カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 海外インターン経験を職歴に記載する方法解説!履歴書・職務経歴書でのアピール法を転職エージェントが紹介
  • 転職活動

海外インターン経験を職歴に記載する方法解説!履歴書・職務経歴書でのアピール法を転職エージェントが紹介

海外カレッジ・職業訓練学校を通して申し込み、海外企業で実際に業務経験を積む「海外インターンシップ」。しかしながら実際に履歴書でどのように経験を記載するべきか、また海外インターンのどういった点をアピールするのかで採用担当者に与える印象は大きく変わります。そこで今回はこうした海外インターンを職歴に記載する方法についてまとめました。

世界地図

海外インターンシップ経験は履歴書に書ける?

 

海外

 

最初に「学生時代または社会人になってからの海外インターンの経験は履歴書に書いてもよいか?」に回答しておきます。

結論からいうと書くこと自体は可能ですが、当然ながら書き方や内容には工夫が必要です。

インターンシップとはいえ海外企業で業務を行った経験であることには違いありませんから、貴重な経験になります。

転職者が海外インターンシップの経験を通してどんな成果を得たか?は採用担当者の興味を引くでしょう。

またその過程でどんな失敗をして問題をどのように解決したかも採用担当者にとって注目するポイントとなります。

 

海外インターンの経験は転職に有利?

 

転職活動・就職活動などで実しやかに囁かれるのが「海外でのインターン経験があると転職に有利になる」というものです。

しかしこの話に関しては必ずしもそうではなく、経験があるから有利になるとは限りません。

ここではその理由について解説します。

 

海外インターンシップは誰でも行ける

 

挑戦

 

海外で長期間・英語を使って働くというと、表面上は確かに魅力的な人材に見えるでしょう。

海外インターンシップは間違いなく貴重で、得難い経験です。

しかし単に海外インターンシップに参加したから転職に有利とは限りません。

海外インターンシップを経験した社会人の絶対数はまだ少ないのが現状ですが、制度やサポート自体は整っています。

すなわち、資金と時間さえ確保できれば誰でも行けてしまうので特別なものではないのです。

このような噂話を鵜呑みにしないできちんと対策を立てましょう。

 

大事なのはあくまでも「経験した内容」

 

経験

 

仮に海外インターンシップに参加しても受け身に過ごし積極的に行動しなければその経験は成長にはつながりません。

重要なのは異国の地でどのような困難があり、それに対して自分がどう考えどう乗り越えたかという経験です。

履歴書に海外インターンの経験を書くときは「自分がどんな行動をしたか、どんな成果を得たか」がメインになります。

ここを履き違えてただ行った経験だけをアピールしても採用担当者の印象に残るものにはなりません。

 

履歴書でアピールしやすい海外インターンの種類

 

海外インターンシップは履歴書・職務経歴書に書くことができますが、何でも記載できるわけではありません。

自分のインターン経験を全て入れてしまうと煩雑な印象を与えてしまうため、むしろ逆効果です。

職歴に海外でのインターン経験を記載する場合いかに採用担当者の興味を引けるかが重要になります。

内容を考える際は次の4つのポイントを押さえておきましょう。

 

インターンシップの期間

 

期間

 

海外インターンとはいえ1週間~2週間程度の業務では多くの経験を積んだとは認識されません。

ある程度の経験をアピールする目安として1ヶ月以上の期間があるインターン経験を記載しましょう。

また半年~1年など渡航期間が長いものは優先的に記入することをおすすめします。

それだけ長期間勤め上げる忍耐力と精神力を兼ね備えた人であると評価してもらえるからです。

 

志望企業に近しい業種

 

職歴に記載するときはなるべく転職者が志望する企業と近しい業界のインターン経験を記載しましょう。

実際に転職希望の業界の仕事を体験した上で志望をしているため適性を見出してもらいやすくなります。

また自分のインターン経験の中で、志望する企業とリンクする要素があれば忘れずに記載してください。

採用担当者から高評価をして貰いやすくなり採用率は高くなるでしょう。

 

日本ではできない経験

 

海外の人に日本語を教えるなど日本国内では体験できないことを経験してきたエピソードも注目されやすいです。

日常生活で前例のないことに飛び込みどのような問題に向き合うのかというところに海外インターンの独自性があります。

姿勢を評価してもらうには日本では経験できない海外ならではの体験を織り交ぜるのがおすすめです。

 

語学力・コミュニケーション能力

 

会話

 

海外インターンでは現地の人とのコミュニケーション能力、つまり語学力も大事なポイントになります。

たとえ外国語をうまく話せなくてもコミュニケーションについて記入する価値はあるでしょう。

大事なのは現地の人とやり取りをするとき何を心がけていたか、どういった工夫をしていたかといったエピソードです。

そうした経験を織り交ぜれば環境に適応する能力やコミュニケーション能力の評価につながります。

 

無料転職相談に登録して憧れの企業へ転職しよう

 

インターンシップ経験を記載する場所

 

書く

 

