1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 不動産テックとは?慣習の残る不動産業界をITが刷新!
  • 技術・テクノロジー

不動産テックとは?慣習の残る不動産業界をITが刷新!

不動産テックとはどのような分野かご存知でしょうか。空き家問題やアナログな不動産業界の現状を背景として、注目度が高まっています。本記事では、不動産テックとは何か、カオスマップをもとに具体的なサービスや事例を解説していきます。最新の領域についておさえておきましょう。

  • twitter
  • facebook

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

不動産テックとは

 

 

不動産テックとは「不動産」と「テクノロジー」を合わせた略語です。

テクノロジーで不動産ビジネスを変えようとする取り組みを指し、「Prop Tech」「ReTech」とも呼ばれます。

VRやAR、IoT、クラウドファンディングなど、不動産テックには様々なテクノロジーが取り入れらているため、近年注目を浴びている取り組みです。

 

不動産テックが注目される4つの社会背景

 

 

不動産テックが注目される理由として、4つの社会背景が挙げられます。

 

不動産業界のデジタル化の遅れ

 

不動産業界は他業界と比べIT導入が少なく、その分労働生産性も他業界より低い傾向にあります。

また、不動産業界に携わる働き手の年齢層が高く、その分ITリテラシーの低さも懸念されています。

不動産テックの推進によって、不動産業界のITに対する弱さ解消を期待できます。

 

情報の非対称性

 

不動産業界では不動産屋の専有する情報の多さにより、情報の非対称性が問題となっています。

不動産テックの推進で不動産情報のデータ化、集約化されることにより、情報の双方向性や透明性の向上が見込めます。

 

空き家問題

 

高齢化社会が進む日本では、空き家の増加が問題となっています。

空き家の数が増えることだけが問題ではなく、空き家所有者が空き家の管理や活用法に悩んでいることも問題です。

不動産テックの発展によって、空き家管理や活用法の解決、空き家情報の集約化が期待されています。

 

新型コロナウイルス

 

新型コロナウイルスの拡大により、不特定多数との接触が制限された状況で、不動産業界では物件の内覧が困難でした。

しかし不動産テックの推進で、VRやAR技術を駆使してオンライン上での物件内覧や、家具配置のシミュレーションが可能になりました。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

不動産テックを実現する最新のテクノロジー

 

 

ここからは、不動産テックを実現する最新のテクノロジーについて解説します。

 

IoT:スマートホーム・スマートロックの実現

 

IoT・スマートホーム・スマートロックの実現により、音声操作による空調管理や光量調整、スマートフォンなどによる自宅の開閉管理が可能になりました。

自宅や実家を離れていても、子供や高齢者の安否を確認できる見守りシステムも発達しています。

 

VR・AR:擬似内見・レイアウトシミュレーション

 

VR技術による物件のオンライン内覧や、AR技術による家具配置シミュレーションが可能になり、自宅にいながら詳細な物件情報を獲得できるようになりました。

 

ブロックチェーン:情報管理・不動産取引の効率化

 

ブロックチェーンの活用により、オンライン上での安全な情報管理や、不動産取引の効率化が可能になりました。

 

【あわせて読みたい】不動産テックの企業を知りたい方はこちら!

 
 

不動産テックのカオスマップと12の具体的事例

 

不動産テック 2021年のカオスマップ
参考:一般社団法人不動産テック協会『不動産テック カオスマップ』

 

一般社団法人不動産テック協会が公表しているカオスマップを見ると、不動産テックでどのような技術が活用されているのか確認できます。

ここからは、不動産テック協会のカオスマップに掲載されている代表的な12分野について、具体的な事例を交えながら解説します。

 

業務分野

 

不動産業界の業務に関わる分野について、解説します。

 

VR/AR

VR/AR機器を活用したサービスや、データのVR/AR化加工サービスを指します。

具体例として、VR技術によるオンライン物件内覧やAR技術による家具配置シミュレーションが挙げられます。

 

IoT

不動産に設備、内蔵されるネットワーク接続可能な機器や、機器から得られるデータ分析サービスを指します。

具体例として、不動産の状況確認を行えるカメラやセンサー、音声操作可能な空調設備や照明器具、スマートロック、高齢者や子供の見守りシステムが挙げられます。

 

仲介業務支援

不動産売買や賃貸仲介業務の支援サービスやツールを指します。

仲介業務支援を行う代表的な企業の一つが「Atlicu(アトリク)」です。Atlicuでは、不動産業界に特化したチャットサービスを提供しています。オンライン上で顧客とのスムーズなコミュニケーションを可能にしています。

 

管理業務支援

不動産代行業務などを効率化するサービスやツールを指します。

管理業務支援を行うプラットフォームの一つが「SP-Cloud」です。SP-Cloudを活用すると、クラウドを活用したオンライン賃貸管理ができます。

 

評価分野

 

不動産業界の評価に関わる分野について、解説します。

 

不動産情報

物件情報を除く不動産関連データの提供や分析サービスを指します。

不動産テックを活かした不動産情報サービスの一つが「ceret(セレット)」です。ceretを使うことで不動産の物件概要書や家賃表など、異なるデータ形式の書類を一括管理できます。

 

価格可視化・査定

不動産価格データの収集、分析や不動産の物件価格の査定、公表するサービスを指します。

株式会社すむたむが提供する「ウレタ」というサービスでは、1,000件を超える査定実績をもとに、不動産価格をAIで瞬時に査定できるサービスを提供しています。

 

取引分野

 

不動産業界の取引に関わる分野について、解説します。

 

ローン・保証

不動産取得に関するローンや保証サービスの提供や仲介、比較を行うサービスを指します。

株式会社MFSが提供する「モゲチェック」というサービスでは、サイト上で借り入れ希望金額や自己資金などの情報を選択するだけで、最適な住宅ローンプランを提案してもらえます。

 

クラウドファンディング

Web上で資金を集めて不動産へ投融資したり、不動産事業を立ち上げたい人と資金提供者を引き合わせるサービスを指します。

不動産に特化した投資型クラウドファンティング「クラウドリアリティ」では、P2P(ピアツーピア)の取引を可能にしたプラットフォームを提供しています。

 

物件情報・メディア

物件情報を集約、掲載するサービスやプラットフォーム、または不動産関連のメディア全般を指します。

「ietty(イエッティ)」はオンライン特化型の不動産会社で、チャット型の接客で物件の詳細や内見予約が行えるシステムを導入しています。

 

マッチング

シェアリング、リフォームイノベーション関連を除く、物件所有者と利用者、労働力、業務などをマッチングさせるサービスを指します。

「テナンタ」は店舗に強い不動産会社と、出店したいテナントをマッチングさせるサービスを提供しています。テナントの希望情報を一度入力するだけで、希望に沿った物件情報の獲得が可能です。

 

リフォーム・イノベーション

リフォームやイノベーションに関する情報提供サービスを指します。

「リノベる」では全国各地の物件のリノベーションに関する、デザインや施工、物件探しをサポートしています。

 

スペースシェアリング

使っていない所有スペースを他人に貸し出したり、家の空き部屋を旅行者に差し出すサービスを指します。

「Airbnb(エアビーアンドビー)」ではホテルの部屋を予約する感覚で、空きスペースの借りることが可能です。

 

まとめ

 

 

今回は不動産テックの概要や注目されるようになった社会背景、活用されている技術やサービスについて解説しました。

不動産テック推進による不動産業界のデジタル化は、今後ますます加速化していくと考えられます。高齢化社会が進行していく日本では、不動産テック発展の重要度はとても高いと言えるでしょう。

不動産テックが加速するにつれて、不動産業務と先端技術を兼ね備えたIT技術者の需要も増えていくことが考えられます。不動産業界に関わるIT業務に興味がある方は、転職エージェントの利用を考えてはいかがでしょうか。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー