カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. コロナが流行っていても転職活動はするべき??オンライン面接などを導入している企業も多くあります!
  • 転職準備

コロナが流行っていても転職活動はするべき??オンライン面接などを導入している企業も多くあります!

新型コロナウィルスが経済に与える影響は計り知れません。そして、その影響は転職市場にも影響しています。一見このことはマイナスのように取られがちですが、実は意外にもこの時期こそ転職のチャンスだったりするのです。コロナによって様々な影響が出ている今なぜ転職活動をすべきなのか、今回はその理由などを解説していきます。

アイキャッチ画像

コロナによる経済状況をサクッと振り返ろう

 

売り手市場だった転職活動の大きな変化

 

今や至るところで耳にする新型コロナウイルス。その感染者は日々急激に増加し、イベントの自粛はもちろん、企業の経済活動そのものも自粛するなど、いまだかつてないことが起こっています。これらの影響は様々な分野にも広がっており、転職市場にもその波が来ています。

コロナが流行る前は転職市場はまさに売り手市場であり、自分が希望していた職種や企業には高確率で就職することができるほどでした。しかしそれが一転、有効求人倍率が4ヶ月連続で減少するなど、転職活動に大きな影響を及ぼしています。更に、ハローワークなどの職業安定所自体も一時閉鎖されるなど、職を探そうにも探せないという人が多くいるのが現状です。

 

倒産する企業の増加

 

イメージ画像

 

コロナの影響を受けているのは転職する方たちはもちろん、企業側にも大きなダメージを受けています。業績悪化はもちろん、経営活動を持続するために様々な施策を打ち出すなどしています。その結果採用にはどうしても手が回らず、結果的に採用を抑える動きが出てきています。

そしてなにより、今回の影響で倒産する企業もあとを絶ちません。中小企業の倒産も相次いでいますが、海外では大手企業が倒産するという事態にまで発展しています。こうした影響が大きくなると、当然転職活動も難航してしまう可能性も大きくなってしまいます。

 

コロナが流行る今は転職活動は厳しい?

 

不況と求人数は比例しない

 

 

ここ最近倒産や感染者の急増など、ネガティブな話題ばかりが世に出回っています。こうした話題が広まることでどんなことにもネガティブに捉えるようになってしまいます。特に最近では、転職したいけど今の時期転職活動自体しないほうが良いのかな、と躊躇してしまう人が少なくありません。

確かに先程の部分でも述べたように採用に対して消極的な企業が増えていたり、倒産する企業も増えています。しかしだからといって、転職活動が厳しいというわけではありません。ではなぜそう言えるのか、次の部分で解説していきます。

 

すべての企業の採用が止まったわけではない

 

企業の倒産などで求人倍率が減少しているのは事実です。しかし、ここで覚えてほしいことは、減少しているだけですべての企業で採用していないわけではない、ということです。現在様々なことに対して自粛を求められていますが、採用活動をしている企業が全くないわけではありません。

あくまで数が減ってきているだけで0になったわけではない、ということをまずは知りましょう。そう考えるだけで心も少し軽くなるはずです。この状況を逆にチャンスと捉えて行動すれば、必ず良いことが起こるはずです。

 

企業の採用活動は通常運行?

 

コロナの影響で求人が、、、と思いきや

 

イメージ画像_面接官

 

もう一つ知っておきたいこととしては、コロナで求人が減少しているのはすべての業種ではない、ということです。確かに観光などの業種はかなり業績が悪化している企業がほとんどですが、中にはコロナが流行る前と変わりないか、むしろコロナがきっかけで売上がかなり上がったという業種も存在します。

特にIT系の企業は現在でも積極的に採用を強化しており、爆発的な流行が起こる前と比べてもあまり影響を受けていません。現在転職活動を躊躇している人でもしもIT系の業種に転職しようと考えている人は、ためらわずに積極的に動きましょう。

 

ベンチャー企業や中小企業が今熱い

 

流行前と変わらず積極的に採用を強化している企業の中で最も多い企業は、意外にもベンチャー企業中小企業なのです。その理由は主に2つあり、一つはすでに変化に強い体制をとっているためです。後ほど紹介しますが、IT系の中小企業の多くはオンラインでの面接をすでに導入しており、こうした事態になっても今まで通り採用活動を続けることが可能なのです。

そしてもう一つの理由は、企業側もチャンスだと捉えているためです。採用活動が消極的になっているとここまで何度も述べましたが、その多くは大企業なのです。視点を変えると、今まで大企業に流れがちだった人材を自分たちの企業に取り入れることができる絶好のタイミングがまさに今なのです。その結果多くのベンチャー企業や中小企業が今まで以上に採用に力を入れているのです。

