カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. フェムテックの市場規模を解説!急成長の理由や注目企業は?女性の健康を守るサービスをエージェントが紹介
  • 技術・テクノロジー

フェムテックの市場規模を解説!急成長の理由や注目企業は?女性の健康を守るサービスをエージェントが紹介

フェムテックとは、女性の健康上の問題をITの力で解決しようとする技術です。欧米諸国では大きな市場を抱えているものの、日本においてはその動きはまだ小さいものとなっています。本項では日本国内外のフェムテックの動向などを紹介していきます。

ひまわり

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

フェムテックの市場規模

 

目

 

フェムテックの市場規模はどれほどでしょうか。

 

フェムテックとは

 

フェムテック(FemTech)とはFemale(女性)とTechnology(技術)を足し合わせた造語です。

女性の生物学的な事由からくる体の健康問題を解決することを目的としたものです。

フェムテックは主にベンチャーなどの新興企業が取り組んでいます。

特に欧米での活動が中心になっていますが、日本でも少しずつその存在に注目が集まってきているのです。

従来タブーとされてきた女性の性問題の解決に挑戦する企業として話題を集めています。

 

フェムテックの市場規模は拡大している

 

フェムテックは主に欧米で注目を集めています。

フェムテックという言葉は2013年にドイツの技術者が考案したとされています。

その市場規模は当初50億円ほどだったものが2020年には500億円と10倍との予測。

2027年ごろには世界的に5兆円ほどの巨大市場になるとの予測。

 

フェムテックが解決する問題

 

万歳

 

フェムテックではどのような問題を解決できるでしょうか。

 

生理に関する問題

 

フェムテックでは生理に関する問題を解決します。

他人には相談しにくい問題ですが、フェムテックが生理に関する悩みの緩和を手助けします。

例えば、生理日予測アプリがその代表例でしょう。

生理用品の宅配サービスなど、それに追随するサービスもフェムテックのポイントです。

 

妊娠や出産に関する問題

 

フェムテックでは妊娠や出産に関する課題も解決します。

妊娠や出産は誰の人生にとっても一大イベントです。

個人の体によって大きく事情が異なるなど、簡単に解決する問題ではありません。

それにも関わらず、妊娠の問題はデリケートな問題として他人に相談しづらいでしょう。

フェムテックでは、これらの問題を個人ごとに解決することに役立ちます。

例えば、陣痛トラッカーというサービスでは妊娠期の体にまつわる悩みを集計します。

集計されたデータにより個別に陣痛の動きを予測することが可能になるのです。

陣痛は妊娠期において頭を悩ませる問題です。

これらの悩みを少しでも解消するべくフェムテックが手助けとなるでしょう。

 

更年期に関する問題

 

女性の更年期に関する問題をフェムテックが解決します。

出産や加齢に伴う骨盤をトレーニングするためのウェアラブル機器などがその代表例です。

更年期は年を重ねるごとによって、誰しもが直面する問題でしょう。

そんな問題に対してテクノロジーの力で解決しようというのがフェムテックの考えです。

 

性生活に関する問題

 

フェムテックでは性生活に関する問題も解消していきます。

性的欲求は人間の三大欲求にも数えられており、人間の大きな活動源になります。

しかし、性生活の問題は大きな声では語りにくいのが現状です。

セックストイなどのグッズを開発することにより、性の悦びがより身近なものになります。

こうした内容も、フェムテックの効果のひとつといえるでしょう。

 

フェムテックのサービス

 

くつろいでるシーン

 

フェムテックにはどのようなサービスがあるでしょうか。

日本国内外のフェムテックサービスを見ていきましょう。

 

世界のフェムテック

 

デンマークの企業「Clue」ではPMS(月経前症候群)の予測に役立つアプリを提供しています。

生理周期を把握するためにフェムテックの力を使って予測します。

最初に生理周期の長さなどを入力すると、次回の生理周期を予測してくれるという仕組みです。

生理周期には個人差があるので、個人ごとに予測を立ててくれます。

 

日本のフェムテック

 

日本発のフェムテックのサービスとして「ルナルナ」が代表的です。

女性の健康向けサービスとして開始されたルナルナは、2000年から続くサービスです。

日本では生理日予測ツールのパイオニアとして多くのユーザーに利用されています。

女性の体調管理など、女性が安心して生活できるサービスが充実しています。

日本のフェムテック企業の代表的な存在といえるでしょう。

 

フェムテックが急成長した理由

 

手

 

フェムテックが世界的に注目を集めた背景にはどういうものがあるでしょうか。

 

#MeToo運動

 

「Me Too」は日本語だと「私もそうである」という意味合いです。

ニューヨークで起こった性差別を是正するために起こした運動が全世界に広まりました。

ハッシュタグをつけた「#MeToo」が社会的に拡散されていったのです。

きっかけは、2017年ごろに映画プロデューサーが行っていた一連のセクハラを告発したことです。

TwitterなどのSNSでこの騒動は拡散されていき、全世界を巻き込む騒動に発展しました。

SNSの普及を象徴する事件ともなり、社会的にジェンダー問題が意識される事件ともなっています。

 

