1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 人事異動の目的はなに?断る場合は転職を視野に入れよう

人事異動の目的はなに?断る場合は転職を視野に入れよう

新年度を迎える3月や半期が終わる9月は人事異動の辞令が増える時期です。今回は人事異動は断ることができるのか、また人事異動を理由に転職しても良いのかについて解説します。望まない異動を命じられてしまった場合や、異動が予想される方はぜひご覧ください。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

人事異動とはなにか

 

 

人事異動の意味

 

そもそも人事異動とはどういう意味なのでしょうか?

人事異動とは、会社や企業の命令によって従業員が働いている部署や配属先を変えることを意味します。

部署や配属先の異動は、今まで働いてきた環境がガラッと変わる為にまた覚える部分から始めるケースが多いです。

そのため、人事異動に対して、嫌な印象を抱く人も少なくありません。今までの仕事のスキルを活かせる部署であれば問題はないのですが、今までと全く違うスキルが必要になる可能性も十分にあります。

そうなった場合には、元のスキルを完全に活かせるわけではないので、また1からすべての業務を覚えていくことなります。

ちなみに、人事異動が行わる時期として多いのは、新年度が始まる4月10月が多いようです。

 

人事異動が必要な理由

 

 

人事異動が行われるケース
  • 新事業を立ち上げるため即戦力が必要な場合
  • 人材の適正に合致した業務に合わせるため
  • 人材教育を目的としたケース

 

ではなぜ会社は人事異動を行う必要があるのでしょうか?

せっかく就職して希望の部署に配属されたのに数年経って違う部署へ移動させられる人もいれば、就職してからそのまま希望の部署で働けている人もいます。その違いは一体なんなのでしょうか?

様々な疑問があると思いますが、ここからは一般的な人事異動の理由についてご紹介していきます。これから社会人になる方や今現在会社で働いている方で人事異動になるかもしれない!と心配に思っている方は必見です。

※あくまで一例なので、会社によっては他の理由もあると思います。参考程度にご覧いただけると幸いです。

 

人材教育のための人事異動

 

よくある人事異動の理由の1つが、社員の人材教育のための人事異動です。

これから期待できそうな社員を新しい部署へ配属することで、新たなスキル獲得や様々な人と関わることができます。そうすることで、社会経験アップが見込めます。

今までとは違った環境で仕事をすることにより、今まで内側からは見えていなかった部分が外から見ることでより深く理解することができたりするメリットがあります。

また、優秀な社員を他の部署へ配属することにより業績向上を見込むこともできます。人事異動の理由は様々ですが、1番多い理由としては人材教育の為が多いようです。

 

新たなプロジェクトなどで即戦力が必要の場合の人事異動

 

会社が新たなプロジェクトを立ち上げた場合に、即戦力を扱うために急遽人事異動を行うというケースもあるようです。

新しいプロジェクトを確実に成功させるために優秀な人材の人事異動を行うことで業績の向上を見込めます。会社側からしても新たに始めるプロジェクトは絶対に失敗したくありません。

そこで様々な部署から優秀な人材にプロジェクトを担ってもらうために人事異動を行うケースもあるようです。新プロジェクトの場合は周りも全くの初心者なので他の理由による人事異動よりは気を使わないので楽だと言う声も多くあります。

 

適性の合う部署への人事異動

 

会社では様々な部署があり、入社当初希望していた部署が絶対に自分が得意な部署だとは限りません。

興味があって入社しても思っていたのと違ったり今までの経験が活かせなかったりと思い通りに進まない場合もあるでしょう。

そんな時に会社側が、より適性の合うの部署を判断して別の部署への人事異動を行うことがあります。

自分ではわからないものですが、他人から見ると別の部署の方が向いていると思われることも。適材適所という言葉がありますが、その人がやりたい仕事ではなく向いている仕事をしてもらうように人事異動を行うことがあるようです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

人事異動は断ることができる

 

 

実は、人事異動は理由によっては断ることができるんです。人事異動を断る理由として多いものは下記のとおりです。

 

