1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. スリープテックとは?睡眠改善に期待できる効果とサービス事例をご紹介
  • 技術・テクノロジー

スリープテックとは?睡眠改善に期待できる効果とサービス事例をご紹介

スリープテックとはIT技術を用いて睡眠を改善する商品やサービス、もしくは概念そのものを指します。いま注目の領域ですが、なぜスリープテックは注目されているのでしょうか。本記事ではスリープテックが挑む社会課題や、注目されている背景、具体的な事例などを網羅的に紹介しています。注目のスリープテックについて理解を深めましょう。

ベッド

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

スリープテックとは

 

ベッド

 

「Sleep(睡眠)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語をスリープテック(SleepTech)と呼びます。

この造語はITやAIにより睡眠を科学的視点から分析したり、睡眠改善のための製品やサービスを示す言葉として使われています。

睡眠負債が問題視されている国内では、需要の高まりに伴い益々市場の広がりを見せています。

 

 

スリープテックが取り組む睡眠時間の課題

 

パソコン

 

以下にスリープテックが取り組む主な課題を2つ紹介します。

 

世界的に問題視される「睡眠負債」

 

多忙な日々の中で蓄積された睡眠不足による心身へのダメージを「睡眠負債」と呼びます。

フィリップス社の世界睡眠調査によると、世界中で睡眠に満足している人はわずか55%。

世界的な社会課題となっている睡眠負債は単なる寝不足だけでなく、集中力低下、認知症やうつ病といった精神の病を引き起こす原因になるといわれています。

 

参考:PHILIPS|Global Sleep Survey

 

特に睡眠時間が少ない日本人

 

日本人の睡眠についてはさらに問題視されており、下記のような社会課題が浮き彫りになっています。

・睡眠による欠勤時間(年間):約480万時間
・慢性的な睡眠不足による経済損失(年間):約15兆円

日本人は世界的に見ても睡眠時間が短く、睡眠時間によっておこる社会的課題が国家的な損失にも繋がるためスリープテックが注目されているのです。

 

\簡単60秒の無料登録!/

スリープテックの求人を紹介してもらう

 

 

いまスリープテックが注目されている背景

 

ベッド

 

睡眠改善の需要増加

 

睡眠の問題がピックアップされることが増え、睡眠に対する問題意識も高まってきています。
結果として睡眠改善の需要も高まり、テクノロジーを活用した睡眠改善サービスに着手する企業も増えてきました。

Global Market Insightsによると、2020年にスリープテック機器の世界市場は1.3兆円を超え、さらなる成長が見込まれています。日本国内に絞っても2022年の市場規模は20億円に成長するといわれているのです。

 

参考:Global Market Insights|SLEEP TECH DEVICES MARKET SIZE BY PRODUCT

 

IT技術の進歩

 

ITやハードウェア技術の進歩もスリープテックが注目される要因です。

AIの高性能化やIoT技術の進化、ハードウェアのコンパクト化といった流れにより、ウェアラブルデバイスによる睡眠記録やデータ送受信ができるようになりました。

IT技術が応用されることにより、スリープテック業界にも多様な製品やサービスが登場しているのです。

 

【あわせて読みたい】スリープテックの市場規模を知りたい方はこちら!

 

 

スリープテックの注目企業と具体事例を紹介

 

布団

 

具体的なスリープテックの事例について、注目企業と共に紹介していきます。

 

入眠・起床のサポートデバイス

 

Modarnity:「Dodow」

Dodowはフランス企業発の入眠サポートデバイスです。

デバイスが天井に映し出す光に集中し、その光の点滅に呼吸を合わせる「光のメトロノーム」の機能を備えています。これにより心身をリラックスさせ、自然な睡眠へ導くサポートデバイスです。

 

Withings:「Withings Aura」

Withings Auraは、睡眠ステージに合わせて入眠や起床をサポートする光センサーと、敷きパット型のセンサーのセット。
スリープセンサーはユーザーの心拍数や呼吸数を感知し、睡眠サイクルを記録します。

計測されたデータはもちろんスマートフォンから確認ができます。

 

ニューロスペース:デジタルヘルスケアパジャマ

着るだけで睡眠状態を見える化してくれる寝巻きです。デザインはアーバンリサーチが手掛けています。

これまではリストバンドやマットレスなど、新たなデバイスとして身に着けるのがスリープテックの主流でした。しかし、同製品は寝巻きのため、自然に生活に取り入れることができます。

 

センサー付きベッド・マットレス

 

フランスベッドホールディングス:「睡眠モニタリング機能付電動リクライニングマットレス」

IoTマットレスと呼ばれ、マットレス内に温度・湿度を測定する睡眠モニターが内蔵されています。

これをアプリと連携することで睡眠状態がリアルタイムで計測され、アプリ上での可視化が可能となる仕組みです。

 

パラマウントベッド:「Active Sleep」

睡眠状態計測器から受け取るデータに応じて角度が変わるベッドです。

眠りにつくと深さによって自動でベッドの角度が変わり、やがてフラットな形になります。起床時にはベッドの角度がゆっくりと上がり、快適な目覚めが得られます。

 

西川:「快眠環境サポートサービス」

センサー搭載マットレスから睡眠のデータを取得し、それをパナソニック家電の自動制御に活用できるというサービスです。

センサーが取得したデータを元に、エアコンが適切な温度や風量を調節するといったことも可能です。

さらにマットレスをアプリに連動することで、睡眠状態をグラフやチャートで把握することができます。

 

【あわせて読みたい】スリープテックの注目企業を知りたい方はこちら!

 

 

まとめ

 

ビル

 

いかがでしたでしょうか。今回はスリープテックについて紹介しました。

睡眠不足・睡眠の質低下は世界的にも重大な問題であり、スリープテックでの睡眠改善対策は個人・企業のパフォーマンス改善、ひいては国の活力にも繋がります。

睡眠は毎日行う行為だからこそ、市場は常に存在しており、スリープテック界隈の市場に参入する企業も増えています。

今後ますます注目の分野として、スリープテックの動向はぜひチェックしておきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー