の高齢者がベッドから落ちてしまった場合、最悪骨折してしまう可能性もあるのです。

ですがエアバッグ搭載サポーターを装着していれば、転落後に早いスピードでエアバッグを出してくれます。

そのため、万が一高齢者の方が落下や転倒をしてしまっても怪我を最小限に抑えられるのです。

安全性が約束されるため、家族や周りの方も安心して眠れて生活に支障を来さないでしょう。

 

介護現場を変えられる技術

 

世界

 

介護現場を変えるには様々な方法があるでしょう。

人手不足の解決などはもちろんですが、今回は介護テックを駆使した技術をご紹介します。

 

人手不足を解消

 

介護テックによる人材管理サービスを利用すれば、介護士の人手不足を解消できるでしょう。

職場と人材がスムーズにマッチングするため、日本全国の介護施設が助かるのではないでしょうか。

また人手不足が解消されれば、介護士一人一人の負担が減り活き活きと働けるはずです。

しかし今度は介護士の人数が増えれば、連携などが必要になってくるでしょう。

 

介護士連携ツール

 

介護施設などで一緒に働く介護士同士は連携が必要になります。

もし同じ利用者さんに別の介護士が同じ薬を何度も飲ませてしまえば、一大事です。

そういった薬の誤飲や飲み忘れなどを防ぐためにも、確実に連携をとらなければなりません。

その連携を取る際も、介護テックが開発した人事管理ツールを駆使すればスムーズでしょう。

勤怠管理はもちろん、誰が何の仕事をするかなどと分かりやすく表示してくれます。

また広い介護施設となれば、インカムを導入するのも良い手段かもしれません。

いつでもすぐに連絡が取れて、連携が行える介護施設であれば利用者さんも安心できるはずです。

 

未経験も即戦力に

 

介護の資格を取り、いざ就職し現場に行ったとしてもすぐに即戦力となるのは難しいでしょう。

経験豊富なベテランの方は良いですが、実際に介護をしたことが無い方は初めての介護に戸惑うかもしれません。

しかし介護テックの用意しているマニュアルを携帯しておくことで、未経験でも安心して働けます。

周りが忙しくて先輩に質問出来ないといった場面でも、マニュアルがあれば一人で解決できるかもしれないです。

そうすれば一人一人が的確に介護をこなし、より多くの利用者さんを支えられるのではないでしょうか。

またマニュアルを導入することで、ベテランの方も独自のルールを作ることなく初心を忘れずに働けます。

そのため介護士によってやり方が変わるといった問題を防ぎ、安定した介護の環境を作れるでしょう。

 

介護テックの今後

 

テクノロジー

 

介護テックの今後は、介護業界の問題に左右されるでしょう。介護業界の需要に的確に答えなければならないためです。

介護テック関係に転職した場合は、より介護業界について知り、問題を解決する能力が求められます。

 

人材サポートが一番

 

介護業界は人手不足に悩まされており、今後は更に重大な問題となりえます。

そのため、介護テックは人材マッチングに対して、より良いサービスを開発するのではないでしょうか。

まず介護業界を落ち着かせるためには、多くの人材を確保し安定して働いてもらう必要があります。

そのためのサポートに大変力を注ぐはずです。

もし介護ロボットなどが多く普及されてしまえば、人間のやることがなくなるかもしれません。

しかし生命の全てをロボットに任せるのはどうしても不安なため、やはり人手は必要になります。

 

介護の簡易化

 

寝台

 

AIやIoTを活発に駆使すれば、介護士の実際の負担を減らすことができます。

介護士の離職理由に多いものが、「体力の問題」です。

介護利用者を起こしたり、車椅子を動かしたりと介護は体力を大変使います

そのため体力がもたなくなってしまえば離職する他ないのです。

そういった問題を解決するために、AIやIoTを活用し介護ロボットなどの発明をするのではないでしょうか。

どんな体重でも安心かつ安全に、起こしたり運べたりするロボットがいれば介護士の負担が減ります

そのため体力に自信が無くても、介護士は胸を張って仕事をすることが可能です。

 

資金問題

 

既に世界中にAIやIoTを活用した介護テックは開発されています。

しかしそれぞれが高価なものが多く、介護利用者の人数分導入するのは難しい問題でしょう。

日本では少子高齢化の問題もあり、国からの介護職に対する資金が減ってしまうかもしれません。

このような資金の問題に対応すべく、高品質な商品やサービスをリーズナブルに導入可能にするのではないでしょうか。

 

まとめ

 

介護

 

介護テックというのは、介護利用者の方達だけではなく、利用者を支える介護士や家族のことも助けてくれるテクノロジーです。

また介護テックではAIやIoTが使われていることが多く、昔と比べて介護はとても楽になったケースもあるでしょう。

介護利用者の尊厳も大切にし、介護士や家族の尊厳も大切に守れるのが介護テックです。

それぞれ生きている人がありのままに生き、それぞれの人生を大切にするサポートができます。

介護テックのように、沢山の人の尊厳を守る仕事を探してみませんか。

 

無料転職相談に登録して転職を成功させよう

Geekly Media
ライター

介護

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。