履歴書・職務経歴書に海外インターンシップの経験を記載する場合、記入する場所がある程度決められています。

海外インターンの経験は主に「履歴書の職務欄」または「職務経歴書」に記載するのが一般的です。

入社後に役立つ情報やアピールしたいことが別途である場合は履歴書の自己PR欄を使うこともできます。

 

海外インターン経験を履歴書に書くときのポイント

 

海外インターンシップの経験を履歴書・職務経歴書に記入するのですが押さえておくべきポイントがあります。

記入前・記入後に確認しポイントを意識しながら書きましょう。

 

内容を素直に書く

 

道徳的な話になりますが、前提として嘘の内容を織り交ぜることはしてはなりません。

それがどんなに些細でどのような目的で入れられたものであっても自分の評価を落とすものでしかないのです。

そのようなことをして自分と合っていない企業へ入社しても双方にとってメリットはありません。

思い切って素直に伝えて合わなかったら縁がなかったと思って次に行くという心持ちで臨みましょう。

 

インターンシップで得た成果を明確にする

 

成果

 

ここまでにも何度か言及しましたが、採用担当者が知りたいのは「自分に海外インターン経験があるか」ではありません。

重要なのはあくまで「海外インターンを経て自分が何を得たか」という経験成果になります。

採用担当者の役目は転職者が企業に入ったとしてどのような働きが期待できるかという適性を見極めることです。

上記したように、単純に海外インターンの経験があるというだけでは不十分で決め手に欠けます。

自分が海外という新鮮な環境で行動した結果そこでどのような成果を得たかを明確にして伝えましょう。

 

退職の理由とリンクしているとなお良し

 

転職活動では当然前職を辞めた理由も聞かれますが、これは企業にとって早期退職はリスクが大きいからです。

採用担当者が「前職と同じ理由で辞めないか」を確認することが大きな目的としてあります。

そのため退職の理由と海外インターンの経験を新しい仕事を選んだ決め手としてリンクさせておきましょう。

そうすることで海外への出張や勤務を希望する人材であるとアピールすることもできます。

 

転職後海外インターンシップ経験はどう活かされるのか?

 

企業に海外インターンの経験をアピールすると転職後にどのようなメリットがあるかを理解しておきましょう。

 

海外出張・海外事業の機会に恵まれる

 

事業

 

ビジネス系の海外インターンシップを経験していれば海外出張海外駐在を任命されやすくなるといえます。

英語でのコミュニケーションの目安となるTOEICの導入をはじめ海外事業に目を向ける企業は多いです。

しかし、実際に海外事業の経験がある社会人はまだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。

そういう現状があるため海外インターン経験者には海外事業の声がかかりやすいというメリットがあります。

 

日本の労働環境を客観視できる

 

客観視

 

海外経験があると日本の労働環境やワークライフバランスについて客観的な視点を持つことも可能になります。

働き方改革の推進により日本の労働環境は改善傾向にありますが、それが客観的に見てどうなのかは中々見えません。

そこで海外でのインターン経験を活かせば、ワークライフバランスの整った働き方を提案することもできます。

日本の働き方を客観的に相対化することで視野が広がり、企業の改善点などが浮き彫りになるのです。

ひいては転職者自ら企業の風土や仕組みを変えていくことも決して不可能ではありません。

 

採用担当者が気になるポイント

 

採用

 

履歴書・職務経歴書に海外インターンシップの経験を記入するだけでは職務経歴としては不十分です。

採用担当者がどこに注目し何を知りたいかを考えながら書くことで初めて評価の対象となります。

採用担当者の興味は海外インターンシップそのものにはありません。

海外インターンシップを経て何を考え、どんな困難にぶつかりどう乗り越えて解決したかが大事です。

即ち転職者が歩んできた海外インターンシップの過程にあります。

こうした経験を素直に伝え自分がどんな人間であるかを伝えることがもっとも重要ではないでしょうか。

 

海外経験は自分を理解してもらう鍵

 

鍵

 

海外インターンシップの経験は転職においてあくまでも自分の成果や性質を伝えるためのツールに過ぎません。

履歴書・職務経歴書で海外インターンの経験を押し出しても、そこから何を学んだかを明確に示せなければ意味がないといえます。

海外インターンシップという慣れない環境での業務経験は得た成果と積み重ねた失敗まで全てを含めて初めて価値が出るものです。

しかし、それを理解し積極的に活用すれば企業にとって非常に魅力的な人材として映るに違いありません。

多くの人が経験しないことを経験し乗り越えていることはそれだけで大きな財産となります。

失敗経験もすべてを伝えて自分がどんな人間かを理解してもらった上で採用の合否を判断してもらいましょう。

 

まとめ

 

海外

 

今回は海外インターンシップの経験を職歴に記載する方法をまとめました。

職歴に海外インターンと書くだけではなく自分がどんな成功をしたかどんな失敗をしたかを包み隠さず記入しましょう。

とにかく採用担当者に自分の本質を知ってもらう工夫をすることが重要です。

海外インターンシップの経験は転職者自身の思考や感じたことを伝えるよいきっかけになります。

採用担当者に自分の経験と本質を伝えることを意識して記入してみてください。

 

無料転職相談に登録して理想のキャリアを実現しよう

Geekly Media
ライター

世界地図

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。