1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動期間の平均は3ヵ月!長引いた時の対策は?年代別に見るおすすめの転職活動の進め方を解説します

転職活動期間の平均は3ヵ月!長引いた時の対策は?年代別に見るおすすめの転職活動の進め方を解説します

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職活動に必要なおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

転職活動期間の平均は3か月!

 

 

一般的に転職するまでの期間は3か月ほどといわれています。

しかし、いざ転職しようと考えると3か月で内定がもらえるとは限りません。「長引いたら…」と不安になる気持ちは良くわかります。

実は転職するまでの期間には、転職活動を進める前に行うべき準備や注意を払うべき点があるのです。これらの見定めを誤ってしまうと、転職までに長い期間がかかることもあります。

そこで本稿は、転職活動の「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマについて解説します。

 

年代が上がるとより長引く傾向も

 

年代別で見ると、年齢が高い方が転職までに時間がかかる傾向にあります。

20代ではおよそ半数近くの人が「転職に要した時間は3ヶ月未満」であるのに対し、50代では3か月未満で転職できる割合が5人に1人程度に留まるとされているからです。

年齢が高くなるほど、スキルや経験が豊富で管理職や即戦力としての採用が求められます。

さらに、そういった求人は新卒や第二新卒に比べて少ないため、企業も慎重になることが多く、転職活動が長引く原因となるケースもあります。

こういった傾向もふまえながら、まずは転職の流れについて解説して行きます。

 

 

転職活動の流れ3ステップ

 

 

一般的に転職するまでの期間が3か月だとわかりました。

しかし、今回がはじめての転職活動だとしたら、3か月の流れがわからないですよね。

転職しようと決めてもはじめての経験であれば、一体何から手をつければ良いのか不安に感じるでしょう。はじめての経験はどんなことでも不安はつきものです。

そんな転職活動がはじめてというあなたへ、3か月を3つの期間に区切って解説します。あなたの転職活動が有意義になるように、ぜひ参考にしてみてください。

 

①事前準備

 

転職の流れで1番大切なのが「事前準備」です。

事前の準備が万全でなければ、必ず後悔する転職になるといっても過言ではありません。

 

まず1つ目の大切な準備は、あなたの未来の姿を明確にしてください。

未来の姿を明確にするためには、しっかりとした転職理由が必要です。単に現在の仕事が嫌だからという理由では転職は成功しません。

 

2つ目の大切な準備は、あなたの武器を知ることです。

自分自身のことはあらためて考えないとわかりません。武器を知らずにする転職活動は、レベル1で竜王の城に行くようなものです。

 

②書類選考から面接まで

 

あなたが申し込む転職先が大企業や人気の業種であれば、いきなり面接というケースはありません。

履歴書と職務経歴書を送付して書類選考となるのが一般的です。

書類選考の期間は、募集締め切りから数えて2週間程度とみておけば良いでしょう。そこから1次面接までに2週間程度、2次面接までにさらに2週間程度だと考えてください。

最終面接が2次面接であったとしたら、それまでの期間だけでも1か月くらいかかります。そこから2週間くらいの期間をかけて、応募先の企業が合否の判断を行うことになるでしょう。

 

③内定してから

 

晴れて内定をゲットしたからといっても、すぐに働けるわけではありません。これは内定先の企業にも都合があるためです。

企業が募集するのは、欠員の補充や新規事業の展開、世代の若返り目的などがあてはまります。内定を決定した時点では、まだ人員を補充するタイミングでないことがあるのです。

また、年度がわりに定年することとなる働き手の補充が目的であるとも考えられます。そうなると、入社日が4月1日であることも珍しくありません。

 

 

年代別の転職活動期間の過ごし方

 

 

20代の転職活動期間の過ごし方

 

企業側が20代に求めるのは、即戦力より伸びしろに期待したポテンシャル採用が多い傾向にあります。

「なぜ、転職したいのか」「入社したらどんなことをしたいのか」といった志望動機を、自身の強みをふまえてまとめておきましょう。このような自己分析を行う上で、転職エージェントに相談してみることも一つの手です。

また、準備はもちろん応募条件・採用基準の事前確認は必須です。

転職したい理由の再確認にあわせて、自分は職場にどんな事を求めているのかという軸を把握しておく事が大切です。

場合によっては、希望する企業で求められるスキルや資格取得の準備期間なども確認しましょう。

 

30代の転職活動期間の過ごし方

 

30代からは中間管理職として責任ある地位に就く人も増えて来る年代と言えます。

そのため、転職活動に思うように時間が割けない方も少なくないかもしれません。

効率的に転職活動を行うために、自身のスキルの棚卸しは早めに行っておきましょう。

書類作成や面接において、実績や経験、スキルをもとに、企業にどのような貢献ができるかを効果的にアピールするポイントを教えてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

