カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職求人「経験者優遇」の条件とは?未経験者でも「経験者優遇」のIT企業に応募できる?
  • 転職準備

転職求人「経験者優遇」の条件とは?未経験者でも「経験者優遇」のIT企業に応募できる?

求人情報に書かれていることがある「経験者優遇」の言葉を見たことがある人は多いでしょう。転職活動をする中で未経験者でも応募できるのかどうかは気になるところですね。今回は「経験者優遇」の意味や条件、未経験者の応募で注意する点などを詳しくご紹介します。

転職活動、企業とのマッチング

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

求人情報の「経験者優遇」が意味するものとは?

 

IT、ネットワーク

 

求人情報をチェックしていると「経験者歓迎」「未経験者可」といった言葉を目にすることがあるでしょう。

その中でも「経験者優遇」はIT企業でも書かれていることが多いものの1つです。

この言葉がどのような意味をもっているのかをご紹介します。

 

経験者を優先して採用する

 

握手

 

「経験者優遇」には経験者を優先して採用するという意味があります。

つまり同時期に経験者と未経験者が応募した場合に前者の方が採用される可能性が高いということになります。

企業としては未経験者も受け入れることができるとしても、やはり即戦力になる人材がほしいということでしょう。

 

給料など待遇の違いがある

 

違い

 

給料などの待遇の違いがあることも「経験者優遇」の言葉に含まれていることがあります。

求人情報の給与のところに「〇〇万円から〇〇万円」と幅があるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

この差って何なんだろう?と気になるところですね。

多くの場合、未経験者は求人情報に記載されている最低ラインからのスタートになります。

その一方で経験者は経験やスキルによって最初の時点の給料が高めの設定ということがあるのです。

 

できれば経験者を採用したい

 

ビル

 

「経験者優遇」の言葉の中にはできれば経験者を採用したいという意味が含まれていることもあります。

つまり未経験者可にしているけれど、企業の本音をしては経験者の応募を期待しているということです。

しかし経験者のみの募集にするとなかなか応募が来ない状況ということも。

そのため求人情報に「経験者優遇」と記載しているのです。

 

実際は未経験者不可の企業もある

 

NOのサイン

 

企業としては経験者がほしいのですが「未経験者不可」にすると印象が悪くなることもあるでしょう。

そのため「経験者のみ」「未経験者不可」とはっきり明記せず「経験者優遇」とする場合があるのです。

この場合は未経験者が採用になる可能性はほとんどないといえます。

 

求人情報にある「経験者」の条件とは?

 

疑問

 

転職活動で経験者かどうか問われる場合、どういった条件があるのでしょうか。

どのような人が求人情報に書かれている「経験者」にあたるのかを確認してみましょう。

 

一定期間の実務経験がある

 

経験者とはその職種での経験がある人のことをいいます。

しかしいくら経験したことがあるからといって、数か月や1年ほどでは経験者とはいえないでしょう。

転職の時に経験者だとアピールできるのは3年以上の実務経験がある場合だと思ってください。

 

応募する企業や職種に必要な経験やスキルがある

 

経験者として企業にアピールするためには経験やスキルが必要です。

実務経験3年以上あっても、応募する企業で必要な経験でなければ経験者とみなされない場合もあるのです。

例えばプログラマーとして転職するのであればプログラミングの経験やスキルが必要ですね。

転職を希望する企業がどのような経験者を求めているのかも重要なのです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

IT企業で「経験者優遇」されやすい理由

 

持ち合わせているスキル

 

IT企業では経験者優遇の求人が多く見られます。

それはIT企業で活躍する職種ならではの理由があるのです。

 

即戦力が求められるから

 

即戦力として働く人

 

IT企業では即戦力が求められることが多いです。

拡大していく市場と比べて担い手の数が少ないのが理由のひとつです。

また企業としては未経験者に1から教えるよりも経験者に即戦力になってもらう方がメリットがあります。

未経験者に時間とお金をかけたのにすぐに退職してしまう事態は避けたいところでしょう。

そのため、すでに必要なスキルをもった経験者を優遇して採用することが多いのです。

 

IT業界は仕事が複雑だから

 

IT業界のイメージ

 

IT業界は短い期間で市場を拡大しどんどん進化しています。

中には複雑な仕事も多くスキルを身につけるだけで大変なものもあるでしょう。

そんな複雑なIT企業だからこそ、すでにスキルを身につけている経験者を採用したいと思っています。

もちろん担い手が必要なので未経験者を採用し育成に力を入れている企業もあります。

しかし育成するにしてもIT業界のことを知る経験者の力が必要になるのです。

 

IT企業の転職で経験者がアピールするポイント

 

アピールポイント

 

経験者であっても転職の面接で自己アピールができなければ不採用となることもあります。

経験者優遇の求人だからこそチャンスを掴みたいところですね。

ここでは経験者がアピールするポイントをご紹介します。

 

関連する資格やスキル

 

企業や希望職種に関連する資格やスキルは必ずアピールするようにしてください。

経験者として優遇されるためには、企業が求める人材であることが必要です。

またその資格やスキルを活かして、どのように企業に貢献できるかを伝えるとさらにいいでしょう。

 

これまでの実績

 

経験者であればこれまで残してきた実績があるでしょう。

その人がどのような仕事をしてきたのかは企業側としても知りたいところです。

関わってきたプロジェクトや制作したものがあれば、経験者としてのアピールにつながるでしょう。

 

企業への志望度

 

IT転職では経験やスキルが求められますが、企業への志望度も重要です。

いくら企業にあった能力をもっていても、志望度が低いとモチベーションを保つことができません。

そのため、あまり企業に対する熱意が伝わらない場合は経験者でも不採用になることもあるのです。

そのため企業への志望動機をアピールすること、そしてどのように自分の能力を生かすことができるかを伝える必要があるのです。

 

「経験者優遇」のIT企業に未経験者が応募してもいいの?

 

壁を破って挑戦する人

 

IT企業に転職したいと思っていても未経験だと不安になる人も多いのではないでしょうか。

そんな中で求人に「経験者優遇」と書かれていたら応募をためらう人もいるでしょう。

しかし基本的には「経験者のみ」というわけではないので、未経験者でも応募することは可能です。

ただし中には企業側が「未経験不可」と掲載するわけにはいかず「経験者優遇」としている場合もあります。

それを知らずに応募すると、せっかく転職活動の準備をしても不採用となることがほとんどです。

もともと未経験者が採用となる可能性がないのに応募しては時間も労力ももったいないですね。

そうならないようにするためには、応募する前に未経験者でも採用される可能性があるのかを知っておいた方がいいでしょう。

企業側の意図を知るためにも転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントが未経験者可のIT企業の求人情報を教えてくれるので、安心してIT転職に挑戦することができるでしょう。

 

「経験者優遇」のIT企業に未経験者が応募する時の注意点

 

注意喚起

 

求人情報に「経験者優遇」と書かれていても未経験者が諦める必要はありません。

しかし応募するにあたり注意しておきたいポイントがあります。

転職後に「こんなはずでは…」とならないためにも注意点を押さえておきましょう。

 

未経験者の待遇

 

「経験者優遇」の求人に応募する時は、未経験者の待遇を確認しておくことをおすすめします。

例えば正社員を希望していたとしても未経験者はパートから始めるということがあるかもしれません。

その場合は求人情報に書かれているでしょうが、雇用形態や給与面の確認は必要でしょう。

 

研修が充実しているか

 

未経験でIT企業に転職するのは期待だけでなく不安もあるでしょう。

転職できたとしても企業側の受け入れ体制が整っていなければ退職という事態になることも。

せっかくIT業界に挑戦しようと転職をしたのに、そんなことになってはもったいないですね。

そのため未経験の場合は会社の研修が充実しているかをチェックしておくことをおすすめします。

研修がしっかりとできている会社は未経験者の育成に力を入れていると捉えることができます。

情報がなかなか見つからないという人は転職エージェントに相談してみましょう。

 

実際に未経験で活躍している人がいるか

 

未経験でIT転職を目指す人は、すでに活躍している人の情報を見ていくことをおすすめします。

応募したい企業で実際に未経験で入社した人がいるかを知っておくのもいいでしょう。

未経験者でも企業の研修や教育を経て活躍する先輩がいれば安心ですね。

企業のウェブサイトに掲載されていれば未経験者の育成に力を入れているととらえることができます。

また企業のサイト以外にマイナビのような求人サイトで特集されていることもあります。

 

未経験だけどIT企業に転職したい!身につけるべきスキルは?

 

ITのスキルを身に着けよう

 

未経験者でも「経験者優遇」の求人に応募することはできます。

しかし先ほどお伝えした注意点とともに、IT業界で働くためのスキルを身につけておくといいでしょう。

希望する職種で必要とされるスキルは、求人情報に記載されていることがあります。

そのスキルを完全に身につけることはできなくても勉強しておくことはできますね。

必要なスキルを身につける姿勢をアピールすれば、ポテンシャルの高さが認められる可能性があります。

転職活動中に勉強をすることは大変ですが資格の取得を目指すのもいいでしょう。

 

最後に

 

成功へ向かう

 

今回は転職求人の「経験者優遇」が意味することについてご紹介しました。

この言葉を見ると経験者を採用したいという企業側の思いが伝わってきます。

経験者優遇とはいっても未経験者が応募することはできますし、実際に採用されることもあります。

反対に経験者だからとって必ず採用されるわけではないのです。

経験者優遇案件だからこそ経験者は自分のスキルや実績を上手くアピールする必要があります。

また未経験者の人も諦めずに企業への志望度を伝えていきましょう。

 

未経験者が応募できるか不安、必要なスキルを知っておきたいという人は転職相談に登録することをおすすめします。

転職エージェントに相談しながらIT転職を成功させてくださいね。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

転職活動、企業とのマッチング

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook