カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 2Dデザイナーに未経験で転職する方法を解説!年収や必要なスキルは?求人例を元にエージェントが紹介
  • 職種・ポジション

2Dデザイナーに未経験で転職する方法を解説!年収や必要なスキルは?求人例を元にエージェントが紹介

2Dデザイナーは未経験からの転職も可能です。この記事では2Dデザイナーの仕事内容や持っていると有利なスキルや資格について解説します。年収や実際の求人についても紹介しますので参考にしてください。

パソコン作業をする人

2Dデザイナーの仕事内容

 

lパソコン作業をする人

 

2Dデザイナーは平面のデザインを行うデザイナーです。

立体のデザインを行う職種は3Dデザイナーとなります。

2Dデザイナーが平面でデザインしたものを3Dデザイナーが立体的にしていくという工程も多くあります。

ゲーム業界で多くの求人がある2Dデザイナーの具体的な仕事内容について解説します。

 

イラストレーター

 

平面的なデザインを行うのが2Dデザイナーです。

たとえば、ゲームのキャラクターやモンスター、背景などを描く仕事も2Dデザイナーの仕事になります。

プランナーなどから依頼を受けた内容をもとにイラストの制作を行います。

ゼロからデザインを生み出すケースもあるでしょう。

特にゲーム業界では世界観を決定するキャラクターデザインを担当する2Dデザイナーは人気の職種です。

 

UI/UXデザイナー

 

UI(ユーザーインターフェイス)デザインは画面上に表示されるメニューや選択ボタンなどを指します。

UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインは使いやすさをデザインします。

メニューや選択ボタンの配置やデザインひとつでユーザーの使い勝手が異なるため重要な役割を担うポジションです。

 

2Dモーションデザイン

 

パソコン

 

ゲームのなかで展開される会話やキャラクターの行動をデザインするのが2Dモーションデザイナーの仕事になります。

キャラクターに表情や細かな動きをつけることはキャラクターに命を吹き込む大切な作業です。

Live2DやSpine、Flashなどの専用ツールを扱う技術力が求められます。

 

エフェクトデザイン

 

エフェクトデザインはゲーム内の打撃・ダメージエフェクトやUIの発光などのエフェクト作成がメインです。

ほかにもストーリーやガチャの画面に使われるエフェクトなども担当します。

エフェクトの制作に使われるツールはSprite studio、unity、After Effectsなどです。

 

その他の業務

 

ここで紹介した業務以外にアイコンやアイテム・武器・アバターの素材作成も2Dデザイナーの仕事です。

告知用のバナーの作成も大切な作業となります。

これらの業務は初歩的なものに当たるため入社直後の新人に割り当てられることが多くあります。

 

2Dデザイナーに必要なスキル

 

ノートとペン

 

2Dデザイナーに求められるスキルについて解説します。

 

発想力と情報力

 

2Dデザイナーに限らずデザインを仕事にする人に求められるのが発想力と情報力です。

2Dデザイナーではプランナーの意図をデザインに起こすデッサン力も必要です。

より魅力的なキャラクターにするための発想力とトレンドや人気のテイストを取り入れる情報力も求められます。

 

ソフトを扱う技術

 

パソコンの画面

 

2Dデザイナーが仕事を行う上で必要となるのはIllustratorやPhotoshopなどのソフトを扱う技術です。

この2種類のソフトはデザイナーとして働く上で基本となるものになります。

これ以外にもイラスト専用のCilp Studio PaintやLive2やSpineなども扱えるようになっておくと有利です。

 

コミュニケーション能力

 

デザイナーは1人で働くことが多いというイメージが強い人もいるでしょう。

デザイナーはチームで動くことのほうが多くあります。

プランナーとの打ち合わせからスタートすることが多い仕事ですが打ち合わせの段階でしっかりと世界観を把握することが必要です。

プランナーとスムーズにコミュニケーションを取ることができるスキルはデザイナーとして重要視されます。

 

語学力

 

デザイナーと語学力は一見関係ないように思えます。

ただ特にゲーム業界では海外企業が台頭しており海外企業への転職を検討することもあるでしょう。

その場合には最低限英語力はあったほうが円滑にコミュニケーションを取ることができるでしょう。

 

無料転職相談に登録してスムーズに転職しよう

 

2Dデザイナーに必要な資格

 

キーボードとヘッドフォン

 

2Dデザイナーに転職する上で必ず必要な資格はありません。

ただ転職する際に保有していれば有利になる資格はあります。

アドビ認定エキスパートPhotoshop・Illustrator能力認定試験などがよく知られた資格です。

このほかにも保有しておくとよい資格を2種類紹介します。

 

色彩検定

 

色彩検定は色に関連した知識や技能を理論的に学ぶことができます。

デザイナーは色彩感覚が問われる職業でもあります。

そのため取得しておいて損はない資格といえるでしょう。

 

CGクリエイター検定

 

パソコン

 

2Dデザイナーになるには特別な資格は必要ありませんが、クリエィティブな資格を保有しておくと転職に際に有利です。

そのひとつがCGクリエイター検定です。

デザインや2D・3Dグラフィックスの制作に必要な知識や技術を測る試験になります。

2Dだけでなく3Dの映像制作についても学ぶため視覚表現のプロとして認定される点は取得しておくメリットです。

 

2Dデザイナーの年収

 

電卓とペン

 

2Dデザイナーの平均年収はおおよそ454万円とされています。

これは正社員で実務経験5年以上で勤務した場合の年収です。

勤務先や経験・スキルによって変動するため一概にはいえませんが日本の平均年収よりも少し高めの傾向にある点が特徴です。

初任給は23万円程度が相場とされています。

未経験からの転職であれば年収300万円程度と見込んでおくとよいでしょう。

派遣社員の場合は時給平均1,600円とされています。

スキルアップしていけば給与も比例してアップする点は魅力です。

一方でフリーランスとして働くという選択をする人もいます。

フリーランスの場合は契約内容やスキルによって報酬が大きく変動します。

高いスキルを身につけておりユーザーニーズにあわせたデザインができる人であればフラーランスとしても活躍できるでしょう。

 

2Dデザイナーの将来性

 

パソコン画面

 

ゲーム業界やWeb業界においてCGの需要が増えています。

そのようななかで2Dデザイナーの需要も必然的に増えているのが現状です。

スマートフォン向けのアプリの需要が高まっていることから特にゲーム業界での2Dデザイナーの需要は今後も増えるとされています。

需要が増えていくなかで求められるスキルも徐々に高くなる傾向にあります。

IT技術の発展でCG制作の環境もさらに向上しているのが現状です。

2Dデザイナーとして活躍し続けるには常に新しいスキルを磨き続けることも必要となります。

これまではIllustratorやPhotshopなどのグラフィックソフトのスキルだけでも十分作業ができていました。

最近ではこれに加えてLive2DやSpineなどのアニメーションソフトウェアのスキルがあればさらに活躍の場が広がるとされています。

市場の動向や時代のニーズを掴みながらスキルアップしておくことも2Dデザイナーとして活躍するためには必要です。

 

2Dデザイナーの求人について

 

パソコン作業をする人

 

未経験からでも転職可能な2Dデザイナーですが、実際の求人はどのようになっているのかみてみましょう。

都内の正社員2Dデザイナーの求人は次のとおりです。

 

勤務先:東京都内

雇用形態:正社員

応募資格:学歴不問、実務経験なしOK、業界未経験OK、第二新卒OK

月給:20〜70万円(経験・スキル・年齢を考慮の上、決定)

※残業手当全額支給、サービス残業なし

※年収例:経験2年26歳/400万円、経験4年34歳/500万円

休日休暇:完全週休2日制(土日祝日)、GW、夏季、年末年始、有給、慶弔、産前産後、介護、育児

福利厚生:昇給年1回、賞与年2回(平均2カ月分)、交通費支給、各種社会保険完備、住宅手当、役職手当

 

企業によって細かな違いはありますがおおよそこのような内容の求人が平均的です。

業界・職種未経験、学歴不問という求人が多いのも特徴となります。

 

2Dデザイナーに向いている人

 

パソコン作業をする人

 

ゲーム業界やWeb業界での需要が多いのが2Dデザイナーの特徴です。

ゲーム業界ではゲーム内のキャラクターやアイテム、背景を描いたりキャラクターそのものをゼロからデザインすることもあります。

業界に関係なく2Dデザイナーとして求められるのは美術的なセンスやデッサン力、発想力です。

つまり絵を描くのが好き、得意という人は2Dデザイナーに向いているといえます。

さらにオリジナルのキャラクターなどを考えることが好きな人にも向いている職種といえるでしょう。

商品としてデザインを行う上で重要となるのがトレンドです。

常に変化するトレンドに対してアンテナを張りながら世間のニーズや業界の動向にも目を配ることが重要となります。

多くのユーザーから支持されるキャラクターやデザインを生み出すためにはただ好きというだけなくトレンドを意識するスキルも必要です。

情報収集能力が高い人も2Dデザイナーに向いているといえるでしょう。

またデザイナーというと1人での作業が多いと考える人も多いようですが、現場ではチームで動くことも多くあります。

そのため他者とのコミュニケーションがスムーズに取れることも求められるスキルです。

人と一緒に意見を出し合いながらひとつのものを作り上げていく頃に楽しさを見出せる人にも向いているといえるでしょう。

 

2Dデザイナーに転職する方法

 

パソコン作業をする人

 

2Dデザイナーへの転職を希望している場合、業界・職種未経験でも転職可能という点は魅力となります。

とはいえまったく知識がない状態で転職するとなると入社してからかなりの努力をすることが求められるでしょう。

そのため転職前に最低限の知識を自分で身につけておくことも必要です。

スキルを磨くために色彩検定などの資格を取得するなどしておけば、転職の面接でのアピールポイントにすることもできます。

何からはじめればよいかわからない場合には転職エージェントに相談してみましょう。

2Dデザイナーの需要は市場でも高まっており未経験者を積極採用している企業も多くあります。

転職エージェントは多くの求人情報を保有しているため未経験者でも応募可能な条件のよい求人を紹介してもらうことも可能です。

転職までにどのような取り組みをしておけばよいかも教えてもらえるため転職エージェントの利用はおすすめです。

 

無料転職相談に登録してキャリアアップしよう

Geekly Media
ライター

パソコン作業をする人

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。