その後のライフステージを見据え、後悔のない転職活動期間を過ごせるような時間の使い方をしましょう。

 

40代の転職活動期間の過ごし方

 

40代の転職で最も求められるスキルはマネジメント能力です。

また、これまでの実績、職務内容が他の年代に比べてより重視される傾向にあります。

しかしすでに責任ある職に就いている場合も多く、転職活動を並行して行う事が困難な方も多いでしょう。

20代、30代に比べ転職期間が長引いてしまう理由はこういったところにもあります。

時間の融通がつき辛くても、自己分析を徹底して行い、自分自身の言葉で伝える事を最も求められる年代でもあるため、転職エージェントの活用が効果的な年代と言えます。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職活動は離職後?それとも在職中?

 

 

転職するにあたり、「離職後に活動する」か「在職中から活動する」か、どちらのスタイルで進めるべきか迷っていませんか?

先がみえない転職では、どのように進めるべきか迷うことは当然のことです。

実は、「離職後の活動」でも、「在職中での活動」でもメリットとデメリットがあります。現在のあなたの状況を良く確認して判断しなければなりません。

それでは転職のスタイルである「離職後」と「在職中」を判断するために、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

離職後に活動をするメリット・デメリット

 

転職活動をはじめたのち、必ずしもすぐに内定をもらえる保証はありません。「いつ内定がもらえるかわからない」という点が離職後に転職活動をする一番のデメリットだといえるでしょう。

また、離職することで会社から給料をもらうことが出来ず、金銭面での不安が生じてしまうというデメリットもあります。

 

一方で、離職後の転職活動には自由な時間を得られるというメリットがあります。

面接を申し込んだ企業の都合に合わせることや、スキルアップの時間を確保できる点は魅力といえるでしょう。

また、失業保険を受け取ることで、金銭面の不安を解消できる場合があります。失業保険を受け取ることが出来る条件を離職前に細かくチェックし、転職活動に備えることも重要です。

 

 

在職中から活動をするメリット・デメリット

 

在職中に転職活動をするデメリットは、どうしても時間が拘束されてしまうことです。

申し込んだ企業が指定する日時に有給休暇が取得できないなんてこともあるかもしれません。

面接の日時を変更してくれる企業もありますが、採用側にも都合があるので認められないケースも考えられます。

 

在職中に転職活動をするメリットは、毎月必ず安定した給料が入ってくることだと言えます金銭面で不安になることが無く、万全の状態で活動を進めることが出来ます。

さらに、在職中に転職活動を行うことで、内定が出た際にも焦ることなく現職を比較しながら冷静に転職先を決めることもできます。

そのため、安定した給料を受け取りながら心に余裕を持てる在職中転職活動を行うことをおススメします。

 

ただし、給料が未払いであったり、長時間労働やハラスメントなどで心身に影響したりするのであれば、離職後に転職活動をするべきです。健康を損なってしまってはいけません。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職活動期間が長引く原因と解決法

 

 

いざ転職活動をはじめて転職する時期の目安を決めていても、予定通りに進まないこともあるでしょう。

ではなぜ転職活動期間が長引いてしまうのか、その原因と解決法をご紹介します。

 

①事前準備不足

 

まず1つ目の原因は準備不足です。

転職活動を始めるためには、転職理由を明確にしたり自分をアピールできる履歴書や職務経歴書を作成しなければいけません。

ここを怠って何も考えずに始めてしまうと、転職の軸もぶれてしまい中々転職が決められなくなってしまいます。

 

まずは自分がなぜ転職したくて、転職先で何をしたいのか。そして自分は何ができるのかをしっかりと整理して事前準備を万端にしましょう。

 

②応募の数とタイミング

 

いくら慎重に行動するといっても、1社ずつ選考を受けていては思ったよりも大幅にスケジュールが伸びてしまう可能性があります。

転職採用の選考には時間がかかるため、興味のあった企業にはまとめて応募することをおすすめします。

面接の練習をしてから本命企業に挑もうとしてタイミングを逃してしまうと、結局希望がかなえられずに1から始めることになってしまうでしょう。

 

③面接の日程調整管理

 

面接の日程調整管理をきちんとしないと、応募先の企業とのすれ違いが起こってしまったり自分の望む時期に転職ができなくなってしまいます。

特に在職中の転職活動の場合は現職との兼ね合いもあるため、しっかりと無理のないスケジュールを組んで面接の日程調整を行いましょう

 

④退職の交渉がうまくいかない

 

内定をもらっていざ転職となっても、現職の都合で退職まで想定以上の時間がかかってしまうこともあります。

入社予定日をずらすと内定先の企業にも迷惑がかかってしまうため、余裕をもって退職をする1ヵ月前には最低でも伝えておくようにしましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

