1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Geekly コラム
  4. 【採用担当者向け】2022年3月 IT転職市場レポート | ギークリーの利用者から見えるIT転職市場をご紹介!
  • Geekly コラム

【採用担当者向け】2022年3月 IT転職市場レポート | ギークリーの利用者から見えるIT転職市場をご紹介!

2022年3月は、依然として新型コロナウイルス感染者は多いものの、年度末に向け各企業で慌ただしさを見せました。IT転職市場は引き続き、コロナによる影響もなく3月も活況でした。今回は2022年3月のギークリーの利用者様および求人の動向を分析して、IT転職市場の変化を探ります。

2022年3月 各社IT採用ニーズトピックス 

 

man, writing, laptop

 

IT転職専門のギークリーにて取り扱っている求人情報を分析し、各社のIT採用のニーズをまとめました。

———————————————
▼調査について
調査目的 :求職者様の集客および求人の仕入れ状況からIT業界の転職市場を知る
調査対象 :2022年3月に当社をご利用いただいた求職者様および企業様

———————————————

2022年3月の主な各社IT採用ニーズのトピックスは以下の通りとなりました。

 

決算期を迎えた事業会社やユーザー系SIerでの内定が加速

 

 

2022年1月、2月に引き続き、3月もIT企業ではない事業会社 のエンジニア求人で内定が多く出ました。

2021年10〜12月と2022年1〜3月の3ヶ月間(四半期単位)で比較したところ、56%増と一気に内定が加速しています。

また、事業会社の情報システム部門がSIerとして独立した「ユーザー系SIer」のエンジニア求人も、QonQの内定数が30%増と伸びていることも注目すべきポイントでした。

1〜3月で活況だった業種は、事業会社では「人材」「通信」、 ユーザー系SIerの親会社が「総合商社」「電力」と、業績好調な業種が目立つ結果となっています。

 

現年収以上の年収提示による内定承諾が1年前から大きく増加

 

 

前年と比べて承諾された内定の提示年収が、求職者の現年収より高い条件提示であるケースが増えています。

ギークリー調べによると、2021年1〜3月は承諾された内定のうち現年収以上の条件提示が約50%だったのに対して、2022年1〜3月は63%に大きく増加しました。

特に現年収以上を提示する割合が増えた業種は、インターネット企業とIT企業以外の事業会社です。

IT人材に対して、現年収以上を提示する企業が増えています。 

 

2022年3月 集客トピックス

 

planner, march, calendar

 

ギークリーでは転職エージェントの面談に訪れた方にアンケートを実施し、1ヶ月ごとにIT転職市場のニーズや傾向を分析、採用担当者様向けに、毎月情報をまとめて発表しています。

2022年3月の主な集客トピックスは以下の通りとなりました。

  • ・エンジニア比率が増加
  • ・年収501万円以上の即戦力層の登録者数が増加

各トピックスについて、グラフとともに詳細解説をします。

 

エンジニア比率が増加

 

filmmakers, youtuber, script

 

Webやオープン系エンジニア、PMを筆頭に、エンジニア登録者数が伸長しています。 

1年前の比較では7.7%増加しており、今後もエンジニアの需要は高まる見込みです。 

 

エンジニア面談者増加率 

 

 

エンジニア面談者を四半期単位で比較した結果、2021年第4四半期は62.8%と過去最高の集客率を記録しました。

求人企業からの需要の高さを鑑み、第二新卒や高年齢層まで集客範囲を拡大したことにより、エンジニア比率の増加につながりました。

 

面談者の職種別集客増加率(前年同月比較)

 

 

面談者の職種別集客増加率を前年3月と比較した結果、2022年3月はエンジニア職種全般で約140%と大幅に増加しました。

企業のDX化の加速に伴い、求職者にとって魅力的な求人が増えたことが、エンジニア全体の登録者数増加の要因と考えられます。

特にインターネット企業や事業会社の求人に活況が見られることが、エンジニアの登録者数増加につながっているようです。

 

年収501万円以上の即戦力層の登録者数が増加

 

laptop, code, programming

 

各企業において、開発経験豊富なエンジニアに対する採用ニーズが高まりを見せています。

そのため、 ギークリーでは即戦力層への集客に注力しており、登録者数増加に至っています。 

 

面談者の年収区分(前年同月比較)

 

 

面談者を年収別に分類した結果、前年3月に比べ2022年3月は、501万円以上の年収帯の占有率が37%から44%に大きく増加しました。

増加の要因として、ハイクラス向けの集客媒体が活況なことに加え、各企業で開発経験豊富なエンジニアやPMの採用ニーズが高まっていることが考えられます。

ギークリーでは、両者に対して集客を注力したことで、即戦力層の登録者数増加という結果に現れました。 

 

エンジニア面談者の年齢区分(前年同月比較)

 

 

エンジニア面談者の年齢を区分した結果、前年3月に比べ2022年3月は、25歳以下の若手層が7%から12%に、41歳以上のベテラン層が23%から25%に、それぞれ増加しました。

各企業で採用ニーズの多様化が見られることから、経験の浅い若手層や、高年齢でも経験豊富なベテラン層と、それぞれの集客を拡張した結果が現れています。

一方で、26歳〜35歳の層の占有率は低下していますが、登録者数自体は増加しています。 

 

2022年3月号まとめ

 

modern technologies, marketing, business analyst

 

2022年3月は、1月から続く求人企業のエンジニア職の採用ニーズに応えるため、エンジニア経験者への集客に注力しました。

企業のDX化の加速により、エンジニア職種全般で魅力的な求人が増えていることが、エンジニアの登録者数増加につながっています。

またエンジニアの採用ニーズの高さから、若手層やベテラン層へ集客を拡張しており、順調に結果に現れています。

各企業で採用ニーズの多様化が見られるため、ギークリーでは引き続き若手層・ベテラン層への集客に注力します。

 

ギークリーでは、面談いただく求職者はもちろん企業の採用担当者へのニーズも鑑みて、IT転職市場の動向を探っております。企業と求職者のニーズが1件でも多くマッチングできるように、IT転職のエキスパートとして分析をしてまいります。

引き続き来月もレポートをアップしますので、ぜひ企業の採用担当者の皆様はぜひご参考ください。

 

ギークリーの採用支援サービスはこちら

 

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー