1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 【バックエンドエンジニアのキャリアパス】得られるスキルやバックエンドエンジニアから転職しやすい職種についてご紹介!

【バックエンドエンジニアのキャリアパス】得られるスキルやバックエンドエンジニアから転職しやすい職種についてご紹介!

Web業界でバックエンドエンジニアとしての実績や経験を重ねると、将来へのキャリアパスが気になりませんか?バックエンドエンジニアは、Web業界の中でもかなり専門的な職種です。得られるスキルや経験を活かして転職できる職種に何があるのでしょうか?今回はバックエンドエンジニアのキャリアパスについて、転職エージェントが詳しく解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

バックエンドエンジニアの業務内容とは

 

employee, meeting, work

 

バックエンドエンジニアの業務

 

サーバーやデーターベースの整備、ECカートシステムの構築などバックエンドを手がけるエンジニアです。

ユーザー側から見えないWebの裏側を支えており、プログラマーとも呼ばれます。

バックエンドでの業務はフロントエンドで使うHTMLCSSJavaScriptとは別に、PHPPythonRubyJavaなどプログラミング言語の知識が必要となります。

Web制作の現場ではECサイトやマッチングサイトなど、システム開発が必要な場面で活躍するポジションです。

 

バックエンドエンジニアで得られるスキル

 

バックエンドエンジニアはプログラミングやサーバー整備のスキルはもちろん、キャリアを重ねていくと複雑なシステム開発に携わるようになります。

以下のようなスキルを得ることが可能です。

 

【必須スキル】

HTMLCSSJavaScriptなどフロントエンドの基本知識

PHPPythonRubyJavaなどプログラミング言語の知識

WordPressなどCMS構築の知識

 

【キャリアを重ねることで得られるスキル】

・サーバー、データーベースの構築経験

・サイト制作全体の流れの把握

・複雑なシステム開発・運用の経験

APIGoogleマップなど外部のシステム)の利用・連携の経験

 

バックエンドエンジニアを続けることとは

 

startup, whiteboard, room

 

バックエンドエンジニアを極める将来

 

Webサービスが飛躍し続け、複雑なシステム開発を担うことができるバックエンドエンジニアの需要はますます高まっています。

そのため、バックエンドエンジニアという職を極めるべく、キャリアを重ね続けることも可能です。

日進月歩の速さでWebの技術が進化しており、バックエンドエンジニアのスキル習得にも終わりがありません。

新しいスキルを追求して習得していくことは、まさに「Web業界の職人」。

いろいろなプログラミングスキルを持ち、知見が深いエンジニアは、Web業界で重宝されるでしょう。

業務の内容によっては、キャリアを重ねることで年収アップも見込める可能性もあります。

 

キャリアアップかキャリアチェンジか

 

スキルを極めてキャリアアップをする道を考えるバックエンドエンジニアですが、一方でWeb制作にあたるポジションの中では「作業者」という下流工程のポジションです。

バックエンドエンジニアのままキャリアを重ねることは、この先も一作業者のポジションのままでい続けるということを意味します。

キャリアを重ねた先のキャリアパスには、「キャリアアップするのか」「キャリアチェンジするのか」の二つの選択肢が考えられます。

それぞれの違いは以下の通りです。

 

バックエンドエンジニアとしてキャリアアップする

キャリアアップは、そのキャリアのまま上位ポジションへ進むことを指します。

バックエンドエンジニアのキャリアアップなら、チームリーダーやマネージャーなどバックエンドのマネジメント職が考えられます。他にも、バックエンドの知識を必要とするシステムエンジニアフルスタックエンジニアなども、バックエンドエンジニアならではのキャリアアップの道と言えるでしょう。

同じ会社の中でキャリアアップを目指すことも可能ですが、経験を活かして同じエンジニアポジションに転職すると、年収アップにつながる可能性があります。

 

バックエンドエンジニアからキャリアチェンジする

キャリアチェンジはエンジニアではない職種に就くことを指します。例えば同じWeb業界の中でディレクターやマーケターになったり、まったく違う業界で違う業種に就くこともキャリアチェンジです。

バックエンドエンジニアとしてのスキルに伸び悩んだり、経験を活かして年収の大幅アップを目指したりする場合は、キャリアチェンジを選択することも一手でしょう。

 

キャリアアップするにも、キャリアチェンジするにも、バックエンドエンジニアとして得たスキルや経験は大いに役立てることが可能です。「エンジニアとしてのスキル」を活かすのか、「Webスキル」を活かすのかに分けて、バックエンドエンジニアが転職しやすい職種をご紹介します。

 

エンジニアスキルを活かしたキャリアアップ

 

computer, computers, computer technology

 

システムエンジニア(SE

 

システムエンジニアはクライアントから直接ヒアリングをして、システム開発の要件定義や設計、開発のディレクションまで担当する上流工程のエンジニアです。

SE(エスイー)とも呼ばれ、クライアントとのやりとりが発生するためにコミュニケーション能力も求められます。

フロントエンドからバックエンドまで全般の知識が求められるため、バックエンドエンジニアを経験したエンジニアが目指すパターンが多いポジションでしょう。

転職することで年収アップの可能性があります。

 

フルスタックエンジニア

 

フロントエンドに加えサーバーサイドやインフラも担当するエンジニアがフルスタックエンジニアです。

サーバーサイドやバックエンドに関する知識も必要となり、エンジニアの中でもオールラウンダーなポジションになります。

フルスタックエンジニアもバックエンドの経験を存分に活かすことができるキャリアパスです。

スタートアップ企業などでの需要も増えており、こちらも年収アップも見込めるかもしれません。

 

フロントエンドエンジニア

 

フロントエンドエンジニアは、ホームページをデザインに沿って構築していくエンジニアです。

基本的なHTMLCSSに加え、JavaScriptやフレームワークなどを組み合わせて複雑なサイト構築ができます。

バックエンドを経験しているからこそ、フロントエンドの現場で活躍することも可能です。

ただし年収アップにはつながらないかもしれません。

 

スマホアプリエンジニア

 

Webとは違う言語を扱うのがスマホアプリ。

バックエンドエンジニアとして習得しているスキル次第では、スマホアプリを開発するエンジニアを目指すことも可能でしょう。

スマホを持つ人口が増え、スマホアプリ開発の需要は高まり続けています。

日本人のスマホアプリ利用時間は1日あたり4.8時間と過去最多を記録しました。(参考:PR TIMES『アプリ市場白書2022』)

バックエンドの知識やスキルがあるからこそ、スマホアプリ開発のスキルの習得もおすすめです。

 

Geeklyでエンジニアスキルを活かした仕事を探す

 

Webスキルを活かしたキャリアアップ

 

startup, start-up, people

 

①Webディレクター

 

WebディレクターはWeb制作全般を管理する責任者です。

クライアントと制作現場をつなぐ役割を果たし、Web全般の知識とコミュニケーション能力を必要とするポジションになります。

バックエンドエンジニアを経験していると、システム開発を伴う難しい案件のディレクションが可能です。

Webディレクターの中でもシステム開発までできるディレクターは希少な存在のため、スキルを活かして活躍できます。

業界で上位ポジションにあたるWebディレクターは、年収アップも見込めるでしょう。

 

②Webマーケター

 

サイト分析やSEO対策、Web広告などでクライアントのサービスのマーケティングをサポートする職種です。

Webマーケティングに関するスキルとコミュニケーション能力を必要とします。

マーケティングのためのWebサイト改善、改修提案など、エンジニアスキルを活かせるポジションでしょう。

 

GeeklyでWebスキルを活かした仕事を探す

 

キャリアパス診断を使ってキャリアの可能性を見ることもおすすめ

 

株式会社ギークリーでは、簡単な質問に答えるだけでChatGPTがキャリアについて診断するコンテンツを展開しております。

将来描ける可能性のあるキャリアについて、職種・年収・要求されるスキルの項目から知ることが出来る、完全無料で利用可能な診断コンテンツです。

診断結果の閲覧に加え、プロのコンサルタントとの面談も無料で行えるため、キャリアについてお悩みをお持ちの方はぜひ活用してみてください。以下のボタンより診断が行えます。

 

【簡単3分】キャリアパス診断をしてみる

 

バックエンドエンジニアとして独立

 

office, startup, business

 

フリーランスに必要なスキル

 

バックエンドエンジニアのスキルと経験を活かして、フリーランスとして独立することも可能でしょう。

エンジニアの中でもバックエンドの領域のスキルがあるバックエンドエンジニアは大変重宝される存在です。

うまくスキルや実績のアピールができれば、Web業界から仕事は絶えず受けることは可能でしょう。

ただし、フリーランスは確実に仕事が保証されるわけではなく、自ら営業をするコミュニケーション能力も必要ということを併せて心得るようにしましょう。

 

将来性の高いバックエンドエンジニアの特徴

 

本の上に置かれたメガネ

 

クラウドやプラットフォームが台頭したからといって、既存サービスの保守運用業務がなくなることはありません。

既存システムの修正や改善にもバックエンドエンジニアのスキルは必須です。

新しいシステムの開発においても古い技術の知見が求められたり、Webサービスやアプリはリリース後も修正点や仕様変更が出てくるといった特性からも、バックエンドエンジニアとして確かなスキルを持った人材の需要は引き続き高いと言えるでしょう。

 

ただし幅広い知識やスキルを保有しているだけでなく、求められる役割の変化に伴いスキルを更新し続ける必要があります。

特にコーディングは今後なくなっていくと予想されていることもあり、仕様書に沿った単純作業しかできないバックエンドエンジニアは需要を維持することは困難です。

市場価値を高める工夫ができれば、将来性の高いバックエンドエンジニアとして活躍することも可能です。

 

今後求められるスキル

 

クラウドの台頭により、バックエンドエンジニアも対応が求められるようになっています。

AmazonのAWS、MicrosoftのAzure、GoogleのGCPに代表されるようなクラウドサービスのスキルは身につけておく必要があるでしょう。

また、先述の通りフロントエンドのスキルやフレームワークのスキルも保有していると重宝される傾向は強まると考えられます。

 

 

まとめ

 

work, workaholic, writer

 

Web制作の裏側を支えるバックエンドエンジニアには、その実績を活かしたさまざまな道へのキャリアパスがあります。

バックエンドエンジニアとしての実績や経験に自信が出てきたら、ぜひキャリアパスを考えて転職に挑戦してみてはいかがでしょうか?

Geeklyでは、コンサルタントがバックエンドエンジニアのキャリアパスについてのアドバイスと、適正な転職ができるようにサポートしております。

お気軽にGeeklyまでご相談くださいね!

 

【簡単1分!】相談をする

この記事の監修者

松村達哉

新卒で総合人材紹介会社に入社し、6年半の間、プレイングマネージャーとして、キャリアカウンセラーと法人企業へのコンサルタントを兼務。2011年12月にIT・インターネット業界に特化した株式会社ギークリーの立ち上げに参画し現在に至ります。カウンセリング人数は述べ4000名にのぼり、某転職サイトのキャリアカウンセラーランキングで、3位(2500名中)を獲得した実績もございます。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事