円満退職も転職成功の鍵

 

 

これまで転職活動の進め方や事前準備について解説しました。

しかし、転職するのであれば、これまでお世話になった企業へのケアも大切です。

これまでお世話になった企業へのケアは、あなたの転職する先の入社日にも影響を与える大切なことです。

 

ここからは、離職する企業へのケアで大切な「意思表示」・「段取り」・「縁」についての解説です。

この対応次第であなたの評価も全く違うものとなるでしょう。

 

転職する時期の意思表示をはっきりする

 

意外かもしれませんが、離職する時期をはっきりといえない人が多いのです。

離職する企業からすれば欠員が出るのですから、補充できるまでなるべく時期を遅くしたいでしょう。

いつまでも続く「あと少し」という上司からのお願い。時期をはっきりと意思表示しないので、ズルズルと離職する時期が遅くなります。

 

法律上では、離職する企業に対して退職の意思を「退職の2週間前」までに伝えれば問題ないとされています。

ただし、就業規則で企業独自のルールが定められている可能性もあり、引き継ぎを考えると現実的な期間ではないため、退職日については良く確認すべきです。

 

転職期間は段取り次第で変わる

 

あなたが離職をすると決めたとしたら、いつ業務から離れても大丈夫なように身辺整理しておくのが大切です。

この身辺整理をすることで、スムーズな離職が実現します。

あなたの在職中に人員が補充されたとしたら業務を引き継がなければなりません。事前に身辺整理をしておくと、離職時の引き継ぎがとても効率よく行えます

結果的に、上手に段取りをしておくことで離職するタイミングを希望通りにできる可能性が高まるのです。

 

人との縁は大切に

 

これまでに在籍していた企業で築いたあなたの縁は、人生において大切な財産となります。この財産はお金にはかえられない一生役に立つものとなるでしょう。

また、どんなに憎らしい上司であったとしても、いつどのような形で関わるかわかりません。人との関係を粗末にしてしまうと、仮に一緒に仕事をする機会があった際に「こんなタイミングで関わることがあったのか!」なんて後悔することも。

あなたが転職しようと考えたのも、これまでの経験が大きく影響しています。この経験ができたのもあなたを取り巻く、あらゆる縁のおかげです。

 

余裕をもって円満退職するために

 

ここまで転職の「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマにして解説してきました。

あなたの転職が成功するかどうかは、どれだけ目測を誤っていないかにかかっています。

 

新しい環境にチャレンジする気持ちになれたのも、現職の経験のおかげです。そう考えれば自然と感謝の気持ちが芽生えて、あなたと企業の関係が円満のままに離職できるでしょう。

 

 

転職におすすめの時期があるって本当?

 

 

求人数が増加するのは春と秋

 

一般的に、年度が切り替わる3~4月と下半期へ切り替わる9~10月に新規求人が増えます。

退職者の後任や新規事業のスタートなどで採用ニーズが高まるためです。

ただし応募先が増えるというメリットの一方で、転職者も増加傾向にあります。

この時期を狙うのであれば数ヶ月前から入念に準備を行いましょう。

 

景気が良いとされる時

 

国内全体の景気が良くなると、採用も増える傾向にあります。

ただし、マスコミなどで伝えられる全体的な転職市場の動向は、あくまで参考程度にとどめておくのが良いでしょう。

当然ながら採用ニーズは業界や職種によってそれぞれ異なります。

景気が良くなっているようだからと不用意に転職活動に踏み切るのではなく、自身の希望や今後の展望、スケジュールを基準にしてください。

 

特定の業界が忙しい時

 

国内全体の景気が良くない場合でも、ある特定の業界だけが忙しくなる事があります。

例えばこのコロナ渦においては、ホームページ制作やリモートツールを扱っているWeb関連会社や、携帯・5Gに関連する会社などが注目を集めています。

国の経済政策の影響を受け、急激に忙しくなる業界もあります。

こういった国の情勢にも着目したうえで、まずは情報収集から始めましょう。転職に有利な時期は一人一人違います。

 

 

最後に

 

 

今回は転職活動の期間について、平均期間や流れ、長引かせない方法などをご紹介してきました。

もちろん状況によって色々な転職のスタイルがあるため、1番は自分に合ったペースで転職活動を行なえることが大切です。

円満退職を目指して、大切な転職活動を成功させていきましょう。

人との縁を大切にして、この記事があなたの実りある転職活動の一端を担えれば幸いです。

あなたの転職活動が充実して、思い通りに進みますように!

 

転職エージェントである株式会社ギークリーでは、転職活動の進め方のご相談も承っております。

転職や情報収集をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事