1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. ITベンダーに転職する際のポイントを解説!転職で有利になる資格やスキルは?転職エージェントが紹介
  • 転職活動

ITベンダーに転職する際のポイントを解説!転職で有利になる資格やスキルは?転職エージェントが紹介

ITベンダーはIT業界において重要な役割を担っています。本項ではITベンダーに転職する際のポイントや転職で有利になる資格やスキルを解説していきます。正しい理解に繋げて実りある転職を実現させましょう。

機械

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

ITベンダーの特徴

 

歯車

 

ITベンダーにはどんな特徴があるでしょうか。

それぞれについて特徴や、社会的にどのような役割を担っているか見ていきましょう。

 

ITベンダーとは

 

ベンダー(Vendor)は製品やサービスを提供する役割です。

自動販売機は英語でVending Machineと呼びますが、飲料をITシステムに置き換えると分かりやすいでしょう。

IT業界におけるITベンダーとは、ITシステムにおけるハードやソフトあるいはシステムを提供する役割です。

主に企業のIT部門にサービス提供をする役割を担っています。

 

ITに必要なものを提供する

 

ITベンダーには厳密な定義があるわけではなく、抽象的な意味合いで呼ばれることが多いです。

ITシステムを構成するのに必要なものを提供するのがITベンダーの役割です。

ITは今やどの企業にも必須な土台といえます。

どんな企業にも必ず存在するIT分野を支えるのがITベンダーです。

社会の礎を成している企業であるともいえるでしょう。

 

IT業界の中のITベンダーの立ち位置

 

機械

 

IT業界においてITベンダーはどのような立ち位置でしょうか。

IT業界は様々な種類の企業が存在します。

それぞれについて見ていき、ITベンダーとの関連性について見ていきましょう。

 

システムインテグレーター(SIer)

 

システムインテグレーター(SIer)はシステム導入を全般的に担う役割です。

ITベンダーと違うところは、広範な分野を取り扱うことです。

単にシステムだけではなく、システム導入に必要な全てを担います。

上流工程からシステム導入を担当することが多く、IT全般の知識が問われます。

 

ハード/ソフトベンダー

 

ハードウェアやソフトウェアのベンダーは、ハードウェアやソフトウェアを提供します。

ITベンダーやSIerよりも特定の製品に強みを持っているのが特徴です。

ユーザーに直接サービスを提供することケースがあります。

その他、ITベンダーを経由してユーザーにサービスをする場合もあります。

 

システムベンダー

 

システムベンダーは、システムを提供する役割です。

システム関連の業者をシステムベンダーと総称することもあります。

ITベンダーやSIerと比べると、システムに特化した存在でしょう。

 

ITコンサルタント

 

ITコンサルタントはITに特化したコンサルティング業務を行います。

システムなどのサービスを直接提供するのではなく、経営者目線に立ってサービスの良しあしを判断します。

ITベンダーなどのサービスに冗長な部分がないか、削減するべき箇所はないかを経営者に提言する役割です。

 

国内のITベンダー

 

飛行機

 

国内のITベンダーはどのような企業があるでしょうか。

代表的な例を何社か紹介していきます。

 

NTTデータ

 

NTTデータは代表的なITベンダーの1つでしょう。

システム開発を専門領域としている企業です。

金融機関や官公庁などが主要な取引先であり、規模の大きいビジネスを取り扱っています。

NTTデータならではの通信基盤を強みとしたサービスを展開しています。

 

富士通

 

富士通は日本国内で最も売上高が多いITベンダーです。

海外事業にも強みを持っており、広範なビジネス領域で活躍しています。

システムだけではなく、ハードウェアやソフトウェアでも強みを持っている企業です。

様々な角度からITソリューションを解決します。

 

日本IBM

 

日本IBMはアメリカのIBM社の日本法人です。

日本国内においても有力なITベンダーとして知られています。

グローバル企業ならではの視点で最新技術の開発に取り組んでいます。

AIをはじめとした最先端の技術にも強みを持っており、今後の技術発展に寄与していく会社です。

ITベンダーとしても多数の顧客を抱えており、国内で最も力のあるITベンダーの1つであるといえるでしょう。

 

転職で有利になる資格

 

バイク

 

転職において資格の保有は知識やスキルの証明に有用です。

基本情報技術者試験などの資格は、基本的なIT知識を持っていることの証明に役立つでしょう。

 

基本情報技術者試験

 

基本情報技術者試験は最もポピュラーなIT資格です。

IT人材の登竜門とも呼ばれる試験です。

この資格を持っている人材は一定のIT知識を持っている人と評価されるでしょう。

合格率は3割程度と易しいものではなく、しっかりとした対策が必要です。

 

応用情報技術者試験

 

基本情報技術者の次のステップは応用情報技術者試験でしょう。

応用情報は基本情報よりも更に専門的な内容を問われます。

応用情報は合格率2割と、さらに難関なものです。

応用情報まで持っているとかなり高度な専門知識を持ったIT人材であるとアピールできます。

 

ベンダー資格

 

IT全般の資格も有用ですが、特定の分野の知識を問われる資格も有用です。

例えば、ベンダーが運営する資格を取得すればソフトの扱いに習熟した人材だとアピールできます。

ベンダー資格で代表的なものはOracleのOracle Masterでしょう。

Oracle Masterはデータベースエンジニアの知識を問うものです。

この資格を持っていれば、一通りの知識は有しているとアピールできるでしょう。

データベース分野だけでなく、様々な分野で専門的な資格が用意されています。

自分の専門とする分野でとれる資格がないか検討してみるのもいいでしょう。

 

転職で有利になるスキル

 

機械

 

転職で有利になるスキルはどのようなものがあるでしょうか。

 

資格よりも実務経験

 

資格は知識やスキルを証明するのに有効ですが、それよりも重要なのは実務経験でしょう。

中途採用となる転職面接では即戦力となるべくスキルを問われます。

今まで経験した実務やスキルを活用し、入社後に活躍できるか見極めるためです。

転職希望者においても、自身の経験やスキルを入社後にどのように活かせるかイメージしましょう。

入社後のギャップをなくすため、自分のスキルの棚卸をしておくことが重要です。

 

マネージャー経験

 

IT業界ではプロジェクトを組んで行動するため、組織を束ねる力が必要になります。

マネージャーなど、チーム作業でリーダーになった経験は高く評価されるでしょう。

組織をまとめあげるには高いコミュニケーション能力も必要になります。

根気強くコミュニケーションをとっていき、チームをまとめあげることが必要です。

 

ITベンダーに転職するには

 

バイク

 

ITベンダーに転職するにはどう行動すればいいでしょうか。

 

ITスキルを磨く

 

ITベンダーに転職するにはITスキルを高めることが必要です。

高いスキルを有したIT人材になることができれば、転職市場での価値も上がるでしょう。

ITスキルを磨くには実務をこなしていくことが重要です。

実務をこなした経験がそのまま自身のITスキルとして蓄積されていくでしょう。

 

転職エージェントに相談しよう

 

転職エージェントは転職相談のプロです。

数多くの転職希望者を転職に導いた実績があり、転職について豊富なノウハウを持っています。

ITベンダーに関する求人も多数抱えており、状況に応じた求人を手にすることができます。

個々のスキルに応じた転職支援も充実しており、転職活動を支援してくれるでしょう。

気軽な相談から転職を実現した例も多くあります。

少しでも転職するべきか気になったら転職エージェントに相談してみましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れのIT企業に転職しよう

 

未経験からIT業界に転職するには?

 

機械

 

未経験からIT業界に転職する人も増えています。

例えばプログラミングを学んでITベンダーに転職するという例があります。

未経験者がプログラミングを学ぶにはプログラミングスクールが便利でしょう。

スクールの中には転職支援を行ってくれるところも多いです。

未経験だからと、しり込みせずにIT業界への転職を検討してみましょう。

 

IT業界は人手不足

 

機械

 

IT業界は慢性的に人手不足と言われています。

ITの発展に対してIT人材の成長が追い付いていないのです。

人材の不足している業界は転職においては売り手市場となります。

IT人材としてある程度の素養があれば転職が実現できるでしょう。

思いもしない好条件が用意される場合があるので、是非転職を視野に活動してみてください。

 

転職で企業を見極めるポイント

 

機械

 

転職活動で企業を見極めるには、どのようなポイントに注目していけばいいでしょうか。

 

重視するポイントは人それぞれ

 

転職する企業を見極めるポイントは人によって様々です。

重要なのは、その人が転職に何を求めるかでしょう。

転職に求めるポイントを自分で定めて、転職でどんなことを実現できるか考えるのが重要です。

 

転職のミスマッチをなくすためには

 

転職をしてみても思った企業ではなかったため、すぐにまた転職してしまうという事例が多くなっています。

これを転職のミスマッチと言い、転職を繰り返すたびに次の転職が難しくなってしまいます。

転職のミスマッチを防ぐためには、事前に転職する企業のことを知る必要があります。

時には転職するよりも今の会社にとどまったほうが良いということもあるでしょう。

特に自分が重視するポイントについては面接等でしっかりと精査するべきです。

 

まとめ

 

トレーニングマシン

 

ITベンダーに転職する際のポイントを見ていきました。

ITベンダーはIT業界で非常に重要な役割を担っています。

転職を実現するには実務経験やスキルが重要になってきます。

それ以上に本人のやる気が重要になるでしょう。

転職エージェントではITベンダーの求人を多数有しています。

IT知識を身に着けて実りある転職活動を実現させましょう。

 

無料転職相談に登録して理想の会社に転職しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー