カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 【学歴/転職】中途採用でも学歴フィルターってある?エンジニアの場合は?わかりやすく解説します!
  • 転職活動

【学歴/転職】中途採用でも学歴フィルターってある?エンジニアの場合は?わかりやすく解説します!

企業が採用する基準の一つに学歴があります。新卒採用においては学歴フィルターというものが存在します。しかし中途採用の場合、学歴フィルターというのは存在するのか気になる人も多いはずです。エンジニア界隈に転職を考えている人は、特に気にしているはずです。今回はそんな中途採用の学歴フィルターについて解説します。

学歴フィルターとはなにか

 

企業が選考する際に学歴で選考すること

 

 

企業が新しい人を採用する際、様々な基準で採用するかどうか決めています。その基準はいくつかありますが、ほとんどの企業で使われる基準が学歴です。大企業などで新卒採用をする際は基本的に学歴フィルターによって選考している企業も多くあります。

新卒採用の場合、基本的には実績の有無よりもポテンシャルを重視するため、どうしても学歴で良い大学を卒業している人を選びがちです。そんな企業の動きが広まり、いつしか学歴フィルターと言われるようになりました。

 

同じ大卒でも学歴フィルターに影響あり?

 

時代の流れとともに、企業の新卒採用において大卒が最低条件となっている企業が増えてきました。その影響を受けて大学に進学する人も時代とともに増加しました。その結果現在、同じ大卒でも学歴フィルターによって不採用となることが増えてきています。

大学によって偏差値というものがあり、企業はそのような部分でも見ています。偏差値が高い大学に出ていると、それだけ優秀だというイメージがついてくるため、就活シーズンにおいてはかなり有利になるのです。

中途採用における学歴フィルターやいかに

 

中途採用の学歴フィルターは甘め

 

 

では新卒ではなく、転職などによる中途採用の場合はどうなのでしょうか。中途採用のメリットとしては、社会人としての経験という大きなアドバンテージがあるところです。とはいえ学歴もある程度は見るため、中途採用でも学歴フィルターがあるのではないかと心配する人も少なくありません。

結論から言いますと、中途採用でも学歴フィルターは存在します。とはいえ、新卒採用と比べると甘いです。基本的に中途採用の学歴フィルターというのは、募集要項に書かれている程度です。募集要項で学歴について書かれていない場合、学歴はあまり重要視していないことが多いのです。

 

職種によっては募集要項で学歴フィルター厳しめの仕事も

 

 

中途採用では学歴フィルターはあっても比較的甘めだということを説明しました。しかしだからといって、すべての企業がそうなのかというと、一概には言えません。職種によっては新卒採用と同じぐらいの学歴フィルターがあるところも存在します。

特に法律や会社の存亡を左右する重要な役職の場合、中小企業でも新卒採用のときと同じぐらい厳しい学歴フィルターを設けている企業もあります。転職先を探す際は学歴はあまり気にする必要はありませんが、そのような場合もあるということを覚えておきましょう。

 

中途採用で見られるポイント

 

学歴よりも経験重視

 

 

新卒採用はポテンシャル重視だということを最初のほうで述べましたが、中途採用の場合はどのような部分を重要視するのでしょうか。これについては年齢によって大きく異なります。しかしいずれの場合も、中途採用の場合は学歴よりも経験が重視されることがほとんどです。

20代で転職をする人の場合は第二新卒と呼ばれており、実務経験が少なくてもポテンシャルで採用されるというケースも多いため、比較的有利です。一方30代以上になると、企業としては即戦力を重視するようになります。その結果実務経験をどのくらい積んでいるかが大きなポイントとなるのです。

 

資格でカバーせよ

 

 

転職をしたいけど実務経験がない、という人も少なくありません。職種によっては実務経験が必須となる職種も多くあります。だからといって、実務経験がない場合は転職が難しいわけではありません。実務経験がない場合は、資格でカバーするというのも一つの方法です。

職種によっては資格がないと仕事ができない職種もありますが、資格というのはその人がその分野についての知識を持っているという証明にもなります。たとえ実務経験がない場合でも、その分野に関する資格を持っているだけで、企業にとっては良いアピールとなることもあるのです。

 

エンジニアの中途採用はどうなの?

 

エンジニアは基本スキルベース

 

 

現在深刻な人手不足となっているエンジニア。現在エンジニアの求人はかなり多くあり、現在でもその数は増加傾向にあります。そんなエンジニア界隈には、学歴フィルターは果たして存在するのでしょうか。エンジニアの場合は学歴よりもスキルが重要となるため、スキルベースとなっています。

エンジニアというのはどちらかというと専門職であるため、専門的な知識や経験が何よりも必要になってきます。そのためエンジニアの場合、いくら良い大学を卒業していたとしても、スキルがなければその時点で門前払いを食らう可能性があるのです。

 

未経験者歓迎に騙されるな

 

エンジニアやプログラマーの求人を見ると、未経験者歓迎と書かれている求人が多くあります。未経験者歓迎となると、エンジニアに憧れているけどその分野に知識がない人でも安心できるものです。しかし、この未経験者歓迎という謳い文句に騙されてはいけません

確かに未経験者歓迎の企業は研修などもしっかりとしています。しかしその研修を受けるにも、最低限知識を備えておく必要があります。そのため未経験者歓迎と言いつつも、全く経験したことがない人の場合は不採用となるケースもあるのです。もしも今後エンジニアに転職することを考えている場合、最低限の知識は備えておきましょう。

 

転職を検討している人へのエール

 

学歴フィルターを恐れるな!

 

昔は良い大学を出ればそれだけ良い企業に就職できるという時代でした。しかし現在は良い大学を出たとしても、良い会社に入れるとは限りません。大学を出たにも関わらず良い職に巡り会えないという人もいます。

そのような時代だからこそ、これから転職を検討している人にまず言いたいこととしては、学歴フィルターを恐れないことです。学歴を重要視しているところが良い会社とは限りません。自分の最終学歴にとらわれず、自分がやりたいことを貫いていきましょう。

 

スキルを積み上げよう

 

 

職種によってはスキルや実務経験が重要となる職業もあります。特にエンジニア界隈はスキルベースであるため、実務経験を積んでいるだけでかなり有利になります。では別の仕事をしている合間にスキルを積むことができるのかという疑問が生まれますが、これは問題なくできます。

最近では政府が副業を解禁させたこともあり、副業をする人が増えています。企業によってはむしろ副業を推進している会社もあるほどです。今の仕事でお金をためつつ副業でやりたい仕事に関するスキルを積むことこそが、スムーズな転職につながるのです。

 

中途採用は学歴よりもスキルが重要

 

今回は中途採用に学歴フィルターがあるかどうかについて解説し、併せてエンジニアの中途採用についても解説しました。

 

大卒以外でも大企業に転職することはできる

 

 

多くの人が知っている大企業は基本的に新卒採用で多く社員を確保しています。そのような大企業に入社することができるのは大卒以上だと考える人も、かなり多いものです。しかし決してそうとは限りません。大企業だから大卒以上でなければ採用しないということはありません

世界的な大企業でも中途採用している企業は多くあります。そしてその場合の多くは学歴よりもスキルや経験を重視している場合がほとんどです。実用的なスキルや経験を積んでいれば、大企業に転職するということも可能なのです。

 

まとめ

 

エンジニアはスキルベースであることを先程説明しました。確かにエンジニアは基本スキルベースですが、同じエンジニアでも作成するものによって、求められるスキルは大きく異なります。ではスキルベースであるエンジニアになるには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

エンジニアに転職する際やっておくと便利なこととして、ブログを運営することです。ブログはライティングスキルはもちろん、プログラミングやデザインなど、総合力が求められます。自分で1からサイト設計などをしている場合、エンジニアとしての素質は十分あると認められます。スキルベースであるエンジニアを目指すのであれば、まずブログを始めることから始めましょう。

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。