カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 2020年に注目を浴びた最新技術について振り返ります!またこれから来る技術についても転職エージェントがご紹介!
  • 技術・テクノロジー

2020年に注目を浴びた最新技術について振り返ります!またこれから来る技術についても転職エージェントがご紹介!

新型コロナウイルスによって大きく変わってしまった常識。そしてそれはIT業界でも同じです。特に2020年は、そんな新たな日常を作るために、新しい技術が多く生まれました。そして2021年、今年はどんな技術が話題になるのか、転職エージェントとして注目すべき技術について、今回は紹介していきます。

ニューノーマルを求められた2020年

 

happy new year, 2020, new year

 

新型コロナウイルスによる「せざるを得ない革命」

 

2020年は「東京オリンピックが開催され、東京をはじめ日本中が熱狂する年」になるかと思われていました。

しかし突如襲われた新型コロナウイルスによって、ほとんどの人が今まで経験したこともないような、そんな波乱の年となりました。

もちろんIT業界にも大きな影響を与えましたが、そのことはかえって新たな技術を多く生み出す原動力となりました。ニュースなどでは感染者の増加についてしか報道していない一方で、IT業界では日々新しい技術が生まれました。そしてその多くは、新しい日常の一つとして、今後も定着していくことでしょう。IT業界の2020年の革命というのは、革命せざるを得ない、そんな状況で起きたものなのです。

 

2021年は定着と誕生の年

 

そして2021年を迎え、事態は一向に収まるどころか、収束の見通しが全く立っていません。ではIT業界は今年どうなるのでしょうか。

結論から言いますと、定着と誕生の年です。昨年生まれた技術が様々な会社で定着し始めると同時に、また新たな技術なども誕生する年となります。

また、特に今年誕生する技術の多くは、昨年の波乱を教訓として生かしたものも多く、まさにこれからの時代の新常識となるような、そんな技術が多く生まれました。今年のITの世界も、人間の想像をはるかに超えるスピードで、目まぐるしく進化することは間違いありません。

 

【簡単1分!】IT業界の最新技術の情報や、携われる求人を知りたい方はこちら

 

2020年に注目を浴びた技術:通信

 

social media, connections, networking

 

5Gなくして2020年は語れない

 

昨年生まれた最新技術というのは意外にも多く、すべてを取り上げることはできません。そのため今回は、特に注目度の高かった2つの技術を紹介していきます。まずはなんといっても、5Gです。

昨年、携帯大手3社で5Gの提供をはじめ、そして昨年末には、iPhoneをはじめとする多くの機種で5G対応のモデルが誕生しました。

現時点ではまだ5Gを利用できるエリアは限られていますが、今年から順次拡大するとのことで、皆さんの住んでいる地域に5Gがやってくるのも、時間の問題です。そしてそれらに呼応するかのように、様々な技術も今年は大いに勢いを増すことでしょう。

 

もはやクラウドは時代遅れ?

 

仕事はもちろん、普段の生活でもかなりなじみのあるクラウド。書類などのデータはもちろん、写真や動画など、思い出となるものを保存するときなどにも多用されています。しかし、そんなクラウドも実は既に時代遅れになってくるかもしれません。

エンパワードエッジというのは、2020年に誕生した最新技術であり、先に紹介した5Gとともに、現在注目されています。

通常クラウドというのはサーバー上ですべて管理するのが一般的です。一方このエンパワードエッジというのは、サーバーとデバイス両方で同じ処理を行い、それぞれを5Gを用いて通信しています。

つまり、普段使っているスマートフォンなどから近い場所にアクセスすることができ、障害などの不測の事態に強くなったり、さらに早くアクセスできたりします。

 

2020年に注目を浴びた技術:効率

 

remote, work, office

 

本腰を入れてきたリモートワーク

 

新型コロナの影響で多くの企業が奔走したテレワークリモートワーク。一見2020年になって一気に注目されたように見えますが、実は働き方改革を推進し始めていた当時から、政府は推奨していました。

当時の企業のほとんどは、なぜテレワークなどにしなければいけないのか、と疑問を持つ会社も多く、あまり広まりませんでした。しかし今回の影響によって、多くの企業でその重要性を理解し、そして実行していきました。現在でもまだ移行できていない企業もございますが、今後はさらにひろがることは、確実と言えます。

 

水面下で勢力を拡大させる自動化

 

そしてリモートワークと並行して進められているのが、自動化の流れです。こちらも最初はそこまで注目されていませんでしたが、リモートワークの導入と同時に自動化を進める企業も、かなり増加しました。

自動化とってもその種類はかなり幅広いのですが、それでも昨年は多くの企業の業務で自動化が進んだことは、間違いございません。

 

転職エージェントが考える2021年:動画音声の革命

 

youtube, website, page

 

5Gがキーマンに?

 

ここまでは昨年の振り返りでございましたが、転職エージェントとして、2021年はどの業界などで技術革命などが起こるのかについて解説します。まず革命がおこるとすると、動画音声の分野です、技術というよりは、サービス仕事が急激に増えるかもしれません。

昨年の時点でYoutubeをはじめとする動画業界は、クリエイターはもちろん、事務所などの業界もかなり盛り上がりました。そして今年はその範囲をさらに拡大させ、現在ライブ配信などを提供している会社や、ライブ配信をする人のための事務所などの仕事が、急激に増加するでしょう。そして動画だけでなく、今年は音声コンテンツというジャンルで、新たなる技術革命などが起きることでしょう。いずれも5Gの本格化によって、大きく伸びることは間違いありません。

 

ライターは滅びない

 

そうした動画制作や音声コンテンツの制作が増えるということは、ライター関連の仕事も増えるということになります。

特に企業として動画を出す場合、どうしても台本というものが必要となります。不慣れな人が台本を書いた場合、理想的な動画に仕上がることがなく、伝えたいことも伝えられない状態になってしまいます。

そうしたときに、ライターが役に立つのです。昨年の時点で、ブログをはじめとする文章のコンテンツは、終焉を迎えたかと感じる人も多いはずです。しかし実際はそのようなことはなく、むしろ今年からまた、ライターの注目度は向上するのです。2021年になってもライターは決して滅びない、そう断言しても良いはずです。

 

転職エージェントが考える2021年:スーパーアプリ

 

media, social media, apps

 

アプリだけで生活

 

もう一つ転職エージェントとして今年注目すべき技術は、スーパーアプリです。

この言葉を聞いただけでは、スーパーマーケットのチラシなどを見るアプリなのか、と考えてしまう人も少なくありません。しかしここでいうスーパーは、文字通りなんでもできることでございます。

実際の例を出すと、LINEというアプリがあります。おそらく多くの人が利用しており、機能についても知っている人は多いはずです。ある時は相手と連絡したり、ある時は音楽プレイヤーとして機能したり、またある時は支払い投資などでも使えたりと、まさになんでもできるアプリとなっています。スーパーアプリというのは、本気を出せばそのアプリを入れておけばそれだけで生活できる、そんなアプリのことなのです。

 

LINEに続く会社が増加するかも

 

そして今年は、そんなLINEのあとを追いかけるように、なんでもできるアプリになろうとするアプリが急激に増えます。例えば、フリマアプリのパイオニアであるメルカリは、メルペイという独自のキャッシュレス決済を始めたりなど、通常のフリマ以外の分野にも展開しています。そしてキャッシュレス決済を一気に有名にさせたPaypayも、今後はさらなる分野などにも展開することが決まっております。

昔は何かをするのに紙やペンなど、様々なものや人が必要でしたが、その後パソコンが誕生し、そしてスマートフォンが誕生し、時代とともに必要なものは一つの小さなものに集約されてきました。そしてついに、たった一つのアプリという、非常に小さなものに集約されようとしているのです。

 

2021年は楽しい年になる

 

cheers, beverage, drink booze

 

転職エージェントをフルに活用する

 

今回は、2020年に誕生した技術、そして転職エージェントとして注目すべき2021年の技術や業界について解説しました。I

Tという分野が誕生して以降、この業界はめまぐるしく変わるものです。そしてそれは、今年も一緒です。当然この記事を読んでいる人の中には、この業界に転職したいという人がいるはずです。

とはいえ、いくら自分で調べるといっても、日々変わる情報にはついていけないことも多々あります。

そんな時、転職エージェントをフルに活用し、そして一緒にIT業界への転職を目指す、そんな選択肢も良いでしょう。転職エージェントとともに、波乱な2021年のIT業界を楽しみましょう。もちろん、これから参入したいという人も、大歓迎です。

 

【簡単1分!】相談をする

 

最後に

 

ほんの数年前、AIというのはどちらかというととされていました。AIによって仕事が奪われる、その言葉だけが独り歩きしたことにより、AIは悪者だと考える人が当時は多数を占めていました。しかし現在はどうでしょう。本当に悪者でしょうか。むしろ、様々な部分で手助けしてくれている、良い相方のはずです。

新しい技術というのは、最初は忌み嫌われるものです。しかしそれが役立つとわかった瞬間、その嫌悪感はなくなり、必要不可欠な存在としてあがめられるのです。今年生まれる技術も、おそらく最初は同じような仕打ちを受けるかもしれません。しかしいつの日か、その技術が役立つ日がやってくるのです。その時は、温かく迎え入れてあげましょう。

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。