ジェンダードイノベーション

 

研究機関等においてはジェンダードイノベーション(Gendered Innovation)という考え方が注目されています。

これは、研究において性の違いによる影響を無視してはいけないという考え方です。

イノベーションは多様性が重要であり、性の違いを認識することが重要です。

日本ではこの考えは欧米諸国と比べてあまり浸透していません。

研究の目線に立つためには、性差による個人差も意識した研究が必要なのです。

 

SHEconomy

 

SHEconomyは女性三人称「She」と経済「Economy」を足した造語です。

女性が動かす経済活動という点で注目を集めています。

この分野では特に独身女性に注視しており、働く女性が活発に消費を促すという点を指摘しています。

化粧品や美容グッズなど、健康を重視した商品のマーケティングに力を入れるのです。

従来の女性向けの商品は結婚をしている女性を中心に商品開発が行われてきました。

SHEconomyでは、女性の消費を経済活動の源泉として捉えています。

独身女性の活発な消費が経済の成長を後押ししていくのです。

 

日本でフェムテックが苦戦する理由

 

夕焼け

 

日本では何故フェムテックが苦戦しているのでしょうか。

 

日本におけるジェンダー意識

 

欧米諸国に比べて日本でフェムテックが苦戦している理由に日本人のジェンダー意識が関係しています。

フェムテックは女性ならではの視点が必要です。

それにも関わらず、政策面において女性の社会進出は後発的という状況になっています。

ジェンダー・ギャップ指数が他の先進諸国と比べても劣っている状況です。

 

日本発のフェムテック分野

 

ジェンダー意識が苦戦している状況から中々フェムテックに取り組む企業は多くないのが現状です。

しかし、欧米諸国ではフェムテック分野は日に日に市場規模を拡大されています。

日本もそういった流れに連動してフェムテック分野が栄えていくとみられるでしょう。

 

世界のフェミニズム意識

 

フェムテックが成長している世界においてもフェミニズムに関する問題が取り上げられています。

女性特有の問題を取り扱うこと自体が性差別とされることもなく、大きな課題になっています。

 

日本におけるジェンダー問題

 

ヨガ

 

日本におけるジェンダー問題を見ていきましょう。

 

ジェンダー・ギャップ指数

 

世界経済フォーラムの発表によると、2019年のジェンダー・ギャップ指数で日本は121位という結果です。

全体の指数から見てもかなり低い水準であり、近隣のアジア諸国と比べても順位が低くなっています。

 

男女格差を是正していくためには

 

ジェンダーギャップ指数を分野別に見ていくと、特に政治経済の分野において低いスコアになっています。

一方で、保健分野や教育分野においてはそれほど低いスコアでもないという結果も出ています。

男女格差が強いのは政治経済であり、政策としてはこの指数を改善していくよう動くべきでしょう。

女性が政治のリーダーとなる例はなく、その点がこの結果に表れています。

また、男女別の賃金格差も深刻です。

政治経済の分野において男女格差を埋めるべく動いていく必要があるでしょう。

 

フェムテック業界への転職

 

スニーカー

 

フェムテック業界に転職するにはフェムテックを扱う企業に転職するのが近道です。

転職エージェントでは転職に関して悩むビジネスマンの相談を受けます。

フェムテックは女性の社会進出を後押しする鍵になるビジネスです。

フェムテックが気になる方は、是非無料転職相談を受けてみてはいかがでしょうか。

 

無料転職相談に登録してデジタルトランスフォーメーションの波に乗ろう

 

フェムテックの今後

 

女性

 

フェムテックは今後どのように進化していくでしょうか。

 

ジェンダー意識を改善していく必要がある

 

日本では特に政治経済の分野において男女格差が広がっている現状です。

これの対策としては、女性のリーダーを誕生させられる風土を作るといったことが考えられます。

経済界では女性が組織のトップを担うことは珍しくありません。

女性の社会進出を政治としても、経済としても推し進めていくべきでしょう。

 

フェムテックの今後の動向はどうなるか

 

フェムテックは経済規模でいうとそれほど大きくはないのが現状です。

しかし、女性の健康を対象に進めるビジネスでは多くの人をビジネスチャンスに巻き込めます。

男女格差を是正するという社会的な使命を解決するためにフェムテックの力が必要となるでしょう。

 

女性の課題をタブー視しない

 

柔道

 

女性の健康問題はタブー視する傾向がありました。

個人によるデリケートな問題で、話題に出すべきではないという風潮です。

性差別を解消するためには、これらの問題にも真摯に向き合っていく必要があるでしょう。

 

まとめ

 

スニーカー

 

フェムテックについて見ていきました。

男女格差は長く続く社会問題であり、今なお私たちの身のまわりに根強く残っています。

社会問題を解決するためには、ITの力で変えていく手段もあります。

フェムテックビジネスにチャレンジしていき、これらの社会がどう動いていくか注視していきましょう。

 

無料転職相談に登録してスムーズに転職活動をしよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

ひまわり

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook