カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職の時に視野を広げる方法を紹介!視野が広い人の特徴やメリットは?例文やコツを転職エージェントが解説
  • 転職準備

転職の時に視野を広げる方法を紹介!視野が広い人の特徴やメリットは?例文やコツを転職エージェントが解説

転職を考えるからには、現在の仕事内容や職場環境に何がしかの不満を持っていることでしょう。しかし、その原因を理解したうえで視野を広げて転職活動を行わなければ、再び同じ不満を抱えることになりかねません。そこで今回は、転職を成功させるためにも不可欠な視野の広げ方と、その力がある人の特徴並びにメリットについて解説します。

ビジネス-1477601_1280

視野が広いとはどういう意味か

 

コンサルティング、edp、ビジネスマン

 

視野が広いことの定義とは

 

視野が広いことの定義を明確にしておかなければ、何を実践したらよいかを判断できません。

視野が広いとはもともと、人が一点を集中的に見つめた際に、それを中心として視界に映る範囲を意味しています。

しかし現在では、人の考え方判断の範囲を表す言葉として用いられています。

世の中で働くうえで情報や知識の量よりも、多様な価値観を知ることで柔軟な対応ができる範囲を求められる機会の方が多いです。

そのためビジネスシーンでは、視野が広い人の方がチャンスをつかみやすくなるのでしょう。

 

視野が狭い原因

 

反対に、視野が狭いことでたくさんのデメリットがあります。

視野が狭くなってしまう原因は経験の乏しさや、小さいころから甘やかされて育ってきたという環境が関係しています。

視野が狭いことで仕事上でもミスが多くなったり様々な悪影響があるので、原因や特徴などをよく理解して改善をしていきましょう。

 

視野が広いことのメリット

 

ネットワーク、ラウンド、プロジェクト

 

転職活動や仕事に限らず、視野が広いことでのメリットはたくさんあります。

ここでは、視野が広いことのメリットを4つ紹介します。

 

相手の立場にたって物事を考えられる

 

視野が広い人は自分の価値観に固執することがないので、相手の立場にたって物事を考えることができます。

どんな環境であっても他者と折り合い、協働する方法を探そうとすることで、相手の信頼を得やすくなるのです。

また、人を大切にすると自分も大切にしてもらえるため、良好な人間関係を築きやすくなります。

 

発想力や分析力が高まる

 

オフィス、スタートアップ、ビジネス

 

視野が広い人は人との出会いや対話、自分の経験から様々なことを学び、それを次につなげる傾向が強いです。

そのため発想力や分析力が高まり、それまでの慣例や習慣にとらわれることなく、問題解決方法を提示できるようになります。

また、他者の意見を柔軟に取り入れることができるので、過去の自分にはない発想で物事にあたることができます。

 

他者の意見を素直に聞ける

 

視野が広い人は、自分とは価値観の違う他者の意見にも、素直に耳を傾けることができます。

社会生活を営むうえで、自分の意見や考えだけが正しいことはありえません。

また現代は正解を見つけるのではなく、最適解を見つけることでビジネスチャンスが広がります。

そうした柔軟な対応や素直さは、上司や会社にとって大きな評価ポイントでもあるのです。

 

チャレンジすることを大切にできる

 

視野が広い人は目先の成果だけでなく、自分の成長による未来を考えることができます。

そのため、新しい仕事や取り組みに対し、前向きにチャレンジすることを大切にできるのです。

例えチャレンジが失敗したとしても、それを糧にできれば将来、大きな成果につなげる可能性があります。

また、何事にも前向きに取り組むからこそ、大きなチャンスを任せてもらいやすくなるのもメリットです。

 

視野が狭いことのデメリット

 

ノートパソコン、女性、教育

 

ビジネスシーンにおいても、視野が狭いことがデメリットになるリスクは否定できません。しかし、その事実に無自覚な人も多いです。

ここでは、視野が狭いことでのデメリットを3つ紹介します。

 

何度も同じ間違いをくり返す

 

視野が狭い人は自分の考えややり方に固執し、周囲のアドバイスに耳を傾けることがないので、何度も同じ間違いをくり返します。

つまり、自分の業務効率をあげることができず、周囲の自分への評価を下げる結果につなげてしまうのです。

 

人間関係に亀裂が入りやすい

 

スタートアップ、ホワイトボード、部屋

 

視野が狭い人は他者が自分を思ってアドバイスしてくれた時に、素直に話を聞くことができません。

自分の考えややり方を否定したと思い込み、相手に反論したり拒絶してしまいがちです。

そのため職場の上司や同僚との人間関係に亀裂が入りやすく、労働環境を悪くする要因となってしまいます。

 

自分の成長を妨げる

 

事実はひとつであっても、どんな立場や視点に立つかによって、解釈や受け止め方は異なります。

しかし視野が狭い人は自分の考えに固執するので、それが通じない時に挫折してしまうことが多いのです。

また、そうした逆境から学ぶ姿勢もないため、自分の成長を妨げることにつながります。

 

視野が広い人・狭い人に共通する特徴とは

 

椅子、コンピューター、机

 

視野が広い人の特徴

 

視野が広い人を思い浮かべると、共通した特徴があることに気が付くはずです。

ここでは、視野が広い人に見られる特徴を3つ紹介します。

 

他者に対する偏見がない

 

視野が広い人には、他者に対する偏見がありません。個人の職位や業績、能力、資質、話し方などにより相手を判断しないのです。

そのため、周囲から浮いている人でもフラットに付き合う傾向が高く、個人的な感情にとらわれて判断を誤ることもありません。

 

自分の考え方に固執しない

 

スタートアップ、スタートアップ、人々

 

視野が広い人は、自分が求める成果につなげることを重視するので、自分の考え方に固執することがありません。

特にプロジェクトなどチームで協働する際には、相手の考えをしっかりと聞き、お互いに納得できる方法を模索します。

多様な価値観をぶつけながら結論を導き出すことで、自分だけでは思いつかない発想を手にすることができるのです。

 

周囲の空気を読んで的確に行動できる

 

視野の広い人は、目標を達成するために自分が何をすべきかを常に優先します。

また協働する上司や同僚の様子を冷静に分析しながら、求められる役割を察することができます。

周囲の空気を読んでその時々で柔軟に対応し、成果につなげる的確な行動がとれるのです。

 

視野が狭い人の特徴

 

視野が狭い人にもまた、共通する特徴があります。

ここで紹介する4つの特徴で当てはまってる項目がないか気を付けてみましょう。

 

計画性がない

 

視野が狭い人は、目先のことしか考えられなくなってしまうため計画性のない人が多いです。

目の前にある問題に目がいってしまい後先のことは考えられないので、仕事においても行きあたりばったりの行動になってしまいます。その結果ミスや、失敗することが多くなるという特徴があります。

 

自信がありすぎる

 

自分に自信があることは、物事においてポジティブに働くためとても良いことです。

ですが、それが過剰になってしまうと自分が正しい人の意見は聞かないという思考になってしまいます。

人の意見に耳を傾けず自分の考えだけで突っ走ってしまい、失敗をしないと間違いに気付きません。なので同じ間違いを繰り返してしまうことが多くなるのです。

 

自分の意見が通らないと嫌

 

視野が狭い人の特徴として、自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなるということがあります。

上記でもあったように自分の考えが正しいと思っているため、自分の意見が通らないと気が済まないのです。

世の中はすべて自分の思うようにはならないという事を理解して、感情的にならないことが大切です。

 

新しいことにチャレンジしない

 

視野が狭い人は新しいことにチャレンジをしようとしません。

新しいことに対して、上手くいかないのではないかというマイナス思考になってしまうのです。

チャレンジ精神がないことによって、経験を積むこともなく視野を広げる機会も失ってしまいます

 

いますぐ実践したい!視野を広げる方法とは

 

走る男、ガラスの床、反射

 

会社を見回すと、同期の社員よりチャンスの巡りが多い人がいることでしょう。

視野の広さを評価されてのことだとしたら、自分もそうなることを考えるべきです。

ここではすぐに始められる、視野を広げる方法を4つ紹介します。

 

情報収集を多角的に行い知識を得る

 

インターネットの普及により簡単に大量の情報にアクセスできるようになりましたが、その内容は珠玉混交です。

だからこそ、情報収集は多角的に様々なメディアから行い、取捨選択したうえで知識を得る必要があります。

またグローバル社会においては、文化や宗教、生活習慣の違いに対する理解が求められます。

教養を深めることにつながる、正しい情報収集を心がけることをおすすめします。

 

読書量を増やして多様な価値観を知る

 

本、読書、ページ

 

身体はひとつしかないのですから、自分ができる経験は有限です。経験に裏打ちされない知識を得るうえで、読書が有効なのです。

新聞や書籍は校正・校閲を経たメディアなので、ネット記事とは違い情報の信ぴょう性が高いです。

また、古典には時代を経ても変わらない、普遍的な価値観が綴られています。

様々なジャンルの本を読む習慣をつけることで、多様な価値観に触れると共に、自分の教養を深めることができるのでおすすめです。

 

仕事に限らず様々な経験を積む

 

限られた社会生活の中では、人との出会いも限定的になります。環境を変えなければ、視野を広げるのは難しいものです。

だからこそ、業種交流会やボランティア活動、趣味のサークルなど、仕事に限らず様々な経験を積むことを意識しましょう。

そうした場所での経験や人との出会いによって、自分の考えが変わった経験がある人は少なくありません。

 

IT転職で視野の広さをアピールするポイントとは

 

ビジネス、ビジネスマン、ビジネスマン

 

コロナウイルスが世界中を席巻した2020年は、リモートワークが定着し、ITを活用したビジネスが飛躍的に進歩したといえます。

こうした動きは今後も続くことが予想され、IT業界が未経験でも、視野の広さを武器に転職しやすい市場が生まれているようです。

ここでは、IT転職において視野の広さをアピールするポイントを紹介します。

 

ニーズや技術の変化が激しいからこそ、視野の広さが重要

 

IT技術は、これまでアナログといわれていた業界でも求められるようになりました。

しかしIT技術を持っていても、それをアナログな業界や職種でどう生かすべきかを言語化し、解決に導ける人は多くありません。

つまり、IT業界が未経験であっても、そこで活躍できる場があるということです。

イノベーションを起こすために欠かせない視野の広さを、積極的にアピールしましょう。

次章では、IT転職で視野の広さをアピールする自己PRの例文を紹介します。

 

IT転職で視野の広さをアピールする自己PRの例文

 

私の強みは、視野を広く持つよう意識しながら物事にあたる習慣がついていることです。

それは、前職でプロジェクトの進捗管理を担当した時に身につけました。

複数の部署からのメンバーで構成されていたため、会議やミーティングの時間調整が難しく、情報共有できなかったことがありました。

その結果、作業に支障が出て社内でトラブルとなり、あやうくプロジェクトがとん挫しかけたのです。

担当業務や他の案件の進捗状況を理解できないことが原因と考え、プロジェクトメンバー限定のグループチャットを用意しました。

そこにメンバーの進捗状況や他の仕事のスケジュールをアップすることで、歩み寄りながら仕事が進められるようになりました。

私にはITスキルはありませんが、クライアントのニーズを言語化し、それを実現するための調整役は担えると考えます。

御社に入社した暁には、視野の広さを活用し、何事もできる方法を考える姿勢をもって、どんな仕事にも前向きに取り組む所存です。

 

IT業界への異業種転職を目指すなら、プロのサポートは不可欠

 

オフィス、ビジネス、同僚

 

IoTがますます進む現代において、IT業界の活況が続くことは明白です。だからこそ、異業種転職を検討する人もいることでしょう。

未経験者がIT業界への異業種転職を目指すなら、業界に精通した転職エージェントに登録するのが一番です。

IT業界は変化のスピードが速く、求められるニーズも刻々と変化しています。

IT業界に精通しているからこそ、登録者が満足できる求人を紹介できるのが、転職エージェントの強みです。

積極的に活用することをおすすめします。

 

無料転職相談に登録して自分に合ったIT職種を探そう

 

プロのサポートを受けて、ミスマッチのないIT転職を目指そう

 

握手、協力、パートナーシップ

 

今回は、転職を成功させるためにも不可欠な視野の広げ方と、その力がある人の特徴並びにメリットについて解説しました。

自分の視野を広げることで、職場の人間関係が改善されたり、業務効率が向上することも珍しくありません。

さらに転職エージェントのサポートを受けることで、ミスマッチのないIT転職が実現できるはずです。

 

転職エージェントに登録して、ミスマッチのない仕事や職場を探そう

Geekly Media
ライター

ビジネス-1477601_1280

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook