カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 面接を受ける際の髪型ってそんなに重要なの?好印象を与える髪型と気を付けるべきポイントを紹介します!
  • 転職活動

面接を受ける際の髪型ってそんなに重要なの?好印象を与える髪型と気を付けるべきポイントを紹介します!

転職活動の選考の準備と言うと「履歴書をどう書こうか」「面接で何を言おうか」といったことに目が行きがちです。もちろんこれらも重要なことです。しかし、見た目の印象の準備というのもとても大事です。この記事では、多くの人が悩みがちな面接時の髪型について、どうしたら好印象を与えられるかをご紹介します。

2021年2月27日

  • twitter
  • facebook

面接における髪型の重要性

 

avatar, clients, customers

 

即戦力が求められがちな転職ですが、どんなに素晴らしいスキルを持っていても、その人の雰囲気が良い印象でなければ採用されないことも多々あります。

 

見た目の印象が与える影響は大きく、その人となりを見た目で判断してしまうということも少なくありません。面接でも見た目は評価に影響します。

面接で言う見た目とは、顔立ちのことではなくその人の雰囲気のことです。業種によっては顔立ちが良い方が良いものもあるかもしれませんが、多くの企業では顔立ちだけで判断することはありません。

 

それでは雰囲気とはどういうものでしょうか。雰囲気を作り出している構成要素としては、服装、髪型、表情などが例として挙げられます。

 

日常生活を過ごす中で、髪型が変わるとその人の雰囲気や与える印象が変わることは、多くの人が実感しているのではないでしょうか。面接でも同じく、髪型によって面接官に与える印象が変わってきます。

 

髪型が与える印象によって面接に落ちてしまうということがないように、どんな髪型が好印象なのか、気を付けるべきポイントについて面接の前に確認しておきましょう。

 

面接時に好印象を与える髪型とは?

 

young, people, woman

 

それではどのような髪型であれば、面接官に好印象を与えることができるのでしょうか。面接時に好印象を与える髪型をご紹介します。

 

すっきりした髪型

 

面接ではとにかく清潔感が大事です。しかし、普段見た目を気にしない人からすれば、清潔感がどういうものか分からないという人もいるでしょう。

 

髪型だけに絞っていえば、鏡を見てすっきりしていると感じられれば大丈夫です。自分で見ても良く分からない場合には、家族や友達などに見てもらうようにしましょう。

 

すっきりということで丸坊主が良いのか?と考える方もいらっしゃいますが、丸坊主は時に相手に威圧感を与えてしまう髪型でもあります。すでに丸坊主の方であればそのままで良いのですが、わざわざ面接のために丸坊主にする必要はありません。

 

表情が見える髪型

 

面接官は、その人の表情もしっかりと見ています。そのため、表情がしっかりと見える髪型の方が好印象です。

 

髪の毛が顔にかかってしまうと表情が暗く見えてしまいます。すっきりとした髪型になっていれば、顔にかかっていない髪型になっているでしょうが、もし顔に髪がかかっているようであれば髪型を変えましょう。

 

業種や職種に合わせた髪型

 

面接時に清潔感のある髪型であれば間違いありませんが、業種や職種によっては少しラフでも構わないという場合もあります。特にファッション業界の場合、ファッションそのものをビジネスとしているので、面接時でも髪型は自由で堅苦しくない方が良いという考え方もあります。

 

基本的には清潔感があればいいのですが、自分が受けたい企業は髪型も自由かもしれないと感じているようであれば、しっかり企業研究をしてみましょう。

 

面接の対策が不安な方はご相談ください!

 

髪型で気を付けるべきポイント

 

list, icon, symbol

 

基本的には清潔感のある髪型であれば、面接時に悪い印象を与えることはありません。しかし清潔感の基準は人によって異なるものです。そこで、面接を受ける際に悩みがちな、髪型で気を付けるべきポイントについてご紹介します。

 

前髪や髪の毛の長さ

 

すでにご紹介した通り、清潔感がポイントのため、前髪は目にかからないように気を付けましょう。もし可能であればおでこを出すようにすると顔の印象が明るくなります。

目にかかっている場合は切るのがベストですが、どうしても切りたくない時は横に流すようにして顔が隠れないようにします。横に流す時は、お辞儀して髪の毛が落ちてこないように固めておきましょう。

また髪の毛の長さについてですが、女性の場合は長さによって対策が異なりますので後程ご紹介します。男性の場合は、サイドが耳にかからない長さとし、全体的に短めの髪型にすることですっきりとした印象を与えることができます。

 

くせ毛や天然パーマの場合

 

くせ毛や天然パーマの場合、無理にストレートにする必要はありません。大事なのは清潔感なので、すっきり見せられるような髪型にしてください。もし毛量が多い人は、切ってすっきりさせるか、整髪剤などを使って髪の毛のふくらみを抑えるようにしましょう。

面接でワックスを使っても良いのか不安に思う人もいらっしゃいますが、つけすぎてテカテカしなければ問題ありません。ワックスを使う場合は無香料のものを選びましょう。

 

髪の色は黒色でないとダメ?

 

基本的に黒髪の方が無難です。入社後であれば茶髪も大丈夫という企業であっても、面接時は黒髪の方が良い印象を与えることができます。特に新卒の場合は、黒髪が基本となります。しかし中途採用の場合は、黒色に近い茶色であれば気にしないという企業もあります。よって黒に近い自然な髪色であれば問題ないでしょう。

 

 

女性の場合に髪型で気を付けるべきポイント

 

girl's heads, girl avatar, hairstyles

 

男性の場合は、基本的に髪の毛を短くすることで清潔感を出すことができます。しかし女性の場合は、色んな髪型があるため悩む方も多いのではないでしょうか。ここでは女性の髪型において気を付けるべきポイントをご紹介します。

 

前髪のピン止めは避ける

 

前髪が長い場合は横に流しましょうとご紹介しました。横に流す場合、耳にかかるほど長ければ問題ありませんが、人によっては耳にうまくかからない人もいます。

 

そのような人の中で、前髪をピン止めする人がいらっしゃいますが、これは幼い印象を与えてしまいます。ピン止めをする際には、正面から見えない位置に隠すようにピン止めをするようにしましょう。また、ピン止めをする際には、髪の毛と同じ色のピンを使用し、目立たないようにしましょう。

 

ぱっつん前髪は避ける

 

女性でぱっつん前髪の方がいらっしゃいますが、ぱっつん前髪も幼い印象を与えてしまいます。特に眉毛より上のぱっつん前髪は転職活動に向きません。また、重めのぱっつん前髪の場合、面接官に暗い印象を与えかねません。ファッション業界など髪型が自由な業界であれば問題ないこともありますが、基本的には転職活動には不向きな前髪なので避けるようにしましょう。

 

髪型がロングの場合

 

髪型がロングの場合は、ポニーテールやハーフアップをするようにしましょう。ポニーテールの注意点ですが、目よりも高い位置で結ぶのは避けましょう。目よりも高い位置で結ぶと、カジュアルな印象を与えてしまい、面接には不向きです。

 

また、髪の毛を結ぶ際には、形が崩れてしまうことも想定しておきます。面接会場に向かう途中に、雨や風でぼさぼさになってしまう可能性もあります。

 

スタイリング剤やくしを忘れずに持ち歩きましょう。またゴムが途中で切れてしまったということが内容に、併せてゴムやピンを持ち歩くようにしましょう。

 

結べない長さの時

 

ショートの場合はその時点ですっきりしているのでそのままで問題ありません。ボブやミディアムヘアの場合、どのようにすれば好印象を与えることができるでしょうか。

ボブやミディアムの場合は、サイドの髪の毛は耳にかけるようにし、お辞儀で髪の毛が落ちてこないようにピンでとめるかスプレーで固めましょう。前髪も顔にかかっていなければ、これだけでも明るい印象を与えることができます。

もしもポニーテールが無理でもハーフアップならできそうだという方は、ハーフアップにすると、より顔回りがすっきりするので好印象を与えることができるでしょう。

 

まとめ

 

hr, recruitment, job

 

面接時における好印象を与える髪型についてご紹介しました。見た目に興味がない方からすれば、この記事を読むだけではどうすれば分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

清潔感ということがどういうことかよく分からない人は、ぜひプロである転職エージェントに見てもらうことをおすすめします。特に、受けたい業種に合わせて見た目や髪型のアドバイスをしてくれます。見た目や髪型については人に見てもらうことが一番なので、ぜひ実践してみてください。

 

人材会社に相談してみる!

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。