人事異動は断ることができる

 

実は、人事異動は理由によっては断ることができるんです。人事異動を断る理由として多いものは下記のとおりです。

 

主な人事異動を断る理由
  • 家族のことなど正当な断る理由がある場合
  • 職権乱用などの不当な理由の場合
  • 業務内容で勤務地が限定されている場合

 

このようなケースの場合は断ることができるようです。

病気の両親がいて、面倒を見てあげられるのが自分しかいない場合は転勤を命じられてもその場を離れるわけにはいきません。このようにやむを得ない事情が理由の場合は断ることができるようです。

しかし、就業規則に転勤や人事異動を行うと書いてある場合には原則として断ることはできません。どうしてもの理由がある場合は人事に相談をしてみるようにしましょう。

 

人事異動は業務のマンネリ化防止にもなる

 

イメージ画像_日が昇る

 

悪い慣れを避ける目的もある

 

同じ仕事をしているとスキルがより磨かれて良いと感じる方も多いと思います。しかし、実はそうではない一面もあります。同じ作業を繰り返し行い慣れることよって、気づかないうちに手を抜いてしまったりすることがあるのです。

そういった悪い意味での慣れを回避するために人事異動を行うことで、新しい環境に身を置くことできます。それにより、いつでも新鮮な気分で仕事をしてもらるようにという会社の考えで人事異動を行うことがあるようです。

慣れは非常にやっかいです。自分では手を抜いたつもりはないのにミスが起こってしまい、周りに迷惑をかける可能性もあります。

そういった万が一のことが起こらないように、ある程度の年数が経てば新しい環境へと人事異動を行います。そうすることで、心機一転新たな気持ちで仕事をしてもらうことも狙いとして挙げられます。

 

Point

人事異動は社員の仕事に対するモチベーションを高める効果もある

 

人事異動をきっかけに転職をするのはあり?

 

 

人事異動を理由とした転職は割とある

 

実は、人事異動が原因で転職を行う方は実際に多いんです。

上でも記載したように、人事異動は正当な理由がない場合には断ることは難しいんです。自分が望まない部署への異動を命じられた際には、転職を考えている方にとっては良いきっかけとなることがあるようです。

人事異動をしたからって、必ずしも悪い方向に進むとは限りません。しかし、実際にこれから働いていくのは自分自身です。

自分が働きたくない環境で無理に働いているとストレスが溜まり、体調の悪化にもつながり最悪の場合は鬱になることもあります。

自分の身を守るためにも、どうしても人事異動に納得がいかない場合は、他の企業へ転職するのも1つの方法です。人事異動された先が自分の望まない部署だった場合には、転職を考えることも一つの手です。

 

Point

納得がいかない人事異動はストレスに….。そんな時は転職も視野に!

 

最後に

 

 

  • 人事異動は社員の環境を変えることによりコミュニケーション能力やスキルアップに繋がる
  • デメリットのイメージが選考しがちだが人事異動は自身の新たな業務適正を知るチャンスでもある
  • 人事異動は転職のきっかけになることが多い

 

人事異動の目的や断る理由についてご紹介してきました。

慣れ親しんだ環境を離れて、1から仕事をするというのは想像以上に大変で気を使うことも多いと思います。しかし、新たな環境に身を置くことでスキルアップや人脈作りにも繋がることもあります。

異動と聞くとなぜか良くないイメージが専行しますが、一概にそういう訳ではありません。会社側がその人にとって適切な部署へ配属し、これからの成長の為を思って人事異動を命令するケースもあります。

 

もし下された異動命令がどうしても嫌な場合には、思い切って転職をすることも一つの手です。

働きたくない環境で働いていると自分の体調を崩すことにもなりますし、嫌な気持ちで働いていたらパフォーマンスが落ちていくばかりで、思うように成果を上げられません。

人事異動が下された場合はしっかりと考えたうえで、どのようにするかを判断してどうするか決めましょう。客観的にしっかりと考えることで、おのずと良い方向に繋がるのではないでしょうか。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事