 

企業による転職活動においてのコロナ対策と今後

 

オンライン面接が急速に普及

 

イメージ画像_オンライン

 

今回の影響を受けて企業側はどのような対策をしているのか、ここでは実際に行われている企業側の取り組みを紹介していきます。まず紹介するのはオンライン面接が急速に普及したことです。今までは地方などの遠方に住んでいる人向けの面接という印象が強かったのですが、コロナの影響で人との接触を抑えるために、オンライン面接を主軸としている企業が急増しています。

また今回をきっかけに、今までオンライン面接を導入していなかった企業が導入を始めているなど、新たにオンライン面接を始める企業も急激に増えています。多少課題なども出てきてはいますが、そうした取り組みをしてでも人材を確保したいという企業が多くいるのが事実です。

 

企業が求める人材と社員の変化

 

一方で、企業側が求める人材や雇う社員の形態にも変化が出ています。例えば今までは新卒一括採用で会社に来られる人材をメインに募集するのが一般的でしたが、経費などを抑えるためにフリーランスなどの外部委託を重点的にする、という動きも出てきています。

人との接触を抑える動きが強い現在、企業はテレワークなどに移行するための準備などでかなり大変です。そんな動きの中で、今後はテレワークなどの柔軟な働き方になれているフリーランスをメインにしたほうが良いのではないか、と考える企業が徐々に出てきています。これは今後も広がっていくことでしょう。

 

今求められるコロナに負けない転職活動の心得

 

確かな情報のみを信じろ

 

 

では最後に今転職活動をしている人に向けて、これだけは意識してほしいことをお伝えします。まず言いたいことは、確かな情報のみを信じましょう。SNSなどの普及と同時に、様々なデマが流れるようになりました。ただでさえ今は些細なことに対してもネガティブに捉えがちになってしまいます。そうした今だからこそ、確かな情報のみ信じるようにしましょう。

例えば今度応募しようと検討している企業が倒産の危機にあるという噂を聞いたとき、すぐに鵜呑みにしてはいけません。業績や営業係数など、数字で明確になっている情報はいくつもあります。そうした情報も含めてしっかり調べ、その上で周りに流されずに行動しましょう。

 

自宅でスキルを身につけろ

 

テレワークや職場の休業などで自宅にいることが増えています。外に出ても休業しているお店が多く、だからといって自宅で何をすれば良いのかわからない、という人も多いはずです。最近ではアスリートなどが自宅でもできるトレーニングなどを紹介していますが、せっかく自宅にいる期間が長い今だからこそ、スキルを身につけましょう

プログラミングについてはオンラインで学習できるサービスなどが多く存在しています。今まで仕事などでなかなかスキルアップのための勉強ができなかったという人も、逆に今が絶好のチャンスです。今自宅にいなければいけない時期だからこそ、自分のスキルを限界まで身につけておきましょう。そうすることで今後の自分の行動の幅が大きく広がります。

 

コロナは働き方のすべてを変える

 

今回はなぜコロナが流行っている今でも転職活動はすべきなのか、その理由を様々な視点から解説しました。

 

今後の転職市場はどうなる

 

今回の経済に与えた影響は、現時点ですでにリーマンショックに匹敵すると言われています。そして今後はさらに悪化するとまで言われている程です。当然そうなると派遣社員などの雇い止めなども増加し、転職市場に流れ込む人口は大きく増加するはずです。

転職市場に職を求める人が増加すると、当然その人達の間で競争が発生します。だからこそ、自宅待機を余儀なくされる現在だからこそ、今後のためにもスキルアップをすることが重要となってきます。もちろん転職活動をすることも大事ですが、とにかく今は、どんな事になってもその歩みを止めないことです。

 

最後に

 

 

よくいろいろなことが行き詰まったときに、どうにもできない、と感じてしまうことがあるはずです。確かにどうにもできないときは何をどうすれば良いのかわからないものです。しかしそう感じたときにこそ、どうにでもできる、と考え方を変えるようにしましょう。どうにもできないということは、逆にどうにでもできるのです。とにかくなにか行動を起こせば、どこかしらの方向に向かって進みます。

コロナの影響で様々なことが制限されており、まさにどうにもできないと感じている人はかなり多いはずです。しかし、こんな時だからこそ、どうにでもできると考え方を改め、なにかできることを模索することから始めましょう。そして、このかつてない事態を一緒に乗り越えましょう。

どーばー

Geekly Media
ライター

アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。